>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

日本工業規格

JIS

 D

6703

-1994

農業用車輪トラクタの

3

点支持装置の主要寸法

Dimensions of three-point linkages for

agricultural wheeled tractors

1.

適用範囲  この規格は,主として農業用車輪トラクタに使用する 3 点支持装置(以下,支持装置とい

う。

)の主要寸法について規定する。

備考1.  3点支持装置とは,作業機の装着機構で,1本のアッパリンクと2本のロワーリンクによって作

業機に取り付ける構造のものをいう。

2.

この規格の中で{  }を付けて示してある単位及び数値は,従来単位によるものであって,

参考として併記したものである。

2.

種類  支持装置は,これを装備する農業用トラクタの大きさ,用途によって 0 形,1N 形,1 形,2 形

及び 3 形の 5 種類とする。

3.

主要寸法  支持装置の主要寸法は,一般に,図 1∼図 及び表 のとおりとする。

なお,参考のために各部の名称を

参考図 に示す。

参考図 1


2

D 6703-1994

図 1

図 2

図 3

図 4

図 5


3

D 6703-1994

表 1

単位 mm

(参考)

G

H

J

種類

トラクタの出力

(kW)

  {PS}

A

B

C

(最大)

D

(最小)

E

(最大)

F

(最小)

K(

1

)

(最小)

0

形 15 以下{20 以下} 19

0

084

.

0

 19.3

21

.

0
0

44 76 69 44.5

22

0

21

.

0

  22.4

33

.

0
0

35

0

2

.

0

39 (51)

1N

形 35 以下{48 以下} 19

0

084

.

0

 19.3

21

.

0
0

44 76 69 44.5

22

0

21

.

0

 22.4

33

.

0
0

 35

0

2

.

0

 39 (51)

1

形 10∼44 {15∼60} 19

0

084

.

0

 19.3

21

.

0
0

44 76 69 44.5

22

0

21

.

0

 22.4

33

.

0
0

 35

0

2

.

0

 39 (51)

2

形 30∼75 {40∼100} 25.4

0

13

.

0

  25.7

21

.

0
0

51 93 86 52

28

0

21

.

0

 28.7

33

.

0
0

 45

0

2

.

0

 49 (61)

3

形 70 以上{90 以上} 31.75

0

25

.

0

  32

25

.

0
0

51

102 95 52

36.6

0

2

.

0

37.4

35

.

0
0

45

0

2

.

0

 52 (64)

M(

2

)

R

S(

3

)

U(

4

)

V(

5

)

W(

6

)

X(

2

)

Y

種類

L

L

(最小)

N(

2

)

P(

2

)

(最小)(最小)(最小)(最小)(最小) (最小) (最小) (最大)

0

形 12  12  410  565±1.5

(465

±1.5)

300

(250)

75 500 200 300 100

1N

形 12

12

360  400

±1.5 218

60

75 600 200 420 100 300 375

1

形 12  12  460  683±1.5 359 100 100 820

(780)

200 560

(550)

100 500 575

2

形 12  12  510  825±1.5 435 125 100 890

(800)

200 600 100 500 575

3

形 12  17  560  965±1.5 505 125 125 1

016

230 680 100 500 575

(

1

)  K

の括弧内はロワーリンクの振止めを外側に取り付ける場合に適用する。

(

2

)  M

Nの数値は,特殊な作業機の場合この数値を変更することができる。

また,UVの数値は推奨数値とする。

(

3

)  S

は片側のロワーリンクピッチ点に適用する。

(

4

)  U

はロワーリンクを最高に上げたときのロワーヒッチ点の地上高(リフトロッド長さ,取付位置などを調

節してもよい)を示す。

(

5

)  V

はロワーリンクを最低に下げたときのロワーヒッチ点の地上高(リフトロッド長さ,取付位置などを調

節してもよい)を示す。

(

6

)  W

はリンクの調節なしに,ロワーヒッチ点が移動する垂直方向の範囲を示す。

備考  括弧内の寸法は,なるべく使用しない。


4

D 6703-1994

原案作成委員会  構成表

氏名

所属

田  原  虎  次

東京農工大学

藍      房  和

東京農工大学農学部

林      清  輝

通商産業省機械情報産業局産業機械課

桐  山  和  臣

工業技術院標準部機械規格課

波  川  鎮  男

農林水産省農蚕園芸局肥料機械課

安  食  恵  治

生物系特定産業技術研究推進機構

船  曳  英  夫

社団法人日本農業機械化協会

渡  辺      崇

社団法人全国農業機械商業協同組合連合会

谷田部  勝  男

全国農業協同組合連合会

波  多  幸  夫

株式会社クボタ作業機技術部

福  永  喜  一

井関農機株式会社技術管理部

安  田  国  昭

ヤンマー農機株式会社中央技術研究所技術管理部

辻          章

三菱農機株式会社管理部

佐  藤  文  男

石川島芝浦機械株式会社トラクタ技術部

木  内      渥

株式会社丸山製作所研究開発本部

井之川  明  嗣

本田技研工業株式会社朝霞東研究所

太  田  万  喜

小橋工業株式会社開発部

平  松  献  三

株式会社共立技術本部

苫米地      眞

株式会社佐竹製作所調製機事業部