>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

 

1

D

 5710 :

 19
98
 解

解説付表 1  JIS と対応する国際規格との対比表 

JIS D 5710 : 1998

  自動車部品−ワイパアーム及び

ワイパブレード

ISO 9258 : 1989

  乗用車−ワイパシステム−ワイパブレードの長さ

ISO 9259 : 1991

  乗用車−フロントウインドワイパシステム−ワイパアームとフレードの接続

ISO 9704 : 1990

  乗用車−ワイパシステム−軸端とアーム穴

対比項目

規定項目

(I)  JIS

の規定内容 (II)

国 際 規 格 番

(III)

国際規格の規定内容 (IV)

JIS

と国際規格との相違点 (V)

JIS

と国際規格との一致

が困難な理由及び今後の
対策

ISO 9258 

○ 乗用車用ワイパブレード長さを

規定

ISO 9259 

○ 乗用車用ワイパアームとブレー

ドの接続について規定

(1)

適用範囲

○ 1.  自 動 車 用 ワ イ パ ブ レ ー

ド 及 び ア ー ム に つ い て
規定

ISO 9704 

○ 乗用車用軸端とアームについて

規定

≡ JIS はアーム・ブレードの全

般を規格化し,ISO は乗用車
に限定しブレード長さと,ア

ーム及びブレードの接合部
などを別規格で制定

(2)

引用規格

○  JIS D 0205  メートル並目ね

JIS D 0209

  メートル並目ね

じの許容限界寸法及び公差

JIS D 0103

  自動車部品−電

気装置の機器・部品−名称

JIS D 0201

  自動車部品−電

気めっき通則

JIS Z 2371

  塩水噴霧試験方

JIS Z 8741

  鏡面光沢度−測

定方法

製品規格として必要な項目

を規定

(3)

定義

○  ワイパシステム

ISO 9258 

○ ワイパブレード長さ

= 引用した JIS D 0103 で“ワイ

パブレード”を規定

(4)

種類

○  アーム形式 2 種類

ブレード形式 2 種類 
アームとブレードの結合方
法 2 方式

アームヘッドとピボットシ
ャフトの結合方法 2 方式

(付

表 2

従来からの JIS 規定内容であ

り種類区分を明確にした。

製品規格として必要な項目

を規定


 

2

D

 5710 :

 19
98
 解


解説付表 1  JIS と対応する国際規格との対比表(続き) 

JIS D 5710 : 1998

  自動車部品−ワイパアーム及び

ワイパブレード

ISO 9258 : 1989

  乗用車−ワイパシステム−ワイパブレードの長さ

ISO 9259 : 1991

  乗用車−フロントウインドワイパシステム−ワイパアームとフレードの接続

ISO 9704 : 1990

  乗用車−ワイパシステム−軸端とアーム穴

対比項目

規定項目

(I)  JIS

の規定内容 (II)

国 際 規 格 番

(III)

国際規格の規定内容 (IV)

JIS

と国際規格との相違点 (V)

JIS

と国際規格との一致

が困難な理由及び今後の
対策

(5)

性能

○  アーム押さえ力,ふき性能

耐食性,耐久性,先端移動量,
回転運動量

ISO 9259 

○ 3.  ワイパアームとブレード接

続部の一般性能で先端移動量及
び回転運動量を規定

ADP JIS

は ISO の規定項目を採用

し,他に 4 項目を規定

(6)

外観

○  金属部分及びゴムの表面外

めっき表面外観 
塗装表面外観 
防げん処理表面外観

− 従来からの JIS 規定内容

製品規格として必要な項目
を規定

○  アームとブレードの結合

(付

表 1

ISO 9259 

○ 2.1  寸法でフック接続における

寸法を 2.1.12.1.2 で規定,また

数か国で使用している 4 種類の
接続方法を

附属書 で規定

ADP ISO

の寸法値を包含するよ

うに JIS の寸法幅を規定

○  アームとピボットの結合

(付

表 2

ISO 9704 

○ 2.12.3 にタイプ 1 を,また数か

国で使用している非推奨のタイ
プ 2 を

附属書 A.1A.3 に規定

ADP ISO

の寸法値を包含するよ

うに JIS の寸法幅を規定。非
推奨タイプは採用せず。

付表 備考に材質及び硬さを
規定

ISO 9704 

○ 2.4 及び附属書 A.2A.4 で材質を

規定

ADP

硬度は現状の材質に合わせ
たものとした。

○  アームの寸法

(付表 3

− 従来からの JIS 規格内容

製品規格として必要な項目

を規定

(7)

構造・形状及
び寸法

○  ブレードの長さ

(付表 4

ISO 9258 

表 にブレード長さを規定

ADP ISO

の寸法値に JIS の寸法値

を併記

(8)

試験方法

○  アーム押さえ力試験,ふき性

能試験耐食試験,耐久試験

先端移動量,回転運動

ISO 9259 

○ 3.  性能に先端移動量,回転運動

量の試験方法を規定

ADP JIS

は ISO の規定項目を採用

し,他に 4 項目を規定

(9)

表示

○  製造業者名又はその略号

− 従来からの JIS 規格内容

製品規格として必要な項目

を規定


 

3

D

 5710 :

 19
98
 解

解説付表 1  JIS と対応する国際規格との対比表(続き) 

JIS D 5710 : 1998

  自動車部品−ワイパアーム及び

ワイパブレード

ISO 9258 : 1989

  乗用車−ワイパシステム−ワイパブレードの長さ

ISO 9259 : 1991

  乗用車−フロントウインドワイパシステム−ワイパアームとフレードの接続

ISO 9704 : 1990

  乗用車−ワイパシステム−軸端とアーム穴

対比項目

規定項目

(I)  JIS

の規定内容 (II)

国 際 規 格 番

(III)

国際規格の規定内容 (IV)

JIS

と国際規格との相違点 (V)

JIS

と国際規格との一致

が困難な理由及び今後の
対策

(10)

附属書

(規定)

○  特定車両用ワイパ及び一般

車両用ワイパ 
附属書表 クリップの形状及
び寸法(ISO タイプ) 
附属書表 クリップの形状及
び寸法(JIS タイプ) 
附属書表 アームヘッドとピ
ボットシャフトの形状及び
寸法(ISO タイプ) 
附属書表 アームヘッドとピ
ボットシャフトの形状及び
寸法(JIS タイプ)

− 従来の JIS で規定していた形

式で,既に補修用が主体のも
の,また ISO で規定している

内容で,国内では使用されな
い形式及び現在審議中の形
式を附属書に記載した。

備考1.  対比項目(I)及び(III)の小欄で,“○”は該当する項目を規定している場合,“−”は規定していない場合を示す。

2.

対比項目(IV)の小欄の記号の意味は,次による。

“≡”

JIS と国際規格との技術的内容は同等である。

“=”

JIS と国際規格との技術的内容は同等である。ただし,軽微な技術上の差異がある。

“ADP”

(ADOPTION の略)

JIS は,国際規格と対応する部分を国際規格そのまま変更なしで採用している。

“−”

:該当項目がない場合。