>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

D 5205 : 1998

(1) 

まえがき

この規格は,工業標準化法に基づいて,日本工業標準調査会の審議を経て,通商産業大臣が改正した日

本工業規格である。これによって JIS D 5205 : 1976 は改正され,この規格に置き換えられる。

今回の改正では,ISO 7651, Commercial vehicles and buses−Mounting dimensions for alternators of types 1, 2

and 3

を基礎として用いた。

この規格は,平成 9 年の改正によって規格の名称が改正され,同時に,すべての自動車用オルタネータ

を対象にした取付け寸法規格から,国際規格と同一の大型車用オルタネータだけの規格に改正された。


日本工業規格

JIS

 D

5205

: 1998

自動車部品−大型車用オルタネータ−

取付け部形状及び寸法

Automotive parts

−Alternators for commercial vehicles

and buses

−Mounting dimension

序文  この規格は,1991 年に第 1 版として発行された ISO 7651, Commercial vehicles and buses−Mounting

dimensions for alternators of types 1, 2 and 3

を元に,対応する部分(オルタネータの種類のうち形式 1A,2A,

2B

,3A,3B,3C 及び 3D)については対応国際規格を翻訳し,技術的内容を変更することなく作成した日

本工業規格であるが,対応国際規格には規定されていない項目(オルタネータの種類のうち形式 SH2C,

SH

,DH1,DH2,DH3 及び 4 点支持)を追加した。

なお,この規格のうち,点線の下線を施した箇所は,原国際規格にない事項である。

1.

適用範囲  この規格は,大型車用オルタネータ(以下,オルタネータという。)のエンジン取付け部の

形状及び寸法について規定する。

備考  この規格の対応国際規格を,次に示す。

ISO 7651 : 1991

  Commercial vehicles and buses−Mounting dimensions for alternators of types 1, 2

and 3

2.

引用規格  次に掲げる規格は,この規格に引用されることによって,この規格の規定の一部を構成す

る。これらの引用規格は,その最新版を適用する。

JIS D 1615

  自動車用オルタネータ試験方法

3.

種類区分  オルタネータは,取付け部の形状によって,表 のとおり区分する。


2

D 5205 : 1998

表 1  オルタネータの種類

種類

形式

寸法図

備考

片ヒンジ 1 形 1A

図 1 ISO タイプ 1A に相当

2A ISO

タイプ 2A に相当

2B ISO

タイプ 2B に相当

片ヒンジ 2 形

SH2C

図 2

片ヒンジ SH 形 SH

図 3

3A ISO

タイプ 3A に相当

3B ISO

タイプ 3B に相当

3C ISO

タイプ 3C に相当

両ヒンジ 3 形

3D ISO

タイプ 3D に相当

DH1

DH2

両ヒンジ DH 形

DH3

図 4

4

点支持形

4

点支持

図 5

4.

形状及び寸法

4.1

片ヒンジ 形  形状及び寸法は図 及び表 による。

図 1  片ヒンジ 

表 2  片ヒンジ 形の各部寸法

単位 mm

形式

A

1

.

0

2

.

0

B

±0.4

E

±0.5

G

L(

1

)

最大

M(

1

)

最大

α

(

2

)

±1

°

備考

1A 56  9.9  90 10.2

0

18

.

0

検討中 検討中

60

° ISO タイプ 1

(

1

)  L

及び は,出力に関係する項目で,後日規定する。

(

2

)

角度

α

の値は推奨値である。


3

D 5205 : 1998

4.2

片ヒンジ 形  形状及び寸法は図 及び表 による。

図 2  片ヒンジ 

表 3  片ヒンジ 形の各部寸法

単位 mm

形式

A

±0.5

B

±0.5

C

±0.4

D

±0.4

E

±0.5

F

±0.5

G

L(

1

)

最大

M(

1

)

最大

α

±1

°

β

±1

°

備考

2A 80

1

.

0

2

.

0

21

±0.4

16

7

.

0

2

.

0

 32

4

.

0

5

.

0

 93  90 10.2

0

18

.

0

検討中 検討中

60

° 60°

2B 56

1

.

0

2

.

0

(

4

)

86

86     

ISO

タイプ 2

SH2C

58 28

16 44

84

84 8.5 83

150

60

°(

3

) 60

°(

3

)

(

3

) SH2C

形の角度

α

β

の値は推奨値である。

(

4

)

取付け環境が狭い場合で,軽量形オルタネータの場合にだけ許容する。


4

D 5205 : 1998

4.3

片ヒンジ SH 形  形状及び寸法は図 及び表 による。 

図 3  片ヒンジ SH 

表 4  片ヒンジ SH 形の各部寸法

単位 mm

形式

A

±0.5

B

±0.5

C

±0.4

D

±0.4

E

±0.5

F

±0.5

G

1

G

2

L

最大

M

最大

P

最大

α

(

4

)

±2

°

β

(

5

)

±2

°

SH  58 23.2 22 45.2 83  86  M8

10.2

140

139

13

0

°〜60°  0°〜60°

(

5

)

角度

α

β

の値は推奨値である。


5

D 5205 : 1998

4.4

両ヒンジ 形及び DH 形  形状及び寸法は図 及び表 による。

図 4  両ヒンジ 形及び DH 

表 5  両ヒンジ 形及び DH 形の各部寸法

単位 mm

形式

A

1

±0.5

A

2

B

E

±0.5

F

G

K(

7

)

M(

8

)

最大

P

最大

R

最小

S(

8

)

最大

α

±2

°

β

±2

°

備考

3A 90

60.5

〜65 18

3B 110

85.5

〜90 20

3C

16

120

12.2

0

27

.

0

85.5

〜90 20

3D

(

9

)

22

20

〜30

30

〜40

125

16.2

0

27

.

0

 105.5

〜110

検討中

20

25

検討中

0

°

〜60

°

±1

°

0

°

〜60

°

±1

°

ISO

タイプ 3

DH1

16 20 27 115 115  12.2

68

〜80 170

20

130

DH2

25 20 51 135

135  14.5

68

〜90 210

25

157

DH3

27 20 51 147

147  16.5

68

〜90 234

25

20

157

0

°

60

°(

6

)

0

°

60

°(

6

)

(

6

) DH1

,2,及び3形の角度

α

β

の値は推奨値である。

(

7

)  K

は取付け交換用に空けた空間。

(

8

)  M

及び は,出力に関係する寸法であって,次の段階に規定する。S(最大)の値は,エンジンメーカとオル

タネータメーカとで JIS D 1615 による電気出力の定義に沿って合意したものでなければならない。

(

9

)

附属冷却機構


6

D 5205 : 1998

4.5

4

点支持形  形状及び寸法は図 及び表 による。

図 5  点支持形

表 6  点支持形の各部寸法

単位 mm

形式

A

1

±0.5

A

2

B

C

D

E

±0.5

F

G

1

G

2

K

1

K

2

M

最大

P

最大

S

4

点支持 41 47

43 40 120

120

135

M14

M12

130

80

232 22 191

4.6

各形式の定格電流と 端子ねじ仕様  各形式の定格電流と B 端子ねじ仕様を表 に参考に示す。

表 7  定格電流と 端子ねじ仕様(参考)

形式

定格電流

B

端子ねじ

備考

 12V

用 24V 用

1A ISO

タイプ 1

2A

2B

ISO

タイプ 2

SH2C

SH

〜140A

〜60A M6〜M8

3A

〜110A

〜65A

3B 65

〜120A

3C 65

〜120A

3D

− ISO タイプ 3

DH1

〜130A 25〜70A M5〜M12

DH2 70

〜110A M6〜M10

DH3 110A

以上 M10

4

点支持

〜200A M10

関連規格  ISO 7467 : 1987  Commercial vehicles and buses−Cylindrical shaft ends and hubs for alternators

ISO 8854 : 1988

  Road vehicles−Alternators with regulators−Test methods and general requirements


7

D 5205 : 1998

電装品 JIS 改正原案作成委員会  構成表

氏名

所属

(委員長)

三  橋  英  夫

東海大学

(幹事)

才  田  敏  和

三菱電機株式会社

中  田  喜  六

日興電機工業株式会社

(委員)

中  込  常  雄

日本工業標準調査会

浦  田  益太郎

通商産業省

市  川  英  雄

通商産業省工業技術院

照  山      勝

社団法人自動車技術会

橋  本  繁  晴

財団法人日本規格協会

坂  本  照  男

社団法人日本自動車整備振興会連合会

佐久間      浩

いすゞ自動車株式会社

稲  津  雅  弘

トヨタ自動車株式会社

富  田  公  夫

日産自動車株式会社

古  山  雅  章

富士重工業株式会社

高  木  昭  宣

株式会社本田技術研究所

横  山  高  尚

三菱自動車工業株式会社

林          誠

日産ディーゼル工業株式会社

久  保  陽  二

日野自動車工業株式会社

岩  田  頼  明

株式会社デンソー

橋  本  克  彦

株式会社日立製作所

木  村  栄  一

株式会社ミツバ

土  屋  正  文

ダイヤモンド電機株式会社

泉      壽  雄

澤藤電機株式会社

(関係者)

三  塚  隆  正

財団法人日本規格協会

海  野  裕  二

日産自動車株式会社

金  子  則  保

富士重工業株式会社

門  谷  重  夫

三菱自動車工業株式会社

宗      正  浩

株式会社デンソー

長谷川      保

株式会社ミツバ

(事務局)

村  岡  良  三

社団法人日本自動車部品工業会

宮  田      圭

社団法人日本自動車部品工業会