>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

 

日本工業規格          JIS 

 

D 4901-1982 

 

 

車両識別番号 (VIN) 

Vehicle Identification Number 

 

 

1. 適用範囲 この規格は,JIS D 0101(自動車の種類に関する用語)で定める路上走行自動車(以下,

車両という。)に表示する識別番号の表示記号・番号とその表示方法について規定する。 

引用規格: 

JIS D 0101 自動車の種類に関する用語 

対応国際規格: 

ISO 3779 Road vehicles−Vehicle identification number (VIN)−Content and structure 

ISO 3780 Road vehicles−World manufacturer identifier (WMI) code 

ISO 4030 Road vehicles−Vehicle identification number (VIN)−Location and attachment 

 

2. 用語の意味 この規格で用いる主な用語の意味は,次による。 

(1) 車両識別番号(VIN : Vehicle Identification Numberの略称。以下,VINという。) 個々の車両を識別

する目的で,ローマ字又は数字を組み合わせて表示する番号。 

備考 VINは,製造業者識別コード,車両仕様区分及び車両指示区分の3区分から成り,この順

に組み合わせる。 

なお,製造業者識別コード以外は,製造業者が設定する。 

(2) 製造業者識別コード(WMI : World Manufacturer Identifierの略称。以下,WMIという。) 車両の製

造業者を示すため,製造業者ごとに付与される固有のコード。 

(3) 車両仕様区分(VDS : Vehicle Descriptor Sectionの略称。以下,VDSという。) 車両の仕様を示す区

分。 

(4) 車両指示区分(VIS : Vehicle Indicator Sectionの略称。以下,VISという。) 同じVDSの車両を識

別するための区分。 

(5) 製造業者 車両の製造・組付けを行い,同一VINが二つはないことに責任を持つ個人又は法人。 

(6) 年 車両が生産された暦年又は製造業者が定めた年式。 

(7) 仕切り VINの区分又はVINの始めと終わりを明確にするための記号又は境界線。 

 

3. VINの内容と構成 

3.1 

VINの基本的内容と構成 VINは,WMI,VDS,VISをこの順序で配列して構成する(付図参照)。 

なお,30年間はすべての車両に対し,同じVINを与えないように構成しなければならない。 

3.2 

記号 VINに用いる記号はI,O,Q以外のローマ字(大文字)又はアラビア数字とする。 

3.3 

WMI WMIは,3けた(桁)のローマ字及び数字又はそれらの組合せで構成する。第1及び第2け

たの組合せで特定国を表し,第1,第2及び第3けたの組合せで特定製造業者を表す。 


D 4901-1982  

なお,第3けたの9は,年間生産台数500台未満の製造業者が使用する。 

3.4 

VDS VDSは,6けたのローマ字及び数字又はそれらの組合せで構成し,製造業者が指示した車両

の主要な仕様を表示する。 

3.5 

VIS VISは,8けたのローマ字及び数字又はそれらの組合せで構成する。ただし,最後の4けたは,

数字でなければならない。 

年又は組立工場を表示する場合は,第1けたで年を表示し,第2けたで組立工場を表示することが望ま

しい。年を示す場合の記号は,表による。ただし,年間生産台数500台未満の製造業者の第3,第4及び

第5けたの使用方法については別に定める。 

表 

年 

コード 

年 

コード 

年 

コード 

年 

コード 

1980 

1988 

1996 

2004 

1981 

1989 

1997 

2005 

1982 

1990 

1998 

2006 

1983 

1991 

1999 

2007 

1984 

1992 

2000 

2008 

1985 

1993 

2001 

2009 

1986 

1994 

2002 

2010 

1987 

1995 

2003 

 

 

3.6 

仕切り 仕切りとして記号を使用する場合は,3.2で規定した記号又はこれと紛らわしい記号を使用

してはならない。 

 

4. VINの表示位置及び表示方法 

4.1 

VINの表示位置 VINは,次のいずれかで容易に読める位置に,表示することが望ましい。 

(1) 車両の右前半部 

(2) 前面ガラス用柱の近くの乗員室の内側 

備考 VINの位置は,取扱い説明書などに記載しなければならない。 

4.2 

VINの表示方法 VINは,次のいずれか又は両方を用いて車両に表示する。 

(1) 車両のフレーム又は容易に取り替えられないボデーの部位に直接表示する。 

(2) VINを表示した板を車両のフレーム又は容易に取り替えられないボデーの部位に,容易に取り去る

ことができない方法で取り付ける。 

4.3 

VINの大きさ VINに使用するローマ字と数字の高さは,4.2(1)による場合,モーターサイクルは4 

mm以上,それ以外の車両は7mm以上とし,4.2(2)による場合は,4mm以上とする。 

4.4 

VINの表示 VINは,間隔をおかずに1行又は2行に表示しなければならない。ただし,2行の場

合,構成区分の中間で分割してはならない。 


D 4901-1982  

付図 VINの構成 

 

1. VINの基本的構成 

 

2. VINの具体例 

 

社団法人自動車技術会基本部会 自動車識別分科会 

 

 

氏名 

所属 

(分科会長) 

 

福 井 紀 三 

トヨタ自動車株式会社技術管理部 

 

 

川 崎 哲 資 

日産自動車株式会社設計管理部 

 

 

池 田 順 一 

工業技術院標準部機械規格課 

 

 

松 田 卯一郎 

運輸省自動車局整備部 

 

 

須 永 惇 一 

いすゞ自動車株式会社開発本部 

 

 

林   文 雄 

鈴木自動車工業株式会社四輪車設計部 

 

 

武 林 征 矢 

ダイハツ工業株式会社技術管理部 

 

 

小坂田   忠 

東洋工業株式会社商品開発室 

 

 

篠 崎 利 春 

日産ディーゼル工業株式会社設計管理部 

 

 

田 中   徹 

日野自動車工業株式会社研究管理部 

 

 

岡 井 和 義 

富士重工業株式会社スバル技術本部 

 

 

島 崎 憲 二 

本田技研工業株式会社認定技術部 

 

 

木 戸 邦 宏 

三菱自動車工業株式会社技術管理部 

 

 

森 谷   勉 

川崎重工業株式会社発動機事業本部 

 

 

佐々木   滋 

社団法人日本自動車工業会 

 

 

村 岡 良 三 

社団法人日本自動車部品工業会 

 

 

栗 原 友 平 

社団法人日本自動車車体工業会 

(事務局) 

 

香 取 恭 三 

社団法人自動車技術会