>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

1

D 6402 : 1999

  解説

解説表 3  JIS と対応する国際規格との対比表 

JIS D 6402 : 1999

  産業車両及び建設車両用ホイール−リムの輪

ISO 3739-3 : 1995

  産業車両用タイヤとリム−第 3 部リ

ISO/FDIS 4250-3 : 1997

  建設車両用タイヤとリム−第

3

部リム

対比項目

規定項目

(I)  JIS

の規定内容 (II)

国際規格番号 (III)

国際規格の規定内容 (IV)

JIS

と国際規格との相

違点

ISO 3739-3 

産業車両のリムの輪

郭について規定。

(1)

適用範囲

○  産業車両及び建設車

両用ホイールに使用
するリムのタイヤを
装着する側の,輪郭及

び寸法について規定。

ISO/FDIS 4250-3 

建設車両用のリムの

輪郭について規定。

=  JIS は ISO の 2 規定を

統 合 し た 形 で 規 定
(基本的に整合して
いる。

5

°深底リム,浅底リ

ム,5°平底リム,傾
斜座リム,15°深底リ
ム,二つ割りリム,広

幅平底リム,深底 W
リム

ISO 3739-3 

5

°深底リム,浅底リ

ム,5°平底リム,傾
斜座リム,二つ割り
リム

(2)

種類

ISO/FDIS 4250-3 

5

°深底リム,浅底リ

ム,傾斜座リム,15°
深底リム

ADP  JIS

では 5°深底リ

ム,浅底リム,5°平
底リム,傾斜座リム,

15

°深底リム,二つ

割りリム以外に広幅
平底リム,深底 W リ
ムも規定している。

ISO 3739-3 

(3) 5

°深底リム

( 記 号 5 °

DC

○  フランジの形 C 及び E

の輪郭及び寸法を規
定。

ISO/FDIS 4250-3 

○ JIS と同等。

附属書 フランジの形
D

の輪郭及び寸法(バ

ルブ孔を含む。)を規
定。

(4)

浅底リム(記

号 SDC)

○  フランジの形 TG 及び

VA

の輪郭及び寸法を

規定。

ISO/FDIS 4250-3 

○ JIS と同等。

附属書 フランジの形
E

,F,GS,N,TG 及

び VA の輪郭及び寸法

(バルブ孔を含む。)
を規定。

(5) 5

°平底リム

(記号 FB)

○  輪郭及び寸法を規定。 ISO 3739-3 

○ JIS と同等。

(6)

傾 斜 座 リ ム

(記号 TB)

○  フランジの形 E,F,S

及び G の輪郭及び寸
法を規定。

ISO 3739-3 

ISO/FDIS 4250-3 

○ JIS と同等。

附属書 フランジの形
D

,E,F,G,S 及び R

の輪郭及び寸法(バル
ブ孔を含む。

)を規定。

(7) 15

° 深 底 リ

(記号 15°

DC

○  輪郭及び寸法を規定。 ISO/FDIS 4250-3 

○ JIS と同等。


2

D 6402 : 1999

  解説

解説表 3  JIS と対応する国際規格との対比表(続き) 

対比項目

規定項目

(I)  JIS

の規定内容 (II)

国際規格番号 (III)

国際規格の規定内容 (IV)

JIS

と国際規格との相

違点

(8)

二 つ 割 り リ

(記号 DT)

○  フランジの形 C,E,F,

S

及び 1 の輪郭及び寸

法を規定。

ISO 3739-3 

○ JIS と同等。

附属書 フランジの形
D

,E,F,G,S,GS

及び N の輪郭及び寸
法(バルブ孔を含む。

を規定。

(9)

広 幅 平 底 リ

(記号 IRA,IR)

附属書 1IRA としてフ
ランジの形 S,T,V

及び WI の輪郭及び寸
法(バルブ孔を含む。

を規定。IR としてフラ

ンジの形T及び V の
輪郭及び寸法(バルブ
孔を含む。

)を規定。

(10)

深底 W リム

(記号 W)

附属書 輪郭及び寸法
(バルブ孔を含む。)

を規定。

(11)

呼 び 方 及 び
表示

○  JIS D 4102 による。  ISO 3739-3 

ISO/FDIS 4250-3 

○ 呼び方及び表示を規

定。

=  JIS D 4102 での規定

と整合している。

備考1.  表中の(I)及び(III)欄にある“○”は,該当する規定項目を規定していることを示し,“−”は,規定してい

ないことを示す。

2.

表中の(IV)欄にある“=”は,JIS と国際規格が同等であることを示す。また,

“ADP”は,JIS は国際規

格を技術的内容を変更することなく採用しているが,JIS として必要な規定内容を追加していることを示
す。