>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

D 9418:2008

(1)

目  次

ページ

序文

1

1  適用範囲

1

2  引用規格

1

3  種類

2

4  部品名称

2

5  形状及び寸法

2

6  強度

2

6.1  フリーホイール

2

6.2  小ギヤ

2

7  硬さ

3

8  構造

3

8.1  フリーホイール

3

8.2  小ギヤ

3

9  試験方法

4

9.1  フリーホイールの強度

4

9.2  小ギヤの強度

4

9.3  硬さ

4

9.4  フリーホイールの振れ

4

9.5  フリーギヤ及びスプロケットのがた

4

9.6  玉当たり部の耐摩耗性

5

10  外観

5

11  製品の呼び方

5

12  表示

5

附属書 A(規定)ねじの呼び 1.375-24 のねじ

11

附属書 B(規定)自転車用炭素鋼球

14

附属書 C(参考)ISO 10230  自転車−スプラインハブ及び普通小ギヤ−はめあい寸法

16

附属書 D(参考)ISO 6697  自転車−ハブ及びフリーホイール−組立寸法

17

附属書 JA(参考)JIS と対応する国際規格との対比表

18


 
D 9418:2008

(2)

まえがき

この規格は,工業標準化法第 14 条によって準用する第 12 条第 1 項の規定に基づき,財団法人自転車産

業振興協会(JBPI)及び財団法人日本規格協会(JSA)から,工業標準原案を具して日本工業規格を改正すべき

との申出があり,日本工業標準調査会の審議を経て,経済産業大臣が改正した日本工業規格である。これ

によって,JIS D 9418:2001 は改正され,この規格に置き換えられた。

この規格は,著作権法で保護対象となっている著作物である。

この規格の一部が,特許権,出願公開後の特許出願,実用新案権又は出願公開後の実用新案登録出願に

抵触する可能性があることに注意を喚起する。経済産業大臣及び日本工業標準調査会は,このような特許

権,出願公開後の特許出願,実用新案権又は出願公開後の実用新案登録出願に係る確認について,責任は

もたない。


日本工業規格

JIS

 D

9418

:2008

自転車−フリーホイール及び小ギヤ

Bicycles−Free wheels and hub cogs

序文

この規格は,1994 年に第 1 版として発行された ISO 6697,1989 年に第 2 版として発行された ISO 6698

及び 1990 年に第 1 版として発行された ISO 10230 を基に,対応する部分(形状及び寸法)については対応

国際規格を翻訳し,技術的内容を一部変更して作成した日本工業規格であるが,対応国際規格にはない規

定項目(部品名称,強度,硬さ,構造,形状及び寸法など)を日本工業規格として追加している。

なお,この規格で側線又は点線の下線を施してある箇所は,対応国際規格を変更している事項である。

変更の一覧表にその説明を付けて,

附属書 JA に示す。

1

適用範囲

この規格は,主に JIS D 9111 に規定する一般用自転車及び幼児用自転車に用いるフリーホイール及び小

ギヤについて規定する。

注記  この規格の対応国際規格及びその対応の程度を表す記号を,次に示す。

ISO 6697:1994,Cycles−Hubs and freewheels−Assembly dimensions

ISO 6698:1989,Cycles−Screw threads used to assemble freewheels on bicycle hubs

ISO 10230:1990,Cycles−Splined hub and sprocket−Mating dimensions

(全体評価:MOD)

なお,対応の程度を表す記号(MOD)は,ISO/IEC Guide 21 に基づき,修正していることを示

す。

2

引用規格

次に掲げる規格は,この規格に引用されることによって,この規格の規定の一部を構成する。これらの

引用規格は,その最新版(追補を含む。

)を適用する。

JIS B 0205-1  一般用メートルねじ−第 1 部:基準山形

注記  対応国際規格:ISO 68-1:1998,ISO general purpose screw threads−Basic profile−Part 1 : Metric

screw threads (IDT)

JIS B 0205-2  一般用メートルねじ−第 2 部:全体系

JIS B 0205-3  一般用メートルねじ−第 3 部:ねじ部品用に選択したサイズ

JIS B 0205-4  一般用メートルねじ−第 4 部:基準寸法

JIS B 0209-1  一般用メートルねじ−公差−第 1 部:原則及び基礎データ

注記  対応国際規格:ISO 965-1:1998,ISO general-purpose metric screw threads−Tolerances−Part 1 :

Principles and basic data (IDT)



D 9418:2008

JIS B 0209-2  一般用メートルねじ−公差−第 2 部:一般用おねじ及びめねじの許容限界寸法−中(は

めあい区分)

JIS B 0209-3  一般用メートルねじ−公差−第 3 部:構造体用ねじの寸法許容差

JIS B 0225  自転車ねじ

JIS B 1801  伝動用ローラチェーン及びブシュチェーン

JIS B 7721  引張・圧縮試験機−力計測系の校正・検証方法

JIS B 7726  ロックウェル硬さ試験−試験機の検証

JIS D 9111  自転車−分類及び諸元

JIS D 9417  自転車用チェーン

JIS Z 2245  ロックウェル硬さ試験−試験方法

3

種類

フリーホイール及び小ギヤの種類は,次による。

a)  フリーホイール及びチェーンの呼び  フリーホイールの種類は,普通フリーホイール及び多段フリー

ホイールとする。さらに,使用するチェーンの呼びによって区分し,

表 による。

表 1−チェーンの呼び

呼び

使用するチェーンの呼び

3/32 1/2×3/32

1/8 1/2×1/8

b)  小ギヤ  小ギヤの種類は,普通小ギヤ及び多段小ギヤとする。さらに,使用するチェーンの呼びによ

って区分し,

表 による。

4

部品名称

フリーホイール及び小ギヤの部品名称を,

図 2∼図 及び表 に示す。

5

形状及び寸法

フリーホイール及び小ギヤの形状の例及び主な寸法の例を,

図 2∼図 及び表 に示す。寸法のうち許

容差の記入がない寸法は,推奨寸法とする。ただし,ねじは JIS B 0225 の規定によるもののほかは,JIS B 

0205-1JIS B 0205-4 によるものとし,その許容限界寸法及び公差は,JIS B 0209-1JIS B 0209-3 に規定

する公差域クラスの 6H/6g 以上とする。

なお,フリーホイールをハブに取り付ける部分のねじは,JIS B 0225 の BC1.37 とする。ただし,受渡当

事者間の協定によって,

附属書 のねじの呼び 1.375-24 のねじを用いてもよい。

6

強度

6.1

フリーホイール

フリーホイールの強度は,9.1 の試験を行ったとき,フリーギヤ,スプロケット,つめ,ラチェット,そ

の他の部分が破損してはならない。

6.2

小ギヤ

小ギヤの強度は,9.2 の試験を行ったとき,小ギヤの各部が破損してはならない。


3

D 9418:2008

7

硬さ

フリーホイール及び小ギヤの各部の硬さは,9.3 によって試験を行ったとき,

表 の規定に適合しなけれ

ばならない。

表 2−各部の硬さ

部品名及び箇所

硬さ (HRA)

フリーギヤ 72 以上

歯数 16 以下 70 以上

スプロケットの歯

歯数 16 を超えるもの 65 以上

多段フリーホイールのギヤ台 72(又は 35 HRC)以上

小ギヤの歯 70 以上

つめ 75∼82

中子,ねじぶたの玉当たり部 65 以上

8

構造

8.1

フリーホイール

フリーホイールの構造は,次による。

a)  各部の結合は,確実でなければならない。

b)  フリーホイールは,工具などを使用してハブから取外しができる構造でなければならない。

c)  ねじぶたは,使用中容易に緩み及び締まることがない構造でなければならない。

d)  回転は,円滑で異常音があってはならない。

e)  歯底部の横振れ及び縦振れは,9.4 によって測定したとき,表 及び表 による。

表 3−普通フリーホイールの振れ

単位  mm

区分

中子を固定し,フリーギヤを

回転させた場合

フリーギヤを停止し,中

子を回転させた場合

両測定値の和

歯底部の横振れ

0.3 以下 0.3 以下 0.5 以下

歯底部の縦振れ

0.3 以下 0.3 以下 0.5 以下

表 4−多段フリーホイールの振れ

単位  mm

区分

歯数

中子を固定し,スプロケット

を回転させた場合

スプロケットを停止し,

中子を回転させた場合

両測定値の和

歯底部の横振れ

9∼17 0.3 以下 0.3 以下 0.5 以下

 18∼26 0.4 以下 0.4 以下 0.7 以下 
 27 以上 0.5 以下 0.5 以下 0.8 以下

f)  フリーギヤ又はスプロケットのがたは,9.5 によって測定したとき,0.3 mm 以下とする。

g)  フリーホイールの玉当たり部の耐摩耗性は,9.6 に規定する毎分 250 回転の速度で 50 000 回空転した

とき,玉当たり部に玉の直径の 25 %以上の光沢面,くぼみ,その他有害な欠点を生じてはならない。

h)  フリーギヤ及びスプロケットの歯先には,面取りが施されていなければならない。

i)

フリーホイールに用いる鋼球は,

附属書 で規定する鋼球又はこれと同等以上のものとする。

8.2

小ギヤ



D 9418:2008

小ギヤの歯底部の横振れ及び縦振れは,

表 による。

表 5−小ギヤの振れ

単位 mm

区分

歯数

横振れ

縦振れ

普通小ギヤ

− 0.3 以下 0.3 以下

多段小ギヤ

9∼17 0.3 以下

 18∼26 0.4 以下

 27 以上 0.5 以下

9

試験方法

9.1

フリーホイールの強度

フリーホイールの強度は,フリーホイールの中子を固定し,フリーギヤ又は多段フリーホイールの最大

スプロケットにチェーンを掛けて駆動方向に 4 900 N の力でチェーンを引っ張った後,フリーギヤ,スプ

ロケット,つめ,ラチェット,その他の部分を目視及び触感によって調べる。ただし,最大歯数が 20 以上

の多段フリーホイールでは,最大スプロケットにかかるトルクが 196 N・m になるように力を加える。

9.2

小ギヤの強度

小ギヤの強度は,小ギヤをハブはめ合い部に固定し,4 900 N の力でチェーンを引っ張った後,小ギヤの

各部を目視及び触感によって調べる。このとき,多段小ギヤでは,最大スプロケットにチェーンを掛けて

行う。ただし,最大歯数が 20 以上の多段小ギヤでは,最大スプロケットにかかるトルクが 196 N・m にな

るように力を加える。

9.3

硬さ

フリーホイール及び小ギヤの硬さは,JIS B 7726 に規定する試験機を用いて,JIS Z 2245 によって測定

する。

9.4

フリーホイールの振れ

フリーホイールの振れは,

図 のように中子を固定し,フリーギヤ又はスプロケットを回転させて,歯

底部の横振れ及び縦振れをダイヤルゲージによって測定する。次にフリーギヤ又はスプロケットと中子と

の間の動きを停止させた状態で,中子を取付けねじの部分で進行方向に回転させて測定する。また,両測

定値の和を求める。ただし,横振れは歯底部に近い位置で測定しなければならない。

9.5

フリーギヤ及びスプロケットのがた

フリーギヤ又はスプロケットのがたは,

図 のように中子を固定し,フリーギヤ又はスプロケットの歯

先に固定具の中心軸方向の力を加えて動かしたときに,ギヤ側面で測定したダイヤルゲージの指針の動き

の最大幅を読み取る。測定位置は,普通フリーホイールでは歯底部側面,多段フリーホイールでは最大ス

プロケットの半径 30 mm 以上の位置とする。

単位  mm

図 1−フリーホイールの振れ測定


5

D 9418:2008

9.6

玉当たり部の耐摩耗性

玉当たり部の耐摩耗性は,中子を固定し,フリーギヤ又はギヤ台を毎分 250 回転の速度で 50 000 回空転

させた後,玉当たり部を目視,触感などによって調べる。

10  外観

フリーホイール及び小ギヤの外観は,次による。

a)  表面には,さび,割れ,その他の著しい欠点があってはならない。

b)  組立後,外部に現れる部分は,適切な防食処理を施していなければならない。

c)  歯先部以外には,鋭い先端があってはならない。

d)  各部に著しいばり,かえりなどがあってはならない。

e)  マーク類は,打刻不良,位置ずれなどがあってはならない。

11  製品の呼び方

製品の呼び方は,次による。

a)  普通フリーホイール及び普通小ギヤの呼び方は,使用するチェーンの呼び及び歯数による。

例 1/8×16(使用するチェーンの呼び×歯数)

b)  多段フリーホイール及び多段小ギヤの呼び方は,使用するチェーンの呼び及び段数によって,呼び段

数 6 段以上でスプロケット間隔の狭い形式のものでは,使用するチェーンのピンの高さ及び段数で呼

ぶ。

なお,必要に応じてトップギヤ及びローギヤの歯数を併記する。

例 1 1/8×3 段,3/32×5 段(使用するチェーンの呼び×段数)

例 2 7.2

mm×6 段−13×20(ピンの高さ×段数−トップギヤ歯数×ローギヤ歯数)

12  表示

フリーホイール及び小ギヤの見やすい箇所に容易に消えない方法で,製造業者名又はその略号を表示す

る。



D 9418:2008

単位  mm

番号

部品名称

1

中子

2

つめ

3

つめばね

4

調子板

5

鋼球

6

フリーギヤ

7

ねじぶた

図 2−普通フリーホイール


7

D 9418:2008

単位  mm

a)

  スプロケットとスプロケットとの間隔  (abc,  …)  は,使用するチェーンのピンの高さ以下であって,チェーン

のピンの高さと歯厚 との合計の 1/2 以上とする。

番号

部品名称

1

中子

2

つめ

3

つめばね

4

つめピン

5

調子板

6

鋼球

7

ギヤ台

8

ねじぶた

9

スプロケット

10

スペーサ

図 3−多段フリーホイール



D 9418:2008

単位  mm

番号

部品名称

1

小ギヤ

2

座金

3

止め輪

図 4−普通小ギヤ

番号

部品名称

1

スプロケット

2

スペーサ

図 5−多段小ギヤ


9

D 9418:2008

表 6−フリーホイール及び小ギヤの直径

単位 mm

歯数

寸法

ピッチ円直径

歯底円直径

a)

歯底距離

寸法許容差

A B 

B'(参考)

普通フリーホイール

及び普通小ギヤ

多段フリーホイール

及び多段小ギヤ

9 37.13 29.38 28.82

10 41.10 33.35 33.35

− 0.00

−0.70

11 45.08 37.33 36.87 
12 49.07 41.32 41.32

+0.13

−0.37

−0.07

−0.77

13 53.07 45.32 44.93

14 57.07 49.32 49.32

15 61.08 53.33 53.00

16 65.10 57.35 57.35

17 69.12 61.37 61.07

18 73.14 65.39 65.39

19 77.16 69.41 69.15

20 81.18 73.43 73.43

21 85.21 77.46 77.22

22 89.24 81.49 81.49

23 93.27 85.52 85.30

24 97.30 89.55 89.55

25 101.33  93.58  93.38

26 105.36  97.61  97.61

27 109.40 101.65 101.46

−0.07 
−0.97

28 113.43 105.68 105.68

29 117.46 109.71 102.54

30 121.50 113.74 113.74

31 125.53 117.78 117.62

32 129.57 121.82 121.82

33 133.60 125.85 125.70

34 137.65 129.90 129.90

36 145.72 137.97 137.97

38 153.79 146.04 146.04

フリーホイール及び小ギヤに対応するチェーンは,JIS D 9417 による。

a)

  歯底円直径の計算式は,JIS B 1801 の附属書 による。 


10 
D 9418:2008

表 6−フリーホイール及び小ギヤの直径(続き)


11

D 9418:2008

附属書 A

規定)

ねじの呼び 1.375-24 のねじ

序文

この附属書は,

フリーホイールをハブに取り付ける部分に用いるねじの呼び 1.375-24 の基準山形,

公式,

基準寸法,許容限界寸法及び公差について規定する。

注記  この附属書で規定するねじは,ISO 6698 による。

A.1  基準山形,公式及び基準寸法

基準山形,公式及び基準寸法は,次のとおりとする。

A.1.1  基準山形

基準山形を,

図 A.1 の太い実線で示す。

図 A.1−基準山形

A.1.2  公式

基準寸法の算出に用いる公式は,次による。

)

mm

(

24

4

.

25

P

d

=1.375×25.4 (mm)

H

=0.866 0

P

 (mm)

)

mm

(

4

3

2

H

d

d

)

mm

(

4

5

1

H

d

d

D

d

D

2

d

2

D

1

d

1

A.1.3

基準寸法

基準寸法は,

表 A.1

による。


12 
D 9418:2008

表 A.1

基準寸法

単位 mm

めねじ(フリーホイール用ねじ)

谷の径  (D)

有効径  (D

2

)

内径  (D

1

)

おねじ(ハブ用ねじ)

ねじの呼び

ねじ山数

(25.4 mm につき)

ピッチ  (P)

外径  (d)

有効径  (d

2

)

谷の径  (d

1

)

1.375-24  24

1.058  34.925 34.238 33.779

A.2

許容限界寸法及び公差

許容限界寸法及び公差は,次のとおりとする。

A.2.1

基準山形,基準寸法,許容限界寸法,公差及び基礎となる寸法許容差の関係

めねじとおねじとが組み合ったときにおける基準山形,基準寸法,許容限界寸法,公差及び基礎となる

寸法許容差の関係を,

図 A.2

に示す。

この図における記号の意味は,次による。

DD

min

及び D

3 min

: めねじ谷の径の基準寸法,谷底が平らな場合の最

小許容寸法及び谷底に円弧状の丸みを付けた場合
の最小許容寸法 (mm)

D

2

D

2 max

D

2 min

及び T

D2

  : めねじ有効径の基準寸法,最大許容寸法,最小許

容寸法及び公差 (mm)

D

1

D

1 max

D

1 min

及び T

D1

  : めねじ内径の基準寸法,最大許容寸法,最小許容

寸法及び公差 (mm)

dd

max

d

min

T

d

及び es

: おねじ外径の基準寸法,最大許容寸法,最小許容

寸法,公差及び基礎となる寸法許容差 (mm)

d

2

d

2 max

d

2 min

T

2

及び

es

: おねじ有効径の基準寸法,最大許容寸法,最小許

容寸法,公差及び基礎となる寸法許容差 (mm)

d

1

及び d

1 max

: おねじ谷の径の基準寸法及び最大許容寸法 (mm)

図 A.2

基準山形,基準寸法,許容限界寸法,公差及び基礎となる寸法許容差の関係

A.2.2

めねじの許容限界寸法及び公差

フリーホイールに用いるめねじの許容限界寸法及び公差は,

表 A.2

による。


13

D 9418:2008

表 A.2

めねじの許容限界寸法及び公差

単位 mm

谷の径

有効径

内径

ねじの呼び

基礎となる
寸法許容差

D

max

D

min

D

3 min

D

2 max

D

2 min

T

D2

D

1 max

D

1 min

T

D1

1.375-24 0

規定 
しない

34.925

35.001

34.408

34.238

0.170

34.015 33.779  0.236

注記  めねじの谷底には丸みを付けてよいが,最大実体のおねじ山頂と干渉しないようにしなければならな

い。

A.2.3

おねじの許容限界寸法及び公差

ハブに用いるおねじの許容限界寸法及び公差は,

表 A.3

による。

表 A.3

おねじの許容限界寸法及び公差

単位 mm

外径

有効径

谷の径

ねじの呼び  基礎となる

寸法許容差

es 

d

max

d

min

T

d

d

2 max

d

2 min

T

2

d

1 max

d

1 min

1.375-24 0.026

34.899

34.719

0.180

34.212

34.087

0.125

33.639

規定しない

注記  おねじの山頂は,通常,平らとするが,製作の都合上 0.1  P(ピッチ)を超えない範囲内で丸みを付け

てもよい。


14 
D 9418:2008

附属書 B

規定)

自転車用炭素鋼球

序文

この附属書は,自転車用炭素鋼球について規定する。

B.1

鋼球の呼び及び呼び直径

鋼球の呼び及び呼び直径は,通常,

表 B.1

による。

B.2

品質

B.2.1

寸法精度

鋼球の直径の寸法差,ロットの直径の相互差及び真球度は,

B.3.1

によって試験を行ったとき,

表 B.1

とおりとする。

B.2.2

外観

鋼球の外観は,

B.3.2

によって試験を行ったとき,鏡面仕上げであって,割れがなく,きず,さびなどの

有害な欠点があってはならない。

B.2.3

圧砕荷重

鋼球の圧砕荷重は,

B.3.3

によって試験を行ったとき,

表 B.1

のとおりとする。

B.2.4

硬さ

鋼球の硬さは,

B.3.4

によって試験を行ったとき,

表 B.1

のとおりとする。

B.3

試験方法

B.3.1

寸法精度

寸法精度は,次による。

B.3.1.1

直径の寸法差及びロットの直径の相互差

直径の寸法差及びロットの直径の相互差を求めるのに必要な平均直径は,鋼球 1 個を平面とこれに垂直

な測定子との間に置き,方向を変えて測定した直径の最大値と最小値との算術平均値として求める。この

場合の測定力は,3 N 以下とする。

B.3.1.2

真球度

真球度は,鋼球 1 個を角度 90°の V 溝とこれに垂直な測定子との間に置き,方向を変えて測定したとき

の測定子の動きの最大を求める。この場合,V 溝の硬さは,60HRC 以上でなければならない。また,測定

力は,3 N 以下とする。

B.3.2

外観

外観は,通常,目視によって行い,必要に応じて適切な倍率の拡大鏡を用いて観測する。

B.3.3

圧砕荷重

圧砕荷重試験は,

JIS B 7721

で規定する圧縮試験機に角度 120°の円すい座を取り付け,同一の呼びの

鋼球 2 個を重ねて行う。この場合,円すい座の硬さは,60HRC 以上でなければならない。また,負荷速度

は,試験機の指針の移動速度が 1 秒間につき 2 000∼5 000 N でなければならない。


15

D 9418:2008

B.3.4

硬さ

硬さ試験は,

JIS B 7726

で規定するロックウェル硬さ試験機に角度 120°の円すい座を取り付けて,

JIS 

Z 2245

によって球面を直接測定する。この場合,円すい座の硬さは,60HRC 以上でなければならない。

表 B.1

鋼球の呼び及び呼び直径,圧砕荷重,硬さなど

呼び

呼び直径

mm

直径の

寸法差

µm

ロットの直径の

相互差(最大)

µm

真球度

(最大)

µm

圧砕荷重

(最小)

N

硬さ

(最小)

HRC

1/8 3.175  ±5 2  2

5

000

56.0

5/32 3.969

8

000

57.0

3/16 4.762

11

000  57.5

7/32 5.556

14

000  58.0

1/4 6.350

18

000  58.0

9/32 7.144

22

000  59.0

5/16 7.938

27

000  59.5

注記 1  直径の寸法差とは,1 個の鋼球の平均直径と呼び直径との差。 
注記 2  真球度とは,鋼球の表面に外接する最小球面と鋼球表面の各点との半径方向

の距離の最大の値。

注記 3  ロットの平均直径とは,ロットの最大鋼球の平均直径と最小鋼球の平均直径

との算術平均値。

注記 4  ロットの直径の相互差とは,ロットの最大鋼球の平均直径と最小鋼球の平均

直径との差。


16 
D 9418:2008

附属書 C 

参考)

ISO 10230  自転車−スプラインハブ及び普通小ギヤ−はめあい寸法

序文

この附属書は,ハブギヤ,コースタハブなどに普通小ギヤを組み付ける箇所の寸法及び公差について規

定している

ISO 10230

について記載するものであって規定の一部ではない。

この規格及び

JIS D 9419

では,この部分の寸法は制限していない。

C.1

ハブ及び小ギヤの寸法

スプラインハブに普通小ギヤを組み付ける部分の寸法及び公差について

ISO 10230

では,

図 C.1

のよう

に規定している。

単位  mm

a)  普通小ギヤ 

b)  ハブ 

図 C.1

ハブ及び普通小ギヤの寸法


17

D 9418:2008

附属書 D 

参考)

ISO 6697  自転車−ハブ及びフリーホイール−組立寸法

序文

この附属書は,フリーホイール,ハブの寸法について規定している

ISO 6697

について記載するものであ

って規定の一部ではない。

この規格及び

JIS D 9419

では,この部分の寸法は制限していない。

D.1

フリーホイールの寸法

フリーホイールの寸法について

ISO 6697

では,

表 D.1

のように規定している。

表 D.1

フリーホイールの寸法

単位  mm

スプロ

ケット
の枚数

ホイールに使用するチェ

ーンの呼び

a)

D

S

 

最小値

最大値

N

 b)

 

最大値

O

 c)

 

最大値

最小値 

最大値 

最大値

1 081C

− 18 18

3 081C 又は 082C 21

24

24

18

4 082C

21

27

27

20

5 082C

27

30

30

25

6 082C

10.2

33 33 33

20 2

31

a)

  チェーンの呼びは,ISO 9633 による。この呼びは,次に示すインチの呼びに一致する。

No.081C:1/2×1/8 
No.082C:1/2×3/32

b)

  内側本体の全長

c)

  フリーホイールの参照表面 A から外側表面先端までの全長,これは,と同じ又は より大きいことがあ

る。


18 
D 9418:2008

附属書 JA

参考)

JIS と対応する国際規格との対比表

JIS D 9418 : 2008  自転車−フリーホイール及び小ギヤ

ISO 6697 : 1994,Cycles−Hubs and freewheels−Assembly dimensions 
ISO 6698 : 1989,Cycles−Screw threads used to assemble freewheels on bicycle hubs 
ISO 10230 : 1990,Cycles−Splined hub and sprocket−Mating dimensions

(Ⅰ)JIS の規定

(Ⅲ)国際規格の規定

(Ⅳ)JIS と国際規格との技術的差異の箇条ご
との評価及びその内容

箇 条 番 号
及び名称

内容

(Ⅱ) 
国際規格
番号

箇条番号

内容

箇 条 ご と
の評価

技術的差異の内容

(Ⅴ)JIS と国際規格との技術的差異
の理由及び今後の対策

1  適 用 範

一般用自転車,幼児

用 自 転 車 の フ リ ー
ホ イ ー ル 及 び 小 ギ
ヤについて規定。

ISO 6697
 
ISO 6698
 
 
ISO 
10230

3.3 
 

 
 
2

フリーホイールの寸法を

規定している。 
自転車用ハブにフリーホ
イールを組み付けるため

のねじ。 
ハブと小ギヤを組み付け
るためのスプライン部の

形状。

追加

ISO ではフリーホイールの寸
法だけを規定。 
ISO では組み付けるためのね
じの寸法だけを規定。 
 
ISO ではスプライン部の形状
だけを規定。

JIS は主要自転車部品ごとに規格
を制定し,認証を行っている。ま
た,JIS でも ISO のフリーホイール
の寸法,ねじの寸法,スプライン

部の形状を使用することは妨げて
いない。

2  引 用 規

3  種類

普 通 フ リ ー ホ イ ー

ル 
多 段 フ リ ー ホ イ ー

普通小ギヤ 
多段小ギヤ

追加

JIS では種類を追加。

JIS は自転車部品としてのフリー
ホ イ ー ル 及 び 小 ギ ヤ の 規 格 で あ
り,呼び方を統一するため規定。

4  部 品 名

図 2∼図 5 及び表 6
に よ っ て 部 品 名 称
を規定。

追加

JIS では部品名称を追加。

JIS は自転車部品としてのフリー
ホ イ ー ル 及 び 小 ギ ヤ の 規 格 で あ
り,部品名称を統一するため規定。

18

D

 9418

2008


19

D 9418:2008

(Ⅰ)JIS の規定

(Ⅲ)国際規格の規定

(Ⅳ)JIS と国際規格との技術的差異の箇条ご
との評価及びその内容

箇 条 番 号

及び名称

内容

(Ⅱ) 
国際規格
番号

箇条番号

内容

箇 条 ご と

の評価

技術的差異の内容

(Ⅴ)JIS と国際規格との技術的差異
の理由及び今後の対策

5 形 状 及
び寸法

図 2∼図 5 及び表 6
によって規定。

ねじは,JIS の規定
又は附属書 A(ISO
整合),スプライン

部の形状は附属書 C

ISO 6697
ISO 6698
ISO 
10230


 
3.4

形状及び寸法 
JIS と同じ。

追加

JIS ではピッチ円直径,歯底円
直径,ねじも追加規定してい

る。また,形状例,寸法例を示
している。

JIS では従来から使用している形
状,寸法,ねじも規定しているが
ISO に規定されたねじの寸法,スプ
ライン部の形状を使用することは
妨げていない。

6  強度 
6.1 フリー
ホイール

 
9.1 の試験を行った
とき,フリーギヤ,
ス プ ロ ケ ッ ト , つ

め,ラチェット,そ
の 他 の 部 分 が 破 損
してはならない。

追加

JIS では項目を追加。

JIS は自転車部品としてのフリー
ホ イ ー ル 及 び 小 ギ ヤ の 規 格 で あ
り,安全性を確保するため規定。

6.2 小ギヤ

9.2 の試験を行った
とき,小ギヤの各部

が 破 損 し て は な ら
ない。

追加

JIS では項目を追加。

JIS は自転車部品としてのフリー
ホ イ ー ル 及 び 小 ギ ヤ の 規 格 で あ

り,安全性を確保するため規定。

7  硬さ 9.3 の試験を行った

ときの,各部の硬さ
を規定。

追加

JIS では項目を追加。

JIS は自転車部品としてのフリー
ホ イ ー ル 及 び 小 ギ ヤ の 規 格 で あ
り,品質を確保するため規定。

8  構造 
8.1 フリー
ホイール

 
各部の結合,取り外
しができる構造,ね

じ ぶ た の 緩 み 及 び
締まり,歯底部の横
振れ,縦振れなどを

規定。

追加

JIS では項目を追加。

JIS は自転車部品としてのフリー
ホ イ ー ル 及 び 小 ギ ヤ の 規 格 で あ
り,品質を確保するため規定。

8.2 小ギヤ

歯底部の横振れ,縦

振れを規定。

追加

JIS では項目を追加。

JIS は自転車部品としてのフリー
ホ イ ー ル 及 び 小 ギ ヤ の 規 格 で あ
り,品質を確保するため規定。

19

D

 9418

2008


20 
D 9418:2008

(Ⅰ)JIS の規定

(Ⅲ)国際規格の規定

(Ⅳ)JIS と国際規格との技術的差異の箇条ご
との評価及びその内容

箇 条 番 号
及び名称

内容

(Ⅱ) 
国際規格
番号

箇条番号

内容

箇 条 ご と
の評価

技術的差異の内容

(Ⅴ)JIS と国際規格との技術的差異
の理由及び今後の対策

9  試 験 方
法 
9.1 フリー
ホ イ ー ル

の強度

 
 
4 900 N の力で引っ
張 り , 各 部 を 調 べ

る。 
最大歯数 20 以上の
多 段 フ リ ー ホ イ ー

ルは 196 N・m。

ISO 6697
ISO 6698
ISO 
10230 

追加

JIS では項目を追加。 JIS は自転車部品としてのフリー

ホ イ ー ル 及 び 小 ギ ヤ の 規 格 で あ
り,安全性を確保するため規定。 

9.2 小ギヤ
の強度

4 900 N の力で引っ
張り,各部を調べ
る。 
最大歯数 20 以上の

多段小ギヤは 196 
N・m。

追加

JIS では項目を追加。 JIS は自転車部品としてのフリー

ホ イ ー ル 及 び 小 ギ ヤ の 規 格 で あ
り,安全性を確保するため規定。 

9.3 硬さ

JIS Z 2245 によって
測定する。

追加

JIS では項目を追加。

JIS は自転車部品としてのフリー
ホ イ ー ル 及 び 小 ギ ヤ の 規 格 で あ
り,品質を確保するため規定。

9.4 フリー
ホ イ ー ル

の振れ

歯 底 部 の 横 振 れ 及
び 縦 振 れ を ダ イ ヤ

ル ゲ ー ジ に よ っ て
測定する。

追加

JIS では項目を追加。 JIS は自転車部品としてのフリー

ホ イ ー ル 及 び 小 ギ ヤ の 規 格 で あ

り,品質を確保するため規定。 

9.5  フ リ
ー ギ ヤ 及
び ス プ ロ
ケ ッ ト の

がた

ギ ヤ 側 面 で 測 定 し

た ダ イ ヤ ル ゲ ー ジ
の 指 針 の 動 き の 最
大幅を読み取る。

追加

JIS では項目を追加。 JIS は自転車部品としてのフリー

ホ イ ー ル 及 び 小 ギ ヤ の 規 格 で あ
り,安全性を確保するため規定。 

9.6  玉 当
た り 部 の
耐摩耗性

毎分 250 回転の速度

で 50 000 回空転さ
せた後,玉当たり部
を目視,触感などに

よって調べる。

追加

JIS では項目を追加。 JIS は自転車部品としてのフリー

ホ イ ー ル 及 び 小 ギ ヤ の 規 格 で あ
り,安全性を確保するため規定。 

20

D

 9418

2008


21

D 9418:2008

(Ⅰ)JIS の規定

(Ⅲ)国際規格の規定

(Ⅳ)JIS と国際規格との技術的差異の箇条ご
との評価及びその内容

箇 条 番 号
及び名称

内容

(Ⅱ) 
国際規格
番号

箇条番号

内容

箇 条 ご と
の評価

技術的差異の内容

(Ⅴ)JIS と国際規格との技術的差異
の理由及び今後の対策

10  外観

さび,鋭い先端,ば

り,かえりなど。

追加

JIS では項目を追加。

JIS は自転車部品としてのフリー
ホ イ ー ル 及 び 小 ギ ヤ の 規 格 で あ
り,品質を確保するため規定。

11  製品の
呼び方 
a)  普通

 
 
使 用 す る チ ェ ー ン

の呼び,歯数

ISO 6697
ISO 6698
ISO 
10230

追加

JIS では項目を追加。

JIS は自転車部品としてのフリー
ホ イ ー ル 及 び 小 ギ ヤ の 規 格 で あ
り,製品の呼び方を統一するため

規定。

b)  多段

使 用 す る チ ェ ー ン

の呼び,段数又は,
ピン高さ,段数

追加

JIS では項目を追加。

JIS は自転車部品としてのフリー
ホ イ ー ル 及 び 小 ギ ヤ の 規 格 で あ
り,製品の呼び方を統一するため
規定。

12  表示

製 造 業 者 名 又 は 略

追加

JIS では項目を追加。

JIS は自転車部品としてのフリー
ホ イ ー ル 及 び 小 ギ ヤ の 規 格 で あ

り,製造業者を明確にするため規
定。

附属書 A

(規定)

ねじの呼び 1.375-24

のねじ

ISO 6698

附属書 A の規定は,ISO 
6698 
を翻訳したもの。

選択

JIS では受渡当事者間の協定に
よって JIS B 0225 に規定され
た BC 1.37 のねじを用いてもよ
い。 

JIS では従来から使用しているね
じを使用することも認めている。 

附属書 B 
(規定)

自 転 車 用 炭 素 鋼 球
について規定。

ISO 6698
ISO 
10230

追加

JIS では項目を追加。 JIS は自転車部品としてのフリー

ホ イ ー ル 及 び 小 ギ ヤ の 規 格 で あ

り,それらに使用する炭素鋼球の
品質を確保するため規定。 

附属書 C 
(参考)

ISO 10230 の規定内
容 を 参 考 と し て 示
している。

ISO 
10230 

附属書 C は,ISO 10230
の規定である。

選択

JIS ではその部分の寸法は制限
していない。

JIS では,ハブギヤ及びコースタハ
ブと普通小ギヤの組付部の寸法,
形状については両者が,がたなく

はめ合っていればよいと考え,寸
法,形状を制限しておらず,ISO 
10230 
の寸法とすることも妨げて
いない。

21

D

 9418

2008


22 
D 9418:2008

(Ⅰ)JIS の規定

(Ⅲ)国際規格の規定

(Ⅳ)JIS と国際規格との技術的差異の箇条ご
との評価及びその内容

箇 条 番 号
及び名称

内容

(Ⅱ) 
国際規格
番号

箇条番号

内容

箇 条 ご と
の評価

技術的差異の内容

(Ⅴ)JIS と国際規格との技術的差異
の理由及び今後の対策

附属書 D

(参考)

ISO 6697 の規定内
容 を 参 考 と し て 示
している。

ISO 6697

附属書 D は,ISO 6697 

規定の一部である。

選択

JIS ではその部分の寸法は制限
していない。

JIS では新製品開発の妨げとなる
ため,フリーホイールの取付部の
ねじ寸法以外は,寸法を制限して
おらず,ISO 6697 の寸法とするこ

とも妨げていない。

JIS と国際規格との対応の程度の全体評価:ISO 6697 : 1994,ISO 6698 : 1989,ISO 10230 : 1990:MOD

注記 1  箇条ごとの評価欄の用語の意味は,次による。

    −  追加……………… 国際規格にない規定項目又は規定内容を追加している。

    −  選択……………… 国際規格の規定内容とは異なる規定内容を追加し,それらのいずれかを選択するとしている。

注記 2  JIS と国際規格との対応の程度の全体評価欄の記号の意味は,次による。

    −  MOD……………  国際規格を修正している。 

参考文献

JIS D 9419

自転車−ハブ

22

D

 9418

2008