>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

 

E 1125:2012  

(1) 

まえがき 

この追補は,工業標準化法第14条によって準用する第12条第1項の規定に基づき,工業標準原案を具

して日本工業規格を改正すべきとの申出があり,日本工業標準調査会の審議を経て,経済産業大臣が改正

したもので,これによって,JIS E 1125:1995は改正され,一部が置き換えられた。 

 

 


 

 

  

日本工業規格          JIS 

 

E 1125:2012 

 

接着絶縁レール 

(追補1) 

Glued insulated rails 

(Amendment 1) 

 

JIS E 1125:1995を,次のように改正する。 

 

 

6.3(継目板ボルト及びナット)のJIS E 1114を,JIS E 1107に置き換える。 

 

7.2.1(組立準備)のJIS K 5400の6.5 (5) (a) を,JIS K 5600-1-1の4.3.5 a) に置き換える。 

 

付表1(引用規格)のJIS B 0601 表面粗さ−定義及び表示を,JIS B 0601 製品の幾何特性仕様(GPS)

−表面性状:輪郭曲線方式−用語,定義及び表面性状パラメータに置き換える。 

 

付表1(引用規格)のJIS E 1114 N形レール及び60 kgレール用継目板ボルト及びナットを,JIS E 1107 

継目板用及びレール締結用のボルト及びナットに置き換える。 

 

付表1(引用規格)のJIS K 5400 塗装一般試験方法を,JIS K 5600-1-1 塗料一般試験方法−第1部:通

則−第1節:試験一般(条件及び方法)に置き換える。 

 

付表1(引用規格)のJIS K 6850 接着剤の引張りせん断接着強さ試験方法を,JIS K 6850 接着剤−剛性

被着材の引張せん断接着強さ試験方法に置き換える。 

 

付表1(引用規格)のJIS Z 2243 ブリネル硬さ試験方法を,JIS Z 2243 ブリネル硬さ試験−試験方法に

置き換える。