>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

 

E 1107:2012  

(1) 

まえがき 

この追補は,工業標準化法第14条によって準用する第12条第1項の規定に基づき,工業標準原案を具

して日本工業規格を改正すべきとの申出があり,日本工業標準調査会の審議を経て,経済産業大臣が改正

したもので,これによって,JIS E 1107:2008は改正され,一部が置き換えられた。 

 

 


 

 

  

日本工業規格 

      JIS 

 

E 1107:2012 

 

継目板用及びレール締結用のボルト及びナット 

(追補1) 

Steel bolts and nuts for fish-plates and fastenings 

(Amendment 1) 

 

JIS E 1107:2008を,次のように改正する。 

 

 

箇条2(引用規格)のJIS B 1052:1998 鋼製ナットの機械的性質を,JIS B 1052-2 締結用部品の機械的性

質−第2部:保証荷重値規定ナット−並目ねじに置き換える。 

 

箇条2(引用規格)のJIS Z 2201 金属材料引張試験片を,削除する。 

 

4.3.1(ボルト・ナットの強度区分)のJIS B 1052を,JIS B 1052-2に置き換える。 

 

5.1.1(試験の項目)のb)のJIS B 1052を,JIS B 1052-2に置き換える。 

 

5.1.3.1(ボルトの試験方法)のb)のJIS Z 2201を,削除する。 

 

5.1.3.2(ナットの試験方法)のa)のJIS B 1052:1998を,JIS B 1052-2に置き換える。