>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

 

D 4230 : 1998  

(1) 

まえがき 

この規格は,工業標準化法に基づいて,日本工業標準調査会の審議を経て,通商産業大臣が改正した日

本工業規格である。これによってJIS D 4230-1986は改正され,この規格に置き換えられる。 

 


 

 

日本工業規格          JIS 

 

D 4230 : 1998 

 

 

自動車用タイヤ 

Automobile tyres  

 

 

序文 この規格は,国際規格−1989年に第3版として発行されたISO 4223-1 (Definitions of some terms used 

in the tyre industry−Part 1 : Pneumatic tyres) とAmendment 1(1992年),1995年に第2版として発行された

ISO 10191 (Passenger car tyres−Verifying tyre capabilities−Laboratory test methods) 及び1993年に初版として

発行されたISO 10454 (Truck and bus tyres−Verifying tyre capabilities−Laboratory test methods) −と対応する

部分(用語の定義,性能,試験方法)については,国際規格を翻訳し,技術的内容を変更することなく作

成した日本工業規格であるが,対応国際規格には規定されていない規定項目(種類及び寸法,外観,表示

要件)及び規定内容(高速性能試験B)を日本工業規格として追加している。 

なお,国際規格で規定している強化タイヤ (Reinforced/Extra load) は,日本工業規格には採用していない。 

 

1. 適用範囲 この規格は,新品の自動車用タイヤ(以下,タイヤという。)について規定する。ただし,

二輪自動車用タイヤ,農業機械用タイヤ,産業車両用タイヤ及び建設車両用タイヤには適用しない。 

備考1. この規格の引用規格を,次に示す。 

JIS D 4202 自動車用タイヤ−呼び方及び諸元 

2. この規格の中で { } 内に示す単位及び数値は,従来単位による参考値である。 

 

2. 用語の定義 この規格で用いる主な用語の定義は,次による。 

(1) バイアスプライタイヤ トレッドセンターラインに対し,斜めの角度で交差するプライコード構造を

もつ空気入りタイヤ。ダイアゴナルプライタイヤともいう。 

(2) ラジアルプライタイヤ トレッドセンターラインに対し,実質的に90°の角度で配置されたプライコ

ード構造をもち,ベルトによって緊縛された空気入りタイヤ。 

(3) トレッド タイヤの接地部分のゴム層。 

(4) ビード タイヤとリムとのかん合部分。 

(5) サイドウォール トレッドとビード間部分のゴム層。 

(6) コード プライ,カーカス,ベルト及びブレーカーを構成する繊維線又は金属線。 

(7) プライ ゴムに覆われた平行なコード層。 

(8) カーカス ビード部どうしを結合し,タイヤの骨格を形成するコード層。 

(9) ベルト トレッドセンターラインに対し,実質的に平行でカーカスを緊縛する機能をもつトレッドと

カーカス間のコード層。 

(10) ブレーカー バイアスタイヤのトレッドとカーカス間のコード層。 

(11) インナーライナー チューブレスタイヤの空気圧保持のため,カーカスの内側に張り付けられたゴム

層。 


D 4230 : 1998  

 

(12) プライレーティング (PR)  タイヤの強度を示す指数。 

(13) 最大負荷能力 規定の条件下でタイヤに負荷させることが可能な最大の質量。 

(14) 負荷能力指数 (LI)  タイヤの最大負荷能力を示す指数(付表1参照)。 

(15) 最高速度 規定の条件下でタイヤを走行させることが可能な最高の速度。 

(16) 速度記号 タイヤの最高速度を示す記号(付表2参照)。 

(17) HW−J トラック及びバス用の浅溝タイヤを示す,HIGHWAY TREAD−Jの略号。 

(18) EHT トラック及びバス用の深溝タイヤを示す,EXTRA HEAVY TREADの略号。 

(19) 冬用タイヤ 積雪及び凍結路面で一般のタイヤよりも優れた性能を発揮できるように設計されたタイ

ヤ。 

(20) 特殊トレッドタイヤ 特殊な使用条件下で性能を発揮できるように設計されたトレッドパターンをも

つタイヤで,EHTタイヤ及び冬用タイヤのことをいう。 

(21) 応急用タイヤ 車両に装着された標準タイヤがパンクなどの故障で使用できなくなった場合に一時的

に使用することを目的として,質量,容積などの軽減を図って造られたタイヤで,折り畳み式応急用

タイヤとTタイプ応急用タイヤがある。 

なお,Tタイプ応急用タイヤは,一般的な標準タイヤより断面が小さいため高い空気圧で使用する。 

(22) セパレーション トレッド,ビード,サイドウォール,コード,プライ,ベルト及びインナーライナ

ーが隣接する構成物からはく離すること。 

(23) チャンキング トレッドゴムが,部分的に引き裂かれることによって生じるはく離又は欠け。 

(24) クラック トレッド,サイドウォール及びインナーライナーに生じたゴム割れ。 

(25) オープンスプライス トレッド,サイドウォール及びインナーライナーの継ぎ目がはく離すること。 

(26) 試験リム タイヤの呼びに対し,JIS D 4202又は公共機関などで定めた規格(以下,当該規格という。)

に規定される適用リム。 

 

3. 種類及び寸法 タイヤの種類及び寸法は,JIS D 4202又は当該規格による。 

 

4. 外観 タイヤの外観は,形状,肉厚とも均整で著しい汚れがなく,タイヤの品質に有害な影響を及ぼ

す傷,気泡,ゴム割れ,ゴム流れ不良及び異物混入があってはならない。 

 

5. 性能 

5.1 

タイヤ強度(破壊エネルギー) 6.1に従って試験を行い,表1.1〜1.3に示す規定値以上でなければ

ならない。ただし,すべての測定箇所でタイヤが破壊せずにプランジャーがリムに達する場合は,規定値

に達するものとみなす。 


D 4230 : 1998  

 

表1.1 乗用車用タイヤのタイヤ強度 

単位J {kgf・cm} 

乗用車用タイヤ(1) 

Tタイプ応急用タイヤ 

断面幅の呼び

160未満 

断面幅の呼び

160以上 

最大負荷能力

400kg未満 

最大負荷能力

400kg以上 

220 {2 245} 

295 {3 010} 

220 {2 245} 

295 {3 010} 

注(1) 断面幅の呼びが3けたの整数で表されないタイヤの場合は,

JIS D 4202又は当該規格による設計断面幅によって区分す
る。 

備考 レーヨンカーカスのバイアスプライタイヤの場合は,表に

示す数値の60%を規定値とする。 

表1.2 軽トラック用タイヤ,小形トラック用タイヤ,トラック及びバス用タイヤの 

タイヤ強度(負荷能力指数が表示されているタイヤの場合) 

単位J {kgf・cm} 

最大負荷能力に 
対応する空気圧 

kPa 

負荷能力指数(単輪)121以下 負荷能力指数(単輪)122以上 

リム径の呼び 

13未満 

リム径の呼び 

13以上 

250以下 

136 {1 385} 

294 {3 000} 

− 

251〜350 

203 {2 072} 

362 {3 690} 

− 

351〜450 

271 {2 765} 

514 {5 240} 

− 

451〜550 

− 

576 {5 875} 

 

972{  9 910}  

551〜650 

− 

644 {6 565} 

1 412{14 400}  

651〜750 

− 

712 {7 260} 

1 695{17 285}  

751〜850 

− 

− 

2 090{21 310}  

851以上 

− 

− 

2 203{22 465}  

表1.3 軽トラック用タイヤ,小形トラック用タイヤ,トラック及びバス用タイヤのタイヤ強度 

(負荷能力指数が表示されていないタイヤの場合) 

単位J {kgf・cm} 

PR 

軽トラック用タイヤ,小形トラック用タイヤ 

トラック及びバス用タイヤ 

 

リム径の呼び

13未満 

リム径の呼び

13〜14 

リム径の呼び

14.5以上 

チューブレス 

チューブ付き 

136 {1 385} 

192 {1 960} 

294 {3 000} 

− 

− 

203 {2 072} 

271 {2 765} 

362 {3 690} 

 576 { 5 875} 

 768 { 7 830} 

271 {2 765} 

384 {3 915} 

514 {5 240} 

 734 { 7 485} 

 893 { 9 105} 

10 

− 

− 

576 {5 875} 

 972 { 9 910} 

1 412 {14 400} 

12 

− 

− 

644 {6 565} 

1 412 {14 400} 

1 785 {18 200} 

14 

− 

− 

712 {7 260} 

1 695 {17 285} 

2 282 {23 270} 

16 

− 

− 

− 

2 090 {21 310} 

2 599 {26 500} 

18 

− 

− 

− 

2 203 {22 465} 

2 825 {28 805} 

20 

− 

− 

− 

− 

3 051 {31 100} 

22 

− 

− 

− 

− 

3 220 {32 835} 

24 

− 

− 

− 

− 

3 390 {34 560} 

5.2 

ビードアンシーティング最小抵抗値 乗用車用チューブレスタイヤは,6.2に従って試験を行い,す

べての測定箇所で表2に示す最小抵抗値以上でなければならない。 


D 4230 : 1998  

 

表2 ビードアンシーティング最小抵抗値 

単位N {kgf} 

乗用車用タイヤ(1) 

Tタイプ応急用タイヤ(2) 

断面幅の呼び 

160未満 

断面幅の呼び 

160以上 
205未満 

断面幅の呼び 

205以上 

負荷能力指数 

75以下 

負荷能力指数 

76〜92 

負荷能力指数 

93以上 

6 670 {680} 

8 890 {905} 

11 120 {1 135} 

6 670 {680} 

8 890 {905} 

11 120 {1 135} 

注(2) 負荷能力指数が表示されていないタイヤの場合は,負荷能力指数に対応する最大負荷能力に

よって区分する。 

5.3 

耐久性能 6.3に従って試験を行い,目視可能なセパレーション,チャンキング,コード切れ,コー

ドに達するクラック又はコードに達するオープンスプライスが認められてはならない。 

5.4 

高速性能 乗用車用タイヤは,6.4又は6.5に従って試験を行い,目視可能なセパレーション,チャ

ンキング,コード切れ,コードに達するクラック又はコードに達するオープンスプライスが認められては

ならない。 

 

6. 試験方法 

6.1 

タイヤ強度(破壊エネルギー)試験 

6.1.1 

タイヤの準備 試験リムにタイヤを装着し,乗用車用タイヤは180kPa(3),それ以外のタイヤは最

大負荷能力に対応する空気圧(4)まで空気を充てんし,室温で3時間以上放置した後,元の空気圧に再調整

する。 

なお,チューブレスタイヤは,空気圧保持のためチューブを入れて試験を行ってもよい。 

注(3) Tタイプ応急用タイヤの場合は,360kPaとする。 

(4) 最大負荷能力が単輪使用時と複輪使用時で異なる場合は,複輪使用時の最大負荷能力に対応す

る空気圧とする。 

6.1.2 

試験装置(図1参照) 試験装置は,先端が半球状で表3.1又は表3.2に示す直径のプランジャー

を1分間に50.0±2.5mmの速度でタイヤに押し付けることができるものとする。 

図1 タイヤ強度試験装置の一例 

 


D 4230 : 1998  

 

表3.1 プランジャーの直径(負荷能力指数が表示されているタイヤの場合) 

単位mm 

乗用車用タイヤ 軽トラック用タイヤ,小形トラック用タイヤ,トラック及びバス用タイヤ 

負荷能力指数(単輪) 

121以下 

負荷能力指数(単輪) 

122〜134 

負荷能力指数(単輪) 

135以上 

19 

32 

38 

表3.2 プランジャーの直径(負荷能力指数が表示されていないタイヤの場合) 

単位mm 

乗用車用タイヤ,軽トラック用タイヤ,小形トラック用タイヤ 

トラック及びバス用タイヤ 

12PR以下 

14PR以上 

19 

32 

38 

6.1.3 

試験手順 6.1.1に従って準備したタイヤを6.1.2の装置に取り付け,プランジャーがタイヤ固定軸

にほぼ垂直になるように調整した後,プランジャーをできるだけタイヤ中央部のトレッドパターン突出部

に1分間に50.0±2.5mmの速度で押し付け,タイヤが破壊する直前のプランジャー押込み力と移動距離を

測定する。 

なお,測定箇所は,タイヤの外周を約5等分にしたそれぞれの位置とし,タイヤが破壊する前に規定値

に達した場合は,その時点でプランジャーの移動を停止してもよい。 

6.1.4 

計算 各測定箇所の破壊エネルギーは,次の式によって算出し,その平均値をタイヤ強度とする。 

2

P

F

W

 

ここに, W: 破壊エネルギー (J {kgf・cm}) 
 

F: プランジャーの押込み力 (N {kgf}) 

 

P: プランジャーの移動距離 (m {cm}) 

6.2 

ビードアンシーティング試験 

6.2.1 

タイヤの準備 均一に塗装された試験リムにビード部を洗浄したタイヤを接着剤を用いないで装

着し,180kPa(3)まで空気を充てんする。 

6.2.2 

試験装置(図2参照) 試験装置は,図3に示す形状及び寸法の荷重ブロックを表4に示すL寸法

の位置に移動でき,1分間に50.0±2.5mmの速度でタイヤのサイドウォールに押し付けることができるも

のとする。 

なお,荷重ブロックは,A又はBのどちらを使用してもよいが,Tタイプ応急用タイヤにはBを使用す

る。 


D 4230 : 1998  

 

図2 ビードアンシーティング試験装置の一例 

 

 

図3 荷重ブロックの形状及び寸法 

 


D 4230 : 1998  

 

表4 L寸法 

単位mm 

リム径の呼び 

乗用車用タイヤ 

Tタイプ応急用タイヤ 

10 

216 

175 

12 

241 

201 

13 

254 

213 

14 

267 

226 

15 

279 

239 

16 

292 

251 

17 

305 

269 

18 

318 

290 

19 

330 

305 

6.2.3 

試験手順 6.2.1に従って準備したタイヤを6.2.2の装置に取り付け,荷重ブロックの位置を表4に

示すL寸法に合わせ,荷重ブロックがタイヤに接するときに荷重アームがタイヤ固定軸とほぼ垂直になる

ように調整した後,荷重ブロックを1分間に50.0±2.5mmの速度でサイドウォールに押し付け,タイヤの

ビード部がリムのビードシートから外れる直前の力を測定する。 

なお,測定箇所は,タイヤ外周を約4等分にしたそれぞれの位置とし,ビード部がビードシートから外

れる前に規定値に達した場合は,その時点で荷重ブロックの移動を停止してもよい。 

6.3 

耐久性能試験 

6.3.1 

タイヤの準備 試験リムにタイヤを装着し,乗用車用タイヤは180kPa(3)まで空気を充てんし,35℃

以上で3時間以上放置した後,元の空気圧に再調整する。それ以外のタイヤは最大負荷能力(単輪)に対

応する空気圧まで空気を充てんし,20℃以上で3時間以上放置した後,元の空気圧に再調整する。 

6.3.2 

試験装置(図4参照) 表面が平滑でタイヤ総幅以上の幅をもち,直径が1.7m±1%又は2.0m±1%

の鋼製ドラムを備え,試験に必要な速度及び負荷をタイヤに与えることができるものとする。 

6.3.3 

試験手順 6.3.1に従って準備したタイヤを6.3.2の装置に取り付け,表5.1〜5.5に示す条件で試験

段階1から順に空気圧を調整しないで連続して行う。 

なお,タイヤの周辺温度は,乗用車用タイヤの場合は,タイヤから0.15〜1.0mの範囲で35℃以上,そ

れ以外のタイヤの場合は,20℃以上とする。 

図4 ドラム試験装置の一例 

 


D 4230 : 1998  

 

表5.1 乗用車用タイヤの耐久性能試験条件 

試験負荷 kg 

最大負荷能力×負荷百分率 

試験速度 km/h 

81 

試験段階 

試験時間 

負荷百分率 

85 

90 

24 

100 

表5.2 軽トラック用タイヤ,小形トラック用タイヤ,トラック及びバス用タイヤの 

耐久性能試験条件(5)(速度記号が表示されているタイヤの場合) 

負荷能力指数(単輪) 

121以下 

122以上 

速度記号 

F  G 

K L M N  P 

F G 

K L M 

試験負荷 kg 

最大負荷能力(単輪)×負荷百分率 

試験速度 

km/h(6) 

ラジアル 

33 41 49 57 65 81 89 97 33 41 49 57 65 73 

バイアス 

33 41 49 

57 

65 

− 

33 

41 49 

− 

試験段階 

試験時間 

負荷百分率 

66 

70 

75(7) 

66 

16 

84 

88 

97(7) 

84 

24 

101 

106 

114(7) 

101 

注(5) 負荷能力指数(単輪)が121以下で速度記号がQ (160km/h) 以上のタイヤの耐

久性能試験条件は,表5.3による。 

(6) 特殊トレッドタイヤの場合は,指定速度の85%で試験を行う。 
(7) 試験時間は,試験段階1,2,3に対してそれぞれ4h,6h,24hとする。 

表5.3 軽トラック用タイヤ,小形トラック用タイヤ,トラック及びバス用タイヤの 

耐久性能試験条件 

[負荷能力指数(単輪)が121以下で速度記号がQ以上のタイヤの場合] 

ドラムの直径 

1.7m±1% 

2.0m±1% 

試験負荷kg 

最大負荷能力(単輪)×0.90 最大負荷能力(単輪)×0.92 

試験段階 

試験時間 

min 

試験速度 

km/h 

10 

0〜初期速度まで加速 

10 

初期速度 

10 

初期速度+10 

30 

初期速度+20 

備考 初期速度は,(タイヤの速度記号が示す最高速度−20)km/hとする。 

 


D 4230 : 1998  

 

表5.4 軽トラック用タイヤ,小形トラック用タイヤ,トラック及びバス用タイヤの耐久 

性能試験条件(8)(速度記号が表示されていないタイヤの場合) 

PR 

8以下 

10 

12 

14 

16以上 

リム径の呼び 

15未満 

15以上 

− 

試験負荷 kg 

最大負荷能力(単輪)×負荷百分率 

試験速度 km/h(6) 

81 

65 

57 

49 

試験段階 

試験時間 

負荷百分率 

75(7) 

75 

70 

66 

16 

97(7) 

97 

88 

84 

24 

114(7) 

114 

106 

101 

注(8) 最高速度が80km/h未満のタイヤの耐久性能試験条件は,表5.5による。 

表5.5 軽トラック用タイヤ,小形トラック用タイヤ,トラッ 

ク及びバス用タイヤの耐久性能試験条件 

(最高速度が80km/h未満のタイヤの場合) 

最高速度 km/h 

57未満 

57以上 

試験負荷 kg 

最大負荷能力(単輪)×負荷百分率 

試験速度 km/h 

25 

33 

試験段階 

試験時間 

負荷百分率 

66 

16 

84 

24 

101 

6.4 

高速性能試験A 

6.4.1 

タイヤの準備 試験リムにタイヤを装着し,表6に示す空気圧(9)まで空気を充てんし,20℃以上で

3時間以上放置した後,元の空気圧に再調整する。 

注(9) Tタイプ応急用タイヤの場合は,420kPaとする。 

6.4.2 

試験装置 6.3.2による。 

6.4.3 

試験手順 6.4.1に従って準備したタイヤを6.4.2の装置に取り付け,表6に示す条件で試験段階1

から順に空気圧を調整しないで連続して行う。 

なお,タイヤの周辺温度は,20℃以上とする。 


10 

D 4230 : 1998  

 

表6 高速性能試験Aの試験条件(速度記号が表示されているタイヤの場合) 

速度記号 

N以下 

P〜S 

T〜H 

試験空気圧 kPa 

240 

260 

280 

300 

320 

試験負荷 kg 

最大負荷能力×負荷係数(10) 

試験段階 

試験時間 

min 

試験速度 

km/h 

10 

0から初期速度まで加速 

10 

初期速度 

10 

初期速度+10 

10 

初期速度+20 

10 

初期速度+30 

10 

初期速度+30(11) 

注(10) 負荷係数は,次による。 

速度記号 H以下=0.80 
速度記号 V 

=0.73 

速度記号 W 

=0.68 

(11) ドラムの直径が1.7m±1%の場合は,(初期速度+40)km/hと

してもよい。 

備考 初期速度は,次による。 

ドラムの直径が1.7m±1%の場合,(タイヤの速度記号が示

す最高速度−40)km/h。 

ドラムの直径が2.0m±1%の場合,(タイヤの速度記号が示

す最高速度−30)km/h。 

6.5 

高速性能試験B 

6.5.1 

タイヤの準備 試験リムにタイヤを装着し,220kPa(12)まで空気を充てんし,38±3℃で3時間以上

放置した後,元の空気圧に再調整する。 

注(12) Tタイプ応急用タイヤの場合は,400kPaとする。 

6.5.2 

試験装置 6.3.2による。 

6.5.3 

試験手順 6.5.1に従って準備したタイヤを6.5.2の装置に取り付け,表7に示す条件で試験段階1

を行った後,タイヤが38±3℃になるまで放置し,元の空気圧に再調整して試験段階2から順に空気圧を

調整しないで連続して行う。 

なお,タイヤの周辺温度は,38±3℃とする。 

表7 高速性能試験Bの試験条件 

試験負荷 kg 

最大負荷能力×0.88 

試験段階 

試験時間 

min 

試験速度 

km/h 

120 

81 

30 

121 

30 

129 

30 

137 

6.6 

許容差 各試験での許容差は,表8による。 


11 

D 4230 : 1998  

 

表8 許容差 

項目 

タイヤの区分 

乗用車用タイヤ 

乗用車用以外のタイヤ 

試験空気圧 

  ±5 kPa 

  ±20 kPa 

プランジャーの直径 

±1.6 mm 

 ±0.5 mm 

プランジャー及び荷重ブロックの荷重と移動距離(13) 

±1 % 

 ±1 % 

プランジャー及び荷重ブロックの移動速度 

±3 % 

 ±3 % 

ドラム試験機の速度 

   

02

+ km/h 

    

02

+ km/h 

ドラム試験機の負荷 

 

02

+ % 

±1.5 % 

注(13) 測定精度を示す。 
備考 %で示す許容差は,試験装置の最大値(フルスケール)に対する値である。 

 

7. 表示 

7.1 

一般 タイヤには,7.2及び7.3に示す事項をタイヤの金型に刻印することによって表示しなければ

ならない。 

7.2 

トレッドの摩耗表示 

(1) トレッドウエアインジケータ(スリップサイン) トレッドの溝が1.6mmまで摩耗したことを示す表

示 

(2) 冬用タイヤのプラットホーム 冬用タイヤには,トレッドの溝が50%まで摩耗したことを示す表示 

7.3 

サイドウォールの表示 

(1) 製造業者名又はその略号 

(2) 製造番号又は製造記号 

(3) タイヤの呼び(14) 

(4) タイヤの種類を示す文字(15)(16)は,次による。 

(a) ラジアルプライタイヤには,RADIAL 

(b) チューブレスタイヤには,TUBELESS 

(c) 冬用タイヤには,SNOW,M+S又はそれに準ずる文字 

(d) 応急用タイヤには,応急用であることを示す表示及びTタイプ応急用タイヤには使用空気圧を示す

表示 

(e) 軽トラック用タイヤには,ULTRA LIGHT TRUCK又はその略号 

(f) 小形トラック用タイヤには,LIGHT TRUCK又はその略号 

(g) トラック及びバス用タイヤの浅溝タイヤには,HIGHWAY TREAD−J又はその略号 

(h) トラック及びバス用タイヤの深溝タイヤには,EXTRA HEAVY TREAD又はその略号。ただし,バ

イアス冬用タイヤの場合は,これを省略することができる。 

注(14) タイヤの呼びは,JIS D 4202又は当該規格による。 

(15) 英文字の場合は,大文字又は小文字で表示する。 

(16) タイヤの呼び又は商品名などによって明らかな場合は,省略してもよい。 


12 

D 4230 : 1998  

 

付表1 負荷能力指数 (LI) が示す最大負荷能力 

単位kg 

LI 最大負荷能力 LI 最大負荷能力 LI 最大負荷能力 LI 最大負荷能力 LI 最大負荷能力 LI 最大負荷能力 

45 

43 

155 

86 

530 

129 

1 850 

172     6 300 

215 

21 800 

46.2 

44 

160 

87 

545 

130 

1 900 

173     6 500 

216 

22 400 

47.5 

45 

165 

88 

560 

131 

1 950 

174     6 700 

217 

23 000 

48.7 

46 

170 

89 

580 

132 

2 000 

175     6 900 

218 

23 600 

50 

47 

175 

90 

600 

133 

2 060 

176     7 100 

219 

24 300 

51.5 

48 

180 

91 

615 

134 

2 120 

177     7 300 

220 

25 000 

53 

49 

185 

92 

630 

135 

2 180 

178     7 500 

221 

25 750 

54.5 

50 

190 

93 

650 

136 

2 240 

179     7 750 

222 

26 500 

56 

51 

195 

94 

670 

137 

2 300 

180     8 000 

223 

27 250 

58 

52 

200 

95 

690 

138 

2 360 

181     8 250 

224 

28 000 

10 

60 

53 

206 

96 

710 

139 

2 430 

182     8 500 

225 

29 000 

11 

61.5 

54 

212 

97 

730 

140 

2 500 

183     8 750 

226 

30 000 

12 

63 

55 

218 

98 

750 

141 

2 575 

184     9 000 

227 

30 750 

13 

65 

56 

224 

99 

775 

142 

2 650 

185     9 250 

228 

31 500 

14 

67 

57 

230 

100 

800 

143 

2 725 

186     9 500 

229 

32 500 

15 

69 

58 

236 

101 

825 

144 

2 800 

187     9 750 

230 

33 500 

16 

71 

59 

243 

102 

850 

145 

2 900 

188    10 000 

231 

34 500 

17 

73 

60 

250 

103 

875 

146 

3 000 

189    10 300 

232 

35 500 

18 

75 

61 

257 

104 

900 

147 

3 075 

190    10 600 

233 

36 500 

19 

77.5 

62 

265 

105 

925 

148 

3 150 

191    10 900 

234 

37 500 

20 

80 

63 

272 

106 

950 

149 

3 250 

192    11 200 

235 

38 750 

21 

82.5 

64 

280 

107 

975 

150 

3 350 

193    11 500 

236 

40 000 

22 

85 

65 

290 

108     1 000 

151 

3 450 

194    11 800 

237 

41 250 

23 

87.5 

66 

300 

109     1 030 

152 

3 550 

195    12 150 

238 

42 500 

24 

90 

67 

307 

110     1 060 

153 

3 650 

196    12 500 

239 

43 750 

25 

92.5 

68 

315 

111     1 090 

154 

3 750 

197    12 850 

240 

45 000 

26 

95 

69 

325 

112     1 120 

155 

3 875 

198    13 200 

241 

46 250 

27 

97.5 

70 

335 

113     1 150 

156 

4 000 

199    13 600 

242 

47 500 

28 

100 

71 

345 

114     1 180 

157 

4 125 

200    14 000 

243 

48 750 

29 

103 

72 

355 

115     1 215 

158 

4 250 

201    14 500 

244 

50 000 

30 

106 

73 

365 

116     1 250 

159 

4 375 

202    15 000 

245 

51 500 

31 

109 

74 

375 

117     1 285 

160 

4 500 

203    15 500 

246 

53 000 

32 

112 

75 

387 

118     1 320 

161 

4 625 

204    16 000 

247 

54 500 

33 

115 

76 

400 

119     1 360 

162 

4 750 

205    16 500 

248 

56 000 

34 

118 

77 

412 

120     1 400 

163 

4 875 

206    17 000 

249 

58 000 

35 

121 

78 

425 

121     1 450 

164 

5 000 

207    17 500 

250 

60 000 

36 

125 

79 

437 

122     1 500 

165 

5 150 

208    18 000 

251 

61 500 

37 

128 

80 

450 

123     1 550 

166 

5 300 

209    18 500 

252 

63 000 

38 

132 

81 

462 

124     1 600 

167 

5 450 

210    19 000 

253 

65 000 

39 

136 

82 

475 

125     1 650 

168 

5 600 

211    19 500 

254 

67 000 

40 

140 

83 

487 

126     1 700 

169 

5 800 

212    20 000 

255 

69 000 

41 

145 

84 

500 

127     1 750 

170 

6 000 

213    20 600 

256 

71 000 

42 

150 

85 

515 

128     1 800 

171 

6 150 

214    21 200 

257 

73 000 

 


13 

D 4230 : 1998  

 

付表2 速度記号が示す最高速度 

単位km/h 

50 

60 

65 

70 

80 

90 

100 110 120 130 140 150 160 170 180 190 200 210 240 270 

 

関連規格 JIS D 4218 自動車用リムの輪郭 

JIS D 4231 自動車タイヤ用チューブ 

JIS Z 8203 国際単位系 (SI) 及びその使い方 

 

ISO・JISタイヤ委員会 構成表 

 

 

氏名 

所属 

(委員長) 

 

前 田 行 男 

横浜ゴム株式会社 

 

 

岡 林 哲 夫 

工業技術院標準部 

 

 

小笠原 晋 二 

財団法人日本自動車研究所 

 

 

山 県 秀 司 

社団法人日本自動車工業会 

 

 

的 場 健 人 

社団法人日本自動車工業会 

 

 

杉 浦 秀 明 

社団法人日本自動車工業会 

 

 

中 田 榮 一 

社団法人日本自動車工業会 

 

 

小 島 克 己 

社団法人日本自動車部品工業会 

 

 

岡 戸 洋 祐 

株式会社ブリヂストン 

 

 

吉 川 正 伸 

横浜ゴム株式会社 

 

 

高 坂 勇 次 

住友ゴム工業株式会社 

 

 

三 又 正 信 

東洋ゴム工業株式会社 

 

 

吉 冨   工 

オーツタイヤ株式会社 

 

 

大 谷 孝 夫 

ミシュランオカモトタイヤ株式会社 

(事務局) 

 

篠 原   亘 

社団法人日本自動車タイヤ協会