>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

日本工業規格

JIS

 D

1028

-1983

自動車排気ガス中の一酸化炭素

測定方法(アイドリング時)

Measuring Method of Carbon Monoxide in

  Automobile Exhaust Gas (Idling)

1.

適用範囲  この規格は,火花点火機関を備えた自動車(以下,車両という。)の,アイドリング時にお

ける排気ガス中に含まれる一酸化炭素濃度を測定する方法について規定する。

引用規格: 

JIS D 8006

  自動車整備用一酸化炭素測定器

JIS Z 8703

  試験場所の標準状態

対応国際規格: 

ISO 3929-1976 Road vehicles

−Determination of exhaust carbon monoxide concentration at idle speed)

2.

測定条件

2.1

大気条件  車両及び測定機器類の周囲条件は,JIS Z 8703(試験場所の標準状態)に規定する常温常

湿とし,測定中の測定器の周囲温度は,JIS D 8006(自動車整備用一酸化炭素測定器)に規定する校正時

温度の±5℃に保たなければならない。また,測定器は,直射日光や直接風雨にさらされてはならない。

2.2

機関及び車両の条件  機関及び車両の条件は,次のとおりとする。

(1)

車両は,ほぼ水平の状態に置く。

(2)

機関の単独運転に必要なもの以外の補機類は,すべて OFF の状態にしなければならない。

(3)

手動変速機付車両の場合は,ギヤ位置を中立,クラッチは ON とし,自動変速機付車両の場合は,変

速位置を N,又は P とする。

備考  N:中立位置(neutral の略)

P

:駐車位置(parking の略)

(4)

エンジンフードは閉じ,外部冷却ファンは用いない。

2.3

機関及び車両の準備  機関及び車両の準備は,次のとおりとする。

(1)

機関は,チョークなど冷間時の補助装置が作動を必要としなくなるように,あらかじめ暖機する。暖

機完了(

1

)

は,正常熱的状態に達したことを水温計などで確認する。

(

1

)

当該車両の取扱説明書などに,暖機についての記載があるものは,それに従うこと。

(2)

アイドリングは安定状態であり,アイドリング回転数及び点火時期は,製造業者がその車両に指定し

た値とする。

3.

測定器  測定器は,次のとおりとする。


2

D 1028-1983

(1)

測定器は,自動車のアイドリング運転状態における排気ガス中の一酸化炭素濃度を連続的に測定でき

る機器であって,JIS D 8006 に規定する機能をもち,正しく整備されたものでなければならない。

(2)

測定器の操作方法は,その測定器に備えられた取扱説明書による。

4.

測定方法  測定方法は,次のとおりとする。

(1)

排気系及び測定系に漏れがないことを確認する。

(2)

暖機終了後,速やかに無負荷中程度の回転数で,少なくとも 15 秒間運転を行い,アイドリング状態に

戻す。

(3)

機関がアイドリング状態に戻った後,速やかに排気出口に採取管を 60cm 以上挿入し(

2

)(

3

)

,試料を採

取する。約 20 秒後に 3.に規定した測定器で一酸化炭素濃度を測定する。ただし,複数の排気出口のあ

るときは,これらを単一の出口で終わる集合管に接続して採取する。適当な集合管がない場合は,複

数の排気出口の各々で採取してもよい。複数の排気出口の各々で採取する場合は,排気出口ごとに測

定し,それらの測定値を相加平均する。

(

2

)  4

サイクルエンジンで大気による希釈の影響を受けない場合には,30cm 以上挿入してあればよ

い。

(

3

)

挿入深さが規定どおり得られない場合は,延長管を用いる。

原案作成委員会名簿

氏名

所属

(委員長)

原  田  正  徳

日産自動車株式会社

佐々木  哲  保

愛知機械工業株式会社

有  田  哲  二

通商産業省機械情報産業局

黒  川  亀千代

工業技術院標準部

篠  山  鋭  一

工業技術院機械技術研究所

鈴  木  康  夫

運輸省自動車局

阿  部  次  雄

交通安全公害研究所交通公害部

坂  本      行

交通安全公害研究所自動車審査部

松  村  義  彦

いすゞ自動車株式会社

杢  屋  博  一

鈴木自動車工業株式会社

露  木  信  雄

ダイハツ工業株式会社

遠  山  昭  雄

東洋工業株式会社

野  口  博  史

トヨタ自動車工業株式会社

原  田  健  二

日産ディーゼル工業株式会社

荻  野  多  平

富士重工業株式会社

長谷川  俊  平

株式会社本田技術研究所

久保田  忠  郎

三菱自動車工業株式会社

網  本  宏  之

株式会社堀場製作所

田  中  好  久

株式会社ヤナコ計測

津  田  一  造

社団法人日本自動車機械器具工業会

細  井  賢  三

財団法人日本自動車研究所

河  合  隆  昌

社団法人日本分析機器工業会

(事務局)

香  取  恭  三

社団法人自動車技術会