>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

E 6005

:2011

(1) 

まえがき

この追補は,工業標準化法第 14 条によって準用する第 12 条第 1 項の規定に基づき,工業標準原案を具

して日本工業規格を改正すべきとの申出があり,日本工業標準調査会の審議を経て,国土交通大臣が改正

したもので,これによって,JIS E 6005:1995 は改正され,一部が置き換えられた。


   

日本工業規格

JIS

 E

6005

:2011

鉄道車両−自動列車制御装置及び

自動列車停止装置の車上制御装置−試験方法

(追補 1)

Railway rolling stock-Automatic train control and

automatic train stop device on board-Test methods

(Amendment 1)

  JIS E 6005:1995

を,次のように改正する。

1.

(適用範囲)の

備考の JIS C 0920  電気機械器具の防水試験及び固形物の侵入に対する保護等級を,JIS 

C 0920

  電気機械器具の外郭による保護等級(IP コード)に置き換える。

1.

(適用範囲)の

備考の JIS E 4001  鉄道車両用語を,JIS E 4001  鉄道車両−用語に置き換える。

1.

(適用範囲)の

備考の JIS E 4031  鉄道車両部品−振動試験方法を,JIS E 4031  鉄道車両用品−振動及

び衝撃試験方法に置き換える。

1.

(適用範囲)の

備考の JIS E 4032  鉄道車両部品−衝撃試験方法を,削除する。

1.

(適用範囲)の

備考の JIS E 5004  電気車用制御機器−試験方法を,JIS E 5004:1991  電気車用制御機

器−試験方法に置き換える。

1.

(適用範囲)の

備考の JIS E 5006  鉄道車両用電子機器の試験通則を,JIS E 5006:1988  鉄道車両用電

子機器の試験通則に置き換える。

5.32

(衝撃試験)の“衝撃試験は,JIS E 4032 による。

”を,

“衝撃試験は,JIS E 4031 

附属書 JBIEC 61373

によらない鉄道車両用品の衝撃試験方法)による。

”に置き換える。

5.33

(防水試験)の“JIS C 0920 の 4.6[保護等級 4(防まつ形)に対する試験]の試験を行う。

”を,

JIS 

C 0920

の 6.(第二特性数字で表される水の浸入に対する保護等級)に規定される保護等級 4 に対する試験

を行う。

”に置き換える。