>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

附属書 11(参考)メタデータ定義

この附属書は,本体に関連する事柄を補足するもので,規定の一部ではない。

1.

(全データ管理フレーム)管理ヘッダテーブルの並びの記述

a)

メタ変数記述  メタ変数記述は,以下を推奨する。

<主要地図>::=“main_map”

<経路計算>::=“route_planning”

<案内検索>::=“address_location”

<交通情報 1>::=“Traffic Info.1”

<交通情報 2>::=“Traffic Info.2”

<細街路図>::=“size_load_map”

<各種オプション>::=“various_options”

<音声データ>::=“voice”

<管理ヘッダテーブル識別子>::=<主要地図>|<経路計算>|<案内検索>|

<交通情報 1>|<交通情報 2>|<細街路図>|

<各種オプション>|<音声データ>

<管理ヘッダテーブルの並び>::=“DMHT” Data volume Management Header Table

b)

構文規則  構文規則は,以下を推奨する。

<管理ヘッダテーブルの並び>

::=<管理ヘッダテーブル識別子>[|,<管理ヘッダテーブルの並び>]

c)

指定例  指定例は,以下を推奨する。

DMHT

  : : =   main_map   ,   route_planning   ,   address_location   ,   Traffic Info.1   ,

size_load_map

  ;

2. 

(ブロック管理テーブル)基本パーセル管理情報への参照レコードの並びの記述

a)

メタ変数記述  メタ変数記述は,以下を推奨する。

<主要地図>::=“MainMap”

<経路誘導>::=“RouteGuigance”

<メッシュ管理基本リスト識別子>::=<主要地図>|<経路誘導>

<基本パーセル管理情報への参照レコードの並び>::=“RBPM”・・・a Row of Basic Parcel

Management table

b)

構文規則  構文規則は,以下を推奨する。

<基本メッシュ管理情報への参照レコードの並び>

::=<メッシュ管理基本リスト識別子>[|,<基本メッシュ管理情報への参照レコードの並び

>]

c)

指定例  指定例は,以下を推奨する。

RBPM

  ::=  MainMap  ,  RouteGuigance  ;


3. 

主要地図基本データフレームの並びの記述

a)

メタ変数記述  メタ変数記述は,以下を推奨する。

<道路データフレーム>::=“RoadDataFrame”

<道路データフレーム>::=“BackgroundDataFrame”

<名称データフレーム>::=“NameDataFrame”

<付加データフレーム A>::=“AttachedDataFrameA”

<付加データフレーム B>::=“AttachedDataFrameB”

<インフラリンクデータフレーム>::=“InfraDataFrame”

<主要地図基本データフレーム識別子>::=<道路データフレーム>|

<道路データフレーム>|<名称データフレーム>|

<付加データフレーム A>|

<付加データフレーム B>

<主要地図基本データフレームの並び>::=“MBDF”  Main map Basic Data Frame

b)

構文規則  構文規則は,以下を推奨する。

<主要地図基本データフレームの並び>

::=<要地図基本データフレーム識別子>[|,<主要地図基本データフレームの並び>]

c)

指定例  指定例は,以下を推奨する。

MBDF

  ::=  RoadDataFrame  ,  BackgroundDataFrame  ,  NameDataFrame;

4. 

表示クラスの記述

a)

メタ変数記述  メタ変数記述は,以下を推奨する。

<表示クラス識別子>::=未定

<表示クラス>::=1.

.16

<表示クラスの定義>::=未定

b)

構文規則  構文規則は,以下を推奨する。

<表示クラスの定義>::=<表示クラス>□<表示クラス識別子>[|,<表示クラスの定義

>]  ;

5. 

道路種別コードの記述

a)

メタ変数記述  メタ変数記述は,以下を推奨する。

<高速道路>::=“superhighway”

<都市高速>::=“motorway”

<国道>::=“national_road”|“highway”

<都道府県道>::=“state_road”|“province_road”|“county_road”|“prefectural_road”

<主要地方道>::=“thoroughfare_road”

<基本道>::=“street”

<一般道路 1>::=“road1”

<一般道路 2>::=“road2”

<細道路 1>::=“side_road1”

<細道路 2>::=“side_road2”


<細道路 3>::=“side_road3”

<フェリー航路>::=“ferry”

<計画道路>::=“plan_road”

<カートレイン>::=“car_train”

<道路種別>::=<高速道路>|<都市高速>|<国道>|<都道府県道>|<主要地方道>|

<基本道>|<一般道 1>|<一般道 2>|<細道路 1>|<細道路 2>|

<細道路 3>|<フェリー航路>|<計画道路>|<カートレイン>

<道路種別コードの定義>::=“ROOT”

<コード>::=数字[|数字.

b)

構文規則  構文規則は,以下を推奨する。

<道路種別コードの定義>::=<コード>□<道路種別>[|,<道路種別コードの定義>]  ;

c)

指定例  指定例は,以下を推奨する。

ROOT

  ::=1  superhighway,1  motorway  ,2  national_road  ,3  county_road  ,

6. 

格納言語数及び種別の記述

a)

メタ変数記述  メタ変数記述は,以下を推奨する。

<言語種別>::=言語の一般名称を英語表現で指定する

例  <日本語>::=“Japanese”

<英語>::=“English”

<フランス語>::=“French”

<ドイツ語>::=“German”

<スペイン語>::=“Spanish”

<イタリア語>::=“Italian”

<ポルトガル語>::=“Portuguese”

<ギリシャ語>::=“Greek”

<オランダ語>::=“Dutch”

<ロシア語>::=“Russian”

<中国語>::=“Chinese”

<韓国語>::=“Hangul”

<格納言語数及び種別の定義>::=“LANG” LANGuage

b)

構文規則  構文規則は,以下を推奨する。

<格納言語数及び種別の定義>::=<言語種別>[|,<格納言語数及び種別の定義>]  ;

c)

指定例  指定例は,以下を推奨する。

LANG

  ::=  Japanese  ;

7. 

文字コードの記述

a)

メタ変数記述  メタ変数記述は,以下を推奨する。

<ISO>::=“ISO”

<SJIS>::=“SJIS”


<ANSI>::=“ANSI”

<EUC>::=“EUC”

<EBCDIC>::=“EBCDIC”

<EBCDIK>::=“EBCDIK”

<文字コードの定義>::=“CHCD” CHaracter  CoDe

b)

構文規則  構文規則は,以下を推奨する。

<文字コードの定義>::=<ISO>|<SJIS>|<ANSI>|<EUC>|

<EBCDIC>|<EBCDIK>

c)

指定例  指定例は,以下を推奨する。

CHCD

  =  SJIS

8. 

制限速度の記述

a)

メタ変数記述  メタ変数記述は,以下を推奨する。

<キロ>::=“km”

<マイル>::=“mile”

<制限速度単位>::=<キロ>|<マイル>

<制限速度値>::=0|1|2|3|.

.|13|14

<下限制限速度>::=<下限無制限指定>|数字の並び

<上限制限速度>::=<上限無制限指定>|数字の並び

<下限無制限指定>::=“*”

<上限無制限指定>::=“*”

<制限速度の定義>::=“SPDL”a SPeeD Limit

b)

構文規則  構文規則は,以下を推奨する。

<制限速度の定義>::=<制限速度単位>,<制限速度値指定の並び>;

<制限速度値指定の並び>::=<制限速度値>□<下限制限速度>□“―”□<上限制限速度>

[|,<制限速度値指定の並び>]

c)

指定例  指定例は,以下を推奨する。

SPDL

  ::=  km,0  *-9,1  10-19,2  20-29,3  30-39,4  40-49,5  50-59,6  60-69,7  70-79,

8

  80-89,9  90-99,10  100-*

9. 

メディア収容種別のオプションフレームの記述

a)

メタ変数記述  オプションフレームのメタ変数記述は,各々の国・地域によって異なる。

<国・地域識別子>::=国・地域名称の総称名称から“The”を省いて指定する。

例  <アメリカ>::=“America”

<日本>::=“Japan”

<ドイツ>::=“Germany”

<フランス>::=“France”

<国・地域オプションフレーム識別子>::=各々の国・地域で合意を得られたものを指定する。

  日本の場合

<交通情報 1>::=“TRAFFIC INFO.1”


<交通情報 2>::=“TRAFFIC INFO.2”

<細街路図>::=“size_load_map”

<日本オプションフレーム識別子>::=<交通情報 1>|<交通情報 2>|<細街路図>

<オプション bit 位置>::=0|1|2|3|4

<メディア収容種別のオプションフレームの定義>::=“MDIA” media

b)

構文規則  構文規則は,以下を推奨する。

<メディア収容種別のオプションフレームの定義>

::=<オプション bit 位置>□<国・地域オプションフレーム識別子>

[|,<メディア収容種別のオプションフレームの定義>]

c)

指定例  指定例は,以下を推奨する。

MDIA

  ::=  4  VICS  ,3  size_load_map

10. 

複数ディレクトリ構造記述

a)

メタ変数記述  メタ変数記述は,以下を推奨する。

<サブディレクトリ名>::=ISO 9660 のサブディレクトリ名称

<複数ディレクトリ構造定義>::=“SUBD” SUBDirectory

b)

構文規則  構文規則は,以下を推奨する。

<サブディレクトリ名称の並び>::=<サブディレクトリ名>[|,<サブディレクトリ名>]

<複数ディレクトリ構造定義>::=<サブディレクトリ名称の並び>

c)

指定例  指定例は,以下を推奨する。

SUBD

  ::=  Japn_map  ,  America  ;

10.1 

メタファイル設定例

/******************************************************************************************/

/*

  道路種別コードを次のように定義する                                              */

/*

    高速道路=0  ,  都市高速=1  ,  国道=2  ,  都道府県道=3,  主要地方道=4  ,*/

/*

    基本道=5  ,  一般道 1=6  ,一般道 2=7  ,  細道路 1=8  ,  細道路 2=9  ,    */

/*

    細道路 3=10  ,フェリー航路=11  ,  計画道路=13.  ,  カートレイン=13  ,      */

/******************************************************************************************/

ROOT

  ::=1  superhighway  ,1  motorway  ,2  national_road  ,3  county_road  ,

4

  thoroughfare_road  ,5  street  ,6  road1,7  road2,8  side_road1  ,

9

  side_road2  ,10  side_road3  ,11  ferry  ,13.  plan_road  ,

 13

  car_train  ;

/******************************************************************************************/

/*

  格納言語数及び種別の定義する                                                        */

/*

    日本語だけを対応                                                                  */

/******************************************************************************************/

LANG

  ::=  Japanese  ;

/******************************************************************************************/


/*

  制限速度の定義する。                                                                */

/*

    単位は km で定義する。                                                            */

/*

    0 は 0∼9km  ,1 は 10∼19km  ,2 は 20∼29km  ,3 は 30∼39km  ,  */

/*

    4 は 40∼49km  ,5 は 50∼59km  ,6 は 60∼69km  ,7 は 70∼79km,*/

/*

    は 80∼89km  ,9 は 90∼99km  ,10 は 100km 以上                        */

/******************************************************************************************/

SPDL

  ::=  km,0  *-9,1  10-19,2  20-29,3  30-39,4  40-49,5  50-59,6  60-69,7  70-79,

8

  80-89,9  90-99,10  100-*