>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

 

1

D

 5704-

2

 解

解説付表 2  JIS と対応する国際規格との対比表 

JIS D 5704 : 1998

  自動車部品−ウインドシールド

ウォッシャ−第 2 部:試験方法

ISO 3469 : 1989

  乗用車−ウインドスクリーンウォッシャシステム−試験方法

対比項目

規定項目

(I)  JIS

の規定内容 (II)

国 際 規 格 番

(III)

国際規格の規定内容 (IV)

JIS

と国際規格との相違点 (V)

JIS

と国際規格との一致

が困難な理由及び今後の
対策

(1)

適用範囲

第 部でウォッシャの仕様を
規定 
第 部でウォッシャの試験方
法を規定

ISO 3469 

○ 乗用車用シールドウォッシャの

装着状態での試験方法について
規定

= 乗用車装備状態の性能試験

方法(洗浄性試験)について
は別に強制規格で規定があ
るため,JIS はウォッシャ単

体の製品規格を規定

(2)

引用規格

○  JIS D 0203  自動車部品の耐

湿及び耐水試験方法

○ ISO 3833  自動車−タイプ−用

語定義

JIS

は製品規格として必要

な規格を引用。

(3)

定義

○ 3.1 から 3.16 まで 16 項目を定義

(4)

試験方法

第 部 4.試験方法の 4.4 試験
手順で,噴射性試験,吐出量
試験,耐拘束性試験,耐温度

性試験(強度試験),低温及
び高温作動試験(機能試験)

耐水性試験,耐振性試験,耐

久性試験を規定。

4.2

試験装置

4.3

試験用液で,水,ウォッ

シャ液,低温用ウォッシャ
液,ウォッシャ液用添加剤を
規定

○ 4.試験方法で,

一般要求事項,試験装置,環境試
験用試験装置,強度試験,機能試

験を規定

5.

ワイピングシステムと組み合

わされたウインドウォッシャシ

ステムの試験(洗浄性試験)を規
定 
附属書 に試験混合物 2 種類を規
定(洗浄試験に使用)

ADP

洗浄性試験は強制規格に規
定があるため JIS には採用せ

強制規格の国際整合性を進
める必要がある

備考1.  対比項目(I)及び(III)の小欄で,“○”は該当する項目を規定している場合を示す。

2.

対比項目(IV)の小欄の記号の意味は,次による。

“=”

JIS と国際規格との技術的内容は同等である。ただし,軽微な技術上の差異がある。

“ADP”

(ADOPTION の略)

JIS は,国際規格と対応する部分を国際規格そのまま変更なしで採用している。