>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

 

日本工業規格          JIS 

 

D 4010-1993 

 

 

連結装置のトラックの 

リアクロスメンバへの取付寸法 

Mounting of mechanical coupling devices 

on rear cross members of trucks 

 

 

1. 適用範囲 この規格は,自動車総荷量が34.3kNを超えるフルトレーラをけん引するトラックに用いる

連結装置のリアクロスメンバへの取付寸法について規定する。 

備考 この規格の対応国際規格を,次に示す。 

ISO 3584 : 1975 Road vehicles−Mounting of mechanical coupling devices on rear crossmembers of 

trucks 

 

2. 車両区分 連結装置を用いるトラックは,けん引可能なフルトレーラの自動車総荷重及び連結装置の

形式との組合せによって次のとおり区分する。 

区分1: けん引可能なフルトレーラの自動車総荷重34.3kNを超えるピントルフック形(1)連結装置を

用いたトラック。 

区分2: けん引可能なフルトレーラの自動車総荷重が34.3kNを超え147.0kNまでのベルマウス形(2)

連結装置を用いたトラック。 

区分3: けん引可能なフルトレーラの自動車総荷重が147.0kNを超え235.2kNまでのベルマウス形連

結装置を用いたトラック。 

区分4: けん引可能なフルトレーラの自動車総荷重が235.2kNを超えるベルマウス形連結装置を用い

たトラック。 

注(1) ルネットに差し込まれるフックをもつ構造のものをいう。 

(2) ルネットの受口をもつ構造のものをいう。 

 

3. 穴あけ寸法及び許容差 穴あけ寸法及び許容差は,表1による。 


D 4010-1993  

 

表1 穴あけ寸法と許容差 

 

連結装置の形式 

寸法 

許容差 

車両区分 

A' 

B ' 

±0.5 

±0.5 

±0.5 

±0.5 

±0.2 

 

±0.5 

ピントル
フック形 

後面取付形 

180 

150 

 50 

40 

21 

60 

− 

下面取付形 

130 

− 

110 

40 

17 

− 

45 

ベルマウス形 

120 

− 

 55 

− 

15 

75 

− 

140 

− 

 80 

− 

17 

85 

− 

160 

− 

100 

− 

21 

95 

− 

 

4. 連結装置のリアクロスメンバへの取付けに対する寸法上の要件 連結装置のリアクロスメンバへの

取付けに対する寸法上の要件は,表2による。 

15.0


D 4010-1993  

表2 取付寸法 

 

連結装置の形式 車両 

区分 

リアクロスメンバ 

連結装置 

K(最小) K '(最小)L(最小) L'(最小) R(最小) F(最大) F''(最大)H(最大) H '(最大)

ピントル

フック形 

後面取

付形 

250 

210 

 80 

 70 

− 

240 

200 

 75 

65 

下面取

付形 

180 

− 

 95 

205 

15 

170 

− 

 90 

200 

ベルマウス形 

165 

− 

100 

− 

− 

155 

− 

 90 

− 

190 

− 

130 

− 

− 

180 

− 

120 

− 

210 

− 

150 

− 

− 

200 

− 

140 

− 

注(3) この寸法は,取り外すことができないリアクロスメンバだけに適用する。 

 

社団法人 自動車技術会車体部会 メカニカルカップリング分科会 構成表 

 

 

氏名 

所属 

(分科会長) 

 

高 田 利 雄 

富士重工業株式会社宇都宮製作所 

 

 

星     勲 

いすゞ自動車株式会社大型車設計部 

 

 

大 野 幹 夫 

東急車輌製造株式会社本社自動車工場 

 

 

相 馬 哲 夫 

通商産業省機械情報産業局 

 

 

松 川 東 一 

工業技術院標準部機械規格課 

 

 

松 田 卯一郎 

運輸省自動車局 

 

 

神 谷 太 三 

日産ディーゼル工業株式会社第1設計部 

 

 

影 沢 泰 彦 

日野自動車工業株式会社第1研究部 

 

 

東 宮 武 夫 

三菱自動車工業株式会社トラック・バス技術センター 

 

 

松 田 哲 章 

日野車体工業株式会社 

 

 

明 永 清次郎 

日本車輌製造株式会社技術グループ 

 

 

山 下 容 市 

日本トレールモービル株式会社 

 

 

久 保 義 男 

社団法人日本自動車車体工業会 

 

 

大 沼 広 洲 

社団法人全日本トラック協会 

(事務局) 

 

香 取 恭 三 

社団法人自動車技術会