>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

D 4102

:2007(ISO 3911:2004)

(1)

目  次

ページ

序文 

1

1

  適用範囲

1

2

  用語及び定義 

1

附属書 A(規定)ホイール及びリムサイズの呼び

12

附属書 B(規定)表示 

14

附属書 C(参考)対応外国語 

15


D 4102

:2007(ISO 3911:2004)

(2)

まえがき

この規格は,工業標準化法第 14 条によって準用する第 12 条第 1 項の規定に基づき,社団法人自動車技

術会(JSAE)から,工業標準原案を具して日本工業規格を改正すべきとの申出があり,日本工業標準調査会

の審議を経て,経済産業大臣が改正した日本工業規格である。

これによって,JIS D 4102:1984 は改正され,この規格に置き換えられた。

この規格は,著作権法で保護対象となっている著作物である。

この規格の一部が,特許権,出願公開後の特許出願,実用新案権又は出願公開後の実用新案登録出願に

抵触する可能性があることに注意を喚起する。経済産業大臣及び日本工業標準調査会は,このような特許

権,出願公開後の特許出願,実用新案権又は出願公開後の実用新案登録出願に係る確認について,責任は

もたない。


日本工業規格

JIS

 D

4102

:2007

(ISO 3911

:2004

)

空気入りタイヤ用ホイール及びリム−

用語・呼び・表示

Wheels and rims for pneumatic tyres

Vocabulary, designation and marking

序文 

この規格は,2004 年に第 3 版として発行された ISO 3911 を基に,技術的内容及び対応国際規格の構成

を変更することなく作成した日本工業規格である。

なお,この規格で点線の下線を施してある参考事項は,対応国際規格にはない事項である。

適用範囲 

この規格は,空気入りタイヤに使用されるホイール及びリムの用語・呼び・表示について規定する。

ホイール及びリムサイズの呼びは

附属書 A,表示は附属書 に規定する。

  注記 

参考として対応する外国語を

附属書 に記載した。

注記 

この規格の対応国際規格及びその対応の程度を表す記号を,次に示す。

ISO 3911:2004

,Wheels and rims for pneumatic tyres−Vocabulary,  designation and marking (IDT)

なお,対応の程度を表す記号(IDT)は,ISO/IEC Guide 21 に基づき,一致していることを示す。

用語及び定義 

2.1 

ホイールの用語 

2.1.1 

ホイール 

タイヤを装着し,車軸ハブに取り付け,荷重を支え回転する部分。一般にリムとディスクの二つの主な

部品から構成する。これらは一体である場合もあり,永久的に取り付けられているか,着脱可能な場合も

ある(

図 1参照)。

2.1.2 

リム 

タイヤを装着し保持するホイールの部分。

2.1.3 

ディスク 

車軸ハブに取り付け,リムを保持する部分。

2.1.4 

単輪ホイール 

車軸の一端に 1 本のタイヤを保持するホイール。

2.1.5 


2

D 4102

:2007(ISO 3911:2004)

複輪ホイール 

十分なインセットと構造を備えたホイールで,車軸の一端にそれぞれを組み付けた場合に,2 本のタイ

ヤを保持することができるホイール(

図 参照)。

2.1.6 

インセットホイール 

リム中心面がディスク取付面に対して車両内側にあるホイール[

図 の a)参照]。

注記  インセットとはディスクの面からリム中心面までの距離をいう。

2.1.7 

ゼロセットホイール 

リム中心面がディスク取付面と一致するように構成されたホイール[

図 の b)参照]。

2.1.8 

アウトセットホイール 

リム中心面がディスク取付面に対して車両外側にあるホイール[

図 の c)参照]。

注記 1  アウトセットとはディスクの取付面からリム中心面までの距離をいう。

注記 2  輪距,すなわち車軸に取り付けられたタイヤの中心面の間隔はホイールのアウトセットが大

きくなるにつれ増加する。

a)

  インセットホイール    b)  ゼロセットホイール    c)  アウトセットホイール

図 1−乗用車用及び小型商用車用ディスクホイールの用語

  1  リム中心面 
 2

ディスク

 3

ナット座

 4

ボルト穴

 5

ボルト穴ピッチ円直径

 6

ハブ穴直径

 7

取付面直径

 8

取付面

 9

インセット

10

リム

11

ゼロセット

12

アウトセット


3

D 4102

:2007(ISO 3911:2004)

2.1.9 

複輪間隔 

二つのタイヤの間で要求される間隔を備えたリムのリム中心面間の距離(

図 2,図 5,及び図 参照)。

a)

  単輪取付け                            b)  複輪取付け

図 2−商用車用ディスクホイールの用語

2.2 

ホイールの形式 

2.2.1 

ディスクホイール 

リムとディスクで構成され,永久結合したホイール(

図 及び図 参照)。

2.2.2 

二つ割りリムホイール 

同じ幅又は異なる幅の二つの主要なリム部材をリム合わせボルト又は同等の方法で確実に締め付けられ

た,二つの固定フランジをもつホイール(

図 参照)。

図 3−二つ割りリムホイールの用語

 1

リム中心面

 2

ディスク

 3

インセット

 4

ディスク外側面

 5

ナット座

 6

ボルト穴

 7

ボルト穴ピッチ円直径

 8

ハブ穴直径

 9

取付面

10

取付面直径

11

リム

12

複輪間隔

13

オフセット

1

リム中心面

2

固定フランジ

3

リム合わせボルト

4

アウトセット

5

取付面


4

D 4102

:2007(ISO 3911:2004)

2.2.3 

ワイヤホイール 

リムと中央部材(シェル)とを,多数のワイヤスポークによって結合して構成したホイール(

図 参照)。

a)

  一般的な取付方式              b)  センタ取付方式

図 4−ワイヤホイールの用語 

2.2.4 

ディマウンタブルリムホイール 

取外し可能なリムをもつホイール。

2.2.4.1 

28

°面取付方式のホイール 

一つ又は二つの取外し可能なリムを,スポークハブ(キャストホイールボディ)に締め付けられる構造

をもつホイールで,ブレーキドラム又はディスクブレーキロータのハブサポートとしても機能するホイー

ル(

図 参照)。

a)

  単輪取付                      b)  複輪取付                   

図 5−ディマウンタブルリムホイール(28°面取付方式)の用語 

1

リム中心面

2

リム

3

ワイヤスポーク

4

中央部材(シェル)

5

インセット

6

保持ナット用

  円すい(錐)座 
7

スプライン

8

ハブ座基準面

 1

リム中心面

 2

リムベースオフセット

 3

ホイール取付オフセット

 4

クランプ

 5

スポークハブ

  (キャストホイールボディ)

 6

インナベアリング

  カップショルダ(基準面)

 7

アウトセット

 8

複輪間隔

 9

スペーサバンド幅

10

リム取付面位置


5

D 4102

:2007(ISO 3911:2004)

2.2.4.2 

18

°(15°)面取付方式のホイール 

一つ又は二つの取外し可能なリムを,スポークハブ(キャストホイールボディ)上の 18°(15°)取付

面に締め付けられる構造をもつホイール(

図 参照)。

a)

  単輪取付                        b)  複輪取付

図 6−ディマウンタブルリムホイール[18°(15°)面取付方式]の用語

2.2.5 

リバーシブルホイール 

ディスクのいずれの面にも取り付けられ,インセット(狭幅輪距)又はアウトセット(広幅輪距)を与

えることができる構造をもつホイール(

図 参照)。

図 7−リバーシブルホイールの用語 

1

リム中心面

2

ホイール取付オフセット

3

リムベースオフセット

4

インセット

5

インナベアリング

カップショルダ(基準面)

6

スポークハブ

(キャストホイールボディ)

7

クランプ

8

スペーサバンド幅

9

複輪間隔

1

リム中心面

2

ディスク

3

取付面

4

インセット

5

リム

6

アウトセット


6

D 4102

:2007(ISO 3911:2004)

2.2.6 

アジャスタブルホイール 

リムをディスクに対して軸方向に移動位置決めすることができる構造をもつホイール。

注記  移動位置決め調整は,手動式とパワー式(リムとディスクを分離せずにクランプのボルトを緩

めてディスクに対して相対的にリムを回転させることでレールに沿って輪距を簡単に調整でき

る構造)がある[それぞれ

図 の a)又は b)参照]。

a)

  手動調整式 

b)

  パワー調整式 

図 8−アジャスタブルホイールの用語 

2.3 

リムの用語 

2.3.1 

フランジ 

タイヤの左右方向を,保持するリムの部分(

図 の ABGR

2

R

3

参照)

2.3.2 

1

リム中心面

2

ホイールリバース時

  総調整量 
3

ディスク

4

ブラケット

5

リム

6

総調整量

7

レール

8

クランプ


7

D 4102

:2007(ISO 3911:2004)

ビードシート 

タイヤのビード部と接触し,半径方向を保持するリムの部分(

図 の DPR

3

β 及び

図 10 参照)。

2.3.3 

ウエル 

タイヤの着脱を,容易にするための深さと幅をもったリムの部分(

図 の HLMR

4

R

5

α 参照)

2.3.4 

バルブ穴 

タイヤバルブを,装着する円又は長円の穴(

図 の d参照)。

2.3.5 

ガター 

サイドリング及びロックリングを,はめ合わせるためのリムの片側の溝の部分(

図 の中の 2,3 参照)。

 


8

D 4102

:2007(ISO 3911:2004)

A  リム幅 
B  フランジ幅 
C  フランジ半径位置 
D  リム径 
d  バルブ穴 
F  バルブ穴位置(参考扱い) 
G  フランジ高さ 
H  ウエル深さ 
L  ウエル幅 
M  ウエル位置 
P  ビードシート幅 

   

注記  レッジ深さ は図 10 及び図 11 参照。

R

1

  フランジ複合半径

R

2

  フランジ半径

R

3

  ビードシート半径

R

4

  ウエル先端半径(タイヤ装着側) 

R

5

  ウエル底半径 

R

6

  フランジエッジ半径

R

7

  バランスウエイト側フランジ半径

R

8

  ウエル先端半径(タイヤ非装着側)

α

  ウエル角度

β

  ビードシート角度 

1

  リム中心面 

2

  ガター溝

3

  ガターチップ

図 9−リムのタイヤ側輪郭の用語 


9

D 4102

:2007(ISO 3911:2004)

a)

  ラウンドハンプ    (RH)

b)

  スペシャルレッジ  (SL)

c)

  フラットハンプ    (FH)

h  レッジ深さ

d)

  コントレペント

(CP)

e)

  コンビネーションハンプ  (CH)

f)

  ダブルハンプ

(H2)

図 10−許容ビードシート輪郭の名称 

2.4 

リムの形式 

2.4.1 

一体(深底)リム 

ウエルを備え,一つの部品で構成されたリム(

図 11 参照)。

a)

  乗用車用 5°深底リム

b)

  農業機械用 5°深底リム(段底リム)

h  レッジ深さ 
  注記  これらの形状は代表例を示す。 

c)

  商用車用 15°深底リム

d)

  モービルホーム及び低床トレーラ用

    ディマウンタブル 15°深底リム

図 11−一体(深底)リムの用語 


10

D 4102

:2007(ISO 3911:2004)

2.4.2 

二分割リム 

二つの部品で構成されたリム(

図 12 参照)。

1

  着脱式サイドリング(切れ目あり)

2

  ガター

3

  リムベース(広幅平底リム)

4

  リムベース(浅底リム)

図 12−二分割リムの用語

2.4.3 

三分割リム 

三つの部品で構成されたリム(

図 13 参照)。

1

  着脱式サイドリング(切れ目なし)

2

  着脱式ロックリング(切れ目あり)

3

  ガター

4

  リムベース(広幅平底リム)

5

  リムベース(浅底リム)

6

  組立式円周方向三分割リム

7

  18°(15°)斜角

8

  着脱式ビードシートありサイドリング

  (切れ目なし)

図 13−三分割リムの用語


11

D 4102

:2007(ISO 3911:2004)

2.4.4 

四分割リム 

四つの部品で構成されたリム(

図 14 参照)。

1

  着脱式サイドリング(切れ目なし)

2

  ガター

3

  着脱式ロックリング(切れ目あり)

4

  リムベース

5

  着脱式ビードシートリング(切れ目あり)

図 14−四分割リムの用語 

2.4.5 

五分割リム 

五つの部品で構成されたリム(

図 15 参照)。

1

  着脱式サイドリング(切れ目なし)

2

  着脱式ロックリング(切れ目あり)

3

  ガター

4

  チューブレス用 O リング溝

5

  リムベース(傾斜座リム)

6

  着脱式ビードシートリング(切れ目なし)

7

  O リング

図 15−五分割リムの用語 


12

D 4102

:2007(ISO 3911:2004)

附属書 A

(規定)

ホイール及びリムサイズの呼び

A.1 

呼び 

ホイール及びリムサイズの呼びは,次の優先順序によって数字及び文字で表す。

注記  一部のリムに,“幅×径”の呼びのものが使用されている。

a)

公称リム径

−  従来からあるリムについては,サイズコード

1)

で表す。

−  新しい概念のタイヤを組み合わせて使用するリムは,ミリメートルで表す。

1)

サイズコードは,インチ単位を基準としている。

b)

リムの形式(任意)

−  記号“×”は,一体リムを示す。

−  記号“−”は,多分割リムを示す。

注記  多分割リムでも記号“×”が使用されることがある。

c)

公称リム幅

−  従来からあるリムについては,サイズコード

1)

で表す。

−  新しい概念のタイヤを組み合わせて使用するリムは,ミリメートルで表す。

d)

リムの輪郭

リムのタイヤ側の輪郭を,文字又は文字列で表す。

例  JIS D 4218 の B,J,K    JIS B 9203 の D,E,F

通常,輪郭の呼びは,リム幅の後に続ける。

しかしながら,A.2 の農業機械用リムのようにリム幅の前又はその中に含める場合もある。

e)

フランジ高さ

建設車両用リムで,記号“/”の後に続く数字はサイズコード

1)

によるフランジ高さを表す。ただし,

この表示は任意である。

A.2 

 

次に示す事項は,ホイール及びリムサイズの呼びの例である。

乗用車用:

13

×4.50 B

15

×6 J

小型商用車用:

15

×5

1

/

2

 J

15

−5.50 F SDC

注記 1 SDC はリム輪郭の種類の一つである浅底リムを示し,省略されることが多い。

注記 2 15−5.50 F は,15×5.50 F と表示される場合がある。


13

D 4102

:2007(ISO 3911:2004)

中/大型商用車用:

20

−7.5

22

−8.0

22.5

×8.25

注記  この他に 20×7.50 V の例もある。

農業機械用:

28

×W12

28

×W10 H

26

×DW16

38

×W18 LA

注記  “DW”は段底リムをもつリム,“L”は低フランジ,“A”は幅広フランジ半径を示す。

建設車両用:

25

−13.00/2.5

注記 1  “/2.5”はフランジ高さの呼びである。

注記 2 25−13.00/2.5 は,25×13.00/2.5 と表示される場合がある。


14

D 4102

:2007(ISO 3911:2004)

附属書 B

(規定)

表示

B.1 

表示の仕様 

B.1.1 

ディスクホイール及びディマウンタブルリム(取外し可能リム)の表示 

ディスクホイールとディマウンタブルリム(取外し可能リム)には,次の項目を表示しなければらない。

a)

リムサイズの呼び

b)

ホイール又はリムの製造業者名又はその略号

c)

製造年月

d)

ホイール・リムの製造業者の部品番号又はコード

注記  受渡当事者間の協定によって,部品番号又はコードは省略される場合がある。

B.1.2 

リングの表示 

リング

2)

には,次の事項を表示する。

a)

リングに合うリム径の呼びとリムフランジ形状とによって表される記号,又はリムとの適合性を示す

略号。

例  リム径の呼びとフランジ形状を表す場合

20

×6.50 T  16×6.00 GS

b)

製造業者名又はその略号

c)

製造年月

2)

リングはリムから取外し可能であるが,製造業者間で設計,製造が異なり,互換性は考慮さ

れていない。

B.1.3 

二つ割りリムホイール 

二つ割りリムホイールは,両方の部品に B.1.1 に従った表示をしなければならない。

B.2 

表示の方法 

B.2.1 

文字の大きさ・判読性 

表示方法はシャープエッジを伴わない凹又は凸で行う。ローマ字及びアラビア数字の大きさは 3 mm 以

上とし,判読可能でなければならない。

B.2.2 

位置・視認性 

ホイールとディマウンタブルリム(取外し可能リム)の表示の位置は,タイヤを装着後も識別できる位

置とする。ディスクホイールの表示は,リム又はディスクのいずれかに表示すればよい。

B.3 

補足の表示 

B.1.1

に規定する表示以外の項目(例えば,法的要求事項又は顧客要求事項)を表示してもよい。オフセ

ット,インセット及びアウトセットを表示する場合は,次のコードを推奨する。

オフセット OS

例  OS175

インセット IS

例  IS30

アウトセット IS-

例  IS-15


15

D 4102

:2007(ISO 3911:2004)

附属書 C 
(参考)

対応外国語

表 C.1 にホイールに関する用語(日本語)と対応する英語,フランス語及びドイツ語を示す。

表 C.1−対応外国語 

日本語

英語

フランス語

ドイツ語

(ア)

アウトセット

outset

déport externe

nagative Einpreßtiefe

浅底リム(SDC)

semi-drop-centre rim (SDC)

jante à base semi-creuse (SDC)

Halbtiefbettfelge (SDC)

アジャスタブルホイール

adjustable wheel

roue à voie variable

Spurverstellrad

(イ)

一体リム

one-piece rim

jante en une pièce

einteilige Felge

インセット

inset

déport interne

positive Einpreßtiefe

インナベアリングカップシ

  ョルダ

inner bearing cup shoulder

épaulement de la cuvette du palier

intérieur

Innenlagerschulter

(ウ)

ウエル well

gorge

Tiefbett

ウエル位置

well position

position de la gorge

Lage des Felgenbettes

ウエル角度

well angle

angle de la gorge

Tiefbettflankenwinkel

ウエル先端半径

well top radius

rayon supérieur de la gorge

Schulterradius

ウエル底半径

well bottom radius

rayon inférieur de la gorge

Tiefbettradius

ウエル幅

well width

largeur de la gorge

Tiefbettbreite

ウエル深さ

well depth

profondeur de la gorge

Tiefbettiefe

(エ)

円すい(錐)座

cone seat

siège conique (pour l'écrou de

serrage)

Konus für die

efestigungsmutter

(オ)

オフセット

offset

demi-entraxe entre jumelés

halber Mittenabstand

(カ)

ガター

gutter

crochet de jante

Nutpartie

ガター溝

gutter groove

logement de l’anneau verrouilleur

Ringnut

ガターチップ

gutter tip

bord du crochet de jante

Ringnutsteg

(キ)

基準面

reference plane

plan de référence

Bezugsfläche

(ク)

クランプ clamp

fixation

Klemmstück

組立式円周方向三分割リム

3

×120degree segment rim

Jante amovible à trois secteurs de

120 dégres

segmentierte Felge (3x120

Grad)

(コ)

固定ビードシート

fixed taper bead seat

portée du talon conique fixe

feste Schrägschulter

固定フランジ

fixed flange

rebord fixe

festes Felgenhorn

五分割リム

five-piece rim

jante en cinq pièces

fünfteilige Felge

コントレペント

contre-pente (CP)

contre-pente (CP)

Contre-pente (CP)

コンビネーションハンプ

combination hump (CH)

hump combiné (CH)

Kombinationshump (CH)

(サ)

三分割リム

three-piece rim

jante en trois pièces

drweiteilige Felge


16

D 4102

:2007(ISO 3911:2004)

日本語

英語

フランス語

ドイツ語

(シ)

シール用 O リング

O-ring seal

joint torique d'étanchéité

O-Dichtring

シェル(ワイヤホイール)

shell (wire wheels)

partie centrale («shell») (roues à

rayons métalliques)

Nabenteil (bei

Drahtspeichenrad)

(ス)

スプライン spline

cannelure

Kerbverzahnung

スペーサバンド spacerband

entretoise

Zwischenring

スペーサバンド幅

spacerband width

largeur de l'entretoise

Zwischenringbreite

スペシャルレッジ

special ledge (SL)

special ledge (SL)

Spezialledge-Felge (SL)

スポークハブ

cast wheel body

corps moulé de la roue

Guß-Radkörper

(セ)

ゼロセット

zeroset

déport nul

Einpreßtiefe null

(タ)

縦振れ radial

run-out

faux-rond  Rundlaufabweichung

ダブルハンプ

double hump (H2)

double hump (H2)

Doppelhump (H2)

単輪 single

wheel

roue

simple

Einzelrad

(チ)

着脱式サイドリング

  (切れ目あり)

detachable spring flange

cercle de verrouillage amovible

abnehmbarer

, geschlitzter

Seitenring (Kombiring)

着脱式サイドリング

  (切れ目なし)

detachable endless flange

rebord amovible

abnehmbarer

, geschlossener

Seitenring

着脱式ビードシートありサ

イドリング

  (切れ目なし)

detachable endless flange with

tapered bead seat

rebord amovible avec anneau

conique

abnehmbarer

, geschlossener

Seiten-Schrägschulterring

着脱式ビードシートリング

  (切れ目あり)

spring tapered bead seat ring

anneau

conique

amovible

à

ressort

abnehmbarer

, geschlitzter

Schrägschulterring

着脱式ビードシートリング

  (切れ目なし)

detachable endless tapered bead

seat ring

anneau conique amovible

abnehmbarer

, geschlossener

Schrägschulterring

着脱式ロックリング

  (切れ目あり)

spring lock ring

anneau verrouilleur

geschlitzter Verschlußring

中心面

centre plane

plan médian

Mittelebene

中央部材 centre

member

shell (wire wheel)

partie centrale («shell») (roues à

rayons métalliques)

Nabenteil (bei

Drahtspeichenrad)

(テ)

ディスク disc

disque

Radscheibe

,Radschüssel

ディスクホイール

disc wheel

roue à disque

Scheibenrad


17

D 4102

:2007(ISO 3911:2004)

日本語

英語

フランス語

ドイツ語

ディマウンタブルリム

demountable rim

jante amovible

abnehmbare Felge

(ト)

取付面

attachment face

face d’appui

Radanlagefläche

取付面直径

attachment face diameter

diamètre de la face d’appui

Durchmesser der

Radanlagefläche

(ナ)

ナット座

nut seat

siège de l’écrou ou de la vis

Mutternsitz

(ニ)

二分割リム

two-piece rim

Jante en deux pièces

Zweiteilige Felge

(ハ)

ハブ穴

centre hole

alésage central

Mittenloch

ハブ座

hub seat

siège du moyeu

Nabensitz

バルブ穴

valve aperture

trou de jante pour la valve

Ventilloch/Ventilschlitz

バルブ穴位置

valve aperture location

position du trou de jante pour la

valve

Lage des Ventilloches/

Ventilschlitzes

(ヒ)

表示 marking marquage

Stempelung

ビードシート

bead seat

portée du talon

Felgenschulter

ビードシート角度

bead seat angle

angle de la portée du talon

Schulterwinkel

ビードシートの輪郭

bead seat profile

profil de la portée du talon

Kontur der Felgenschulter

ビードシート幅

bead seat width

largeur de la portée du talon

Schulterbreite

ビードシート半径

bead seat radius

rayon de raccordement

rebord/portée du talon

Hornfußradius

(フ)

深底リム

drop-centre rim (DC)

jante à base creuse (DC)

Tiefbettfelge (DC)

複輪

dual wheel

roue jumelée

Zwillingsrad

複輪間隔

dual spacing

entraxe entre jumelés

Mittenabstand

二つ割りリムホイール

divided wheel

roue en deux parties

zweiteilige Felge mit geteilter

Radscheibe

ブラケット

bracket

patte de fixation

Böckchen


18

D 4102

:2007(ISO 3911:2004)

日本語

英語

フランス語

ドイツ語

フラットハンプ

flat hump (FH)

flat hump (FH)

Flachhump (FH)

フランジエッジ半径

flange edge radius

rayon du retournement

du rebord

Hornkantenradius

フランジ高さ

flange height

hauteur du rebord

Hornhöhe

フランジ幅

flange width

largeur du rebord

Hornbreite

フランジ半径

flange radius

rayon du rebord

Hornradius

フランジ半径位置

flange radius location

emplacement du centre de

l'arrondi du rebord

Lage des Hornradius

フランジ複合半径

flange compound radius

rayon de raccordement du rebord

Hornübergangsradius

(ホ)

ホイール wheel

roue

Rad

ホイールサイズの呼び

wheel size designation

désignation  dimensionelle  de  la

roue

Bezeichnung der Radgröße

ホイール取付オフセット

wheel bevel offset

déport du cône de centrage (jantes

amovibles)

Abstand zwischen Anlage

Radlager und

Felgentragsitz

ホイールディスク

wheel disc

disque de roue

Radscheibe

ホイールの形式

wheel types

types de roue

Radtypen

保持ナット

retaining nut

écrou de serrage

Haltemutter

ボルト穴

bolt hole

trou d'attache

Bolzenloch

ボルト穴ピッチ円直径

pitch circle diameter of bolt holes

diamètre  d’implantation  des  trous

d’attache

Lochkreisdurchmesser der

Bolzenlöcher

(ヨ)

横振れ lateral

run-out

voile

Planlaufabweichung

四分割リム

four-piece rim

jante en quatre pièces

vierteilige Felge

(ラ)

ラウンドハンプ

round hump (RH)

hump rond (RH)

Rundhump (RH)

(リ)

リバーシブルホイール

reversible wheel

roue réversible

beidseitig montierbares Rad

リム rim

jante

Felge

リム合わせボルト

clamping bolt

vis de fixation

Befestigungsschraube

リム規定径

specified rim diameter

diamètre de jante spécifié

Eckpunktdurchmesser der

Felge


19

D 4102

:2007(ISO 3911:2004)

日本語

英語

フランス語

ドイツ語

リム規定幅

specified rim width

largeur de jante spécifiée

festgelegte Maulweite

リム径

rim diameter

diamètre de jante

Felgendurchmesser

リムサイズの呼び

rim size designation

désignation dimensionnelle

de la jante

Bezeichnung der Felgengröße

リム取付斜角位置

rim bevel location

position du cône de centrage

(jantes amovibles)

Lage des Felgentragsitzes

リムの形式

rim type

type de jante

Felgentyp

リム幅

rim width

largeur de jante

Maulweite (Breite zwischen

den Felgenhörnern)

リムベース

rim base

fond de jante

Grundfelge (Felgenbett)

リムベースオフセット

rim base offset

distance entre bord du crochet et

plan médian de la jante

Abstand zwischen Ringnutsteg

und Felgenmitte

輪距 track

voie

Spur

(レ)

レール

rail rail Verstellschiene(-kurve)

レッジ深さ

ledge depth

profondeur de la partie

cylindrique

Ledge-Tiefe

(ロ)

ロックリング,スプリング lock

ring

, spring

anneau verrouilleur

Verschlußring

, geschlitzter

(ワ)

ワイヤホイール

wire wheel

roue à rayons métalliques

Drahtspeichenrad

ワイヤスポーク

wire spoke

rayon métallique

Radspeiche