>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

 

E 1202:2012  

(1) 

まえがき 

この追補は,工業標準化法第14条によって準用する第12条第1項の規定に基づき,工業標準原案を具

して日本工業規格を改正すべきとの申出があり,日本工業標準調査会の審議を経て,経済産業大臣が改正

したもので,これによって,JIS E 1202:1997は改正され,一部が置き換えられた。 

 

 


 

 

  

日本工業規格          JIS 

 

E 1202:2012 

 

ポストテンション式PCまくらぎ 

(追補1) 

Prestressed concrete sleepers-Post-tensioning type 

(Amendment 1) 

 

JIS E 1202:1997を,次のように改正する。 

 

 

6.5.3(ねじ)の表5(ねじの寸法,許容限界寸法及び公差)を,次の表に置き換える。 

 

表5 ねじの寸法,許容限界寸法及び公差 

PC鋼棒の呼び名 

寸法 

許容限界寸法及び公差 

8.35 mm 

JIS B 0205-4に規定する 
M9×1.0 

JIS B 0209-1及びJIS B 0209-3に規定
する7H/8g 

10 mm 

JIS B 0205-4に規定する 
M11×1.5 

11 mm 

JIS B 0205-4に規定する 
M12×1.5 

13 mm 

JIS B 0205-4に規定する 
M14×1.5 

 

付表1(引用規格)のJIS A 1116 まだ固まらないコンクリートの単位容積重量試験方法及び空気量の重量

による試験方法(重量方法)を,JIS A 1116 フレッシュコンクリートの単位容積質量試験方法及び空気量

の質量による試験方法(質量方法)に置き換える。 

 

付表1(引用規格)のJIS A 1118 まだ固まらないコンクリートの空気量の容積による試験方法(容積方法)

を,JIS A 1118 フレッシュコンクリートの空気量の容積による試験方法(容積方法)に置き換える。 

 

付表1(引用規格)のJIS B 0205 メートル並目ねじ及びJIS B 0207 メートル細目ねじを,次の規格に置

き換える。 

JIS B 0205-4 一般用メートルねじ−第4部:基準寸法 

 

付表1(引用規格)のJIS B 0209 メートル並目ねじの許容限界寸法及び公差及びJIS B 0211 メートル細

目ねじの許容限界寸法及び公差を,次の規格に置き換える。 

JIS B 0209-1 一般用メートルねじ−公差−第1部:原則及び基礎データ 


E 1202:2012  

  

JIS B 0209-3 一般用メートルねじ−公差−第3部:構造体用ねじの寸法許容差 

 

付図1(3PO)のPC鋼棒 呼び径10 mm M11×1.5 JIS B 0205(メートル並目ねじ)を,M11×1.5 JIS B 0205-4

(一般用メートルねじ−第4部:基準寸法)に置き換える。 

 

付図1(3PO)のナットM11×1.5 JIS B 0205を,M11×1.5 JIS B 0205-4に置き換える。 

 

付図2(6PO)のPC鋼棒 呼び径10 mm M11×1.5 JIS B 0205を,M11×1.5 JIS B 0205-4に置き換える。 

 

付図2(6PO)のナットM11×1.5 JIS B 0205を,M11×1.5 JIS B 0205-4に置き換える。 

 

付図3(7PO)のPC鋼棒 呼び径8.35 mm M9×1.0 JIS B 0207(メートル細目ねじ)を,M9×1.0 JIS B 0205-4

(一般用メートルねじ−第4部:基準寸法)に置き換える。 

 

付図3(7PO)のナットM9×1.0 JIS B 0207を,M9×1.0 JIS B 0205-4に置き換える。 

 

付図4(1F)のPC鋼棒 呼び径11 mm M12×1.5 JIS B 0207を,M12×1.5 JIS B 0205-4に置き換える。 

 

付図4(1F)のナットM12×1.5 JIS B 0207を,M12×1.5 JIS B 0205-4に置き換える。 

 

付図5(CPO)のインサートM14×1.5 JIS B 0207を,M14×1.5 JIS B 0205-4に置き換える。 

 

付図5(CPO)のPC鋼棒 呼び径φ11 mm M12×1.5 JIS B 0207(メートル細目ねじ)を,M12×1.5 JIS B 

0205-4(一般用メートルねじ−第4部:基準寸法)に置き換える。 

 

付図5(CPO)のナットM12×1.5 JIS B 0207(メートル細目ねじ)を,M12×1.5 JIS B 0205-4(一般用メ

ートルねじ−第4部:基準寸法)に置き換える。 

 

付図6(JPO)のPC鋼棒 呼び径φ11 mm M12×1.5 JIS B 0207(メートル細目ねじ)を,M12×1.5 JIS B 

0205-4(一般用メートルねじ−第4部:基準寸法)に置き換える。 

 

付図6(JPO)のナットM12×1.5 JIS B 0207(メートル細目ねじ)を,M12×1.5 JIS B 0205-4(一般用メ

ートルねじ−第4部:基準寸法)に置き換える。 

 

付図7(SPO)のPC鋼棒 呼び径φ11 mm M12×1.5 JIS B 0207(メートル細目ねじ)を,M12×1.5 JIS B 

0205-4(一般用メートルねじ−第4部:基準寸法)に置き換える。 

 

付図7(SPO)のナットM12×1.5 JIS B 0207(メートル細目ねじ)を,M12×1.5 JIS B 0205-4(一般用メ

ートルねじ−第4部:基準寸法)に置き換える。 

 


E 1202:2012  

 

付図8(4T)のPC鋼棒 呼び径11 mm M12×1.5 JIS B 0207を,M12×1.5 JIS B 0205-4に置き換える。 

 

付図8(4T)のナットM12×1.5 JIS B 0207を,M12×1.5 JIS B 0205-4に置き換える。 

 

付図9(4H)のPC鋼棒 呼び径13 mm M14×1.5 JIS B 0207を,M14×1.5 JIS B 0205-4に置き換える。 

 

付図9(4H)のナットM14×1.5 JIS B 0207を,M14×1.5 JIS B 0205-4に置き換える。