>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

D 3607-1

:2014

(1)

目  次

ページ

序文  

1

1

  適用範囲  

1

2

  引用規格  

1

3

  寸法及び許容差  

2

3.1

  内径及び外径  

2

3.2

  長さ  

2

4

  管の加工工程及びその他の要求事項  

2

4.1

  鋼材製造工程  

2

4.2

  管の熱処理  

4

4.3

  表面品質  

4

4.4

  外表面処理  

4

4.5

  管の機械的性質  

4

4.6

  清浄度  

4

4.7

  真直度  

5

4.8

  耐食性  

5

5

  試験 

5

5.1

  一般  

5

5.2

  試験適用範囲  

5

5.3

  寸法検査  

6

5.4

  機械的性質  

6

5.5

  曲げ試験  

6

5.6

  縦圧試験  

6

5.7

  表面品質  

6

5.8

  内圧試験  

6

5.9

  再試験  

6

5.10

  試験成績書  

6

6

  呼び方  

7

7

  識別及び刻印  

7

8

  こん(梱)包  

7

附属書 A(参考)理論上の最大試験圧力  

8

附属書 JA(参考)JIS と対応国際規格との対比表  

9


D 3607-1

:2014

(2)

まえがき

この規格は,工業標準化法第 14 条によって準用する第 12 条第 1 項の規定に基づき,公益社団法人自動

車技術会(JSAE)から,工業標準原案を具して日本工業規格を改正すべきとの申出があり,日本工業標準

調査会の審議を経て,経済産業大臣が改正した日本工業規格である。

これによって,JIS D 3607-1:2002 は改正され,この規格に置き換えられた。

この規格は,著作権法で保護対象となっている著作物である。

この規格の一部が,特許権,出願公開後の特許出願又は実用新案権に抵触する可能性があることに注意

を喚起する。経済産業大臣及び日本工業標準調査会は,このような特許権,出願公開後の特許出願及び実

用新案権に関わる確認について,責任はもたない。

JIS D 3607

の規格群には,次に示す部編成がある。

JIS D 3607-1

第 1 部:冷間仕上継目無単層鋼管の要求事項

JIS D 3607-2

第 2 部:複合鋼管の要求事項


日本工業規格

JIS

 D

3607-1

:2014

ディーゼル機関−高圧燃料噴射管の鋼管−

第 1 部:冷間仕上継目無単層鋼管の要求事項

Diesel engines-Steel tubes for high-pressure fuel injection pipes-

Part 1: Requirements for seamless cold-drawn single-wall tubes

序文 

この規格は,2011 年に第 5 版として発行された ISO 8535-1 を基に,対応する部分(形状及び寸法)に

ついては対応国際規格を翻訳し,技術的内容を変更することなく作成した日本工業規格であるが,対応国

際規格には規定されていない規定項目(寸法及び機械的性質)を日本工業規格として追加している。

なお,この規格で点線の下線を施してある箇所は,対応国際規格にはない事項である。変更の一覧表に

その説明を付けて,

附属書 JA に示す。

適用範囲 

この規格は,ディーゼル機関用(等級第 2 級。以下,第 2 級という。

)及び燃料噴射ポンプの試験用(等

級第 1 級。以下,第 1 級という。

)高圧燃料噴射管の冷間仕上継目無単層鋼管(以下,管という。

)の寸法

及び要求事項について規定する。

この規格は,ディーゼル機関に適用する。

注記  この規格の対応国際規格及びその対応の程度を表す記号を,次に示す。

ISO 8535-1:2011

, Diesel engines − Steel tubes for high-pressure fuel injection pipes − Part 1:

Requirements for seamless cold-drawn single-wall tubes(MOD)

なお,対応の程度を表す記号“MOD”は,ISO/IEC Guide 21-1 に基づき,

“修正している”

ことを示す。

引用規格 

次に掲げる規格は,この規格に引用されることによって,この規格の規定の一部を構成する。これらの

引用規格は,その最新版(追補を含む。

)を適用する。

JIS D 3639

  ディーゼル機関−燃料噴射装置の清浄度評価

注記  対応国際規格:ISO 12345,Diesel engines−Cleanliness assessment of fuel injection equipment

(IDT)

JIS Z 2241

  金属材料引張試験方法

注記  対応国際規格:ISO 6892-1,Metallic materials−Tensile testing−Part  1:  Method  of  test  at  room

temperature(MOD)

JIS Z 2244

  ビッカース硬さ試験−試験方法

注記  対応国際規格:ISO 6507-1,Metallic materials−Vickers hardness test−Part 1: Test method(MOD)


2

D 3607-1

:2014

寸法及び許容差 

3.1 

内径及び外径 

管の内径,外径及びその組合せは,

表 による。表 以外の寸法は,受渡当事者間の協定による。内径

及び外径の寸法許容差並びに内径に対する管外径の同心度は,次による。

a)

内径(d)の寸法許容差

d

≦4 mm :第 1 級は,±0.025 mm

1)

:第 2 級は,±0.05 mm

d

>4 mm:第 1 級,第 2 級とも±0.1 mm

注記  第 1 級及び第 2 級の区別は,箇条 による。

1)

  この許容差は,ISO 4093 に一致している。

b)

外径(D)の寸法許容差

第 1 級,第 2 級とも

D

<8 mm:±0.06 mm

D

≧8 mm:±0.10 mm

c)

同心度  管内径に対する管外径の同心度の最大値は,図 に示すように管の肉厚 に比例する。

図 1−管外径の同心度

3.2 

長さ 

管の長さ及び長さの許容差は,受渡当事者間の協定による。

管の加工工程及びその他の要求事項 

4.1 

鋼材製造工程 

管は,十分均一な組織になることが確認されている製鋼工程で造られた良質の非合金鋼(ISO 4948-1 

参照)又は同等の品質の鋼から造らなければならない。

使用者が要求する場合,供給者は,製造方法及び脱酸工程を報告しなければならない。


3

D 3607-1

:2014

表 1−内径,外径及びその組合せ

単位  mm

内径

a)

d

外径

D

推奨径    4.5

  6 6.35

7  8  9  10 12 15 19 24 30

1

 1.12

 1.25

 1.4

1.5

 1.6

1.7

 1.8

1.9

太線の枠内(灰色表示部)は,使

用する外径と内径との組合せで

あって 
  D=2d∼4の範囲を示す。

 2

2.12

 2.2

 2.24

2.36

 2.4

 2.5

2.65

 2.8

 3

 3.15

3.35      

 3.5

 3.55    

3.75      

4.25      

 4.5    

4.75      

5.3      

 5.6    

 6.3       

6.7      

 7.1       

7.5      

.

.

1


4

D 3607-1

:2014

表 1−内径,外径及びその組合せ(続き)

単位  mm

内径

a)

d

外径

D

推奨径    4.5

  6 6.35

7  8  9  10 12 15 19 24 30

10.6      

1 .

1 .

 12.5    

注記  内径 2.2,2.4 及び 3.5 は,対応国際規格にはない JIS 固有の寸法値である。 

a)

  JIS Z 8601 の標準数を基にしている。

4.2 

管の熱処理 

管は,最終縮径のあとで,指定された機械的性質を得るために熱処理を施さなければならない。

4.3 

表面品質 

4.3.1 

一般 

管の内外面は,良好な仕上げであってスケール,さび,溝,折重なり,薄片,深い凹部及び有害な欠陥

があってはならない。

4.3.2 

内径面の品質 

管の内径面は,滑らかで正確な寸法を保つように仕上げられるものとし,かつ,管の横断面を

表 に規

定する倍率の拡大鏡で検査したとき,それぞれの等級の許容欠陥を満たさなければならない。

表 2−内径面等級

等級

許容される欠陥

a)

拡大倍率

適用

最大深さ

欠陥の数

S 0.13

mm 以下 0.08

mm を超えるもの 5 個以内

×50

基本品質クラス

R 0.08

mm 以下 0.05

mm を超えるもの 5 個以内

×100

高品質クラス

b)

Q 0.05

mm 以下 0.02

mm を超えるもの 5 個以内

×100

P 0.02

mm 以下 0.01

mm を超えるもの 5 個以内

×200

O 0.01

mm 以下 0.01

mm を超えるものがあってはならない

×500

a)

  欠陥は,きず,裂け目などをいう。

b)

  等級 S よりも厳密な管理を要求される場合に,いずれかを指定する。

4.4 

外表面処理 

管の外径面は,当事者間の協定によって出荷のときに溶融めっき,電気めっき又は化学的表面処理を施

すことができる(

表 参照)。管の内径面は,表面処理を施してはならない。

4.5 

管の機械的性質 

管の機械的性質は,

表 による。

4.6 

清浄度 

内径面は,管の製造工程及び使用上支障を及ぼす,いかなる異物又は表面処理もなく清浄に保たれてい

なければならない。内径面の清浄度要求を規定する場合は,JIS D 3639 による。


5

D 3607-1

:2014

表 3−受渡時点の外表面処理

コード

外径面処理

適用

0

規定しない(製造業者の選択による。

製造業者の選択によって表面処理を追加し

てもよい。

1

外径面は,加工したままの無処理とする。適切な雰囲気
中で焼なまし又は焼ならした管は,変色があってもよい

が脱落するような残さ(渣)があってはならない。

条件は,後工程の表面処理による。

2

最小 8  μm 厚の電気亜鉛めっき層及び光沢クロメート処

a)

防せい(錆)効果を要求される場合は,メ

タノールのような軽質アルコールを基材と

した燃料の使用は,しないほうがよい。

3

最小 8  μm 厚の電気亜鉛めっき層及び黄色クロメート処

a)

(4∼8)

(今後設定予定)

9

受渡当事者間の協定による特定の処理。

a)

  “クロメート処理”は,JIS H 0400 及び JIS H 8625 を参照。

表 4−機械的性質

強度区分

引張強さ

N/mm

2

降伏点又は耐力

N/mm

2

伸び

%

硬さ

HV

1 310 以上 205 以上 30 以上 115 以下 
2 360 以上 220 以上 23 以上 150 以下 
3 490 以上 355 以上 22 以上 194 以下 
4 600 以上 430 以上 15 以上 280 以下 
5

750 以上

670 以上

10 以上

310 以下

6

850 以上

770 以上

8 以上

340 以下

4.7 

真直度 

管に局部的な変形がなく 1/400 以内の真直度とする。これによらない場合は,受渡当事者間の協定によ

る。

4.8 

耐食性 

外径面及び内径面は,輸送及び閉じられた場所での保管で腐食しないように保護しなければならない。

受渡当事者間の協定によって外径面に恒久的な表面処理を施すことができる。一時的な防せい処理は,機

関の燃料噴射及び燃焼系に有害なものであってはならないし,ディーゼル燃料(JIS K 2204 の軽油)で取

り除くことができなければならない。

試験 

5.1 

一般 

試験は,5.25.8 に従って実施する。これによらない場合は,受渡当事者間の協定による。

5.2 

試験適用範囲 

供試材は,各ロットから 5.4 の試験に 1 本,これとは別に 5.6 の試験に 3 本採取し,これらの供試材は,

全て 5.35.7.1 及び 5.8 の試験も行わなければならない。この場合のロットとは,同一寸法,同一鋼種,

同一熱処理及び同一表面処理を施した管をいう。また,1 ロットに管の素材である溶鋼が複数個用いられ

ている場合には,そのロットは,1 溶鋼ごとに試験を行う。

5.7.3

の試験では,ロットの大きさ,試料数及び合格基準は,受渡当事者間の協定による。


6

D 3607-1

:2014

5.3 

寸法検査 

管の寸法は,箇条 に示す寸法及び許容差に適合しなければならない。

5.4 

機械的性質 

管は,

表 の規定に適合しなければならない。試験方法は,JIS Z 2241 及び JIS Z 2244 による。

5.5 

曲げ試験 

管の外径と同じ直径の心金に沿って,常温  (20±15 ºC)で 180°曲げたときに,外径面の表層的なひび

以外の異常を生じてはならない。

5.6 

縦圧試験 

この試験は,外径 15 mm 以下の管に適用する。

管外径の 2 倍(2D)の長さの管が,直径(D)と等しい長さになるまで縦圧したときに,0.13 mm を超

える深さの割れを生じてはならない。

この試験は,適切な固定具に取り付けられた 2 枚の平行な平板間で実施する。

5.7 

表面品質 

5.7.1

管が 4.3.1 の要求事項に適合していることを保証するために,目視検査を行わなければならない。

5.7.2

受渡当事者間の協定によって,目視検査を非破壊試験,例えば電気的試験に代えることができる。

5.7.3

内径面の指定された欠陥深さの証明が必要な場合は,発注のときに AQL(合格水準)を取り決め

た特性検査を設定する。試験は,

表 に記載した最小倍率で管の横断面を顕微鏡で観察する。

5.7.4

めっき又は他の方法を用いた管の表面処理は,要求があれば表面処理に応じた試験に適合しなけれ

ばならない。試験方法は,受渡当事者間の協定による。

5.8 

内圧試験 

管は,受渡当事者間で合意した適切な内圧(

附属書 参照)によって,管に永久変形又は破裂を生じな

いで耐えなければならない。この特性は,水圧試験で確認する。受渡当事者間の協定によって,他の非破

壊試験,例えば電気的試験を実施してもよい。

5.9 

再試験 

5.4

による試験の結果,抜き取られた管が不合格の場合は,同一ロットから更に 2 本の管を抜き取り,再

試験を実施する。5.6 にも同じ試験手順を適用する。それぞれの管は,試験の要求事項に適合していなけれ

ばならない。いずれかの管が不合格の場合,当該ロットは全数不合格とみなされる。

供給者は不合格ロットを改良して,例えば,熱処理をやり直して採用を申請することができる。

この場合,5.4 及び 5.6 の試験結果が,要求事項に適合しないとき,当該ロットは,全数不合格とする。

5.10 

試験成績書 

試験成績書の要求があった場合[箇条 6 h)参照]

,供給された管がこの規定に適合していることを確認す

る成績書を出荷ごとに提出しなければならない。試験成績書用に次の試験に関する連続生産品の検査記録

を代用してもよい。

a)  5.3

による寸法検査

b)  5.4

による機械的性質

c)

5.5

による曲げ試験

d)  5.6

による縦圧試験

e)

5.7.1

による目視検査

f)

5.7.3

による顕微鏡観察

g)  5.8

による内圧試験


7

D 3607-1

:2014

その他の試験成績書は,受渡当事者間の協定による。

呼び方 

この規格の要求事項に適合する管の呼び方は,次の項目の順序に従う。

a)

始めに単語の“管”及びこの規格の規格番号

b)  2

番目に冷間仕上継目無単層鋼管を表す記号“S”

c)

3 番目及び 4 番目は,それぞれ管の内径及び外径をミリメートルで表す。

d)  5

番目の記号は,内径面の許容差[3.1 a)参照]によって定まる等級を表す。

e)

6 番目の記号は,表 に示された管の機械的性質を表す。

f)

7 番目の記号は,表 に示された管の内径面等級を表す。

g)  8

番目の記号は,管の外表面処理を表す(

表 参照)。

h)

表示の最後に文字“Z”を追記して,管製造業者によるこの規格に適合を確認する成績書の要求,及

び出荷のときの追加要求事項(JIS G 0404)が必要であることを表示することができる。

例  この規格の要求事項に適合する管の呼びを示す。

管 JIS D 3607-1  S

3.15  10  1  2  S  0  Z

冷間仕上継目無単層鋼管

内径

外径

等級

機械的性質

内径面等級

外表面処理

試験成績書要求

識別及び刻印 

管は,

箇条 に従った呼び方のラベルを付けて識別しなければならない。

受渡当事者間の協定によって,

刻印を追加してもよい。

なお,刻印の部分を製品として使用する場合には,管表面にへこみを付けない。この場合には,例えば,

印字などを用いる。

こん(梱)包 

管のこん包は,両端を密閉し確実に束ねて出荷・納入しなければならない。ただし,受渡当事者間の協

定がある場合はこの限りでない。


8

D 3607-1

:2014

附属書 A

(参考)

理論上の最大試験圧力

A.1 

最大試験圧力 

理論上の最大試験圧力(p

max

)kPa は,応力係数及び上降伏点(R

eH

)MPa によって von Mises の降伏理

論が元になって次の式で求められる(5.8 参照)

eH

4

2

3

max

3

1

1

10

R

K

K

p

×

+

=

ここに,

d

D

K

=

D

管の外径(

mm

d

管の内径(

mm

参考文献

[1]

JIS D 3607-2

  ディーゼル機関−高圧燃料噴射管の鋼管−第

2

部:複合鋼管の要求事項

注記

対応国際規格:ISO 8535-2

Compression-ignition engines

Steel tubes for high-pressure fuel

injection pipes

Part 2: Requirements for composite tubes

MOD

[2]

JIS D 3651

  ディーゼル機関−高圧燃料噴射管アセンブリ−一般要求事項及び寸法

注記

対応国際規格:ISO 13296

Diesel engines

High-pressure fuel injection pipe assemblies

General requirements and dimensions

MOD

[3]

JIS G 0404

  鋼材の一般受渡し条件

注記

対応国際規格:ISO 404

Steel and steel products

General technical delivery requirements

MOD

[4]

JIS H 0400

  電気めっき及び関連処理用語

注記

対応国際規格:ISO 2080

Metallic and other inorganic coatings

Surface treatment, metallic and

other inorganic coatings

Vocabulary

MOD

[5]

JIS H 8625

  電気亜鉛めっき及び電気カドミウムめっき上のクロメート皮膜

注記

対応国際規格:ISO 4520

Chromate conversion coatings on electroplated zinc and cadmium

coatings

MOD

[6]

JIS K 2204

  軽油

[7]

JIS Z 8601

  標準数

注記

対応国際規格:ISO 3

Preferred numbers

Series of preferred numbers

MOD

[8]

ISO 4093

Diesel engines

Fuel injection pumps

High-pressure pipes for testing

[9]

ISO 4948-1

Steels

Classification

Part 1: Classification of steels into unalloyed and alloy steels based on

chemical composition


9

D 3607-1

:2014

附属書 JA

(参考)

JIS

と対応国際規格との対比表

JIS D 3607-1:2014

  ディーゼル機関−高圧燃料噴射管の鋼管−第 1 部:冷間仕上

継目無単層鋼管の要求事項 

ISO 8535-1:2011

  Diesel engines−Steel tubes for high-pressure fuel injection pipes−

Part 1: Requirements for seamless cold-drawn single-wall tubes 

(I)JIS の規定

(II) 
国際

規格

番号

(III)国際規格の規定

(IV)JIS と国際規格との技術的差異の箇条ごと
の評価及びその内容

(V)JIS と国際規格との技術的差
異の理由及び今後の対策

箇条番号

及び題名

内容

箇条

番号

内容

箇条ごと

の評価

技術的差異の内容

3  寸法及び
許容差

3.1  内径及び外径  3.1

JIS

とほぼ同じ

追加

JIS

には,管内径 2.2,2.4 及び 3.5

を追加した。

我が国固有の管内径事情による。

今後の ISO 規格見直しの際,改正
を提案する。

4  管の加工
工程及びそ

の他の要求
事項

4.5  管の機械的性質   4.5 JIS とほぼ同じ

追加

JIS

には,強度区分 5∼6 を追加し

た。

我が国固有の強度事情による。今

後の ISO 規格見直しの際,改正を

提案する。

5  試験 5.7.2

  5.7.2

JIS

とほぼ同じ

追加

JIS

には,非破壊検査の例として電

気的試験を追加した。

非破壊検査の具体的な例を記載し

た。今後の ISO 規格見直しの際,

改正を提案する。

7  識別及び
刻印

7

JIS

とほぼ同じ

追加

JIS

には,

刻印の留意点を追加した。 刻印が製品に与える影響を考慮し

て留意点を記載した。今後の ISO

規格見直しの際,改正を提案する。

JIS

と国際規格との対応の程度の全体評価:ISO 8535-1:2011,MOD

注記 1  箇条ごとの評価欄の用語の意味は,次による。 

−  追加  国際規格にない規定項目又は規定内容を追加している。

注記 2  JIS と国際規格との対応の程度の全体評価欄の記号の意味は,次による。 

−  MOD  国際規格を修正している。

9

D

 360

7-1


201

4