>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

日本工業規格

JIS

 E

3019

-1979

鉄道信号保安部品の

高温及び低温試験方法

High and Low Temperature Testing Methods

for Parts of Railway Signaling

1.

適用範囲  この規格は,鉄道信号保安設備の信号機,機器室,器具箱,電気転てつ機,レールなどに

取り付ける機器及び部品(以下,部品という。

)が使用される環境に応じた温度での適性を調べるために行

う温度試験方法について規定する。ただし,次のものは除く。

(1)

温度サイクル試験を目的とするもの。

(2)

耐久性・耐候性及び耐食性の試験を目的とするもの。

(3)

輸送及び貯蔵の場合に受ける温度についての試験を目的とするもの。

(4)

鉄道車両に取り付ける機器及び部品。

2.

試験の種類及び記号  試験の種類及び記号は,表 のとおりとする。

表 1

試験の種類

記号

試験の主目的

高温試験 TH

高周囲温度での部品の適性を調べる試験

低温試験 TL

低周囲温度での部品の適性を調べる試験

3.

試験条件の区分  試験条件は,部品を取り付ける場所及び周囲温度の状態によって区分し,表 に示

す 6 種類とする。

表 2

区分

適用例

1

高信頼度の空気調和装置を備えている屋内に置く場合

2

空気調和装置を備えている屋内に置く場合

3

屋 

一般機器室内に置く場合

4

一般

5

寒冷地

6

極寒地のレール周辺に置く場合


2

E 3019-1979

4.

試験時の周囲温度  試験時の周囲温度は,表 のとおりとする。

表 3

単位  ℃

試験時の周囲温度

試験条件の区分

高温試験

 (TH)

低温試験

 (TL)

1

種 35±2 5±3

2

0

±3

3

45

±2

−10±3

4

−10±3

5

−20±3

6

60

±2

−30±3

5.

試験方法

5.1

試験装置  この試験に用いる室又はそう(槽)は,表 のいずれかの温度に対して,許容温度範囲

に保持できるものとする。この場合,そうは部品を置く場所すべてにわたり,部品が熱源から直接放射を

受けない構造のものとする。

5.2

試験の手順

5.2.1

部品の取付け  部品は,高温又は低温の中に,原則としてほぼ使用時に近い取付方法及び取付姿勢

で取り付ける。

5.2.2

初期測定  部品は,温度試験に入る前に,その部品の測定及び外観の観察を行う。測定条件,測定

項目,及び外観の観察項目は,受渡当事者間の協定による。

5.2.3

部品の状態  部品は,特に指定がない限り,動作状態で試験を行う。

5.2.4

放置時間  部品の放置時間は,部品をそうに入れ,そうの温度を徐々に表 の温度に変化させ,規

定の温度に達した後,特に指定のない限り,その温度に 2 時間放置する。

5.2.5

測定及び観察  部品は,5.2.4 による放置に引き続き,その試験温度に保たれている間に適性を調

べるための測定及び外観の観察を行う。測定項目及び外観の観察項目については,5.2.2 の初期測定の項目

と同じとする。


3

E 3019-1979

鉄道部会  信号保安装置基本専門委員会  構成表

氏名

所属

(委員会長)

板  倉  栄  治

日本国有鉄道鉄道技術研究所

新  藤  卓  治

運輸省鉄道監督局

岩  橋  洋  一

運輸省鉄道監督局

福  田  安  孝

運輸省鉄道監督局

仲井真  弘  多

工業技術院標準部

吉  越  三  郎

社団法人信号保安協会

神  戸  敏  夫

株式会社京三製作所第二信号技術部

中  村  三  郎

日本信号株式会社技師長室

芳  賀  貫  治

大同信号株式会社技術本部第一技術部

館      武  夫

東邦電機工業株式会社

伊  藤  喜久治

株式会社三工社研究部

菊  地  得  夫

吉原鉄道工業株式会社

鈴  木  嶺  夫

京三電設工業株式会社

等々力  正  文

日本国有鉄道技術開発室

八  木  正  夫

日本国有鉄道電気局

金  子  冬  吉

日本国有鉄道施設局

和  気  行  雄

社団法人日本民営鉄道協会

猿  橋  純  一

東京急行電鉄株式会社交通事業本部電気部

渡  辺  武  彦

京王帝都電鉄株式会社電気部

阿久沢        充

西武鉄道株式会社電気部

伊  東  周  二

日本国有鉄道鉄道技術研究所

(事務局)

石  井  清  次

工業技術院標準部機械規格課

江  口  信  彦

工業技術院標準部機械規格課