>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

日本工業規格

JIS

 D

8103

-1994

自動車用ねじ式携行ジャッキ

Portable screw jacks for automobiles

1.

適用範囲  この規格は,自動車に用いるねじ式携行ジャッキ(以下,ジャッキという。)について規定

する。

備考1.  この規格の引用規格を,次に示す。

JIS G 3101

  一般構造用圧延鋼材

JIS G 3131

  熱間圧延軟鋼板及び鋼帯

JIS G 3505

  軟鋼線材

JIS G 5501

  ねずみ鋳鉄品

JIS G 5702

  黒心可鍛鋳鉄品

2.

この規格の中で  {  }  を付けて示してある単位及び数値は,従来単位によるものであって,

参考として併記したものである。

2.

形式及び呼び荷重(質量)  形式及び呼び荷重(質量)は,表 に示すとおりとする。

表 1

単位 t

形式

呼び荷重(質量)

普通形ジャッキ

0.7, 1, 1.5, 2, 3, 4, 5, 7, 10

バンパジャッキ

0.25, 0.3, 0.4, 0.5, 0.6, 0.7, 0.8, 1

ボデージャッキ

0.25, 0.3, 0.4, 0.5, 0.6, 0.7, 0.8, 1

パンタグラフ式ジャッキ

0.25, 0.3, 0.4, 0.5, 0.6, 0.7, 0.8, 1

備考1.  パンタグラフ式ジャッキの呼び荷重(質量)は,荷受が全揚

程の中央位置以上における場合を示す。

2.

呼び荷重(質量)は,kg 単位で表示することもできる。

3.

主要部の名称及び材料  主要部の名称及び材料は,原則として付図 1に示すとおりとする。

4.

構造  ジャッキの構造は,原則として付図 1に示すとおりとする。

5.

最大使用荷重(質量)及び寸法

5.1

普通形ジャッキ  普通形ジャッキの最大使用荷重(質量)及び寸法は,表 に示すとおりとする。


2

D 8103-1994

表 2

単位 mm

呼び荷重(質量)

最大使用

揚程

参考

荷重(質量)

補助ねじの

あるもの

補助ねじの

ないもの

本体の質量

(最大)

ハンドルの

回転半径

ハンドルの操

作力(最大)

(t) (kg)

(最小)

(最小)

縮小時の

高さ

(最大)

(kg)

[N

{kgf}]

0.7 700

80

130

280

10

150

196

{20}

1 1

000

1.5

1

500

2 2

000

100

3 3

000

4 4

000

5 5

000

120

150

20

200

7 7

000

10 10

000

備考  本体の質量には,ハンドルを含まない。

5.2

バンパジャッキ及びボデージャッキ  バンパジャッキ及びボデージャッキの最大使用荷重(質量)

及び寸法は,

表 に示すとおりとする。

表 3

単位 mm

参考

呼び荷重(質量)

最大使用荷

重(質量)

揚程

(最小)

縮小時の

高さ

(最大)

本体の質量

(最大)

ハンドルの

回転半径

ハンドルの操

作力(最大)

(t)  (kg)

(kg)

[N

{kgf}]

0.25 250

250

300

10 200

196

{20}

0.3 300  

0.4 400  

0.5 500  

0.6 600  

0.7 700  

0.8 800  

1 1

000  

備考1.  縮小時の高さとは,揚程の最低位置の荷受までの高さとする。

2.

本体の質量には,ハンドルを含まない。

5.3

パンタグラフ式ジャッキ  パンタグラフ式ジャッキの最大使用荷重(質量)及び寸法は,表 に示

すとおりとする。


3

D 8103-1994

表 4

単位 mm

参考

呼び荷重(質量)

最大使用荷

重(質量)

全揚程

(最小)

有効揚程
(最大)

縮小時の

高さ

(最大)

本体の質量

(最大)

ハンドルの

回転半径

ハンドルの操

作力(最大)

(t)

(kg)

(kg)

[N {kgf}]

0.25 250 120

全揚程の

2

1

220 5  200

196

{20}

0.3 300

0.4 400

0.5 500

0.6 600

0.7 700

0.8 800

1 1

000

備考1.  有効揚程とは,全揚程の中央位置から最高位置までをいう。

2.

本体の質量には,ハンドルを含まない。

6.

検査

6.1

検査項目  検査項目は,次のとおりとする。

(1)

外観検査

(2)

構造及び寸法検査

(3)

性能検査

(a)

負荷作動検査

(b)

耐荷重検査

(c)

傾斜荷重検査

6.2

外観検査  鋳す,割れ,さび,鋳ばりなどがなく,はだ,砂落とし,めっき,塗装などに有害な欠

点があってはならない。

6.3

構造及び寸法検査

6.3.1

組立てが良好で各部に著しいがたがなく,4.の規定に適合しなければならない。

6.3.2

寸法は,5.の規定に適合しなければならない。

6.4

性能検査

6.4.1

負荷作動検査  ジャッキの受金又は,荷受に最大使用荷重(質量)の 120%の荷重(質量)を加え,

全揚程の最低位置から最高位置まで,

(ただし,パンタグラフ式ジャッキにあっては,全揚程の中央位置か

ら最高位置までとする。

)繰り返し 3 回押し上げたとき,次のとおりでなければならない。

また,補助ねじなどの,揚程位置の調整装置があるものは,調整範囲の最高位置にして行う。

なお,ベッドが鋳物の場合には,ベッドの下へ厚さ約 30mm の堅い木を敷いて行う。

(1)

全揚程の作動状況は,円滑,確実で,本体及びハンドルの各部に使用上有害な異常があってはならな

い。

(2)

補助ねじのあるものは,その働きの最高位置で確実に止まり,試験終了後,作動が良好でなければな

らない。

備考1.  検査は,試料に熱影響のないように一定時間をおいて行うこと。

2.

普通形ジャッキは,ハンドルを取り付けたまま検査を行う。


4

D 8103-1994

6.4.2

耐荷重検査  ジャッキを最伸長の状態に置き,最大使用荷重(質量)の 150%の垂直静荷重(質量)

を 3 分間加えたとき,各部に有害な変形,破壊,その他の異常があってはならない。ただし,パンタグラ

フ式ジャッキは,全揚程の中央位置で行う。

なお,ベッドが鋳物の場合には,ベッドの下へ厚さ約 30mm の堅い木を敷いて行う。

備考  普通形ジャッキは,ハンドルを取り付けたまま検査を行う。

6.4.3

傾斜荷重検査  ジャッキを最伸長にし,かつ,ベッドの下部に傾斜角 6 度の傾斜板を敷いた状態に

置き,最大使用荷重(質量)に相当する鉛直静荷重(質量)を受金,又は荷受の中央部に 3 分間加えたと

き,各部に有害な永久変形,破壊,その他の異状があってはならない。ただし,パンタグラフ式ジャッキ

は,全揚程の中央位置で下図のとおり傾斜面方向に対して 45°にジャッキを設置して行う。

ボデージャッキ及びバンパジャッキについては,荷受のある側に傾斜させて設置して行う。

なお,ベッドが鋳物の場合には,ベッドの下へ厚さ約 30mm の堅い木を敷いて行う。

備考  普通形ジャッキは,ハンドルを取り付けたまま検査を行う。

7.

製品の呼び方  製品の呼び方は,規格名称,形式及び呼び荷重(質量)による。

1.  自動車用ねじ式(携行)普通形ジャッキ5t

2.  自動車用ねじ式(携行)パンタグラフ式ジャッキ0.5t 又は500kg

備考1.  括弧内は,省略しても差し支えない。

2. 1t

未満のものについては,呼び荷重(質量)を分数呼びにしてもよい。

8.

表示  ジャッキは,次の事項を表示する。

(1)

製造業者名又はその略号

(2)

製造年月又はその略号

(3)

呼び荷重(質量)


5

D 8103-1994

付図 1  普通形ジャッキ

*

ハンドル棒及びハンドルは,受渡当事者間の協定によって省略してもよい。

備考  図の形状は,参考として一例を示す。


6

D 8103-1994

付図 2  バンパジャッキ


7

D 8103-1994

付図 3  ボデージャッキ


8

D 8103-1994

付図 4  パンタグラフ式ジャッキ

*

ハンドルは,受渡当事者間の協定によって省略してもよい。

備考  図の形状は,参考として一例を示す。


9

D 8103-1994

自動車部会  自動車用ジャッキ専門委員会  構成表(昭和 52 年 10 月 1 日改正のとき)

氏名

所属

(委員会長)

正  木  六  郎

東京理科大学工学部

中  沢  忠  義

通商産業省機械情報産業局

浦  野  力  光

運輸省自動車局

青  地  慎太郎

通商産業省工業品検査所

若曽根  和  之

工業技術院標準部

山  口  殿  夫

自動車機械工具工業会

村  上  邦  彦

社団法人日本自動車機械工具協会

堀  山      健

社団法人日本自動車整備振興会連合会

鈴  本  作  良

社団法人日本自動車部品工業会

田  口  早  苗

日野自動車工業株式会社

桑  原  忠  夫

三菱自動車工業株式会社

杉  田  良  一

トヨタ自動車販売株式会社

加  藤  克  二

富士重工業株式会社

藤  川  一  夫

萱場工業株式会社

正  田  容  章

株式会社マサダ製作所

竹  内  常  男

竹内工業株式会社

川  崎  泰  司

川崎工業株式会社

田  窪  久  男

タクボ工業株式会社

田  中      広

安全自工株式会社

望  月  忠  義

ヤスヰ産業株式会社

大  嶋  伸之助

和光工業株式会社

小  俣  邦  明

萬平産業株式会社

中  沢  高  明

アイシン精機株式会社

(事務局)

村  里  利  明

工業技術院標準部機械規格課

(事務局)

笹  尾  照  夫

工業技術院標準部機械規格課

(平成 6 年 9 月 1 日改正のとき)