>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

D 62196-3

:2014 (IEC 62196-3:2014)

(1)

目  次

ページ

序文  

1

1

  適用範囲  

1

2

  引用規格  

2

3

  用語及び定義  

2

4

  一般事項  

2

5

  定格 

2

6

  電源と EV との接続  

2

7

  アクセサリ(車両カプラ)の分類  

4

8

  表示 

4

9

  寸法 

5

10

  感電保護  

5

11

  接地線のサイズ及び色  

5

12

  接地条件  

5

13

  端子  

5

14

  インタロック  

5

15

  ゴム及び熱可塑性プラスチック材料の劣化耐性  

6

16

  一般的構造  

6

17

  コンセントの構造  

6

18

  プラグ及び車両コネクタの構造  

6

19

  車両インレットの構造  

6

20

  保護等級  

6

21

  絶縁抵抗及び絶縁耐電圧  

6

22

  遮断容量  

6

23

  通常操作  

6

24

  温度上昇  

7

25

  可とうケーブル及びその接続  

7

26

  機械的強度  

7

27

  ねじ,通電部及び接続部  

8

28

  沿面距離,空間距離及び(封止用コンパウンドを通じての)距離 

8

29

  耐熱性,耐火性及び耐トラッキング性  

8

30

  腐食及び耐発せい(錆)性  

8

31

  条件付き短絡電流試験  

8

32

  電磁両立性  

8

33

  車両ドライブオーバ  

8


D 62196-3

:2014 (IEC 62196-3:2014)

(2)

まえがき

この規格は,工業標準化法第 12 条第 1 項の規定に基づき,一般財団法人日本自動車研究所(JARI)か

ら,

工業標準原案を具して日本工業規格を制定すべきとの申出があり,

日本工業標準調査会の審議を経て,

経済産業大臣が制定した日本工業規格である。

この規格は,著作権法で保護対象となっている著作物である。

この規格の一部が,特許権,出願公開後の特許出願又は実用新案権に抵触する可能性があることに注意

を喚起する。経済産業大臣及び日本工業標準調査会は,このような特許権,出願公開後の特許出願及び実

用新案権に関わる確認について,責任はもたない。


日本工業規格

JIS

 D

62196-3

:2014

(IEC 62196-3

:2014

)

電気自動車コンダクティブ充電用プラグ,

コンセント,車両コネクタ及び車両インレット−

第 3 部:ピン並びにコンタクトチューブを用いた

直流及び交流/直流用車両カプラの

寸法互換性要求事項

Plugs, socket-outlets, vehicle connectors and vehicle inlets-

Conductive charging of electric vehicles-Part 3:

Dimensional compatibility and interchangeability requirements for d.c. and

a.c./d.c. pin and contact-tube vehicle couplers

序文 

この規格は,2014 年に第 1 版として発行された IEC 62196-3 を基に,技術的内容及び構成を変更するこ

となく作成した日本工業規格である。

この規格は,直流充電ステーションと電気自動車のコンダクティブ充電とに用いる車両カプラの寸法互

換性について規定している。

この規格は,電気自動車コンダクティブ充電用車両カプラ・プラグ・コンセントの一般要件を規定した

IEC 62196-1

と併読する規格であり,直流充電用車両カプラ及び交直流複合式車両カプラに固有な要件を

規定している。

この規格では,IEC 62196-1 の規定に対する追加要件は“

追加”,全体の置換えは“置換え”,適用除外

は“

非適用”と表記している。IEC 62196-1 の規定内容をそのまま適用する箇条の規定内容並びに細分箇

条の番号及び規定内容は省略している。

適用範囲 

置換え(箇条 全体)

この規格は,標準化した形状のピン及びコンタクトチューブを用いた車両カプラ(以下,車両カプラと

いう。

)の寸法について規定する。この規格で規定する車両カプラは,制御手段を備える電気自動車(以下,

EV

という。

)コンダクティブ充電システムに用いることを意図し,定格電流 250 A 以下で,直流(DC)定

格動作電圧 1 500 V 以下,交流(AC)定格動作電圧 1 000 V 以下とする。

この規格は,IEC 62196-1:2014 に規定する高出力直流インタフェース及び交直流複合式インタフェース

の車両カプラに適用し,IEC 61851-1:2010 及び JIS D 61851-23IEC 61851-23)が規定するコンダクティ

ブ充電システムに用いる。


2

D 62196-3

:2014 (IEC 62196-3:2014)

この規格が対象とする DC 車両カプラは,IEC 61851-1 で規定する充電モード 4,ケース C に限定して用

いる。

車両カプラは,JIS D 61851-23IEC 61851-23)に規定するものと等価の回路に使用し,様々な電圧で作

動し,また,特別低電圧(ELV)及び通信信号を含む場合もある。

この規格は,−30  ℃∼+50  ℃の周囲温度で用いる車両カプラに適用する。

車両カプラに接続するケーブルは,銅又は銅合金の導体をもつものとする。

注記  この規格の対応国際規格及びその対応の程度を表す記号を,次に示す。

IEC 62196-3:2014

,Plugs, socket-outlets, vehicle connectors and vehicle inlets−Conductive charging

of electric vehicles

−Part 3: Dimensional compatibility and interchangeability requirements for d.c.

and a.c./d.c. pin and contact-tube vehicle couplers

(IDT)

なお,対応の程度を表す記号“IDT”は,ISO/IEC Guide 21-1 に基づき,

“一致している”こ

とを示す。

引用規格 

次に掲げる規格は,この規格に引用されることによって,この規格の規定の一部を構成する。これらの

引用規格のうちで,西暦年を付記してあるものは,記載の年の版を適用し,その後の改正版(追補を含む。

は適用しない。

引用規格は,次を除き,IEC 62196-1 の箇条 を適用する。

追加 

IEC 62196-2:2011

,Plugs, socket-outlets, vehicle connectors and vehicle inlets−Conductive charging of

electric vehicles

−Part 2: Dimensional compatibility and interchangeability requirements for a.c. pin and

contact-tube accessories

用語及び定義 

用語及び定義は,IEC 62196-1 の箇条 による。

一般事項 

一般事項は,IEC 62196-1 の箇条 による。

定格 

定格は,IEC 62196-1 の箇条 による。

電源と EV との接続 

電源と EV との接続は,次を除き,IEC 62196-1 の箇条 による。

6.4 

ユニバーサルインタフェース 

非適用 

6.5 

ベーシックインタフェース 

非適用 

6.6 DC

形状(直流充電用車両カプラかん合部形状) 

置換え 


3

D 62196-3

:2014 (IEC 62196-3:2014)

全ての DC 形状について,DC インタフェースは,最大 12 個の電力接点又は信号接点で構成し,ただ一

つの物理的形状の接点配列をもつものとする。電気的定格及びその機能は,IEC 62196-1 

表 による。

DC

形状は,JIS D 61851-23IEC 61851-23)の

附属書 AA 又は附属書 BB にそれぞれ規定するシステムを

用いる。インタフェースの詳細は対応するスタンダードシートを参照する。

6.8 

接触順序 

追加 

全ての DC インタフェースについて,接続過程におけるピンの接触は次の順序に従うものとする。

−  保護接地(ある場合)

− DC 電力接点

−  絶縁監視接点

−  近接検知又は接続スイッチ接点

−  コントロールパイロット接点

絶縁監視接点及び近接検知又は接続スイッチ接点は,コントロールパイロット接点と同時に接触しても

よい。

切り離しは,上記と逆の順番で行わなければならない。

追加 

6.301 

形状 EE 及び形状 FF の複合式インタフェース 

交直流複合式インタフェースは,ベーシックインタフェースを,交流及び直流両方の充電に使用できる

よう拡張したものである。EV に DC 電力を供給するための DC 電力接点をベーシックインタフェースに追

加で設けることによって,DC 充電が可能となる。

交直流複合式車両インレットのうち,ベーシックインタフェースに当たる部分は,AC 充電用のベーシ

ックコネクタ単独,又は DC 充電のための交直流複合コネクタとともに用いることができる。

交直流複合式カプラは,JIS D 61851-23IEC 61851-23)に規定するシステム C を用いた DC 充電にだけ

使用しなければならない。

接点の一般要求事項及び定格は,IEC 62196-1 

表 による。

交流又は直流の定格が,車両コネクタとかん合する車両インレットで異なる場合は,いずれか低い方の

定格で用いられなければならない。

交直流複合式インタフェースを交流に使用する場合の定格及び要求事項は,

IEC 62196-2

の規定による。

交直流複合式車両インレットを搭載している EV は,ベーシックインタフェース部分の電力接点での AC

電圧に対し適合しなければならない。

注記  上記の要求事項は,ISO 17409 に同等の要件が規定された場合は,省略することができる。


4

D 62196-3

:2014 (IEC 62196-3:2014)

表 301−車両カプラの互換性 

車両コネクタ

イ 

1

イ 

2

イ 

3

形状 AA

形状 BB

形状 EE

形状 FF

ユニバーサル・

高出力 AC

ユニバーサル・

高出力 DC



タイプ 1

あり

タイプ 2

あり

タイプ 3

あり

形状 AA

あり

形状 BB

あり

形状 EE

あり

あり

形状 FF

あり

あり

ユニバーサル・

高出力 AC

あり

ユニバーサル・

高出力 DC

あり

注記 1  タイプ 1,タイプ 2 及びタイプ 3 は,IEC 62196-2 のスタンダードシートを参照。 
注記 2  形状 AA,形状 BB,形状 EE 及び形状 FF は,この規格のスタンダードシートを参照。 
注記 3  ユニバーサル・高出力 AC 及びユニバーサル・高出力 DC は,IEC 62196-1 を参照。

アクセサリ(車両カプラ)の分類 

アクセサリ(車両カプラ)の分類は,次を除き,IEC 62196-1 の箇条 による。

置換え 

7.1

目的に応じた分類

−  車両コネクタ

−  車両インレット

7.5

箇条 及び IEC 61851-1 の機能に応じた分類

− DC インタフェース

−  複合インタフェース

追加 

7.301

スタンダードシートに応じた分類

−  形状 AA

−  形状 BB

−  形状 EE

IEC 62196-2

のタイプ 1 に対応した交流部分及び直流

−  形状 FF

IEC 62196-2

のタイプ 2 に対応した交流部分及び直流

表示 

表示は,IEC 62196-1 の箇条 による。


5

D 62196-3

:2014 (IEC 62196-3:2014)

寸法 

寸法は,次を除き,IEC 62196-1 の箇条 による。

9.1

置換え

車両コネクタ及び車両インレットは,

表 302 に適合しなければならない。

表 302−インタフェースの概要 

形状

寸法

最大定格電圧

V

最大定格電流

A

適合する DC 充電ステーション

AA

スタンダードシート 3-I 600  200

JIS D 61851-23

61851-23

附属書 AA

BB

スタンダードシート 3-II 750  250

JIS D 61851-23

61851-23

附属書 BB

EE

スタンダードシート 3-III 600

200

JIS D 61851-23

61851-23

附属書 CC

FF

スタンダードシート 3-IV 1

000

200 JIS D 61851-23

61851-23

附属書 CC

10 

感電保護 

感電保護は,次を除き,IEC 62196-1 の箇条 10 による。

追加 

10.301

形状 AA の車両カプラは,JIS D 61851-23IEC 61851-23)に規定する絶縁形 DC 充電ステーショ

ンとともに使用しなければならない。

10.302

形状 BB の車両カプラは,JIS D 61851-23IEC 61851-23)に規定する絶縁形又は非絶縁形の DC

充電ステーションとともに使用しなければならない。

10.303

形状 EE 及び形状 FF の車両カプラは,JIS D 61851-23IEC 61851-23)に規定する絶縁形又は非絶

縁形の DC 充電ステーションとともに使用しなければならない。

11 

接地線のサイズ及び色 

接地線のサイズ及び色は,IEC 62196-1 の箇条 11 による。

12 

接地条件 

接地条件は,次を除き,IEC 62196-1 の箇条 12 による。

12.1 

置換え 

車両が車両カプラを通して主電源に直流電気的に接続されている場合,車両カプラは保護接地接点及び

保護接地端子を備えなければならない。保護接地接点は,保護接地端子に直接かつ確実に接続しなければ

ならない。 

注記  車両が,車両と主電源との間にある絶縁機器(例えば,絶縁変圧器)を搭載した EV 充電ステ

ーションに接続されている場合,車両は直流電気的に接続されていないとみなす。

13 

端子 

端子は,IEC 62196-1 の箇条 13 による。

14 

インタロック 

インタロックは,次を除き,IEC 62196-1 の箇条 14 による。

追加 


6

D 62196-3

:2014 (IEC 62196-3:2014)

14.301 

ラッチ機能 

車両カプラは,非意図的又は権限のない者による取り外しを防止するために,ラッチを備えなければな

らない。インタロック機能は,ラッチを適切に機能させることで実現しなければならない。インタロック

が適切に結合されていることを示す手段が備えていなければならない。

適否は,目視検査及び手動試験によって判定する。

15 

ゴム及び熱可塑性プラスチック材料の劣化耐性 

ゴム及び熱可塑性プラスチック材料の劣化耐性は,IEC 62196-1 の箇条 15 による。

16 

一般的構造 

一般的構造は,次を除き,IEC 62196-1 の箇条 16 による。

16.15

第 1 段落の

置換え

車両コネクタの挿抜力は 100 N 未満でなければならない。車両コネクタと車両インレットとの挿抜を容

易にする手段が備わっていてもよい。車両カプラに挿抜力を軽減する補助装置(例えば,機械的補助装置)

を備えている場合は,補助装置の操作力は,100 N 未満でなければならない。

17 

コンセントの構造 

非適用 

18 

プラグ及び車両コネクタの構造 

プラグ及び車両コネクタの構造は,IEC 62196-1 の箇条 18 による。

19 

車両インレットの構造 

車両インレットの構造は,IEC 62196-1 の箇条 19 による。

20 

保護等級 

保護等級は,IEC 62196-1 の箇条 20 による。

21 

絶縁抵抗及び絶縁耐電圧 

絶縁抵抗及び絶縁耐電圧は,IEC 62196-1 の箇条 21 による。

22 

遮断容量 

遮断容量は,次を除き,IEC 62196-1 の箇条 22 による。

22.3 

置換え 

DC

車両カプラ又は複合 AC/DC 車両カプラの DC 部分は,IEC 62196-1 の 22.3 による試験を行う必要は

ない。

23 

通常操作 

通常操作は,次を除き,IEC 62196-1 の箇条 23 による。

23.2 

追加 


7

D 62196-3

:2014 (IEC 62196-3:2014)

DC

車両インレット及び DC 車両コネクタの挿抜動作サイクルは,

電気負荷なしで最大 10 000 回である。

DC

車両インレットが AC 部分を含む場合,DC 部分と AC 部分とは新しいサンプルで別々に試験を行わな

ければならない。

24 

温度上昇 

温度上昇は,次を除き,IEC 62196-1 の箇条 24 による。

24.1 

第 1 段落の後に

追加 

DC

充電における車両コネクタ内の温度による遮断は任意である。

第 4 段落の

置換え 

試験電流は,IEC 62196-1 

表 18 に示す直流又は交流の値である。温度上昇試験においては,温度によ

る遮断装置を短絡して試験しなければならない(試験結果は,温度遮断装置に依存してはならない)

25 

可とうケーブル及びその接続 

可とうケーブル及びその接続は,次を除き,IEC 62196-1 の箇条 25 による。

追加 

25.301 

負荷通電中の電流遮断に非対応のアクセサリ 

負荷通電中の電流遮断に非対応のアクセサリは,次の追加試験を実施しなければならない:

コード非交換型アクセサリは,納入状態で試験する。

コード交換型アクセサリは,製造者が推奨する最大及び最小寸法のケーブルで試験する。

コード交換型アクセサリのケーブルの導体を端子に入れ,導体の位置が容易に動かないよう十分に端

子ねじで締める。

ケーブルアンカーは通常の方法で使用し,IEC 62196-1:2014 の 27.1 に規定されたトルクの 3 分の 2 の

トルクで締め付けねじを締める。試験品は,ケーブルグランドがある場合はそれを使用して,再組み立

てを行った後,ケーブルが試験品に大きく押し込めない状態になるように,組み立て部品をぴったりと

合わせた状態にする。

試験品は,ケーブルの軸に対して垂直になるように試験装置に固定する。

その後,750 N で 1 回ケーブルを引っ張る。引っ張りは,急な動きを入れることなく,1 分間続ける。

その直後に,IEC 62196-1:2014 の

表 19 に規定されたトルクで 1 分間ねじる。

試験の間,ケーブルが損傷してはならない。

試験終了後,ケーブルは IEC 62196-1:2014 の

表 19 に規定された値を超えて変位してはならない。コ

ード交換型アクセサリについては,導体の先端は端子の中で著しく移動してはならない。コード非交換

型アクセサリについては,電気的接続部分に破損があってはならない。

縦方向変位の計測については,試験開始前に,試験品又はケーブルアンカーの先端から約 2 cm のケー

ブルの位置に目印を付ける。コード非交換型アクセサリについて,試験品に明確な端点がない場合は,

試験品の器体に目印を付加する。

試験後,試験品又はケーブルアンカーに対するケーブル上の目印の変位を測定する。

26 

機械的強度 

機械的強度は,IEC 62196-1 の箇条 26 による。


8

D 62196-3

:2014 (IEC 62196-3:2014)

27 

ねじ,通電部及び接続部 

ねじ,通電部及び接続部は,IEC 62196-1 の箇条 27 による。

28 

沿面距離,空間距離及び(封止用コンパウンドを通じての)距離 

沿面距離,空間距離及び(封止用コンパウンドを通じての)距離は,IEC 62196-1 の箇条 28 による。

29 

耐熱性,耐火性及び耐トラッキング性 

耐熱性,耐火性及び耐トラッキング性は,IEC 62196-1 の箇条 29 による。

30 

腐食及び耐発せい(錆)性 

腐食及び耐発せい(錆)性は,IEC 62196-1 の箇条 30 による。

31 

条件付き短絡電流試験 

非適用 

32 

電磁両立性 

電磁両立性は,IEC 62196-1 の箇条 32 による。

33 

車両ドライブオーバ 

車両ドライブオーバは,次を除き,IEC 62196-1 の箇条 33 による。

33.3 

非適用 

33.4 

非適用 


9

D 62196-3

:2014 (IEC 62196-3:2014)

スタンダードシート

形状 AA

車両カプラ 200 A,600 V D.C.

スタンダードシート 3-Ia 

車両インレット(シート 1 

単位  mm

括弧内の寸法は参考値

E-E 断面

B-B 断面

A-A 断面


10

D 62196-3

:2014 (IEC 62196-3:2014)

スタンダードシート 3-Ia 

車両インレット(シート 2 

(シート の続き) 

単位  mm

括弧内の寸法は参考値

許容差

10

以下 10 を超え 50 以下 50 を超え 100 以下

角度

±0.15

±0.2 

±0.3 

±30' 

番号

説明

1

電力端子と信号端子の接触ポイントとの差は最も厳しい寸法状態で 8 mm 以上

2

信号端子接触ポイント

3

パッキン(必要な場合)

:車両コネクタとかん合したときのシール方法の一つ

4

電力端子接触ポイント

5

水抜き穴

6

シール範囲

7

基準面

8

グロメット(必要な場合)

F の詳細

D の詳細

C の詳細


11

D 62196-3

:2014 (IEC 62196-3:2014)

スタンダードシート 3-Ib 

車両コネクタ(シート 1 

単位  mm

括弧内の寸法は参考値

G-G 断面

H-H 断面


12

D 62196-3

:2014 (IEC 62196-3:2014)

スタンダードシート 3-Ib 

車両コネクタ(シート 2 

(シート の続き) 

単位  mm

括弧内の寸法は参考値

許容差

10

以下 10 を超え 50 以下 50 を超え 100 以下

角度

±0.15

±0.2

±0.3

±30'

番号

説明

 9

水抜き穴(必要な場合)

10

ラッチオプション形状の場合:29.5 以下

11

基準面

12

ラッチ

13

ガイドリブの寸法は任意とする

14

レバーストッパー(必要な場合)

(この部位は可動式)

K の詳細

J の詳細


13

D 62196-3

:2014 (IEC 62196-3:2014)

スタンダードシート 3-Ib 

車両コネクタ(シート 3 

(シート の続き) 

単位  mm

括弧内の寸法は参考値

L の詳細

M の詳細

P の詳細

N の詳細

Q の詳細

R の詳細


14

D 62196-3

:2014 (IEC 62196-3:2014)

スタンダードシート 3-Ib 

車両コネクタ(シート 4 

(シート の続き) 

番号

説明

15

端子

16

絶縁キャップ

17

接線 R

18

基準面

19

任意の寸法

20

ガイドリブの寸法は任意

21

端子可動式の場合のオプション形状

22

オプション形状


15

D 62196-3

:2014 (IEC 62196-3:2014)

スタンダードシート 3-Ic 

車両カプラの固定手段 

車両コネクタの外形寸法(シート 1 

単位  mm


16

D 62196-3

:2014 (IEC 62196-3:2014)

スタンダードシート 3-Ic 

車両カプラの固定手段 

車両コネクタの外形寸法(シート 2 

(シート の続き) 

番号

説明

23

車両外面

24

車両カプラの中心線

25

基準面

26

車両コネクタ形状は実線の範囲内でなければならない(図は車両コネクタの形状を制限するものではな
い。

27

ラッチ


17

D 62196-3

:2014 (IEC 62196-3:2014)

スタンダードシート 3-Id 

車両コネクタの外形寸法 

単位  mm

括弧内の寸法は参考値

S-S 断面

T-T 断面

立体図


18

D 62196-3

:2014 (IEC 62196-3:2014)

スタンダードシート 3-Ie 

ラッチの寸法(シート 1 

単位  mm

括弧内の寸法は参考値

W の詳細

U の詳細


19

D 62196-3

:2014 (IEC 62196-3:2014)

スタンダードシート 3-Ie 

ラッチの寸法(シート 2 

(シート の続き) 

番号

説明

28

ラッチ(図はラッチの形状を制限するものではない。

29

車両コネクタの中心線

30

オプション形状

31

車両コネクタの基準面


20

D 62196-3

:2014 (IEC 62196-3:2014)

スタンダードシート 3-If 

ラッチのオプション形状 

単位  mm

括弧内の寸法は参考値

番号

説明

32

車両コネクタの基準面

33

ラッチ(図はラッチの形状を制限するものではない。

34

車両コネクタの中心線

X の詳細


21

D 62196-3

:2014 (IEC 62196-3:2014)

形状 BB

車両カプラ 250 A,750 V D.C.

スタンダードシート 3-IIa 

車両コネクタ(シート 1 

単位  mm

寸法φ65 は抜き勾配を設けてもよいが,最大寸法位置(基準面 C)は寸法公差の要求に従うことが望ましい。

(絶縁キャップ)

ラッチ(インターロックの
スイッチは,ラッチが 1.0 
mm

上昇する前に開かなけ

ればならない。


22

D 62196-3

:2014 (IEC 62196-3:2014)

スタンダードシート 3-IIa 

車両コネクタ(シート 2 

(シート の続き) 

単位  mm


23

D 62196-3

:2014 (IEC 62196-3:2014)

スタンダードシート 3-IIb 

車両インレット(シート 1 

単位  mm

括弧内の寸法は参考値


24

D 62196-3

:2014 (IEC 62196-3:2014)

スタンダードシート 3-IIb 

車両インレット(シート 2 

(シート の続き) 

単位  mm

防水範囲


25

D 62196-3

:2014 (IEC 62196-3:2014)

形状 EE

車両カプラ 200 A,600 V D.C.

スタンダードシート 3-IIIa 

車両インレット(シート 1 

単位  mm


26

D 62196-3

:2014 (IEC 62196-3:2014)

スタンダードシート 3-IIIa 

車両インレット(シート 2 

(シート の続き) 

単位  mm

括弧内の寸法は参考値


27

D 62196-3

:2014 (IEC 62196-3:2014)

スタンダードシート 3-IIIa 

車両インレット(シート 3 

(シート の続き) 

E

の詳細 

シュラウド(オプション) 

単位  mm

番号

説明

1

寸法は全てミリメートル

2 AC

インレット部分の寸法は IEC 62196-2  スタンダードシート 2-I に準じる。

3

普通公差:JIS B 0405 の m

4

基準面

5

面シールの位置(任意選択)

6 CP

端子の位置

7

指示のない R:R0.5-0.7

8

括弧内の寸法は参考値

9

水抜き穴(必要な場合)

10

IEC 62196-2

スタンダードシート 2-Ia(Sheet 1)view R に準じた形状・寸法

11

ロック機構を覆うシュラウド(オプション)

12

直径 3.6(端子径)×2 か所から

13

直径 8(端子径)×2 か所から


28

D 62196-3

:2014 (IEC 62196-3:2014)

スタンダードシート 3-IIIb 

車両コネクタ(シート 1 

単位  mm

12


29

D 62196-3

:2014 (IEC 62196-3:2014)

スタンダードシート 3-IIIb 

車両コネクタ(シート 2 

(シート の続き) 

単位  mm


30

D 62196-3

:2014 (IEC 62196-3:2014)

スタンダードシート 3-IIIb 

車両コネクタ(シート 3 

(シート の続き) 

単位  mm

括弧内の寸法は参考値

番号

説明

1

寸法は全てミリメートル

2 AC

コネクタ部分の寸法は IEC 62196-2  スタンダードシート 2-I に準じる。

3

普通公差:JIS B 0405 の m

4

基準面

5

括弧内の寸法は参考値

7 AC

カプラ部分のセンタライン(z-軸)

8

面シールの位置(任意選択)

9 L1

及び L2/N は未使用

10

車両コネクタはこの範囲内に収める。

11

水抜き穴(必要な場合)

12 CP

端子の寸法

13

ロック装置はこの範囲内に位置する。

15

直径 10.2(キャビティ径)×2 か所から

16

直径 8.5(キャビティ穴径)×2 か所から


31

D 62196-3

:2014 (IEC 62196-3:2014)

スタンダードシート 3-IIIc 

ラッチ,ロックの詳細 

(かん合状態) 

単位  mm

括弧内の寸法は参考値

番号

説明

1

寸法は全てミリメートル

2 AC

コネクタ部分の寸法は IEC 62196-2  スタンダードシート 2-I に準じる。

3

普通公差:JIS B 0405 の m

4

基準面

5

括弧内の寸法は参考値

7 AC

カプラ部分のセンタライン(z-軸)

13

ロック装置はこの範囲内に位置する。

14

ラッチロックゾーン:ロック装置はこの範囲を超えない。


32

D 62196-3

:2014 (IEC 62196-3:2014)

スタンダードシート 3-IIId 

車両コネクタの外形寸法(シート 1 

単位  mm

括弧内の寸法は参考値


33

D 62196-3

:2014 (IEC 62196-3:2014)

スタンダードシート 3-IIId 

車両コネクタの外形寸法(シート 2 

(シート の続き) 

番号

説明

1

寸法は全てミリメートル

2 AC

コネクタ部分の寸法は IEC 62196-2  スタンダードシート 2-I に準じる。

3

普通公差:JIS B 0405 の m

4

基準面

5

括弧内の寸法は参考値

6

指示のない R:R0.5-0.7

7 AC

カプラ部分のセンタライン(z-軸)

10

車両コネクタはこの範囲内に収める。


34

D 62196-3

:2014 (IEC 62196-3:2014)

形状 FF

車両カプラ 200 A,1 000 V D.C.

オールモード

FF.1 

接続端子の機能 

形状 FF の接続端子の機能は,

表 FF.1 によって定義する。

注記 DC 充電のコーディングは,JIS D 61851-23IEC 61851-23)の附属書 CC に記載されている。

表 FF.1−形状 FF の接続端子の機能 

IEC 62196-2

のスタンダードシート 2-II での名称

機能

PE PE

a)

CP CP

b)

PP PP

a)

N

任意選択

L1

任意選択

L2

任意選択

L3

任意選択

DC

+ d.c.+

DC

− d.c.−

a)

  IEC 62196-2:2011

のスタンダードシート 2-II にある機能と同一

b)

 CP

は,JIS D 61851-23IEC 61851-23)の

附属書 CC に規定する拡張機能を

もってもよい。


35

D 62196-3

:2014 (IEC 62196-3:2014)

スタンダードシート 3-IVa 

車両インレット−モード 234(シート 1 

単位  mm

括弧内の寸法は参考値

第 1 寸法


36

D 62196-3

:2014 (IEC 62196-3:2014)

スタンダードシート 3-IVa 

車両インレット−モード 234(シート 2 

(シート の続き) 

単位  mm

括弧内の寸法は参考値


37

D 62196-3

:2014 (IEC 62196-3:2014)

スタンダードシート 3-IVa 

車両インレット−モード 234(シート 3 

(シート の続き) 

単位  mm

括弧内の寸法は参考値


38

D 62196-3

:2014 (IEC 62196-3:2014)

スタンダードシート 3-IVa 

車両インレット−モード 234(シート 4 

(シート の続き) 

単位  mm

11

第 2 寸法


39

D 62196-3

:2014 (IEC 62196-3:2014)

スタンダードシート 3-IVa 

車両インレット−モード 234(シート 5 

(シート の続き) 

番号

説明

1

寸法は全てミリメートル

2 AC

インレット部分の寸法は IEC 62196-2 のスタンダードシート 2-IIf に準じる。

3

普通公差:JIS B 0405 の m

4

基準面

5

他の手段により安全なロックが保障される限り,第 1 寸法(28.8)から逸脱して
もよい。

この場合,第 2 寸法(21)が有効である。

6

絶縁キャップ

7

端子

8

直径 8(端子径)×2 か所から

9

最小寸法

10

シール位置(任意選択)

11

ロックが可能な位置

12

段差(任意選択)

13

基準軸 PE

14

直径 3(端子径)×2 か所から


40

D 62196-3

:2014 (IEC 62196-3:2014)

スタンダードシート 3-IVb 

車両インレット−オールモード(シート 1 

単位  mm

括弧内の寸法は参考値


41

D 62196-3

:2014 (IEC 62196-3:2014)

スタンダードシート 3-IVb 

車両インレット−オールモード(シート 2 

(シート の続き) 

単位  mm

括弧内の寸法は参考値


42

D 62196-3

:2014 (IEC 62196-3:2014)

スタンダードシート 3-IVb 

車両インレット−オールモード(シート 3 

(シート の続き) 

単位  mm

括弧内の寸法は参考値


43

D 62196-3

:2014 (IEC 62196-3:2014)

スタンダードシート 3-IVb 

車両インレット−オールモード(シート 4 

(シート の続き) 

番号

説明

1

寸法は全てミリメートル

2 AC

インレット部分の寸法は IEC 62196-2 のスタンダードシート 2-IId に準じる。

3

普通公差:JIS B 0405 の m

4

基準面

5

絶縁キャップ

6

端子

7

直径 8(端子径)×2 か所から

8

最小寸法

9

シール位置(任意選択)

10

基準軸 PE

11

ロックが可能な位置

12

直径 3(端子径)×2 か所から


44

D 62196-3

:2014 (IEC 62196-3:2014)

スタンダードシート 3-IVc 

車両コネクタ−モード 4(シート 1 

単位  mm

括弧内の寸法は参考値


45

D 62196-3

:2014 (IEC 62196-3:2014)

スタンダードシート 3-IVc 

車両コネクタ−モード 4(シート 2 

(シート の続き) 

単位  mm


46

D 62196-3

:2014 (IEC 62196-3:2014)

スタンダードシート 3-IVc 

車両コネクタ−モード 4(シート 3 

(シート の続き) 

単位  mm

 
 
 
 


47

D 62196-3

:2014 (IEC 62196-3:2014)

スタンダードシート 3-IVc 

車両コネクタ−モード 4(シート 4 

(シート の続き) 

単位  mm


48

D 62196-3

:2014 (IEC 62196-3:2014)

スタンダードシート 3-IVc 

車両コネクタ−モード 4(シート 5 

(シート の続き) 

番号

説明

1

寸法は全てミリメートル

2 AC

コネクタ部分の寸法は IEC 62196-2 のスタンダードシート 2-IIe に準じる。

3

普通公差:JIS B 0405 の m

4

基準面

5

C

面取り:2+0.5×45°

又は

R

面取り:R2+0.5

6

この部分の輪郭は,製造者の選択とする。ただし,外側の突起は変えないで残す。

7

ロック用穴の周辺に R 面取りを施す。

8

直径 8.6(キャビティ穴径)×2 か所から

9

最小寸法

10 12

mm

以上

11

直径 3.5(キャビティ穴径)×2 か所から


49

D 62196-3

:2014 (IEC 62196-3:2014)

スタンダードシート 3-IVd 

車両コネクタ−推奨外形寸法(シート 1 

単位  mm

括弧内の寸法は参考値

番号の説明は,

表 FF.2 を参照。


50

D 62196-3

:2014 (IEC 62196-3:2014)

スタンダードシート 3-IVd 

車両コネクタ−推奨外形寸法(シート 2 

(シート の続き) 

番号

説明

1

寸法は全てミリメートル

2

基準面

3

基準軸 PE

参考文献  JIS B 0405  普通公差−第 1 部:個々に公差の指示がない長さ寸法及び角度寸法に対する公差

注記  対応国際規格:ISO 2768-1,General tolerances−Part 1: Tolerances for linear and angular

dimensions without individual tolerance indications

(IDT)

ISO/DIS 17409

,Electrically propelled road vehicles−Connection to an external electric power supply

−Safety requirements