>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

D 3642

:2013 (ISO 12251:2011)

(1) 

目  次

ページ

序文  

1

1

  適用範囲  

1

2

  記号 

1

3

  一般要求事項  

2

3.1

  クランプ取付けの配置  

2

3.2

  CR インジェクタのガイド寸法  

3

3.3

  ノズルシャフトの同軸度  

4

4

  寸法及び許容差  

5

4.1

  ストレート形状ノズルリテーニングナット付きクランプ取付け式 CR 燃料インジェクタ(形) ·· 

5

4.2

  段付形状ノズルリテーニングナット付きクランプ取付け式 CR 燃料インジェクタ(形)  

7

5

  その他の要求事項  

8

6

  表示方法  

8


D 3642

:2013 (ISO 12251:2011)

(2) 

まえがき

この規格は,工業標準化法第 12 条第 1 項の規定に基づき,公益社団法人自動車技術会(JSAE)から,

工業標準原案を具して日本工業規格を制定すべきとの申出があり,日本工業標準調査会の審議を経て,経

済産業大臣が制定した日本工業規格である。

この規格は,著作権法で保護対象となっている著作物である。

この規格の一部が,特許権,出願公開後の特許出願又は実用新案権に抵触する可能性があることに注意

を喚起する。経済産業大臣及び日本工業標準調査会は,このような特許権,出願公開後の特許出願及び実

用新案権に関わる確認について,責任はもたない。


   

日本工業規格

JIS

 D

3642

:2013

(ISO 12251

:2011

)

ディーゼル機関−

クランプ取付け式 CR 燃料インジェクタの

取付け寸法

Diesel engines-Mounting dimensions of clamp mounted CR fuel injectors

序文 

この規格は,2011 年に第 1 版として発行された ISO 12251 を基に,技術的内容及び構成を変更すること

なく作成した日本工業規格である。

なお,この規格で点線の下線を施してある参考事項は,対応国際規格にはない事項である。

適用範囲 

この規格は,ディーゼル機関に使用するクランプ取付け式 CR 燃料インジェクタ(以下,CR インジェク

タという。

)の寸法及びそれに対応するシリンダヘッドの取付け寸法について規定する。

ノズルリテーニングナットの形状に応じて,CR インジェクタは,次の 2 種類の形に分けられる。

a)  A

形:ノズルリテーニングナットの形状がストレート形状のもの(

図 参照)

b)  B

形:ノズルリテーニングナットの形状が段付形状のもの(

図 参照)

それぞれの CR インジェクタの形は,その形状によって更に細分化される(

表 及び表 参照)。

注記 1  形の区別は,CR インジェクタの 2 か所のガイド径寸法の関係による。

注記 2  この規格の対応国際規格及びその対応の程度を表す記号を,次に示す。

ISO 12251:2011

,Diesel engines−Clamp mounted CR fuel injectors−Mounting dimensions(IDT)

なお,対応の程度を表す記号“IDT”は,ISO/IEC Guide 21-1 に基づき,

“一致している”

ことを示す。

記号 

この規格で用いる記号は,次による。

D

1

:CR インジェクタの軸径

D

2

:CR インジェクタの上部ガイド径

D

3

:リテーニングナット径

D

4

:CR インジェクタの下部ガイド径

D

5

:CR インジェクタのノズルシャフト径

d

6

:上部ガイドの穴径

d

7

:下部ガイドの穴径

d

8

:ノズルシャフトの穴径


2

D 3642

:2013 (ISO 12251:2011)

   

l

1

:CR インジェクタの全長

l

2

:CR インジェクタのシール面と上部ガイド部との間の距離

l

3

:上部ガイドのオーバーラップ長さ(上部ガイド−シリンダヘッド間)

l

4

:CR インジェクタのクランプの幅

l

5

:クランプ幅

l

6

:CR インジェクタのクランプの高さ

l

7

:シール面とデータム B との距離

l

8

:シール面とデータム C との距離

注記  l

7

及び l

8

は,受渡当事者間で合意されるシリンダヘッドの設計仕様による。

一般要求事項 

3.1 

クランプ取付けの配置 

代表的なクランプ取付けの配置は,

図 による。


3

D 3642

:2013 (ISO 12251:2011)

注記 CR インジェクタのクランプの高さは,エンジンの仕様によるため,受渡当事者間の合意による。

a)

  l

1

    CR

インジェクタの全長

b)

  l

6

    CR

インジェクタのクランプの高さ

c)

 CR

インジェクタの上端

d)

 CR

インジェクタのシール面

図 1CR インジェクタのクランプ取付けの配置

3.2 CR

インジェクタのガイド寸法 

CR

インジェクタのガイドに重要な寸法を,

図 に示す。


4

D 3642

:2013 (ISO 12251:2011)

   

a)

上部ガイドのオーバーラップ長さ(上部ガイド−シリンダヘッド間)

b)

上部ガイド

c)

下部ガイド

d)

詳細は,

図 及び図 を参照。

図 2CR インジェクタのガイド関係寸法

3.3 

ノズルシャフトの同軸度 

二つのガイド軸径,φD

2

とφD

4

とに対するノズルシャフトの同軸度φを,

図 に示す。同軸度φは,

二つのガイド軸径の製作条件に基づく幾何公差によって決定し,CR インジェクタの製造業者がエンジン

への寸法取付け性を考慮し規定する。この同軸度の目的は,シリンダヘッドの穴φd

8

に対する,ノズルシ

ャフト(φD

5

の軸)の位置を定めることである。これは,ノズルシャフトとシリンダヘッドの穴との干渉

を避けるために重要である[

表 2,表 及び表中の注

c)

,並びに

図 及び図中の注

c)

を参照]

同軸度φの測定に対する要求は,次による。

−  受渡当事者は,データム B の位置 l

7

について合意する。

−  受渡当事者は,二つのガイド部間の距離とオーバーラップ長さ(

図 の l

2

及び l

3

参照)とに応じて,

データム C の位置 l

8

について合意する。


5

D 3642

:2013 (ISO 12251:2011)

a)

データム位置(2 か所のガイド部)

b)

 CR

インジェクタのシール面

c)

ノズルシャフトとシリンダヘッド穴との間に必要な隙間(干渉があってはならない)を設ける。

d)

シングルガイドタイプのインジェクタの場合に使用する。

図 3−ノズルシャフトφD

5

の同軸度

寸法及び許容差 

4.1 

ストレート形状ノズルリテーニングナット付きクランプ取付け式 CR 燃料インジェクタ(形) 

CR

インジェクタ及びノズルの寸法,並びに対応するシリンダヘッドの寸法を,

図 4,表 及び表 に示

す。


6

D 3642

:2013 (ISO 12251:2011)

   

単位  mm

a)

シーリングガスケットの厚さは,使用者の要求に基づいて,変更してもよい。

図 4形 CR インジェクタ及びシリンダヘッドの寸法(図 の 部詳細図)

A

形 CR インジェクタ及びノズル,並びに対応するシリンダヘッドの要求寸法を

表 及び表 に示す。

表 1形 CR インジェクタの寸法

単位  mm

形式

D

1

D

2

a)

D

3

D

4

D

5

l

1

 b)

呼び

l

2

a)

最小

l

4

b)

A.1 16.9

0

−0.13

16.9

0

−0.13

17

+0.10
−0.15

17

0

−0.11

7

+0.20

−0.15

137

∼200

40 10.8

0

−0.10

A.2 17

0

−0.15

17.5

+0.20
−0.15

137

∼200

50 13

A.3 19

0

−0.20

19.5

+0.10
−0.15

121

∼210

40 15

又は 17

A.4 19

0

−0.15

19.5

+0.20
−0.15

150

∼200

50

12.8

,13,14,

15

又は 17

A.5 21

0

−0.10

24.25

0

−0.13

24.1

0

−0.13

24.1

0

−0.13

9.2

0

−0.10

164

∼207

55

13

, 17 , 20

又は 27

a)

図 を参照。

b)

図 を参照。


7

D 3642

:2013 (ISO 12251:2011)

表 2形 CR インジェクタ用シリンダヘッド穴寸法 

単位  mm

形式

d

6

a)

d

7

d

8

c)

呼び

l

3

a) d) 

呼び

l

5

b)

e)

A.1 17

+0.07 
+0.02

17

+0.07 
+0.02

7.6

∼8.1

5

∼10

10.85

+0.10

0

A.2 17.5

7.6

∼7.8 13.05

A.3 19.5

7.6

∼8.1 15.05 又は 17.05

A.4 19.5

7.6

∼7.8

12.85

,13.05,14.05,15.05

又は 17.05

A.5 24.3

+0.10

0

21.8

+0.20

0

9.5

∼9.7 13.1,17.1,20.1 又は 27.1

+0.30

0

a)

図 を参照。

b)

図 を参照。

c)

ノズルシャフトがシリンダヘッドと干渉しないように,ノズルシャフト外径,軸の倒れ,及び CR インジェ

クタの偏心を考慮する。

d)

代表寸法。受渡当事者間の合意に従って,他の寸法を用いてもよい。

e)

  l

5

の寸法は,CR インジェクタの取付け角度を保証するための重要な寸法であり,厳しい管理を必要とする。

4.2 

段付形状ノズルリテーニングナット付きクランプ取付け式 CR 燃料インジェクタ(形) 

CR

インジェクタ及びノズルの寸法,

並びに対応するシリンダヘッドの寸法を

図 5,表 及び表 に示す。

単位  mm

a)

シーリングガスケットの厚さは,使用者の要求に基づいて,変更してもよい。

図 5形 CR インジェクタ及びシリンダヘッドの寸法(図 の 部詳細図)


8

D 3642

:2013 (ISO 12251:2011)

   

B

形 CR インジェクタ及びノズル,並びに対応するシリンダヘッドの要求寸法を

表 及び表 に示す。

表 3形 CR インジェクタの寸法

単位  mm

形式

D

1

D

2

a)

D

3

D

4

D

5

l

1

 b)

呼び

l

2

a)

最小

l

4

b)

B.1 19

0

−0.15

19.5

0

−0.13

18.9

+0.20
−0.15

17

0

−0.11

7

+0.20
−0.15

150

∼200

50

12.8

,13,14,

15

,17 又は 19

0

−0.10

B.2 19

0

−0.20

19.5

0

−0.13

18.9

+0.20
−0.15

121

∼210

40

12

,12.8,13,

15

又は 17

B.3 19

0

−0.15

20.3

0

−0.13

19

+0.20
−0.15

162

∼200

50 15

,17 又は 19

B.4 19

0

−0.30

20.3

0

−0.20

19.2

0

−0.20

166

∼210

68

12

,12.8,13,

15

,17,20 又は

27

B.5 21

0

−0.15

21.5

0

−0.13

18.9

+0.20
−0.15

150

∼200

50 13

又は 15

a)

図 を参照。

b)

図 を参照。

表 4形 CR インジェクタ用シリンダヘッド穴の寸法

単位  mm

形式

d

6

a)

d

7

d

8

c)

呼び

l

3

a) d)

呼び

l

5

b) e)

B.1 19.5

+0.07 
+0.02

17

+0.07 
+0.02

7.6

∼7.8

5

∼10

12.85

,13.05,14.05,15.05,17.05

又は 19.05

+0.10

0

B.2 19.5

+0.07 
+0.02

7.6

∼8.1

12.05

,12.85,13.05,15.05 又は

17.05

+0.10

0

B.3 20.3

+0.07 
+0.02

7.6

∼7.8 15.05,17.05 又は 19.05

+0.10

0

B.4 20.3

+0.18 
+0.13

7.6

∼7.8

12.1

,12.9,13.1,15.1,17.1,

20.1

又は 27.1

+0.30

0

B.5 21.5

+0.07

+0.02

7.6

∼7.8 13.1 又は 15.1

+0.10

0

a)

図 を参照。

b)

図 を参照。

c)

ノズルシャフトがシリンダヘッドと干渉しないように,ノズルシャフト外径,軸の倒れ,及び CR インジェク
タの偏心を考慮する。

d)

代表寸法。受渡当事者間の合意に従って,他の寸法を用いてもよい。

e)

  l

5

寸法は,CR インジェクタの取付け角度を保証するための重要な寸法であり,厳しい管理を必要とする。

その他の要求事項 

この規格に定義されない寸法及び/又は要求については,使用者と協議のうえ,

製造業者の判断による。

表示方法 

この規格の全ての要求事項に適合した CR インジェクタには,次の事項を表示する。

a)

インジェクタの名称(INJECTOR)


9

D 3642

:2013 (ISO 12251:2011)

b)

規格番号

c) CR

インジェクタの形(形式の指示を含む)

d)

全長:ハイフンで区分けられた後に記載する。

e)

クランプ幅:ハイフンで区分けられた後に記載する。

例 1  A 形,形式が A.4,全長 l

1

が 165 mm,及びクランプ幅 l

4

が 15 mm の CR インジェクタの場合

INJECTOR JIS D 3642 A.4-165-15 

例 2  B 形,形式が B.1,全長 l

1

が 195 mm,及びクランプ幅 l

4

が 12.8 mm の CR インジェクタの場合

INJECTOR JIS D 3642 B.1-195-12.8