>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

 

E 7102:2011  

(1) 

まえがき 

この追補は,工業標準化法第14条によって準用する第12条第1項の規定に基づき,工業標準原案を具

して日本工業規格を改正すべきとの申出があり,日本工業標準調査会の審議を経て,国土交通大臣が改正

したもので,これによって,JIS E 7102:1989は改正され,一部が置き換えられた。 

 

 

 


 

 

  

日本工業規格 

      JIS 

 

E 7102:2011 

 

タンク車用タンクの設計方法 

(追補1) 

Design methods for tanks of tank cars 

(Amendment 1) 

 

JIS E 7102:1989を,次のように改正する。 

 

 

1.(適用範囲)の備考を,全文削除し,更に,規格中で{ }で示した従来単位による併記を全て削除す

る。 

 

引用規格欄のJIS B 8243 圧力容器の構造を,JIS B 8265 圧力容器の構造−一般事項に置き換える。 

 

関連規格欄のJIS G 4304 熱間圧延ステンレス鋼板を,JIS G 4304 熱間圧延ステンレス鋼板及び鋼帯に

置き換える。 

 

関連規格欄のJIS G 4306 熱間圧延ステンレス鋼帯を,削除する。 

 

4.2.1(タンク)の(2)のJIS B 8243(圧力容器の構造)を,JIS B 8265(圧力容器の構造−一般事項)に

置き換える。 

 

4.2.1(タンク)の(4)のJIS B 8243を,JIS B 8265に置き換える。 

 

参考1(タンク径と補強を要しない穴径との関係)の2.(タンク胴板及びドームなどの計算必要板厚)の

“ここに,σx:JIS G 3101(一般構造用圧延鋼材)のSS41”を,“ここに,σx:JIS G 3101(一般構造用圧

延鋼材)のSS400”に,“JIS G 4306(熱間圧延ステンレス鋼帯)のSUS 304”を,“JIS G 4304(熱間圧延

ステンレス鋼板及び鋼帯)のSUS304”に,“η:JIS G 3101のSS41”を,“η:JIS G 3101のSS400”に,“JIS 

G 4304(熱間圧延ステンレス鋼板)”を,“JIS G 4304(熱間圧延ステンレス鋼板及び鋼帯)”に,“c:JIS G 

3101のSS41”を,“c:JIS G 3101のSS400”に,“JIS G 4306のSUS 304”を,“JIS G 4304のSUS304”

に置き換える。 

 

参考1(タンク径と補強を要しない穴径との関係)の参考1図2(タンク胴板切欠き部の補強)のSS41を,

SS400に置き換える。 

 


E 7102:2011  

  

参考2(タンク径と穴径とによる補強材の必要断面積)の参考2表(タンク径と穴径とによる補強材の必

要断面積)のタンクの材料の“JIS G 3101(一般構造用圧延鋼材)のSS41”を,“JIS G 3101(一般構造用

圧延鋼材)のSS400”に,“JIS G 4306(熱間圧延ステンレス鋼帯)のSUS 304”を,“JIS G 4304(熱間圧

延ステンレス鋼板及び鋼帯)のSUS304”に置き換える。 

 

参考2(タンク径と穴径とによる補強材の必要断面積)の参考2図2.1(SS41)の図題を,SS400に,図表

中のSS41を,SS400に置き換える。