>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

附属書 12(参考)ローディングモデュールの詳細説明

この附属書は,本体に関連する事柄を補足するもので,規定の一部ではない。

1.

ローディングモジュール管理部  ローディングモジュール管理部は,附属書 12 表 による。

附属書 12   1  ローディングモジュール管理部

項番  オフセット  データ長

データ形式

項目名

備考

識別

1 0

2

N

システム収容数(n) a) a

2 2

2

 (RESERVED)

3 4

B1

システム識別情報の並び(#1∼#n)

a

4 O1

B2

システム管理情報の並び(#1∼#n)

a

a) 

システム収容数  システム収容数は,収容するシステムの数を格納する。

1.1 

システム識別情報  システム識別情報は,附属書 12 表 による。

附属書 12   2  システム識別情報

項番  オフセット  データ長

データ形式

項目名

備考

識別

1 0

12  MID

製造者識別子

a

2 12

2

N

モジュール収容数(mn) a) a

3 14

2

 (RESERVED)

a)

モジュール収容数  モジュール収容数は,各製造者識別子について収容する,モジュールの数を格納

する。

1.2 

システム管理情報  システム管理情報は,附属書 12 表 による。

附属書 12   3  システム管理情報

項番  オフセット  データ長

データ形式

項目名

備考

識別

1 0

B1

モジュール識別情報の並び(#1∼#mn)

a

2 O1

B2

モジュール管理情報の並び(#1∼#mn)

a

1.3

モジュール識別情報  モジュール識別情報は,モジュールを識別するために,必要な情報を格納す

る。モジュール識別情報は,

附属書 12 表 による。

附属書 12   4  モジュール識別情報

項番  オフセット  データ長

データ形式

項目名

備考

識別

1 0

1  N:N::N

モジュール種別

a

2 1

3

 (RESERVED)

3 4

52

C

モジュール名称

a

) a

4 56

8

C

モジュールバージョン番号

b

) b

a)

モジュール名称  モジュール名称は,モジュールの名称を格納する。

b) 

モジュールバージョン番号  モジュールバージョン番号は,モジュールのバージョン番号を格納する。

1.4 

モジュール種別  モジュール種別は,附属書 12 表 による。


附属書 12   5  モジュール種別

項番 bit

内容

備考

識別

1 7

診断サービスモジュールフラグ bit7

a

) a

0

診断サービスモジュールでない

1

診断サービスモジュールである

2 6

テストモジュールフラグ bit6

b

) a

0

テストモジュールでない

1

テストモジュールである

3 5-2

(RESERVED)

4 1-0

モジュール種別フラグ bit1

bit0

c

) a

0

0

イニシャルプログラム

0

1

プログラム

1

0

ライブラリ

1

1

データ

a)

診断サービスモジュールフラグ  診断サービスモジュールとは,工場出荷後の故障診断などに使用す

るモジュールの総称であり,ユーザに対する動作保証は行わない。

b) 

テストモジュールフラグ  テストモジュールとは,開発,製造,検査などに使用するモジュールの総

称であり,ユーザに対する動作保証を行わない。

c) 

モジュール種別フラグ  モジュール種別フラグを構成するイニシャルプログラムとは,システムが次

の動作を行う対象となるプログラムである。

1) 

既にシステムが保持しているものよりも大きなバージョン番号をもつイニシャルプログラムならば,

システムのホットスタートポイントにロードする。

2)

ホットスタートする。

3) 

再びモジュール識別情報を検索し,システムが対象としているすべてのイニシャルプログラムに対

して 1)2)を繰り返す。

プログラムとは,イニシャルプログラム以外のプログラムである。

1.5

モジュール管理情報  モジュール管理情報は,モジュールを管理するために必要な情報を格納する。

モジュール管理情報は,

附属書 12 表 による。

附属書 12   6  モジュール管理情報

項番  オフセット  データ長

データ形式

項目名

備考

識別

1 0

2

N

モジュール発効日

a

) b

2 2

2

N

モジュール失効日

b

) b

3 4

64

CC

モジュールタイトル

c

) b

4 68  182

製造業者依存情報

d

) b

5 250

4

DSA

モジュール本体のアドレス

e

) a

6 254

2

BS

モジュール本体のサイズ

f

) a

a)

モジュール発効日  モジュール発効日は,モジュールの機能が有効となる日を格納する。協定世界時

(UTC)

によって,1997 年 1 月 1 日を第 0 日として経過した日数で表現する。日を指定しない場合は,

“00(16)”を格納する。

b) 

モジュール失効日  モジュール失効日は,モジュールの機能が無効となる日を格納する。協定世界時

(UTC)

によって,1997 年 1 月 1 日を第 0 日として経過した日数で表現する。日を指定しない場合は,

“00(16)”を格納する。

c) 

モジュールタイトル  モジュールタイトルは,モジュールの概要をユーザに示す場合に使用する。

d) 

製造業者依存情報  製造業者依存情報は,モジュールの製造業者が独自の情報を格納する場合に使用

する。


e) 

モジュール本体のアドレス  モジュール本体のアドレスは,各モジュールのモジュール本体の格納位

置を格納する。

モジュール本体が存在する場合にだけ有効となる。

f) 

モジュール本体のサイズ  モジュール本体のサイズは,各モジュールのモジュール本体のサイズを,

ブロックサイズで割った値(切り上げ)を格納する。

モジュール本体が存在する場合にだけ有効となる。

2. 

ローディングモジュール本体  ローディングモジュール本体は,附属書 12 表 による。

附属書 12   7  ローディングモジュール本体

項番  オフセット  データ長

データ形式

項目名

備考

識別

1 0

B1

ローディングモジュール本体の並び

a

2.1

ローディングモジュール本体  ローディングモジュール本体は,ローディングモジュール本体を格

納する。

ブロックサイズの倍数分の格納エリアを確保する。