>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

D 5303-2

:2004

(1)

まえがき

この規格は,工業標準化法第 14 条によって準用する第 12 条第 1 項の規定に基づき,社団法人電池工業

会(BAJ)/財団法人日本規格協会(JSA)から,工業標準原案を具して日本工業規格を改正すべきとの申出が

あり,日本工業標準調査会の審議を経て,経済産業大臣が改正した日本工業規格である。これによって,

JIS D 5303-2

:1997 は改正され,この規格に置き換えられる。

改正に当たっては,日本工業規格と国際規格との対比,国際規格に一致した日本工業規格の作成及び日

本工業規格を基礎にした国際規格原案の提案を容易にするために,IEC 60254-2:1997,Lead-acid traction

batteries

─Part 2:Dimensions of cells and terminals and marking of polarity on cells 及び AMENDMENT 1

(2000.05)を基礎として用いた。

この規格の一部が,技術的性質をもつ特許権,出願公開後の特許出願,実用新案権,又は出願公開後の

実用新案登録出願に抵触する可能性があることに注意を喚起する。経済産業大臣及び日本工業標準調査会

は,このような技術的性質をもつ特許権,出願公開後の特許出願,実用新案権,又は出願公開後の実用新

案登録出願にかかわる確認について,責任はもたない。

JIS D 5303-2

には,次に示す附属書がある。

附属書 1(規定)  電気車用鉛蓄電池  種類

附属書 2(参考)  JIS と対応する国際規格との対比表

JIS D 5303

の規格群には,次に示す部編成がある。

JIS D 5303-1

  第 1 部:一般要件及び試験方法

JIS D 5303-2

  第 2 部:種類及び表示


D 5303-2

:2004

(2)

目  次

ページ

序文

1

1.

  適用範囲

1

2.

  種類

2

3.

  表示

5

3.1

  極性

5

3.2

  銘板

5

3.3

  取扱注意表示

5

附属書 1(規定)  電気車用鉛蓄電池  種類

6

附属書 2(参考)  JIS と対応する国際規格との対比表

8

 


日本工業規格

JIS

 D

5303-2

:2004

電気車用鉛蓄電池─

第 2 部:種類及び表示

Lead-acid traction batteries

Part 2

:Dimensions of cells and terminals and marking of polarity on cells

序文  この規格は,1997 年に第 3 版として発行された IEC 60254-2:1997,Lead-acid traction batteries─Part 2:

Dimensions of cells and terminals and marking of polarity on cells

及び AMENDMENT 1 (2000.05)を翻訳し,技

術的内容を変更して作成した日本工業規格である。

なお,この規格で点線の下線を施してある箇所は,原国際規格を変更している事項である。変更の一覧

表をその説明を付けて,

附属書 2(参考)に示す。

1.

適用範囲  この規格は,フォ−クリフトトラック,けん引車,運搬車,機関車などの電気車の動力の

電源として使用する電気車用鉛蓄電池(以下,蓄電池という。

)の次の項目について規定する。

a)

単電池の幅,高さ及び長さ

b)

単電池の表示

備考  この規格の対応国際規格を,次に示す。

なお,対応の程度を表す記号は,ISO/IEC Guide 21 に基づき,IDT(一致している)

,MOD

(修正している)

,NEQ(同等でない)とする。

IEC 60254-2

:1997,Lead-acid traction batteries─Part 2:Dimensions of cells and terminals and

marking of polarity on cells (MOD)


2

D 5303-2

:2004

2.

種類  種類は,単電池の外形寸法によって,次の表 の形式による。また,原国際規格の種類を附属

書 1(規定)に示す。

  1  種類

参考(一例)(

)

最大外形寸法

mm

基準
寸法

mm

形式

総高

箱高

長さ

形式

定 格 容

量 (5 時
間率)

Ah

質 量 ( 液

を 含 む )
約 kg

電解

液量

約 L

90 VB5a-160

160

11.5  2.3

94 VB5-160

160

11.5  2.5

109 VB6-200

200

14.0  3.1

128 VB7-240

240

17.0  3.9

144 VB8-280

280

18.0  3.9

161 VB9-320

320

20.5  4.3

360 323 160

206 VB12-400

400

25.5  5.7

90 VC5a-172

172

12.0  3.1

94 VC5-172

172

13.0  3.1

109 VC6-215

215

14.5  3.6

128 VC7-258

258

17.0  4.0

144 VC8-301

301

19.0  4.4

161 VC9-344

344

22.0  4.6

190 VC11-387

387

26.5  6.5

206 VC12-430

430

27.5  5.7

C 390

353

160

244 VC14-516

516

33.0  7.2

60 VD3-165

165

10.0  2.0

90 VD5a-250

250

16.0  3.1

94 VD5-250

250

16.5  3.2

109 VD6-270

270

17.0  4.0

128 VD7-320

320

19.5  4.6

144 VD8-400

400

25.0  5.4

161 VD9-450

450

28.0  6.1

177 VD10-500

500

30.5  6.7

190 VD11-560

560

32.5  6.4

D 435

398

160

244 VD14-624

624

38.5  8.0

144 VDH8-485

485

27.5  5.0

161 VDH9-545

545

31.0  5.8

177 VDH10-600

600

34.0  6.2

DH 450

413

160

206 VDH12-700

700

40.5  7.2


3

D 5303-2

:2004

  1  種類(続き)

参考(一例)(

)

最大外形寸法

mm

基準
寸法

mm

形式

総高

箱高

長さ

形式

定 格 容
量 (5 時

間率)

Ah

質 量 ( 液
を 含 む )

約 kg

電解
液量

約 L

60 VF3-201

201

13.0  2.4

78 VF4-268

268

16.5  3.5

90 VF5a-280

280

17.0  4.3

109 VF6-390

390

23.5  5.0

128 VF7-402

402

26.5  5.6

144 VF8-545

545

31.5  7.2

177 VF10-670

670

38.0  7.6

190 VF11-670

670

40.0  8.9

530 493 160

225 VF13-737

737

45.0 11.1

60 VI3-225

225

13.5  2.6

78 VI4-288

288

19.0  3.2

90 VI5a-312

312

19.5  4.1

109 VI6-435

435

24.0  5.5

128 VI7-476

476

28.5  5.7

144 VI8-546

546

33.0  6.7

161 VI9-624

624

37.0  8.1

190 VI11-702

702

42.5  8.5

206 VI12-780

780

46.5  9.4

225 VI13-858

858

51.0 10.5

I 560

523

160

244 VI14-936

936

58.5 11.0

60 VH3-300

280

20.0  3.2

78 VH4-400

400

26.0  4.2

90 VH5a-420

420

29.0  5.6

94 VH5-500

500

31.5  5.3

109 VH6-600

600

37.0  6.1

128 VH7-700

700

41.5  8.1

H 740

703

160

144 VH8-800

800

48.0  8.0

注(

1

)

表中の定格容量及び質量は,電解液比重 1.280±0.010(20  ℃)を標準としたも

のである。

備考1.  この規格による単電池の幅寸法は,表 の最大外形寸法 160 mm とする。


4

D 5303-2

:2004

2.

この規格の長さ寸法は,

表 の寸法系列による。また,長さの基準寸法の許容値は±2 mm と

する。

  2  長さ表示(基準外形寸法)

単位 mm

長さを示す記号

3

4

5a

5

6

7

8

基準長さ

60

78

90

94

109

128

144

長さを示す記号

9

10

11

12

13

14

基準長さ

161

177

190

206

225

244

3.

この規格の高さ寸法は,

表 の高さ表示による。

  3  高さ表示(最大外形寸法)

単位 mm

高さを示す記号

B C D

DH F  I  H

総高さ(最大)

360 390 435 450  530  560 740

箱高さ(最大)

323 353 398 413  493  523 703

4.

寸法の表し方は,

図 による。

  1  単電池

5.

形式に使用した数値及び記号は,次の意味を表す。

例  V    D    3  −

定格容量

長さの区分

箱高さの区分

電気車用鉛蓄電池の略号

6.

製品の呼び方  製品の呼び方は,名称,形式,及び公称電圧による。

例  電気車用鉛蓄電池 VD8−400−48V

組電池の公称電圧

形式

3.

表示   

3.1

極性  単電池及び組電池の正極には+,負極には−の記号を使用し,少なくとも正極だけには必ず


5

D 5303-2

:2004

表示を行う。

3.2

銘板  組電池の銘板には次の事項を表示し,収納箱の見やすいところに取り付けなければならない。

a)

名称

b)

形式

c)

公称電圧

d)

定格容量(5 時間率)

e)

満充電時の電解液比重

f)

質量

g)

製造業者名又はその略号

h)

製造年月又はその略号

参考  製造年月を略号で表すときには,次による。

例    03  02(2002 年 3 月)

(月)

(年) 

3.3

取扱注意表示  組電池の収納箱又はその周囲の見やすいところには,取扱注意表示をしなければな

らない。

a)

火気禁止

b)

めがね着用

c)

こども禁止

d)

硫酸注意

e)

説明書熟読

f)

爆発注意

g)

感電注意


6

D 5303-2

:2004

附属書 1(規定)  電気車用鉛蓄電池  種類

1.

要旨  この附属書は,IEC 60254-2 に規定された欧州,アジア及び北米の種類について規定したもの

である。

2.

種類  種類は,単電池の外形寸法によって,次による。

2.1

欧州タイプ  このタイプの単電池は,附属書 表 の寸法系列とする。

附属書   1  単電池の主要寸法(最大外形寸法)

単位 mm

系列

幅寸法

形式

総高さ寸法

長さ系列

A

300

B

370

C

440

D

510

E

555

E

160

G

750

47

79

111

145

176

208

 64

 95

127

160

192

B

370

C

440

D

510

E

555

F

605

L

198

G

750

47

83

119

155

192

 
 65

101

137

174

2.2

アジアタイプ  このタイプの単電池は,附属書 表 の寸法系列とする。

附属書1  2  単電池の主要寸法

幅(最大)

mm

形式

高さ(最大)

mm

長さ(最大)

mm

a

360

b 390

c

435

d

450

e

530

f

565

160

g

740

62

92

111

146

179

208

246

 80

 96

130

163

192

227

 
 
 


7

D 5303-2

:2004

2.3

北米タイプ  このタイプの単電池は,附属書 表 の寸法系列とする。

附属書   3  単電池の主要寸法

床占有面積

狭幅

広幅

極板数

in

mm

in

mm

5

2.00×6.19

50.8×157.2

7

2.75×6.19

69.9×157.2

9

3.50×6.19

88.9×157.2

3.50×8.63

88.9×219.2

11

4.25×6.19

108.0×157.2

4.25×8.63

108.0×219.2

13

5.00×6.19

127.0×157.2

5.00×8.63

127.0×219.2

15

5.75×6.25

146.1×158.8

5.75×8.63

146.1×219.2

17

6.50×6.25

165.1×158.8

6.50×8.63

165.1×219.2

19

7.25×6.25

184.2×158.8

7.25×8.63

184.2×219.2

21

8.00×6.25

203.2×158.8

8.00×8.63

203.2×219.2

23

8.75×6.25

222.3×158.8

25

9.50×6.25

241.3×158.8

27

10.25×6.25

260.4×158.8

29

11.00×6.25

279.4×158.8

31

11.75×6.25

298.5×158.8

33

12.50×6.25

317.5×158.8


8

D 5303-2

:2004

附属書 2(参考)JIS と対応する国際規格との対比表

JIS D 5303-2

:2003  電気車用鉛蓄電池─第 2 部:種類及び表示

IEC 60254-2

:1997,Amd.1:2000  電気車用鉛蓄電池─第 2 部:単電池及び端子の寸法並

びに極性表示

(Ⅰ)JIS の規定 

(Ⅲ)国際規格の規定 

(Ⅳ)JIS と国際規格との技術的差異の項目
ごとの評価及びその内容 
表示箇所:本体,附属書 
表示方法:点線の下線

項目番号

内容

(Ⅱ) 
国際規
格番号 
 

項目番号

内容

項目ごと
の評価

技術的差異の内容

(Ⅴ)JIS と国際規格との
技術的差異の理由及び今
後の対策 
 

1

. 適 用

範囲 

フォークリフトトラック,け
ん引車,運搬車,機関車など
の電気車の動力の電源として
使用する電気車用鉛蓄電池の
種類及び表示について規定。

IEC 
60254-2

1.1 
 

電気駆動用電源として用いる
電気車用鉛蓄電池に適用 
 

MOD/

除 
 
MOD/

蓄電池の端子寸法を削除した。 
 
 
銘板表示について追加した。

日本では,端子形状及び
接続方法が異なるため削
除した。 
日本では,必要であるこ
とから追加した。

2

.種類

日本国 内で 主と して 使用 さ
れ,流通されている 57 形式を
規定している。 
 
製品の呼び方: 
名称,形式,及び公称電圧を
規定している。

2

MOD/

IEC

規格に表現された種類に

ついて,JIS では附属書で規定
し,ここでは国内で使用されて
いる 57 形式を具体的に規定し
た。また,製品の呼び名の規定
を行っている。

製品の呼び名は現在市場
で使われている一般的事
項なので JIS では規定し
た。また,IEC 規格に規
定されている種類につい
ては,附属書 1(規定)
に規定している。

正極には+,負極には−の記
号を使用し,少なくとも正極
だけには必ず表示を行う。

3

ふた上面の端子に近いところ
に陽極は+,陰極は−の表示
を行う。少なくとも陽極だけ
には必ず表示を行う。

IDT

3

.表示

3.1

極性

IEC 
60254-2

3.2 
3.3

表示形式について規定。 
表示に用いる記号とその寸法
について規定。

MOD/

削除

IEC

規格では表現形式として,

ふたに印すこと及び大きさに
ついて規定している。

表示の形式,記号,寸法
まで規定しなくても明ら
か に 識 別 で き れ ば 機 能
上,安全上問題ないこと
から JIS では削除した。 

8

D

 5303-2


20
04


9

D 5303-2

:2004

(Ⅰ)JIS の規定 

(Ⅲ)国際規格の規定 

(Ⅳ)JIS と国際規格との技術的差異の項
目ごとの評価及びその内容 
表示箇所:本体,附属書 
表示方法:点線の下線

項目番号

内容

(Ⅱ) 
国際規格
番号 
 

項目番号

内容

項目ごと
の評価

技術的差異の内容

(Ⅴ)JIS と国際規格との技
術的差異の理由及び今後
の対策 
 

4.2

銘板

名祢,形式,公称電圧,定格
容量,満充電時の電解液比
重,質量,製造業者名又はそ
の略号,製造年月又はその略
号を組電池に表示する。

3

 

 MOD/

追加

 

JIS

では,銘板の表示内容に

ついて規定している。 

銘板の表示内容は安全上,
及び電池・部品交換する上
で必要であることから,
JIS

では規定した。

なお,電池を取替える際に
銘板(現品表示)は必要で
あることから,IEC に追加
することを提案する。

4.3

取扱

注意表

火気禁止,硫酸注意,爆発注
意,感電注意などの記した取
扱注意表示を組電池に表示
する。 

 

 

 

MOD/

追加

JIS

では,PL 法施行に対応し

た取扱注意表示について規
定している。 

取扱注意事項は安全上必
要であることから JIS 
は規定した。

IEC 
60254-2

4.

端子に関

する規定

円 す い 形 電 気 車 用 蓄 電 池 端
子,ボルト締め“ケーブル先
端部”付き電気車用蓄電池端
子について規定されている。

MOD/

削除

IEC 60254-2

では,端子形状

について規定されている。 

単電池の状態では端子が
存在するが,端子に接続板
を溶接して組電池になっ
た状態では端子は存在し
ない。日本ではこの状態で
商取引されることから,端
子形状について規定する
必要がなく,JIS では規定
していない。

9

D

 5303-2


20
04


10

D 5303-2

:2004

(Ⅰ)JIS の規定 

(Ⅲ)国際規格の規定 

(Ⅳ)JIS と国際規格との技術的差異の項
目ごとの評価及びその内容 
表示箇所:本体,附属書 
表示方法:点線の下線

項目番号

内容

(Ⅱ) 
国際規格
番号 
 

項目番号

内容

項目ごと
の評価

技術的差異の内容

(Ⅴ)JIS と国際規格との技
術的差異の理由及び今後の
対策 
 

附属書 1
(規定) 
種類 

種類について,欧州タイプ,
アジアタイプ及び北米タイ
プの寸法系列を示している。

IEC 
60254-2
 
Amd.1 
:2000

2.1 
 

JIS

に同じ

IDT 
 

JIS

と国際規格との対応の程度の全体評価:MOD

備考

1.

項目ごとの評価欄の記号の意味は,次のとおりである。

― IDT 技術的差異がない。

― MOD/削除国際規格の規定項目又は規定内容を削除している。

― MOD/追加国際規格にない規定項目又は規定内容を追加している。

2.

  JIS

と国際規格との対応の程度の全体評価欄の記号の意味は,次のとおりである。

― MOD 国際規格を修正している。

10

D

 5303-2


20
04