>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

 

1

D

 5121 :

 19
98
 解

解説付表 1  JIS と対応する国際規格との対比表 

JIS D 5121 : 1998

  自動車部品−点火コイル−試験

方法

ISO/DIS 13476

  自動車用点火コイル−電気的特性及び試験方法

対比項目

規定項目

(I)  JIS

の規定内容 (II)

国 際 規 格 番

(III)

国際規格の規定内容 (IV)

JIS

と国際規格との相違点 (V)

JIS

と国際規格との一致

が困難な理由及び今後の
対策

(1)

適用範囲

○  誘導エネルギー蓄積形の点

火コイルに適用 
火花点火式内燃機関の半導
体スイッチング構造を用い

た点火装置で使用する点火
コイルの試験方法を規定

ISO/DIS 13476 

○ 同左

≡ JIS は ISO を和訳

従来からの JIS の規定は信頼
性試験方法として附属書へ
記載

(2)

定義・記号

○ 2.1 コイル構造パラメータ 6

項目

2.2

一次側パラメータ(スイ

ッチング)2 項目

2.3

コ イ ル 構 造 及 び ス イ ッ
チ ン グ に よ っ て 制 御 さ

れる出カパラメータ 6 項

○ 同左

(3)

試験条件

○  周囲温度 23±5℃,

相対湿度 45∼75%

○ 同左

(4)

試験装置

○  図 1 点火コイルの試験回路,

図 2 点火コイルの試験回路,
直流電源,オシロスコープ,
電圧プローブ,電流プロー

ブ,遮断システム,試験装置

A

,試験装置 B

○ 同左


 

2

D

 5121 :

 19
98
 解


解説付表 1  JIS と対応する国際規格との対比表(続き) 

対比項目

規定項目

(I)  JIS

の規定内容 (II)

国 際 規 格 番

(III)

国際規格の規定内容 (IV)

JIS

と国際規格との相違点 (V)

JIS

と国際規格との一致

が困難な理由及び今後の
対策

(5)

電気的特性

○  一次抵抗,二次抵抗,一次電

流立ち上がり基準時間,一次
漏えいインダクタンス,最大

二次出力電圧,点火限界負荷
抵抗,二次電圧立ち上がり時
間,ゼナー放電エネルギー,

ゼナー放電持続時間,最大ゼ
ナー放電電流

○ 同左

(6)

試験報告書

○ 11 項目の電気的特性の記載

を義務付け

○ 同左

(7)

附属書[従来

の JIS の規
定項目(一次
コ イ ル 抵 抗

試 験 及 び 二
次 電 圧 作 動
試験を除く)

を規定]

○  信頼性試験方法として,絶縁

抵抗試験,耐電圧試験,温度
サイクル試験,耐湿試験,耐
振試験,耐久試験を規定

ISO/DIS 13476

で規定して

い る 試 験 項 目 以 外 の 従 来

JIS

の信頼性試験方法の規

定は必要であり,附属書とし

て規定した。

備考1.  対比項目(I)及び(III)の小欄で,“○”は該当する項目を規定している場合,“−”は規定していない場合を示す。

2.

対比項目(IV)の小欄の記号の意味は,次による。

“≡”

JIS と国際規格との技術的内容は同等である。

“−”

:該当事項がない場合。