>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

 

E 4309:2011  

(1) 

まえがき 

この追補は,工業標準化法第14条によって準用する第12条第1項の規定に基づき,工業標準原案を具

して日本工業規格を改正すべきとの申出があり,日本工業標準調査会の審議を経て,国土交通大臣が改正

したもので,これによって,JIS E 4309:2001は改正され,一部が置き換えられた。 

 

 


 

 

日本工業規格          JIS 

 

E 4309:2011 

 

鉄道車両用合成制輪子−品質要求 

(追補1) 

Composition brake shoes for railway rolling stock-Quality requirements 

(Amendment 1) 

 

JIS E 4309:2001を,次のように改正する。 

 

 

2.(引用規格)のJIS E 5402-1 鉄道車両用−一体車輪−品質要求を,JIS E 5402-1 鉄道車両用−一体車

輪−第1部:品質要求に置き換える。 

 

2.(引用規格)のJIS E 5402-2 鉄道車両用−一体車輪−寸法要求を,JIS E 5402-2 鉄道車両用−一体車

輪−第2部:寸法要求に置き換える。 

 

2.(引用規格)のJIS K 7111 プラスチック−シャルピー衝撃強さの試験方法を,JIS K 7111-1 プラスチ

ック−シャルピー衝撃特性の求め方−第1部:非計装化衝撃試験に置き換える。 

 

11.2(シャルピー衝撃試験)の全文を,“シャルピー衝撃試験は,JIS K 7111-1のフラットワイズ衝撃方法

によるものとし,試験片の寸法は10 mm×10 mm×55 mmで,試験片支持台の間隔は40 mmとする。ただ

し,試験片は,製品から採る。”に置き換える。