>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

 

E 4034:2011  

(1) 

まえがき 

この追補は,工業標準化法第14条によって準用する第12条第1項の規定に基づき,工業標準原案を具

して日本工業規格を改正すべきとの申出があり,日本工業標準調査会の審議を経て,国土交通大臣が改正

したもので,これによって,JIS E 4034:1994は改正され,一部が置き換えられた。 

 

 


 

 

日本工業規格          JIS 

 

E 4034:2011 

 

鉄道車両部品−耐湿及び耐水試験方法 

(追補1) 

Railway rolling stock parts- 

Test methods of resistibility for moisture and rainfall  

(Amendment 1) 

 

JIS E 4034:1994を,次のように改正する。 

 

 

1.(適用範囲)の備考1.のJIS B 7308 自記雨量計を,削除する。 

 

1.(適用範囲)の備考1.のJIS E 4001 鉄道車両用語を,JIS E 4001 鉄道車両−用語に置き換える。 

 

4.5[受水量(雨量)の確認]の全文を,“受水量(雨量)の確認は,付図1に示すように,じょろ口を雨

量計の上面から1 300 mmの高さに散水面を下向きにして固定し,5分間散水し,受水面平面図に示す5か

所の位置で雨量を測定し,その平均値を求めて受水量(雨量)とする。雨量計は,JIS B 7309又はこれと

同等以上の性能をもつ内径100 mm以上の雨量計を用いる。”に置き換える。 

 

関連規格のJIS F 0807 船用自動化機器環境検査通則を,削除する。