>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

D 2603

:2005

(1)

まえがき

この規格は,工業標準化法第 14 条によって準用する第 12 条第 1 項の規定に基づき,社団法人日本自動

車部品工業会(JAPIA)/財団法人日本規格協会(JSA)から,工業標準原案を具して日本工業規格を改正すべ

きとの申出があり,日本工業標準調査会の審議を経て,経済産業大臣が改正した日本工業規格である。

これによって,JIS D 2603:1993 は改正され,この規格に置き換えられる。

この規格の一部が,技術的性質をもつ特許権,出願公開後の特許出願,実用新案権,又は出願公開後の

実用新案登録出願に抵触する可能性があることに注意を喚起する。経済産業大臣及び日本工業標準調査会

は,このような技術的性質をもつ特許権,出願公開後の特許出願,実用新案権,又は出願公開後の実用新

案登録出願にかかわる確認について,責任はもたない。


D 2603

:2005

(2)

目  次

ページ

1.

  適用範囲

1

2.

  引用規格

1

3.

  種類

2

4.

  最高使用圧力 

2

5.

  性能

2

5.1

  構成部品の性能

2

5.2

  組立品の性能 

2

5.3

  低温作動性 

3

5.4

  作動耐久性 

3

5.5

  保存腐食性 

5

5.6

  リザーバ容量 

5

5.7

  真空保持力 

5

6.

  構造

5

7.

  主要寸法

6

7.1

  シリンダボデー

6

7.2

  ピストン 

6

7.3

  ねじ

6

8.

  外観

6

9.

  主要部品の名称及び材料 

7

9.1

  部品名称 

7

9.2

  材料

7

10.

  表示

8

 


日本工業規格

JIS

 D

2603

:2005

自動車部品−非鉱油系液圧ブレーキマスタシリンダ

Automotive parts

−Hydraulic brake master cylinders for hydraulic brake

systems using a non-petroleum base hydraulic brake fluid

1. 

適用範囲  この規格は,非鉱油系ブレーキ液を使用する自動車用ブレーキのタンデムマスタシリンダ

及びシングルマスタシリンダ(以下,マスタシリンダという。

)について規定する。

2. 

引用規格  次に掲げる規格は,この規格に引用されることによって,この規格の規定の一部を構成す

る。これらの引用規格は,その最新版(追補を含む。

)を適用する。

JIS B 0209-1

  一般用メートルねじ−公差−第 1 部:原則及び基礎データ

JIS B 0401-1

  寸法公差及びはめあいの方式−第 1 部:公差,寸法差及びはめあいの基礎

JIS B 0633

  製品の幾何特性仕様(GPS)−表面性状:輪郭曲線方式−表面性状評価の方式及び手順

JIS B 2704

  圧縮及び引張コイルばね−設計・性能試験方法

JIS D 2605

  自動車部品−非鉱油系液圧ブレーキシリンダのゴムカップ

JIS D 2608

  自動車部品−非鉱油系液圧ブレーキホイールシリンダのゴムブーツ

JIS G 3101

  一般構造用圧延鋼材

JIS G 3141

  冷間圧延鋼板及び鋼帯

JIS G 3521

  硬鋼線

JIS G 3522

  ピアノ線

JIS G 4051

  機械構造用炭素鋼鋼材

JIS G 4303

  ステンレス鋼棒

JIS G 4313

  ばね用ステンレス鋼帯

JIS G 4401

  炭素工具鋼鋼材

JIS G 5501

  ねずみ鋳鉄品

JIS H 3100

  銅及び銅合金の板及び条

JIS H 3110

  りん青銅及び溶白の板及び条

JIS H 4040

  アルミニウム及びアルミニウム合金の棒及び線

JIS H 5202

  アルミニウム合金鋳物

JIS K 2228

  自動車ブレーキ用非鉱油系ラバー潤滑剤

JIS K 2233

  自動車用非鉱油系ブレーキ液

JIS K 6259

  加硫ゴムのオゾン劣化試験方法


2

D 2603

:2005

3. 

種類  マスタシリンダの種類は,表 による。

  1  種類

種類

区分

1

普通の温度の作動条件で使用できるもの。

2

高温の作動条件で使用できるもの。

3

特殊な高温の作動条件で使用できるもの。

4. 

最高使用圧力  マスタシリンダの最高使用圧力(ゲージ圧)は,10 MPa,20 MPa 及び 25 MPa の圧力

段階とする。

5. 

性能

5.1 

構成部品の性能  マスタシリンダの主な構成部品の性能は,次による。

a) 

シリンダボデー内及びリザーバに 100 kPa の空気圧を加えたとき,空気漏れがあってはならない。

b) 

プライマリピストン(

1

)

のプッシュロッド挿入穴に 100 kPa の空気圧を加えたとき,空気漏れがあって

はならない。

注(

1

) 

シングルマスタシリンダの場合には,ピストン又はプランジャをいう。

(以下,同じ。

c) 

プライマリカップ,セコンダリカップ及びプレッシャカップは,JIS D 2605 の 1 種,2 種又は 3 種の

性能に適合しなければならない。

d) 

リターンスプリングは,JIS B 2704 の規定に適合しなければならない。

5.2 

組立品の性能  組立品の性能は,次による。

なお,試験液は,JIS K 2233 に適合する液とする。

a) 

チェックバルブの作動圧  チェックバルブの作動圧は,次による。

1) 

リザーバから 100 kPa の空気を送ったときに,空気が液圧送出口から流出しなければならない。

2) 

規定値以下の圧力で液圧送出口から空気を送ったとき,空気のリザーバへの流出があってはならな

い。この規定値は,

表 に示すマスタシリンダの残留圧力から選ぶのがよい。

  2  マスタシリンダの残留圧力

単位  KPa

残留圧力

0 50±30 90±40

b)

リリーフポートを閉じるまでの行程  液圧送出口から空気圧 50∼150 kPa の範囲内の圧力空気を送り,

リリーフポートからリザーバ内に流出させておき,ピストン(

2

)

を静かに押し込む。プライマリカップ

がリリーフポートを閉じ,リザーバへの空気の流出が止まったときのプライマリピストン及びセコン

ダリピストンの行程は,それぞれ 3 mm 以下で,かつ,受渡当事者間の協定による値を満足しなけれ

ばならない。ただし,ポートレス形の場合には,インレットバルブが給液口を閉じるまでの行程とす

る。

注(

2

) 

タンデムマスタシリンダのプライマリピストン及びセコンダリピストン,又はシングルマスタ

シリンダのピストン若しくはプランジャをいう(以下,同じ。

c) 

送出し機能  シリンダボデー内及びリザーバに試験液を満たし,プライマリピストンを連続往復作動

させたときに,それぞれの液圧送出口から液が継続的に出なければならない。ただし,プライマリピ


3

D 2603

:2005

ストンの後退時には,液圧送出口を閉じておく。

d) 

液圧発生機能  シリンダボデー内及びリザーバに試験液を満たし,液圧送出口を密閉して,プライマ

リピストンを押し込んだときに,分離したそれぞれの圧力室に最高使用液圧が発生し,かつ,液漏れ

その他の異状があってはならない。また,いずれか一方の圧力室を開放にした場合でも,残る一方の

圧力室に最高使用圧力が発生しなければならない。

e) 

セコンダリカップの気密性  シリンダボデー内及びリザーバに試験液を満たし,プッシュロッドを数

回往復させたときに,プライマリピストン側のセコンダリカップから液漏れがあってはならない。

f) 

戻り速さ  シリンダボデー内及びリザーバに試験液を満たし,プッシュロッドを押してプライマリピ

ストンを有効行程にわたって前進させた後,それぞれの液圧送出口を密閉し,プッシュロッドを速や

かに戻したときに,プライマリピストンが完全に戻り位置まで戻る時間は,1.5 秒以下でなければなら

ない。

g) 

耐圧性  プライマリカップがリリーフポートを通過するまで,又はインレットバルブが給液口を閉じ

るまでピストンを前進させた後,分離したそれぞれの圧力室に通じる液圧送出口を,同時に又は交互

に密閉し,更に,プライマリピストンを前進させ,分離したそれぞれの圧力室に,同時に又は交互に

最高使用圧力の 130  %の圧力を発生させ,それぞれ 5 秒間保持したときに,各部に液漏れ,その他の

異状があってはならない。

h) 

ピストンの作動円滑性  マスタシリンダを,JIS K 2228 に適合する潤滑剤又は受渡当事者間の協定に

よる組付け液を用いて組み立てる。各液圧送出口を開放状態にし,プライマリピストンを数回作動さ

せた後,約 1 mm/s の速さで往復させたときに,ピストンは有効行程にわたって滑らかに作動しなけれ

ばならない。

なお,

ピストンが動き始めるときのプライマリピストンを動かす力は,受渡当事者間の協定による。

5.3 

低温作動性  マスタシリンダの低温作動性は,JIS D 2605 の 6.7(耐寒漏れ試験)に規定する試験を

行ったときに,セコンダリカップからの液漏れがあってはならない。

5.4 

作動耐久性  マスタシリンダの作動耐久性は,JIS D 2605 の 6.8(作動耐久性試験)に規定する試験

を行ったときに,JIS D 2605 の 4.2(性能)に規定する 1 種,2 種又は 3 種の規定に適合しなければならな

い。試験条件は

表 による。また,各部には,有害な変形,損耗,欠陥などがなく,5.2 に規定する各性能

に適合しなければならない。


4

D 2603

:2005

  3  マスタシリンダ耐久試験条件

種類

条件

1

2

3

試験液

JIS K 2233

に適合する液

温度 70±2  ℃(液温度)

又は

70

±5  ℃(雰囲気温度)

120

±2  ℃(液温度)

又は

120

±5  ℃

(雰囲気温度)

ただし,受渡当事者
間の協定によって

100

±2  ℃(液温度)

又は

100

±5  ℃

(雰囲気温度)

120

±2  ℃

(液温度)

又は

120

±5  ℃

(

雰囲気温度)

時間当たりの行程数 1

000

±100 回

ピストン行程

有効行程の約 90  %

時間 120±2 h

70

±2 h

最高液圧(

3

) 3.5

±0.3 MPa

7

±0.3 MPa

プライマリカップが低圧でリリーフ
ポートを通過するように,ピストンの
行程のうち,最初の 行程(

5

)

で液圧が

1.0 MPa

を超えない範囲で徐々に上昇

させ,残りの行程で最高液圧が 3.5±

0.3 MPa

になるようにする。ただし,

最終行程の 3.2 mm 以内でリリーフバ
ルブによって 3.5±0.3 MPa を保持し
てもよい(

図 の①で示す)。

プライマリカップが低圧でリリーフポートを通過
するように,ピストンの行程のうち,最初の 
程(

5

)

で液圧が 1.0 MPa を超えない範囲で徐々に上

昇させ,残りの行程で最高液圧が 7±0.3 MPa にな
るようにする。ただし,最終行程の 3.2 mm 以内で
リリーフバルブによって,7±0.3 MPa を保持して

もよい(

図 の②で示す)。

(1)

ポートレス形の場合は,最高液圧が

3.5

±0.3 MPa になるようにする。ただ

し,最終行程の 3.2 mm 以内でリリー
フバルブによって,3.5±0.3 MPa を保

持してもよい(

図 の①で示す)。

ポートレス形の場合は,最高液圧が 7±0.3 MPa に

なるようにする。ただし,最終行程の 3.2 mm 以内
でリリーフバルブによって,7±0.3 MPa を,保持
してもよい(

図 の②で示す)。

ピストンの行程と
液圧との関係(

)

(2)

マスタシリンダが装置される該当車両に使用するブレーキアッセンブリを実車に類似した

配管で結合し,かつ,シューとドラム,又はディスクパッドとディスクとのすき間を規定
値に調整し,必要に応じて適当な箇所に圧力リリーフバルブを設けた装置による。 
  なお,ブレーキ補機(バルブ類)を使用するものについては,該当部品を実車に類似し

た配管で結合する。

注(

3

)  1

種における最高液圧は,通常 3.5±0.3 MPa とする。ただし,受渡当事者間の協定によって 7

±0.3 MPa としてもよい。

(

4

)

ピストンの行程と液圧との関係は,(1)又は(2)から選択することができる

(

5

) 

=

+

χ

ここに,  L

プライマリカップがリリーフポートを通過するのに必要な行程 (mm)。た
だしタンデムマスタシリンダのプライマリピストンの行程(L

p

)は,セコ

ンダリピストンの行程(L

s

)の約 2 倍とする。

H

プライマリカップの高さ(mm)

χ

5.2b)

によるリリーフポートが閉じるまでの行程(mm)


5

D 2603

:2005

            a)

タンデムマスタシリンダ                                        b)  シングルマスタシリンダ

  1  マスタシリンダのピストンの行程と液圧との関係

5.5 

保存腐食性  マスタシリンダの保存腐食性は,JIS D 2605 の 6.9(保存腐食性試験)に規定する試験

を行い,試験後プッシュロッドを数回往復させたときに,ピストンは有効行程にわたって滑らかに作動し

なければならない。また,マスタシリンダは,JIS D 2605 の 4.2(性能)に規定する保存腐食性の規定に適

合しなければならない。

5.6 

リザーバ容量  マスタシリンダを実車状態(

6

)

に取り付け,シリンダボデー内及びリザーバに試験液

を満たし,リリーフポート又は,シリンダとリザーバとの連結穴の上面が出るまで試験液を取り去る。次

に,メスシリンダを使ってリザーバの指示レベル(最大又は最小)まで試験液を満たし,その液量を測定

する。リザーバ容量は,受渡当事者間の協定による値を満足しなければならない。

注(

6

)

フィルタ及び液面警告装置の装着を含む。

5.7 

真空保持力  マスタシリンダに真空供給源を接続し,接続する以外の大気連通部をすべて閉じ,マ

スタシリンダ内部の真空圧を−70 kPa 以下にする。次に,真空供給源の接続を閉じ,安定したシリンダ内

部の真空圧を測定する。その真空圧は,受渡当事者間の協定による値に適合しなければならない。

6. 

構造  マスタシリンダの構造は,ピストンの戻り位置(開放状態に戻った位置)では,シリンダボデ

ー内とリザーバとの間は,リリーフポート又は給液口によって連通し,液圧送出口から液圧又は空気圧を

加えたときに,試験液又は空気がリザーバに流出しなければならない。

マスタシリンダの構造の例を

付図 1に示す。


6

D 2603

:2005

7. 

主要寸法

7.1 

シリンダボデー  シリンダボデーの主要寸法は,次による。

a) 

シリンダボデー内径の基準寸法及び有効行程は,

表 による。

  4  内径及び有効行程

単位  mm

内径

有効行程

呼び

基準寸法

タンデムマスタシリンダ

シングルマスタシリンダ

5

/

8

 15.87

28

30

32

36

38

40

20

25

30

35

11

/

16

7 4

3

/

4

19.05       

40

13

/

16

0 6

7

/

8

2 2

15

/

16

3 8

1

25.40            

1

1

/

16

6 9

1

1

/

8

8 5

1

1

/

4

1 7

1

3

/

8

4 9

1

1

/

2

8 1

1

5

/

8

1 3

1

3

/

4

44.45       

50

備考1.  有効行程とは,ピストンが戻り位置から有効に作動できる最大範囲までの行程をいう。

2. 

シングルマスタシリンダの実車取付け状態での最大行程は,この有効行程の 90  %以内が望ま
しい。

b) 

シリンダボデー内径の寸法許容差は,

表 に示す基準寸法に対して,JIS B 0401-1 に規定する H9 とす

る。ただし,基準寸法 25.40 mm 以下の内径は,H9 の上の寸法許容差に 0.020 mm を加えたものとす

る。

c) 

シリンダボデーの内面の表面粗さの許容最大値は,JIS B 0633 の 5.3(最大値ルール)によって 2 µmRz

とする。

7.2 

ピストン  ピストンの滑り面の外径公差は,表 に示すシリンダボデー内径の基準寸法に対して,

JIS B 0401-1

に規定する IT8 とする。また,プランジャの滑り面の表面粗さの許容最大値は,JIS B 0633

の 5.3(最大値ルール)によって 2 µmRz とする。

7.3 

ねじ  液圧経路に使用するねじは,メートル並目ねじ又はメートル細目ねじとし,その精度は JIS B 

0209-1

の規定による 6H 又は 6 g とする。

8. 

外観  マスタシリンダの外観は,次による。

a) 

機能上必要と認められる金属部分には,適切な方法でさび止め処理が施されていなければならない。

b) 

シリンダボデー及びリザーバの内部には,ごみ,切りくず,砂などが付着していてはならない。


7

D 2603

:2005

c) 

シリンダボデーのプライマリカップ,プレッシャカップ及びセコンダリカップの滑り面の有効行程に

は,有害なきず,鋳巣,ピンホール,さびなどがあってはならない。

d) 

インレットバルブ,チェックバルブ及び弁座には,有害なきず,ばりなどがあってはならない。

e) 

ブーツの肉厚には,著しい偏肉があってはならない。

f) 

ピストンにスペーサが附属するものは,同心に正しく確実に保持されていなければならない。

9. 

主要部品の名称及び材料

9.1 

部品名称  マスタシリンダの主要部品の名称は,タンデムマスタシリンダについては付図 14,シ

ングルマスタシリンダについては

付図 5による。

9.2 

材料  マスタシリンダの主要部品の材料は,通常タンデムマスタシリンダについては付図 14,シ

ングルマスタシリンダについては

付図 5による。ただし,通常チェックバルブ用ゴム(バルブシートを

含む。

)及びインレットバルブ用ゴムは

表 5,ブーツは表 による。

  5  チェックバルブ及びインレットバルブのゴム材料

適用するマスタシリンダの種類

項目

1

2

種及び 3 種

試験方法

硬さ A60±5,A65±5,A70±5 又は A80±5

引張強さ 10

MPa

以上

常態

伸び 300

%以上

ただし,材料の硬さが A70±5 の場合には

200

%以上,A80±5 の場合には 130  %以

上とする。

JIS D 2605

の 7.1(常態試験)に規定

する方法による。

試験温度及び時間

(

7

)

70

±2  ℃

70

±2 h

120

±2  ℃

70

±2 h

硬さ変化

A

−5∼+5 A−5∼+5

引 張 強 さ 変 化 率
(低下率)

25

%以下 40

%以下

老化性

伸び変化率

(低下率)

25

%以下 40

%以下

JIS D 2605

の 7.2(老化性試験)に規

定する方法による。

試験温度及び

時間(

7

)

70

±2  ℃

22

±1 h

120

±2  ℃

22

±1 h

圧 縮 永 久 ひ

ずみ

圧縮永久ひずみ 30

%以下

JIS D 2605

の 7.3(圧縮永久ひずみ試

験)に規定する方法による。

試験温度及び時間

(

7

)

70

±2  ℃

120

±2 h

120

±2  ℃

70

±2 h

試験液(

7

)

JIS K 2233

に適合する液又は受渡当事者

間の協定によって定めた液とする。

硬さ変化

A

−10∼0 A−15∼0

引張強さ変化率 
(低下率)

25

%以下 40

%以下

伸び変化率(低下
率)

25

%以下 40

%以下

体積変化率

0

∼15  %

0

∼20  %

耐液性

沈殿物

試験液中に有害な沈殿物を生じてはなら
ない。

JIS D 2605

の 7.4(耐液性試験)に規

定する方法による。

注(

7

) 

この項目は,試験条件を示す。


8

D 2603

:2005

  6  ブーツのゴム材料

適用するマスタシリンダの種類

項目

1

2

種及び 3 種

試験方法

硬さ A50±5 又は A60±5

引張強さ 10

MPa

以上

常態

伸び 300

%以上

JIS D 2605

の 7.1

(常態試験)に規定する方

法による。

試験温度及び

時間(

7

)

70

±2  ℃

70

±2 h

120

±2  ℃

70

±2 h

硬さ変化 A0∼5 A0∼10

引張強さ変化率 
(低下率)

25

%以下 40

%以下

老化性

伸び変化率(低下率) 25

%以下 40

%以下

JIS D 2605

の 7.2

(老化性試験)に規定する
方法による。

試験温度及び 
時間(

7

)

70

±2  ℃

22

±1 h

120

±2  ℃

22

±1 h

圧縮永久ひずみ

圧縮永久ひずみ 30

%以下 40

%以下

JIS D 2605

の 7.3

(圧縮永久ひずみ試験)に

規定する方法による。

試験温度及び時間(

7

)

−43∼−40  ℃,22±1 h

耐寒性

低温曲げ

き裂の発生があってはならない。

JIS D 2608

の 6.5

(低温作動性試験)に規定
する方法による。

オゾン濃度(

7

) 500

±50 ppb

試験温度(

7

) 40

±2  ℃

伸び(静的)(

7

) 48

h

又は受渡当事者間の協定によって 72 h。

耐オゾン性

外観 10 倍の拡大鏡で確認できるが,肉眼で確認

できるき裂があってはならない。

(JIS K 6259

附属書 に規定する A-1 相当)

JIS K 6259

の 5.

(

静的オゾン劣化試験)に規

定する方法による。

注(

7

) 

この項目は,試験条件を示す。

10. 

表示  マスタシリンダには,見やすい箇所に容易に消えない方法で,次の事項を表示する。

a) 

シリンダボデー内径の呼び又は基準寸法を示す数値

b) 

製造業者又はその略号


9

D 2603

:2005

付図  1  タンデムマスタシリンダ(コンベンショナル−コンベンショナル形)

備考  図に示す構造は,一例を示す。

番号

主要部品の名称

材料

1

シリンダボデー

JIS G 5501

に規定する FC200 又は JIS H 5202 に規定する

AC2A

,AC2B 若しくは AC4C。

2

プライマリピストン

3

セコンダリピストン

JIS H 5202

に規定する AC2A 若しくは AC2B,JIS G 4051 に規

定するもの,JIS H 4040 に規定するもの,又は合成樹脂。

4

,5

スペーサ

JIS G 4401

に規定する SK5,JIS H 3110 に規定する G5111 若し

くは C5102 又は JIS H 3100 に規定するもの。

6

,7

プライマリカップ

8

プレッシャカップ

9

セコンダリカップ

JIS D 2605

に規定する 1 種,2 種又は 3 種。

10

プライマリリターンスプリング

11

セコンダリリターンスプリング

JIS G 3521

又は JIS G 3522 に規定するもの。

12

スナップリング

JIS G 3521

若しくは JIS G 3522 に規定するもの,又は JIS G 

4401

に規定する SK5。

13

リザーバ

金属又は合成樹脂。

14

ストッパボルト

JIS G 3101

に規定する SS400 又は JIS G 4051 に規定するもの。


10

D 2603

:2005

付図  2  タンデムマスタシリンダ(コンベンショナル−コンベンショナル形)

備考  図に示す構造は,一例を示す。

番号

主要部品の名称

材料

1

シリンダボデー

JIS G 5501

に規定する FC200 又は JIS H 5202 に規定する AC2A,

AC2B

若しくは AC4C。 

2

プライマリピストン

3

セコンダリピストン

JIS H 5202

に規定する AC2A 若しくは AC2B,JIS G 4051 に規定

するもの,JIS H 4040 に規定するもの,又は合成樹脂。 

4

,5

スペーサ

JIS G 4401

に規定する SK5,JIS H 3110 に規定する G5111 若し

くは C5102 又は JIS H 3100 に規定するもの。 

6

,7

プライマリカップ

8

プレッシャカップ

9

,10

セコンダリカップ

JIS D 2605

に規定する 1 種,2 種又は 3 種。 

11

プライマリリターンスプリング

12

セコンダリリターンスプリング

JIS G 3521

又は JIS G 3522 に規定するもの。 

13

ピストンストッパ

JIS G 3101

に規定する SS330 又は JIS G 3141 に規定するもの。

14

スナップリング

JIS G 3521

若しくは JIS G 3522 に規定するもの,

又は JIS G 4401

に規定する SK5 

15

ブーツ

表 に規定するもの。 

16

プッシュロッド

JIS G 3101

に規定する SS400 又は JIS G 4051 に規定するもの。

17

,18

チェックバルブ

JIS G 3141

JIS G 4051 又は JIS H 3100 に規定するもの,及び

5

に規定するもの。 

19

,20

バルブシート

表 に規定するもの。 

21

,22

リザーバ

金属又は合成樹脂。

23

ストッパボルト

JIS G 3101

に規定する SS400 又は

JIS G 4051

に規定するもの。


11

D 2603

:2005

付図  3  タンデムマスタシリンダ(ポートレス−ポートレス形)

備考  図に示す構造は,一例を示す。

番号

主要部品の名称

材料

1

シリンダボデー

JIS G 5501

に規定する FC200 又は JIS H 5202 に規定する AC2A,

AC2B

若しくは AC4C。

2

プライマリピストン

3

セコンダリピストン

JIS H 5202

に規定する AC2A 若しくは AC2B,JIS G 4051 に規定する

もの,JIS H 4040 に規定するもの,又は合成樹脂。

4

,5

スペーサ

JIS G 4401

に規定する SK5,JIS H 3110 に規定する C5111 若しくは

C5102

又は JIS H 3100 に規定するもの。

6

,7

プライマリカップ

8

プレッシャカップ

9

セコンダリカップ

JIS D 2605

に規定する 1 種,2 種又は 3 種。

10

プライマリリターンスプリング

11

セコンダリリターンスプリング

JIS G 3521

又は JIS G 3522 に規定するもの。

12

,13

バルブステム

JIS G 3101

に規定する SS400,JIS G 4303 に規定するもの,又は合成

樹脂。

14

,15

インレットバルブ

表 に規定するもの。又は JIS D 2605 に規定する 1 種,2 種若しくは
3

種。

16

,17

バルブスプリング

JIS G 3521

JIS G 3522 又は JIS G 4313 に規定するもの。

18

スナップリング

JIS G 3521

若しくは JIS G 3522 に規定するもの,又は JIS G 4401 

規定する SK5。

19

リザーバ

金属又は合成樹脂。

20

ストッパボルト

JIS G 3101

に規定する SS400 又は JIS G 4051 に規定するもの。


12

D 2603

:2005

付図  4  タンデムマスタシリンダ(コンベンショナル−ポートレス形)

備考  図に示す構造は,一例を示す。

番号

主要部品の名称

材料

1

シリンダボデー

JIS G 5501

に規定する FC200 又は JIS H 5202 に規定する AC2A,

AC2B

若しくは AC4C。

2

プライマリピストン

3

セコンダリピストン

JIS H 5202

に規定する AC2A 若しくは AC2B,JIS G 4051 に規定する

もの,JIS H 4040 に規定するもの,又は合成樹脂。

4

スペーサ

JIS G 4401

に規定する SK5,JIS H 3110 に規定する C5111 若しくは

C5102

又は JIS H 3100 に規定するもの。

5

,6

プライマリカップ

7

プレッシャカップ

8

セコンダリカップ

JIS D 2605

に規定する 1 種,2 種又は 3 種。

9

プライマリリターンスプリング

10

セコンダリリターンスプリング

JIS G 3521

又は JIS G 3522 に規定するもの。

11

バルブステム

JIS G 3101

に規定する SS400,JIS G 4303 に規定するもの,又は合成

樹脂。

12

インレットバルブ

表 に規定するもの。又は JIS D 2605 に規定する 1 種,2 種若しくは
3

種。

13

バルブスプリング

JIS G 3521

JIS G 3522 又は JIS G 4313 に規定するもの。

14

スナップリング

JIS G 3521

若しくは JIS G 3522 に規定するもの,又は JIS G 4401 

規定する SK5。

15

リザーバ

金属又は合成樹脂。

16

ストッパボルト

JIS G 3101

に規定する SS400 又は JIS G 4051 に規定するもの。


13

D 2603

:2005

付図  5  シングルマスタシリンダ(コンベンショナル形)

備考  図に示す構造は,一例を示す。

番号

主要部品の名称

材料

1

シリンダボデー

JIS G 5501

に規定する FC200 又は JIS H 5202 に規定する AC2A,

AC2B

若しくは AC4C。

2

ピストン

JIS H 5202

に規定する AC2A 若しくは AC2B,JIS G 4051 に規定

するもの,JIS H 4040 に規定するもの,又は合成樹脂。

3

スペーサ

JIS G 4401

に規定する SK5,JIS H 3110 に規定する G5111 若し

くは C5102 又は JIS H 3100 に規定するもの。

4

プライマリカップ

5

セコンダリカップ

JIS D 2605

に規定する 1 種,2 種又は 3 種。

6

リターンスプリング

JIS G 3521

又は JIS G 3522 に規定するもの。

7

ピストンストッパ

JIS G 3101

に規定する SS330 又は JIS G 3141 に規定するもの。

8

スナップリング

JIS G 3521

若しくは JIS G 3522 に規定するもの,

又は JIS G 4401

に規定する SK5

9

ブーツ

表 に規定するもの。

10

プッシュロッド

JIS G 3101

に規定する SS400 又は JIS G 4401 に規定するもの。

11

チェックバルブ

JIS G 3141

又は JIS H 3100 に規定するもの,及び

表 に規定す

るもの。

12

バルブシート

表 に規定するもの。

13

リザーバ

金属又は合成樹脂。


14

D 2603

:2005

付図  6  シングルマスタシリンダ(ポートレス形)

備考 

図に示す構造は,一例を示す。

番号

主要部品の名称

材料

1

シリンダボデー

JIS G 5501

に規定する FC200 又は JIS H 5202 に規定する AC2A,

AC2B

若しくは AC4C。

2

ピストン

JIS H 5202

に規定する AC2A 若しくは AC2B,JIS G 4051 に規定

するもの,又は合成樹脂。

3

プライマリカップ

JIS D 2605

に規定する 1 種,2 種又は 3 種。

4

バルブステム

JIS D 3101

に規定するもの。

5

インレットバルブ

表 に規定するもの。

6

バルブガイド

JIS G 3141

に規定するもの。

7

バルブスプリング

JIS G 3521

若しくは JIS G 3522 に規定するもの,

又は JIS G 4401

に規定する SK5。

8

リターンスプリング

JIS G 3521

又は JIS G 3522 に規定するもの。

9

スプリングシート

JIS G 3141

に規定するもの。

10

ピストンストッパ

JIS G 3141

に規定するもの。

11

スナップリング

JIS G 3521

若しくは JIS G 3522 に規定するもの,

又は JIS G 4401

に規定する SK5。

12

プッシュロッド

JIS G 3101

に規定する SS400 又は JIS G 4401 に規定するもの。

13

ブーツ

表 に規定するもの。

14

リザーバ

金属又は合成樹脂。


15

D 2603

:2005

付図  7  シングルマスタシリンダ(プランジャ形)

備考  図に示す構造は,一例を示す。

番号

主要部品の名称

材料

1

シリンダボデー

JIS G 5501

に規定する FC200 又は JIS H 5202 に規定する AC2A,

AC2B

若しくは AC4C。

2

プランジャ

JIS H 5202

に規定する AC2A 若しくは AC2B,JIS G 4051 に規定す

るもの,又は合成樹脂。

3

スペーサ

JIS G 4401

に規定する SK5,JIS H 3110 に規定する C5111 若しく

は C5102 又は JIS H 3100 に規定するもの。

4

プライマリカップ

5

セコンダリカップ

JIS D 2605

に規定する 1 種,2 種又は 3 種。

6

リターンスプリング

JIS G 3521

又は JIS G 3522 に規定するもの。

7

ピストンストッパ

JIS G 3101

に規定する SS330 又は JIS G 3141 に規定するもの。

8

スナップリング

JIS G 3521

若しくは JIS G 3522 に規定するもの,又は JIS G 4401

に規定する SK5。

9

ブーツ

表 に規定するもの。

10

プッシュロッド

JIS G 3101

に規定する SS400 又は JIS G 4401 に規定するもの。

11

チェックバルブ

JIS G 3141

又は JIS H 3100 に規定するもの,及び

表 に規定する

もの。

12

バルブシート

表 に規定するもの。

13

リザーバ

金属又は合成樹脂

14

シリンダキャップ

JIS G 3101

に規定する SS400 又は JIS G 5501 に規定する FC200。

15

キャップガスケット

JIS G 3101

に規定するもの。

関連規格  JIS D 2609  自動車−非鉱油系液圧ディスクブレーキのゴムシール


16

D 2603

:2005