>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

1

D 5707 : 1998

  解説

解説付表 1  JIS と対応する国際規格との対比表 

JIS D 5707 : 1998

,自動車部品−フラッシャユニット ISO 4082 : 1981,道路車両−自動車−フラッシャユニット

対比項目

規定項目

(I)  JIS

の規定内

(II)

国 際 規 格 番

(III)

国 際 規 格 の

規定内容

(IV) JIS

と国際規

格との相違点

(V)  JIS

と国際規格との整合

が困難な理由及び今後の
対策

(1)

適用範囲

○  フ ラ ッ シ ャ

の 電 気 特 性
及 び 製 品 要
求 事 項 に つ

いて規定。

ISO 4082

○ フ ラ ッ シ ャ

の 電 気 特 性
を規定。2 段
階 光 度 装 置

に は 適 用 し
ない。

= JIS は製品要

求 事 項 を 加
え 2 段階光度
装 置 へ の 言

及を削除。

JIS

は 製 品 の 互 換 性 も 考

慮。

2

段階光度装置は使われて

いないので 規定す る必要

なしとした。

(2)

用語・記号

○  ラ ン プ 点 灯

開 始 時 間 な
ど 5 用語を規

定。

同上

○ ( 用 語 の 項

目はないが,
電 気 特 性 の

規 定 の 中 で
説 明 し て い
る。

(

=) JIS と ISO 

実 質 的 に 同
じ規定内容。

規格を適正に使うため,関
係の用語を 明確に する必
要がある。

ISO

改訂時に考慮を申し入

れる。

(3)

種類・等級

○  タ ー ン シ グ

ナル,ハザー

ド ウ ォ ー ニ
ン グ 及 び コ
ン ビ ネ ー シ

ョ ン の 各 フ
ラ ッ シ ャ に
ついて 12V 用

及び 24V 用の

A

種,B 種を

規定。

同上

○ ( 種 類 の 項

目はないが,

適 用 分 野 及
び 機 能 の 規
定 の 中 で 説

明 し て い
る。

= JIS と ISO 

は 実 質 的 に

同 じ 規 定 内
容。

フラッシャ の種類 を一括
して示すこ とで内 容が明

確になる。

ISO

改訂時に考慮を申し入

れる。

(4)

性能

○  始動時間,点

滅 回 数 及 び
点灯率,作動

表示機能,電
圧降下,耐絶
縁性,耐過負

荷 性 , 耐 振
性 , 耐 衝 撃
性,耐温湿度

性,高温・低
温 作 動 及 び
耐 久 性 を 規

定。

同上

○ ( 性 能 の 項

目 は 設 け ら
れ て い な い

が,試験に関
す る 規 定 の
中 で 方 法 と

共 に 記 述 し
ている。

(ADP) JIS

は ISO 

規 定 の 要 求
性 能 を す べ

て採用。ただ
し, 
①  作動表示

機能の 1
灯断線時
に,残り

の主電球
は連続点
灯でもよ

いの規定
追加。

②  電圧降下

で , 12V
ハザード
ウォーニ

ングフラ
ッシャの

5

灯以上

用につい

①  作動方式の関係で,1

灯断線時に連続点灯に
なるフラッシャがある

ため。ISO 改訂時に考
慮を申し入れるものと
する。

②  旧 JIS の規定に従って

いる製品があるので,

ISO

に整合させるまで

に期間が必要。目標期
限は 2002 年とする。


2

D 5707 : 1998

  解説

解説付表 1  JIS と対応する国際規格との対比表(続き) 

JIS D 5707 : 1998

,自動車部品−フラッシャユニット ISO 4082 : 1981,道路車両−自動車−フラッシャユニット

対比項目

規定項目

(I)  JIS

の規定内

(II)

国 際 規 格 番

(III)

国 際 規 格 の

規定内容

(IV) JIS

と国際規

格との相違点

(V)  JIS

と国際規格との整合

が困難な理由及び今後の
対策

て , ISO

0.6V

以下の規
定を 0.8V

以下に緩
和。 

ただし,“0.6
以 下 が 望 ま
しい”旨を追

記。 
③  耐絶縁性

は , ISO

AC1000

V

を一定

時間加え
る方法で
あるが,

JIS

では

他に絶縁
抵抗値の

規定を追
加。

③  JIS の自動車用電気装

置の耐絶縁性は,ほと
んどが抵抗値規定なの

で一製品だけを先行し
て ISO 方法にするのは
運用上複雑になるため

避けた。関係する JIS
の 耐 電 圧 規 定 化 は ,

2000

年ごろまでに総

合検討する。

(5)

端 子 配 置 及

び 外 形 の 寸

附属書 1(規
定 で フ ラ ッ
シ ャ の 端 子
配 置 及 び 外

形 寸 法 を 規
定。

ISO 7588 

○ リ レ ー 及 び

フ ラ ッ シ ャ
の 端 子 配 置
及 び 外 形 寸

法 並 び に ソ
ケ ッ ト 穴 の
寸法を規定。

= ISO はリレー

も 規 定 し て
おり,ソケッ
ト に も 言 及

し て い る の
で フ ラ ッ シ
ャ を 抜 粋 し

て規定。

(フラッシ ャの関 係は整

合している。

リレー及び ソケッ トにつ
いては,JIS D 5011(自動

車用リレー−端子配列・端
子機能及び 寸法) が既に

ISO

を採用している。

(6)

端 子 の 機 能

配分

(

○)

附属書 2(参
考)で端子機
能 配 分 の 種
類を紹介し,

システム C を
優 先 使 用 と
した。

ISO/TR 8857 

○ 端 子 機 能 配

分の 3 システ
ムを紹介。

(

=) 旧 JIS は ISO

のシステム C
に 適 合 し て
いるので,注

として C の優
先 使 用 を 追
記。

ISO は,国際的に使用さ

れている端子配分を A,B,

C

の 3 システムに分けてお

り,その一つに準拠するの

で問題なし。


3

D 5707 : 1998

  解説

解説付表 1  JIS と対応する国際規格との対比表(続き) 

JIS D 5707 : 1998

,自動車部品−フラッシャユニット ISO 4082 : 1981,道路車両−自動車−フラッシャユニット

対比項目

規定項目

(I)  JIS

の規定内

(II)

国 際 規 格 番

(III)

国 際 規 格 の

規定内容

(IV) JIS

と国際規

格との相違点

(V)  JIS

と国際規格との整合

が困難な理由及び今後の
対策

(7)

試験方法

○  共 通 試 験 条

件,及び性能
規 定 項 目 に
対 応 す る 11

項 目 の 試 験
方法を規定。

ISO 4082

○ 電 気 特 性 と

し て 動 作 電
圧,一般試験
条件,試験回

路と装置,調
節 , 及 び 12
の 試 験 方

法・性能要件
(始動時間,
点滅回数・点

灯率,作動表
示機能,電圧
降下,耐絶縁

性,耐過渡電
圧性,耐過負
荷 性 , 耐 振

性 , 耐 衝 撃
性,耐熱耐寒
性,高温・低

温 作 動 及 び
耐久性)を規
定。

ADP JIS

は ISO 

規 定 を す べ
て採用。ただ
し,

①  動作電圧

は , ISO
の 13 又

は 26V の
ほ か に

12.8

又は

25.6V

追記。

②  電 球 に

JIS C 

7506

引用。

③  電圧降下

測定は,
突入電流

を避けて
行うと追
記。

④  耐絶縁性

に絶縁抵
抗計を用

いる方法
を併記。

⑤  ISO の耐

過渡電圧
性は,JIS
に取り入

れていな
い。

⑥  ISO の耐

熱・耐寒
性を,耐
湿湿度性

と名称変
更。

①  米国の規定は 12.8 又は

25.6V

であり,FMVSS

によってこの条件での
試験が要求されている

ため。

②  ISO で は 出 版 予 定 の

IEC

文書に言及してい

る。

    これは IEC 809 で発行

され,その整合 JIS 

C 7506

なので問題な

い。

③  安定した測定結果取得

のため必要なので,明
記した。

    ISO 改訂時に追記を要

求する。

④  絶縁抵抗計は,自動車

用電気装置の JIS が普

遍的に採用している。
総合的に検討し 2000
年までに対応方針を決

める。

⑤  ISO では作成中とあり

具体的な規定はない。

決定したと きに受 け入れ

る。

⑥  規定内容は,ISO と同

じ。ISO 改訂時にタイ
トルを規定内容に合わ
せるよう申し入れる。


4

D 5707 : 1998

  解説

解説付表 1  JIS と対応する国際規格との対比表(続き) 

JIS D 5707 : 1998

,自動車部品−フラッシャユニット ISO 4082 : 1981,道路車両−自動車−フラッシャユニット

対比項目

規定項目

(I)  JIS

の規定内

(II)

国 際 規 格 番

(III)

国 際 規 格 の

規定内容

(IV) JIS

と国際規

格との相違点

(V)  JIS

と国際規格との整合

が困難な理由及び今後の
対策

(8)

試 験 の サ ン

プ ル 数 及 び
順序

○  サ ン プ ル 20

個 の グ ル ー
プ 別 の 適 用
試験項目,及

び 試 験 の 順
序を規定。

ISO 4082

○ サ ン プ ル 20

個 の グ ル ー
プ 別 の 適 用
試験項目,及

び 試 験 の 順
序を規定。

≡ なし。

(9)

製 品 の 呼 び

○  規格番号,種

別,等級,使
用 電 球 の 電

力−灯数,定
格 電 圧 を 規
定。

− (ISO は規定

し て い な
い。

(使用 者と 供給者 間の取
引きな どに 用いる ため追
加した。

(10)

表示

○  製造者名,定

格 電 圧 又 は

試験電圧,端
子 識 別 番 号
又は,記号,

電 球 の 電 力
及 び 数 並 び
に 製 造 年 月

を規定。

ISO 4082

○ 製造者名,定

格電圧,端子

の 識 別 番 号
又は記号,及
び 電 球 類 の

電力を規定。

ADP JIS

は ISO 

規 定 を す べ

て採用。ただ
し, 
① 12.8V 又

は 25.6V
で試験し
た 場 合

は,試験
電圧を製
品に表示

するよう
追加規定
した。

②  負荷の電

球個数も
表示する

ことを追
加。

③  製造年月

の表示を
追加。

①  米国の仕様による製品

であることを明確にす

るための表示が必要。

②  使用者のために,負荷

の種類を具体的に表示

す る こ と が 必 要 で あ
る。

③  不具合発生時などの追

跡調査を容易にするた
め 規 定 す る こ と に し
た。

①∼③は,ISO 改訂時に取
り入れ を考 慮する よう申
し入れる。

備考1.  対比項目(I)及び(III)の小欄で,“○”は該当する項目を規定している場合,“−”は規定していない場合を

示す。

2.

対比項目(IV)の小欄の記号の意味は,次による。

“≡”

JIS と国際規格との技術的内容は同等である。

“=”

JIS と国際規格との技術的内容は同等である。ただし,軽微な技術上の差異がある。

“ADP”

(ADOPTION の略)

JIS は,国際規格と対応する部分を国際規格そのまま変更なしで採用して

いる。

“−”

:該当項目がない場合。