>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

D 4203 : 1998 解説 

解説表1 JISと対応する国際規格との対比表 

対比項目 

 
規定項目 

(I) JIS規格の規

定内容 

(II) 国際規格番
号 

(III) 国際規格の

規定内容 

(IV) JISと国際規格との相違点 

1. 適用範囲 

○ 呼び方及び

諸元設定法 

ISO 5751-1 

○ 呼び方及び

諸元設定法 

≡  

 

○ サイズごと

の個別諸元
(付表) 

ISO 5751-2 

○ サイズごと

の個別諸元 

 

○ サイズごと

の負荷能力
(付表) 

ISO 5751-2 

○ サイズごと

の負荷能力 

 

○ 適用リムの

設定方法 

ISO 5751-3 

○ 適用リムの

設定方法 

 

○ 断面幅−適

用リム(付
表) 

ISO 5751-3 

○ 断面幅−適

用リム 

2. 用語 

 用語の定義 

 

 用語の定義

(ISO 4223-1
を引用*印) 

≡ ISO 4223-1の規定は不完全ではあるが,

ISO 5751内の説明と合わせ比較すると使
用用語及び定義とも整合していると判断
される。 

 

○ バイアスプ

ライタイヤ 

○ diagonal (bias) 

tyre* 

 

○ ラジアルプ

ライタイヤ 

○ radial tyre* 

 

○ ベルテッド

バイアスタ
イヤ 

○ bias 

belted 

tyre* 

 

○ 設計寸法 

(設計断面
幅,設計外
径) 

○ 設計断面幅 

 

  

○ 設計外径 

 

○ 成長寸法 

(成長総幅
最大,外径最
大) 

○ 成長総幅最

大 

 

  

 成長外径最

大 

 

○ 総幅 

○ 総幅* 

 

○ 断面幅 

○ 断面幅* 

 

○ 外径 

○ 外径* 

 

○ 動的外径最

大 

○ 動的半径最

大 

 

○ 断面高さ 

○ 断面高さ* 

 

○ 偏平比 

○ 偏平比* 

 

○ トレッドタ

イプ 

○ トレッド形

状 

 

○ 最大負荷能

力 

○ 最大負荷能

力 

 

○ 適用リム 

○ 適用リム 


D 4203 : 1998 解説 

解説表1 JISと対応する国際規格との対比表(続き) 

対比項目 

 
規定項目 

(I) JIS規格の規

定内容 

(II) 国際規格番
号 

(III) 国際規格の

規定内容 

(IV) JISと国際規格との相違点 

3. 形状・寸法及

び許容差 

 次の値を求

める計算式
及び係数 

ISO 5751-1 

 次の値を求

める計算式
及び係数 

≡  

 

○ 理論リム幅 

○ 理論リム幅 

 

○ 測定リム幅

の呼び 

○ 測定リム幅

の呼び 

 

○ 設計断面幅 

○ 設計断面幅 

 

○ 設計断面高

さ 

○ 設計断面高

さ 

 

○ 設計外径 

○ 設計外径 

 

○ 成長総幅最

大 

○ 成長総幅最

大 

 

○ 成長外径最

大 

○ 成長外径最

大 

 

○ 断面幅最小 

 

○ 断面幅最小 

 

○ 空気圧 

ISO 5751-2 

○ 空気圧 

 

○ 負荷能力 

ISO 5751-2 

○ 負荷能力 

 

○ 適用リム 

ISO 5751-3 

○ 適用リム 

 

○ 寸法測定法 

ISO 5751-2 

○ 寸法測定法 

4. 呼び方 

○ 一般(サイ

ズ・構造) 

ISO 5751-1 

○ サイズ・構造

の表し方 

≡  

 

○ 断面幅の呼

び 

 

○ 断面幅の呼

び 

 

○ 偏平比の呼

び 

 

○ 偏平比の呼

び 

 

○ タイヤ構造

記号 

 

○ タイヤ構造

記号 

 

○ リム径の呼

び 

 

○ リム径の呼

び 

 

○ 用途記号 

 

○ 用途記号 

 

○ 負荷能力指

数 

 

○ 負荷能力指

数 

 

○ 速度記号 

 

○ 速度記号 

 

○ その他の使

用条件特性 

 

○ その他の使

用条件特性 

5. 表示 

○ タイヤの呼

びを表示 

ISO 5751-1 

○ タイヤの呼

びを表示 

≡  

 

○ チューブレ

スタイヤは
“TUBE-LES
S” 

 

○ チューブレ

スタイヤは
“TUBE-LES
S” 

 

○ 回転方向指

定タイヤ“矢
印” 

 

○ 回転方向指

定“矢印” 


D 4203 : 1998 解説 

解説表1 JISと対応する国際規格との対比表(続き) 

対比項目 

 
規定項目 

(I) JIS規格の規

定内容 

(II) 国際規格番
号 

(III) 国際規格の

規定内容 

(IV) JISと国際規格との相違点 

5. 表示 

○ サイズの呼

びに“M/C”
表示 

 

○ サイズの呼

びに“M/C”
表示 

  

 

○ スペシャル

“MST”表示 

 

○ スペシャル

“MST”表示 

 

○ トレッドタ

イプC“DP”
表示 

 

○ トレッドタ

イプC“DP”
表示 

6. その他 

○ 旧Vタイヤの

暫定規定 
(5.8 備考
6.) 

ISO 5751-1 

○ 旧タイヤの

暫定規定 
(Annex B) 

≡  

 

備考1. 対比項目(I)及び(III)の小欄で,“○”は該当する項目を規定している場合を示す。 

2. 対比項目(IV)の小欄の記号の意味は,次による。 
“≡”:JISと国際規格との技術的内容は同等である。