>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

日本工業規格

JIS

 D

1017

-1993

自動車−急坂路試験方法

Automobiles

−Steep hill climbing test method

1.

適用範囲  この規格は,自動車の急坂路試験方法について規定する。

備考  この規格の引用規格を,次に示す。

JIS D 1010

  自動車走行試験方法通則

2.

試験方法

2.1

試験自動車の状態及び試験器材は,JIS D 1010 による。

2.2

試験路は,防滑構造の人工坂路を理想とするが,やむを得なければ,堅い土質又は芝草などの自然

坂路とし,一様なこう配の長さ 20m 以上の測定区間を含むものとする。

なお,測定区間の前に発進に適した 5m の助走路をおく。

2.3

測定区間を通過するのに要する時間を測定する。ただし,途中において,登坂不能となった場合は,

その地点までの距離及び所要時間を測定する。

2.4

使用変速歯車は,発進時から最下速を用いるのを普通とし,かつ変速しないこととする。

2.5

完全に登坂できた場合は,更に急なこう配の坂路において試験し,最大登坂能力を判定する。ただ

し,適当な坂路のないときは,同一坂路において上速歯車を用いて登坂可能歯車を決定し,又は積載質量

を増し,能力限度を判定する。

2.6

登坂不能な場合は,積載質量を減じるか,又は緩いこう配の坂路で試験する。

2.7

駆動輪が滑って登坂不能となった場合は,タイヤチェーンを装着するか,又は路面に滑止め手段を

施して試験を行う。

2.8

以上の測定結果を基に,次の式を用いて登坂所要出力を求める。

t

gWL

P

000

1

sin

α

=

ここに,

P

登坂所要出力

 (kW)

W

試験時自動車総質量

 (kg)

L

登坂距離

 (m)

t

登坂所要時間

 (s)

α

傾斜角度(度)

g

重力の加速度

 (m/s

2

)

2.9

試験の記録及び成績は,

付表 によって記入する。


2

D 1017-1993

付表 1  急坂路試験記録及び成績