>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

日本工業規格

JIS

 D

1020

-1993

自動車−砂地試験方法

Automobiles

−Sand ground test method

1.

適用範囲  この規格は,自動車の砂地試験方法について規定する。

備考  この規格の引用規格を,次に示す。

JIS D 1010

  自動車走行試験方法通則

JIS D 1017

  自動車−急坂路試験方法

JIS D 1022

  自動車運行試験方法

2.

試験方法

2.1

試験自動車の状態及び試験器材は,JIS D 1010 による。

2.2

試験場所は,砂利の混在しない平たんな砂地及び約 5 度こう配の傾斜地を選ぶ。

2.3

試験自動車には,燃料消費量測定装置を取り付ける。

2.4

砂地試験は,次の項目について実施する。

(1)

速度試験 

(2)

最小回転半径試験 

(3)

登坂試験 

(4)

運行試験 

2.5

速度試験では,平たんな砂地 150m を選定し,両端 25m を助走距離とし,中間 100m を測定区間と

する。

同区間を最高速度で走行し,所要時間,変速歯車及び運転可能な車輪の跡の最大深さを測定する。

2.6

速度試験で用いる変速歯車は,あらかじめ適当なもの数種類を選定しておき,そして一試験走行の

途中では,変速してはならない。

2.7

最小回転半径試験では,平たんな砂地において旋回することのできる最小回転半径を測定する。

2.8

登坂試験は,5 度程度のこう配の傾斜砂地において登坂能力を試験することとし,JIS D 1017 に準じ

て行う。

2.9

運行試験は,比較的長距離 (4∼8km)  の砂地を運行し,燃料消費量,各部の温度などを測定するこ

ととし,JIS D 1022 に準じて行う。

2.10

砂地試験では,一般に前の自動車の車輪の跡を避けて運行する。

2.11

試験の記録及び成績は,

付表 によって記入する。


2

D 1020-1993

付表 1  砂地試験記録及び成績