>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

 

1

D

 5704--

1

 : 1
998

 解

解説付表 2  JIS と対応する国際規格との対比表 

JIS D 5704-1998

  自動車部品−ウインドシールド

ウォッシャー第 1 部:要求事項,第 2 部:試験方法

ISO 3469 : 1989

  乗用車−ウインドスクリーンウォッシャシステム−試験方法

対比項目

規定項目

(I)  JIS

の規定内容 (II)

国 際 規 格 番

(III)

国際規格の規定内容 (IV)

JIS

と国際規格との相違点 (V)

JIS

と国際規格との一致

が困難な理由及び今後の
対策

(1)

適用範囲

○  第 1 部でウォッシャの仕様を

規定 
第 2 部でウォッシャの試験方
法を規定

ISO 3469 

○ 乗用車用シールドウォッシャの

装着状態での試験方法について
規定

= 乗用車装備状態の性能試験

方法(洗浄性試験)について
は別に強制規格で規定があ
るため,JIS はウォッシャ単

体の製品規格を規定

(2)

引用規格

○  JIS D 0103  自動車部品−電

気装置の機器・部品−名称

JIS D 0201

  自動車部品−電

気めっき通則

JIS D 0203

  自動車部品の耐

湿及び耐水試験方法

JIS D 5403

  自動車用電線端

JIS K 6771

  軟質ビニル管

ISO 3469 

○ ISO 3833  自動車−タイプ−用

語定義

JIS

は製品規格として必要

な規格を引用。

(3)

定義

○  ウインドシールドウォッシ

ャ,コントロール,ターゲッ
トエリア,タンク,ノズル,

ポンプの 6 項目を定義

ISO 3469 

○ 3.1 から 3.16 まで 16 項目を定義

= JIS D 0103(用語規格)を引

用し,必要な範囲に絞って定
義した。

(4)

公称電圧

○  公称電圧で 12V,24V を定義  

− 規定なし

製品規格として必要項目を
規定

(5)

性能

○  第 1 部 5.  性能で噴射性,吐

出量,耐拘束性,耐温度性,

低温作動,高温作動,耐水性,
耐振性,耐久性を定義

− 規定なし

製品規格として必要項目を
規定


 

2

D

 5704--

1 : 1

9

98
 解


解説付表 2  JIS と対応する国際規格との対比表(続き) 

JIS D 5704-1998

  自動車部品−ウインドシールド

ウォッシャー第 1 部:要求事項,第 2 部:試験方法

ISO 3469 : 1989

  乗用車−ウインドスクリーンウォッシャシステム−試験方法

対比項目

規定項目

(I)  JIS

の規定内容 (II)

国 際 規 格 番

(III)

国際規格の規定内容 (IV)

JIS

と国際規格との相違点 (V)

JIS

と国際規格との一致

が困難な理由及び今後の
対策

(6)

形状・寸法及

び 寸 法 許 容
差材料

○  7.に材質,めっき,ホースを

規定。附属書にタンク容量,
ブラケット寸法,パイプ,ノ
ズルの取付け部の寸法,ウォ

ッシャの電線端子を規定

− 規定なし

製品規格として必要項目を

規定

(8)

製 品 の 呼 び

○  製品の呼び方を規定

− 規定なし

製品規格として必要項目を

規定

(9)

表示

○  公称電圧及び極性,吸込口吐

出口の区別,製造業者名又は
略号

− 規定なし

製品規格として必要項目を

規定

備考1.  対比項目(I)及び(III)の小欄で,“○”は該当する項目を規定している場合,“−”は規定していない場合を示す。

2.

対比項目(IV)の小欄の記号の意味は,次のとおりである。

“=”

JIS と国際規格との技術的内容は同等である。ただし,軽微な技術上の差異がある。

“−”

:該当項目がない場合