>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

 

E 1117:2012  

(1) 

まえがき 

この追補は,工業標準化法第14条によって準用する第12条第1項の規定に基づき,工業標準原案を具

して日本工業規格を改正すべきとの申出があり,日本工業標準調査会の審議を経て,経済産業大臣が改正

したもので,これによって,JIS E 1117:1990は改正され,一部が置き換えられた。 

 

 


 

 

  

日本工業規格 

      JIS 

 

E 1117:2012 

 

緩衝用軌道パッド 

(追補1) 

Resilient sleeper pads for shock-absorbing 

(Amendment 1) 

 

JIS E 1117:1990を,次のように改正する。 

 

 

1.(適用範囲)の備考1.のJIS B 7503 0.01 mm目盛ダイヤルゲージを,JIS B 7503 ダイヤルゲージに置

き換える。 

 

1.(適用範囲)の備考1.のJIS G 4305 冷間圧延ステンレス鋼板を,JIS G 4305 冷間圧延ステンレス鋼板

及び鋼帯に置き換える。 

 

1.(適用範囲)の備考1.のJIS K 6301 加硫ゴム物理試験方法を,次の規格に置き換える。 

JIS K 6251 加硫ゴム及び熱可塑性ゴム−引張特性の求め方 

JIS K 6257 加硫ゴム及び熱可塑性ゴム−熱老化特性の求め方 

 

1.(適用範囲)の備考2.を削除し,更に本体の{ }内に示した従来単位による併記を全て削除する。 

 

8.3 (引張試験)の“JIS K 6301に規定する引張試験及び空気加熱老化試験”を,“JIS K 6251に規定する

引張試験及びJIS K 6257に規定する促進老化試験”に置き換える。 

 

8.4 (弾性係数試験)の“JIS K 6301に規定する引張試験及び空気加熱老化試験”を,“JIS K 6251に規定

する引張試験及びJIS K 6257に規定する促進老化試験”に置き換える。 

 

8.6(圧縮永久ひずみ試験)の(3)の“JIS K 6301に規定する空気加熱式老化試験機”を,“JIS K 6257に

規定する強制循環形熱老化試験機”に置き換える。