>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

附属書 8(参考)案内検索に関する推奨規則

この附属書(参考)は,本体に関連する事柄を補足するもので,規定の一部ではない。

1.

ボリューム管理レコードのデータ宣言  ボリューム管理レコードのデータ宣言は次のとおりである。

1.1 

階層検索,複合検索  “DSRC = “Define for SeaRCh”  階層検索,複合検索  (シグネチャ)

“DSRC” = “Define for SeaRCh”は,一般的な段階を追って,データを絞り込んでいく検索に利用する。

複合検索は,エリア←→50 音など,複数の画面の間を自由に遷移できるような検索。

1.2 B

Tree 型検索  “DSBT = Define for Search of Balanced Tree    B−Tree 型検索  “DSBT” =

“Define for Search of Balanced Tree”は,ある(入力)キーに対して,データが一意に決まる場合,

及びデータ量が膨大になり,各検索コストを均一化したい場合に利用する検索。基本的には,キーによっ

て該当データはソートされている。

1.3

周辺検索  “DSAR = Define for Search of ARound”  周辺検索  “DSAR” = “Define for Search

of ARound”は,対象地点周辺にある施設などを,近い順又はルート沿いの順番に表示するといった目的に

利用する。

1.4

音声用検索  “DSVC = Define for Search by VoiCe”  音声用検索  “DSVC” = “Define for

Search by VoiCe”は,音声認識専用のデータを利用する検索。ハード・方式に依存する検索。

1.5 

(さらなる)ボリューム管理  “DVCR = Define for Volume ContRol”  (さらなる)ボリュ

ーム管理  “DVCR” = “Define for Volume ContRol”は,更に,先の階層で,検索の用途・形式を決定

する場合に利用する。例えば,鉄道駅名などの場合,初段は,

“鉄道駅名検索”といった表記項目となり,

次段で“50 音別”

“エリア別”

“路線別”といった,それぞれのボリュームに分かれることになる。この

ような場合の初段が該当する。

1.6

地図オーバーレイ用サービス情報  “DSIM = Define for Service Information on Map”  地図

オーバーレイ用サービス情報  “DSIM” = “Define for Service Information on Map”は,外部から供

給する,詳細情報付きの地点情報である。基本的に,情報の変更は不可能である。

1.7

登録地点  “DPOU = Define for Points Of Users”  登録地点  “DPOU” = “Define for Points

Of User’s”は,利用者が作成・変更可能な地点情報である。

1.8 

おすすめルートデータ  “DIRD = Define for Interesting Routes Data”  おすすめルートデ

ータ  “DIRD” = “Define for Interesting Route’s Data”は,目的地と,出発地点(立ち寄り地点)

から目的地までのルートデータを管理する。ルートデータとしては,既に計算済みの点列表現のものと,

計算条件だけを格納し,選択時に再計算を行うものの 2 種類が考えられる。

1.9

ゲーム  “DGAM = Define for GAMes”  ゲーム  “DGAM” = “Define for GAMes”は,HTML

などを利用したゲームの管理に利用する。

ゲームの種類としては,占い・相性診断によるお勧めスポットの選択など,あくまでドライブ(目的地

を設定・地点情報を選択)することを目的としたものである。

2. 

アドレス記述宣言  アドレス記述宣言は,アドレスの記述方法について以下のシグニチャで,その方

針を記述する。ボリューム管理レコード(管理型)以外のレコードで,以下に管理される検索フレームで

定義される“アドレス”は,すべて本宣言での方針に準じる。


361

D 0810

:2004

2.1 

ファイル名称&オフセット指定  “FNME = File Name & offset

2.2 

オフセット指定  “OFST = OFfSeT

2.3 

地図ユニット依存型指定  “DPUAorDPUB = DePend of Unit A(B)

2.4

メッシュ依存型指定  “DPME = DePend of MEsh

3. 

地点情報管理レコードのデータ宣言

3.1 

地点情報(通常)                  PINR = Point of Interest(NoRmal)

3.2 

地図ユニット依存型                PIFA = Point of Interest depend of map Frame A

PIFB = Point of Interest depend of map Frame B

3.3 

メッシュ依存型                    PIME = Point of Interest depend of Mesh

基本的には,地図ユニット依存型になるものは,周辺検索でだけ使用するもの,又は,検索とは関係な

く,カーソルなどによって,地図上で選択された施設などの解説として利用されるものに限られる。

なお,1 ユニットのデータサイズオーバー,スケールごとにデータをもつ無駄を省くため,付加データ

A

・B フレームに,該当データフレーム,地点情報フレームなどの実データを設定せず,実データのある

位置を示すアドレスを設定する場合もある。

更に,一部データだけ実データを設定,その他は,アドレスによって,実データのある位置を検索する

ことが可能である。

付加フレームの記述方法は,検索データのように,ボリュームによる管理を行う。

メッシュ依存型も上記同様であるが,周辺検索にて使用するもの,又は検索とは関係カーソルなどによ

って地図上で選択された施設などの解説として利用されるものに限られる。付加データ A,B のデータと

は異なり,別のメディアにもデータを格納することも可能である(地図データをキーに検索を行わないよ

うな場合。

4. 

地点情報種別宣言

4.1 

地点情報(通常)  ”PKNR = Point of interest Kind NoRmal

4.2 

地点情報(住所)  ”PKAD = Point of interest Kind ADdress

5. 

検索詳細情報レコードのデータ宣言

5.1 50

音検索                          SR50 = SeaRCH by 50 on

5.2 

住所検索(日本)                    SRJP = SeaRch by JaPanese area

5.3 

電話番号検索                      SRTN = SeaRch by Telephone Number

5.4 

(単なる)階層検索                SRNR = SeaRch (NorMal)

5.5

ジャンル検索                      SRGN = SeaRch by GeNre

5.6 

(混在の)階層検索                SRMX = SeaRch (MiXed)

5.7 

周辺検索                          SRAR = SeaRch by ARound

6. 

シグネチャ一覧  インタオペラビリティを確保するため,案内検索で使用するシグネチャを以下に推

奨する。

附属書 表 による。


附属書   1  シグネチャ  一覧

シグネチャ

名称

意味

DGAM Define

for

GAMes

ゲーム(HTML 等を利用したはん用的なもの)

DIRD

Define for Interesting    Route 's Data

おすすめルートデータ

DPOI

Define for Point Of Interest

地点情報  データ宣言

DPOU

Define for Points Of Users

登録地点

DSAR

Define for Search of Around

(静的な)周辺検索

DSAD

Define for Search of ADdress

住所検索

DSBT

Define for Search of TeLephone number

B

−Tree 型検索

DSIH

Define for Service Infomation of HTML

HTML

サービス情報検索

DSIM

Define for Service Infomation of Map

地図オーバーレイ用サービス情報

DSRC

Define for SeaRCh

階層検索・複合検索

DSRT

Define for Search of RouTe side

(動的な・リアルタイムの)周辺検索

DSTL

Define for Search of TeLephone number

電話番号検索

DSVC

Define for Search of VoiCe

音声用検索

DSZP

Define for Search of ZiP number

郵便番号検索

DVCR

Define for Volume ContRol

(さらなる)ボリューム管理

PIME

Point of Interst Mesh Control data

地点情報メッシュ検索管理(通常)

PINR

Point of Interst NoRmal

地点情報(通常)

KBA1 KeyBoard

Alphabet

1

アルファベット  キーボード(大文字・小文字の区別なし)

KBA2 KeyBoard

Alphabet

2

アルファベット  キーボード(KBA1+数字)

KBC1

KeyBoard Country 1

地方名  キーボード

KBC2

KeyBoard Country 2

都道府県名  キーボード

KBC3

KeyBoard Country 3

市区町村名  キーボード

KBC4

KeyBoard Country 4

地名  キーボード

KBGC

KeyBoard Group & Chain

系列会社名,チェーン店名称キーボード

KBGN KeyBoad

GeNre

list

ジャンルリストキーボード

KBGR KeyBoad

GRoup

list

グループ(見る・遊ぶ・食べる)リストキーボード

KBJ1

KeyBoard Japanese 1

50

音  キーボード(完全)

KBJ2

KeyBoard Japanese 2

50

音  キーボード(大文字だけ)

KBJ3

KeyBoard Japanese 3

50

音  キーボード(KBJ1+数字)

KBJ4

KeyBoard Japanese 4

50

音  キーボード(KBJ2+数字)

KBJ5

KeyBoard Japanese 5

50

音  キーボード(KBJ1+アルファベット)

KBJ6

KeyBoard Japanese 6

50

音  キーボード(KBJ2+アルファベット)

KBJ7

KeyBoard Japanese 7

50

音  キーボード(KBJ3+アルファベット)

KBJ8

KeyBoard Japanese 8

50

音  キーボード(KBJ4+アルファベット)

KBN1

KeyBoard Number 1

数字用  はん用キーボード

KBN2

KeyBoard Number 2

電話番号用  キーボード

KBN3

KeyBoard Number 3

郵便番号用  キーボード

KBN4

KeyBoard Number 4

国際電話  番号用  キーボード(国番号を追加)

KBN5

KeyBoard Number 5

海外  郵便番号用  キーボード(けた数の制限を変更)

KBRT KeyBoard

Route

路線名キーボード

KBS1

KeyBoard Sightseeing serch 1

観光地エリア分類キーボード

KBS2

KeyBoard Sightseeing serch 2

観光地エリア項目 1 キーボード

KBS3

KeyBoard Sightseeing serch 3

観光地エリア名キーボード

KBTB KeyBoard

Telephone

Book

電話帳ジャンル選択キーボード

NORM NORMal

通常キーボード  (リスト形式)

ADCR

Around Data Contorol Header

周辺検索用  該当データ  宣言

DCTR

ファイル管理部  宣言

DFSM

Define For Search depened of search Mesh

メッシュ検索ブロック  宣言

DFSR

Define For SeaRch

検索ブロック  宣言

ADCT

ADdress name CounT

住所文字数

ADD1 ADDress

(group1)

都道府県コード

ADD2 ADDress

(group2)

行政区域(市区町村)コード

ADD3 ADDress

(group3)

大字/小字コード

ADD4 ADDress

(group4)

丁目

ADD5 ADDress

(group5)

ADD6 ADDress

(group6)

番地

ADD7 ADDress

(group7)

建物階数

ADD8 ADDress

(group8)

部屋番号

ADNM ADDRess

NaMe

住所名称

ADNO ADDress

NO

(住所)番地名称

ADR1 ADdRess

1

住所 1

ADR2 ADdRess

2

住所 2

ADR3 ADdRess

3

住所 3

AL50

for ALl of 50 on code

50

音コード全体(日本語だけ)

ALAD for

ALl

of

ADress

番地(数字)コード


363

D 0810

:2004

附属書   1  シグネチャ  一覧(続き)

シグネチャ

名称

意味

ALCT

for ALl CaTegory code

種別+店鋪コード

ARCD ARea

CoDe

エリアコード

BDID BuilDing

ID

建物 ID

BDNM BuilDing

NaMe

建物名称

DMMY DuMMY

ダミー

G150

for Group1 of 50 on code

50

音コード

“数字,あ,か,さ・・ん”だけ

G1CT

for Group1 CaTegory code

種別コード

G2CT

for Group2 CaTegory code

店鋪コード  上位 X ビットまで

GDXY

GuiDe point XY

案内地点軽度緯度座標

HWIF High

Way

InFomation

高速施設(SA・PA)情報

JPCT

JamP table record Count

ジャンプテーブルレコード数

JPKY JamP

KeY

ジャンプキー

JPLV

JamP table making LeVel

ジャンプテーブル作成基準

JPST

JamP table Start offseT

ジャンプテーブル選択肢へのオフセット

JPSZ

JamP table SiZe

ジャンプテーブルサイズ

JPTB JamP

TaBle

ジャンプテーブル  サイズ&対応キー&オフセット&

LATI LATItude

緯度

LDR1

Link DiRection 1

リンク方向 1

LDR2

Link DiRection 2

リンク方向 2

LGG2

LonGitude Guide 2

案内地点経度 2

LGOF

表記項目  言語別オフセット

LID1

Link ID 1

リンク ID 番号 1

LID2

Link ID 2

リンク ID 番号 2

LKDR LinK

DiRection

リンク方向

LKID LinK

ID

リンク ID 番号

LOGI LOnGItude

経度

LTG1 LaTitude

Guide

1

案内地点緯度 1

LTG2 LaTitude

Guide

2

案内地点緯度 2

LVXY

LeVel of XY

座標精度

MPSC MaP

SCale

表示地図尺度

NAME NAME

(表示)名称

NMCT NaMe

CounT

名称文字数

RLXY ReaL

point

XY

経度緯度(真位置)座標

SMEN

Serch MEsh No

検索メッシュ番号

SMEL

Serch MEsh Level

検索メッシュ統合度

TEL1

TELephone number (group1)

市外局番

TEL2

TELephone number (group2)

市内局番

TEL3

TELephone number (group3)

加入者番号

TEL4

TELephone number (group4)

加入者番号

TELE TELEphone number

電話番号

TELN TELephone

Number

電話番号

TISZ

表記項目  文字情報サイズ

TXCT TeXt

CounT

テキスト文字数

TXDT TeXt DaTa

テキストデータ

YMCT YoMi

CounT

読み文字数

YOMI YOMI

(名称)読み

ZIPC ZIP

no

Count

郵便番号  けた数

ZIPN ZIP

No

郵便番号

ACTN ACTioN

動作記述

FDRL FielD

ReLation

フィールドリレーション

NORM NORMal

通常  (状態・表現)

OFST OFfset

オフセット表現

PITR PoInTeR

ポインタ表現

REAL REAL

実数代入

RLOF ReaL

OFfset

実オフセット記述

RPTR Real

PoinTeR

実ポインタ記述

VOCE VOiCE

音声認識用データ

VRBL Variable

可変長表現

KY50

KeY by 50 on

50

音+αコード検索キー

KYA1

KeY by Area (group1)

都道府県コード検索キー

KYA2

KeY by Area (group2)

行政区域コード検索キー

KYA3

KeY by Area (group3)

大字/小字コード検索キー

KYAL KeY

by

ALphabet

アルファベット検索キー

KYBI

KeY by Building Id

建物 ID 検索キー

KYME

KeY by MEsh no

検索メッシュ番号キー

KYT1

KeY by Telephone no 1

市外局番検索キー

KYT2

KeY by Telephone no 2

市内局番検索キー


附属書   1  シグネチャ  一覧(続き)

シグネチャ

名称

意味

KYT3

KeY by Telephone no 3

加入者番号検索キー

KYTL

KeY by TeLephone no

番号検索キー

KYZP

KeY by ZiP no

郵便番号検索キー

SR50

SeaRch by 50 on

50

音検索

SRAG

SeaRch by Around Genre

周辺ジャンル検索

SRAR SeaRch

by

ARound

周辺検索

SRBD

SeRch Building ID

建物 ID 検索

SRBI

SeRch Building Information

建物情報検索

SRBT SeaRch

Blanced

Tree

B-Tree

型検索機能

SRGN SeaRch

by

Genre

(単なる)階層検索

SRGS

SeaRch by    Gyanre Sightseeng

(観光地エリア別)階層検索

SRHA SeaRch

Hybrid

Area

ハイブリッドエリア検索(狭域エリア : 行政)

SRHS

SeaRch Hybrid Sightseeing area

ハイブリッドエリア検索 2(狭域エリア : 観光地)

SRHG

SeaRch Hybrid Genre

ハイブリッドジャンル検索

SRJP

SeaRch by JaPanese

エリア検索(日本)

SRJS

SeaRch by Japanese Sightseeing area

観光地エリア検索(日本)

SRME SeaRch

MEsh

メッシュ検索

SRMX SeaRch

MiXed

ハイブリッド検索

SRNR SeaRch

NoRmal

(単なる)階層検索

SRTN

SeaRch by Telephone Number

電話番号検索

SRZP

SeaRch by ZiP code

郵便番号検索

FGAM

Function Genre AMusement park

ジャンル遊園地検索機能

FGAP

Function Genre Air Port

ジャンル空港検索機能

FGAQ Function

Genre

AQuarium

ジャンル水族館検索機能

FGBH

Function Genre Business Hotel

ジャンルビジネスホテル検索機能

FGCP

Function Genre CamP

ジャンルキャンプ検索機能

FGCR

Function Genre Cross Road

ジャンル交差点検索機能

FGCS

Function Genre CaStle

ジャンル城・城跡検索機能

FGDS

Function Genre Department Sotre

ジャンルデパート検索機能

FGFR

Function Genre FeRry

ジャンルフェリー検索機能

FGFS

Function Genre Famous place & Sightseeing point

ジャンル名所・観光地検索機能

FGGF

Function Genre GolF

ジャンルゴルフ場検索機能

FGHL

Function Genre HalL

ジャンルホール検索機能

FGHP

Function Genre HosPital

ジャンル病院検索機能

FGHT

Function Genre HoTel

ジャンルホテル・旅館検索機能

FGHW

Function Genre High Way

ジャンル高速道路施設検索機能

FGIE

Function Genre International Exhibition

ジャンル国際展示場検索機能

FGJM

Function Genre JaMe’s

ジャンルジャームス検索機能

FGLB

Function Genre LiBrary

ジャンル図書館検索機能

FGLR

Function Genre Library and mateRial

ジャンル各種資料館検索機能

FGMR

Function Genre MaRina

ジャンルマリーナ検索機能

FGMS

Function Genre Meuseum

ジャンル美術館検索機能

FGPB

Function Genre PuBlic office

ジャンル役所検索機能

FGPG

Function Genre Public Games

ジャンル公営娯楽検索機能

FGPH

Function Genre Public Hotel

ジャンル公共の宿検索機能

FGPK

Function Genre ParK

ジャンル公園検索機能

FGPL

Function Genre PoLice

ジャンル警察署検索機能

FGPS

Function Genre PenSion

ジャンルペンション検索機能

FGSA

Function Genre SpA

ジャンル温泉検索機能

FGSI

Function Genre Special Information

ジャンル特別情報付き施設検索機能

FGSK

Function Genre SKi

ジャンルスキー場検索機能

FGSL

Function Genre School

ジャンル学校検索機能

FGSN

Function Genre ShriNe

ジャンル神社・仏閣検索機能

FGSP

Function Genre SPorts

ジャンルスポーツ検索機能

FGSR

Function Genre Station of Road

ジャンル道の駅検索機能

FGST

Function Genre STation

ジャンル駅検索機能

FGSD

Function Genre Sports grounD

ジャンル競技場

FGTD

Function Genre Car Dealer & sales

ジャンル自動車ディラー・販売店検索機能

FGTL

Function Genre ToLl road

ジャンル有料道路検索機能

FGTR

Function Genre Toyota Rent a car

ジャンルトヨタレンタカー検索機能

FGTT

Function Genre Tax office & District land 
Transport bueau

ジャンル税務署・陸運局検索機能

FGWM

Function Genre Wedding Marriage

ジャンル結婚式場検索機能

FGZB

Function Genre Zoo & Botanical gardens

ジャンル動物園・植物園検索機能

FTEL Function

TELephon

No

電話番号検索機能

FTLA Function

TeLephon

Address

in

電話番号局番機能


365

D 0810

:2004

附属書   1  シグネチャ  一覧(続き)

シグネチャ

名称

意味

FHYB Function

HYBrid

ハイブリッド検索機能

FARS Function

ARea

Search

エリア検索機能

FGTB

Function Genre Telephone Book

電話帳検索機能

FZPC

Function Comprex ZiP code

郵便番号複合検索機能

FZIP

Function ZIP code

郵便番号検索機能

FARD Function

ARounD

周辺検索機能

FARG Function

ARound

Genre

周辺  ジャンル検索機能

FMES FunctionMESh

メッシュ検索機能

FSBI

Function Search Building Information

建物情報検索機能

CGCT

CateGory code CounT

種別コード    数

CTFN CaTeGory

1

次段カテゴリ・該当データ判別フラグ

CTG1 CaTeGory

1

種別コード  大分類

CTG2 CaTeGory

2

種別コード  小分類(店舗コード)

CTGS CateGorS

種別コード(一般)種別+店鋪

CTGY CaTeGorY

種別コード

SCGY Sub

CateGorY

付帯施設/種別コード

CTM1

CaTegory Mask code 1

種別マスクコード  大分類

CTM2

CaTegory Mask code 1

種別マスクコード  小分類

ADFC

付加情報  ファイル名称  文字数

ADFN

付加情報  ファイル名

ADOF

付加情報  (ファイル先頭からの)オフセット

ADSZ

付加情報  サイズ

BFRL BeFore

ReLation

前レコード先頭へのリレーション

DCSF

Define for Count of Sub Fields

選択肢定義フィールド数

DCTF

Define for CounT of Fields

定義フィールド数

DSRA

Define of SeaRch Action

検索動作定義

DTFG

格納データフラグ

FLDL

Flag of Delete

消去フラグ

FNCT

FiNd table Count

該当データの数

FNRS

FiNd table Record Size

該当データレコードサイズ

FNST

FiNd table ofSeT

該当データへのオフセット

FNSZ

FiNd table SiZe

該当データ読み取りサイズ

HDOF

Html Data OFfset

HTML

データへのオフセット

HDSZ

Html Data SiZe

HTML

データサイズ

ISID InStitution

ID

関連施設(POI)ID

MXKY

MiXed serch KeY

ハイブリッド検索キー

MXK2

MiXed serch Key2

ハイブリッド検索キー2

MXSG

MiXed serch SiGneture

ハイブリッド検索シグネチャ

NEXT

NEXT category offset

次層へのオフセット

NFRL

Next Field ReLation

後レコード先頭へのリレーション

NTCT

NexT category Count

次カテゴリ選択肢(子)

・該当データ数

NTSZ

NexT category SiZe

次層の読み取りサイズ

NXCT

NeXt data frame Count

次段データフレーム  レコード数

NXFN

NexT data Frame Number

次段データフレーム連番

NXKB

NeXt data frame Key Board

次段データフレームキーボード

NXKD

NeXt data frame KinD

次段データフレーム種別

NXOF

NeXt data frame OFfset

次段データフレームオフセット

NXSZ

NeXt data frame SiZe

次段データフレームサイズ

PDOF

音声データへのオフセット

PDSZ

音声データサイズ

POIC

Point Of Interest Count

地点情報数

POIG

Point Of Interest Group number

地点情報  グループ番号

POIO

Point Of Interest Offset

地点情報へのオフセット

POIP

Point Of Interest Pointer

地点情報へのオフセット

POIS

Point Of Interest Size

地点情報サイズ

RICN

Relation Institution CoNdition

関連施設条件

RIID

Relation Institution ID

関連施設参照 ID

RPCT RePetition

CounT

同一物件連続件数

SAOF

Search Around data OFfset

周辺検索データフレームへのオフセット

SDFA

Search Depend Frame A

付加情報 A 依存検索

SDFB

Search Depend Frame B

付加情報 B 依存検索

SDME

Search Depend Mesh

メッシュ依存検索

SDJP

Search Depend JaPan address

住所依存検索(日本)

SEFG

SEntakushi data FlaG

選択肢格納データフラグ

SELN

SEntakushi Line Number

選択肢  数

SFBO

Sub Field Bop Offset

選択肢末尾レコードへのオフセット

SFTO

Sub Field Top Offset

選択肢先頭レコードへのオフセット


附属書   1  シグネチャ  一覧(続き)

シグネチャ

名称

意味

SRVC

SeRViCe infomation table

サービス情報

STFG

格納データフラグ

TPNM

ToP menu NaMe

トップメニュー名称

VDID

Visual Data ID

画像データ ID

VDOF

Visual Data OFfset

画像データへのオフセット

VDSZ

Visual Data SiZe

画像データサイズ

VLIF

Vehicles Limited InFomation

車両制限情報

ADIF

付加情報記述

HTML

HTML

情報

IBMP

BMP

イメージファイル

IGIF

GIF

イメージファイル

IJPG

JPG

イメージファイル

IMGS IMaGeS

イメージデータ

MEMC

メモ(テキスト情報) byte 数

MEMO

メモ(テキスト情報)

RUTC RoUTe

Condition

ルート計算  条件

RUTD RoUTe

Data

ルートデータ

RUTP RoUTe

Points

ルートデータ  ポイント列

RUTS

RoUTe data Size

ルートデータ  データサイズ

SOND SOunND

音声データ

STNM

道路名称

STR(L)S

道路  右(左)側

SVIM

地図オーバーレイ用サービス情報

TADI

付加情報種類

TEXT TEXT

テキストデータ

WAVE

WAV

サウンドファイル

XYCT

緯度経度  座標数(反応ポイント数)

6.1 

フィールド  記述タイプ用  シグネチャ  一覧    フィールド  記述タイプ用  シグネチャ  一覧

は,

附属書 表 による。

附属書   2  フィールド  記述タイプ用  シグネチャ  一覧

シグネチャ

名称

意味

NORM NORMAL

通常表現

REAL REAL

実数代入

OFST OFFSET

オフセット表現

RLOF REAL

OFFSET

実オフセット記述

FNME FILE

NAME

ファイル名記述

DNME DIRECTORY

NAME

ディレクトリ名記述

PITR POINTER

ポインタ表現

RPTR REAL

POINTER

実ポインタ記述

ACTN ACTION

動作記述

VOCE VOICE

音声認識用データ

VRBL VARIABLE

可変長表現

FDRL FIELD

RELATION

フィールドリレーション 
  (前後レコードへのオフセット)

6.2 

アドレス表記  データ宣言(記述内容)  シグネチャ  一覧    アドレス表記  データ宣言(記述

内容)  シグネチャ  一覧は,

附属書 表 による。


367

D 0810

:2004

附属書   3  アドレス表記  データ宣言(記述内容)シグネチャ  一覧

シグニチャ

名称

意味

FNME File

Name

ファイル名記述

DRNM DiRectory

NaMe

ディレクトリ名記述

PITR PoinTer

ポインタ表現

OFST OFfSeT

オフセット(絶対)指定

DPUA DePend

of

Unit

A

地図ユニット依存型指定 
  (付加情報 A)

DPUB

DePend of Unit B

地図ユニット依存型指定 
  (付加情報 B)

DPME DePend

of

Mesh

メッシュ依存型指定

6.3 

フィールド記述型宣言  シグネチャ一覧  フィールド記述型宣言  シグネチャ一覧は,附属書 表 4

による。

附属書   4  フィールド  記述型宣言  シグネチャ一覧

シグネチャ

名称

サイズ

意味

VD VoiD

0

Byte

無効

CH CHARACTER

1

Byte

キャラクタ

QB

Quater Byte

1/4 Byte

符号あり 2bits  整数

HB

Half Byte

1/2 Byte

符号あり 4bits  整数

BT BYTE

1

Byte

符号あり 8bits  整数

BD

Packed BCD

1 Byte

Binary Coded Decimal

WD WORD

2

Bytes

符号あり 16bits  整数

LG LONG

4

Bytes

符号あり 32bits  整数

UQ Unsigned

Quater byte

1/4 Byte

符号なし 2bits  整数

UH Unsigned

Half byte

1/2 Byte

符号なし 4bits  整数

UB

Unsigned BYTE

1 Byte

符号なし 8bits  整数

UW Unsigned

WORD

2

Bytes

符号なし 16bits  整数

UL

Unsigned LONG

4 Bytes

符号なし 32bits  整数

FL FLOAT

4

Bytes

符号あり 32bits  実数

DO DOUBLE

8

Bytes

符号あり 64bits  実数

SG SIGNATURE

4

Bytes

シグニチャ

BL BOOL

4

Bytes

0(FALSE) or not0(TRUE)

  論理型

PT POINTER

4

Bytes

4Bytes BCD

時分秒セクタ表現  (hhmmssbb)

FD

Field Definer

16 Bytes

フィールド定義テーブル

BN

Bits and Num.

8 Bytes

緯度経度表現

CT SWS

Table.

可変長

数+(自然数タイプデータ)テーブル

OT Offset

Table.

可変長

オフセット数+オフセットテーブル

SO

Size & Offset table.

可変長

数+(サイズ+オフセット)テーブル

SS

Signature & Size & Offset table.

可変長

数+(シグネチャ+サイズ+オフセット)テーブル

BF

Bit Flag

1 Bit

ビットフラグ  ビット指定

NB

No use Bits

1 Bit

ビットフラグ利用時のパディング用

ML Multi-Language

可変長

多言語対応表現文字情報データリスト

MC

Multi language Character

可変長

多言語対応表現文字情報データリスト 2

BN:  緯度経度表現

緯度・経度は,南西の端点を最小,北東の端点を最大とし,緯度経度それぞれ PID 形式とする。


CT:  数+(自然数タイプデータ)テーブル

SWS

の数+自然数タイプの実データで構成する。

複数の周辺検索の対象コードの指定  などに利用する。

CT:

数+(N データ)テーブルは,

附属書 表 による。

又,

(N  自然数タイプデータ)テーブルは,

附属書 表 による。

附属書   5  CT:  数+(N データ)テーブル

項番  オフセット  データ長

データ形式

項目名

備考

識別

1 0

2  SWS

数 =

n a

2 2  B1

(N  自然数タイプデータ)テーブル

a

附属書   6  (N  自然数タイプデータ)テーブル

項番  オフセット  データ長

データ形式

項目名

備考

識別

1 0

4

N

データ(1)

c

2 2

4

N

データ(2)

c

3

4

N

・・・・・・・・

c

4

4

N

データ(n)

c

OT:  オフセット数+オフセットテーブル

SWS

のオフセット数+2byte(D)単位のオフセットポインタから構成する。

オフセットポインタの場所にある実データが,固定長で,用途が判明しているときに使用する。

実データの判別には,定義フィールドの付加情報を利用する。

複数の経路探索対象(複数の入口)の緯度経度表現などに利用する。

OT:

オフセット数+オフセットテーブルは,

附属書 表 による。

又,オフセットポインタテーブルは,

附属書 表 による。

附属書   7  OT:  オフセット数+オフセットテーブル

項番  オフセット  データ長

データ形式

項目名

備考

識別

1 0

2  SWS

オフセット数 =

n

a

2 2  B1

オフセットポインタテーブル

a

附属書   8  オフセットポインタテーブル

項番  オフセット  データ長

データ形式

項目名

備考

識別

1 0

2

D

オフセットポインタ(1)

c

2 2

2

D

オフセットポインタ(2)

c

3

2

D

・・・・・・・・

c

4

2

D

オフセットポインタ(n)

c

SO:  数+(サイズ+オフセット)テーブル

SWS

のピース数+[SWS の実データサイズ+2 バイト(D)単位のオフセットポインタ]テーブルより

構成する。

オフセットポインタの場所にある実データが,可変長で,用途(利用方法)が判明しているとき

に使用する。

実データの判別には,定義フィールドの付加情報を利用する。

SO:

数+(サイズ+オフセット)テーブルは,

附属書 表 による。

又,

(サイズ+オフセットポインタ)テーブルは,

附属書 表 10 による。

又,

(サイズ+オフセットポインタ)ピーステーブルは,

附属書 表 11 による。


369

D 0810

:2004

附属書   9  SO:  数+(サイズ+オフセット)テーブル

項番  オフセット  データ長

データ形式

項目名

備考

識別

1 0

2

SWS

ピース数 =

n a

2 2  B1

(サイズ+オフセットポインタ)テーブル   a

附属書  10  (サイズ+オフセットポインタ)テーブル

項番  オフセット  データ長

データ形式

項目名

備考

識別

1 0

4  SWS:D

(サイズ+オフセットポインタ)

(1)

a

2 4

4  SWS:D

(サイズ+オフセットポインタ)

(2)

a

3

4

・・・・・・・・

a

4

4  SWS:D

(サイズ+オフセットポインタ)

(n)

a

附属書  11  (サイズ+オフセットポインタ)ピーステーブル

項番  オフセット  データ長  データ形式

項目名

備考

識別

1 0

2  SWS

サイズ

a

2 2

2

D

オフセットポインタ

a

SO:  数+(シグネチャ+サイズ+オフセット)テーブル

SWS

のピース数+(SWS の実データサイズ+2 バイト(D)単位のオフセットポインタ)テーブル

から構成する。

オフセットポインタの場所にある実データが,可変長で,用途(利用方法)が判明しているとき

に使用する。

実データの判別には,定義フィールドの付加情報を利用する。

SO:

数+(シグネチャ+サイズ+オフセット)テーブルは,

附属書 表 12 による。

又,

(シグネチャ+サイズ+オフセット)テーブルは,

附属書 表 13 による。

又,

(シグネチャ+サイズ+オフセット)ピーステーブルは,

附属書 表 14 による。

附属書  12  SO:  数+(シグネチャ+サイズ+オフセット)テーブル

項番  オフセット  データ長  データ形式

項目名

備考

識別

1 0

2  SWS

ピース数 =

n

a

2 2  B1

(シグネチャ+サイズ+オフセットポインタ)テーブル

a

附属書  13  (シグネチャ+サイズ+オフセット)テーブル

項番  オフセット  データ長  データ形式

項目名

備考

識別

1 0

8 C:SWS:D

(シグネチャ+サイズ+オフセットポインタ)

(1)

a

2 8

8 C:SWS:D

(シグネチャ+サイズ+オフセットポインタ)

(2)

a

3

8

・・・・・・・・

a

4

8

C:SWS:D

(シグネチャ+サイズ+オフセットポインタ)

(n)

a

附属書  14  (シグネチャ+サイズ+オフセット)ピーステーブル

項番  オフセット  データ長  データ形式

項目名

備考

識別

1 0

4

C

シグネチャ

a

1 4

2  SWS

サイズ

a

2 6

2

D

オフセットポインタ

a

BF:  ビットフラグ

NB:  ビットフラグ利用時のパディング用

ビットフラグ(ビット指定)を使用する場合,フィールドを設定し,ビットアレンジを宣言する

必要がある。

ビットフラグ利用時は,MSB から,アサインするものとする。また,使用しないビットに関して


は,

“NB”を利用して,明確に分かるようにする。

ML:  多言語対応表現文字情報データリスト

多言語対応表現文字情報データリストは,

“表記項目”などで利用されている形式を利用する。デ

ータ長は可変長。フィールド数は,必ず,=1 となる。  メタデータで設定される対応言語数を格納

する。格納の順番は,メタデータでの格納順とする。ただし,格納言語が 1 種類(単言語:例えば,

日本語だけ)の場合は,言語別オフセットテーブルは,削除する。

多言語対応表現文字情報データリストは,

附属書 表 15 による。

附属書  15  多言語対応表現文字情報データリスト

項番  オフセット  データ長  データ形式

項目名

備考

識別

1 0

2  SWS

多言語対応表現  文字情報データサイズ

a

2 2  B1

多言語対応表現  言語別オフセットポインタテーブル

c

3   B2

多言語対応表現  文字情報リスト

a

MC:  多言語対応  表現文字情報データリスト 2

多言語対応表現文字情報データリスト 2 は,

“表記項目”などで利用されている形式を利用する。

上記多言語対応表現文字情報リストと異なり,文字情報データサイズは存在しない別途設定する。

メタデータで設定する対応言語数分格納し,格納の順番は,メタデータでの設定順とする。ただ

し,格納言語が 1 種類(単言語:例えば,日本語だけ)の場合は,

“言語別オフセットテーブル”

“多言語対応文字列サイズ”は削除する。

多言語対応表現文字情報データリスト2は,

附属書 表 16 による。

附属書  16  多言語対応表現文字情報データリスト 2

項番  オフセット  データ長  データ形式

項目名

備考

識別

1 -  B0

多言語対応表現  言語別オフセットポインタテーブル 2

c

2 -  B2

多言語対応表現  文字情報リスト 2

c

多言語対応  言語別オフセットポインタテーブル 2 は,

附属書 表 17 による。

附属書  17  多言語対応  言語別オフセットポインタテーブル 2

項番  オフセット  データ長  データ形式

項目名

備考

識別

1 0  B0

D

多言語対応  言語別オフセットポインタ 2(言語 1)

c

2 B0  B0

D

多言語対応  言語別オフセットポインタ 2(言語 2)

c

3

・・・・・・・・

c

4 B0×(n-1)  B0

D

多言語対応  言語別オフセットポインタ 2(言語 n)

c

多言語対応  文字情報 2 は,

附属書 表 18 による。

附属書  18  多言語対応  文字情報 2

項番  オフセット  データ長

データ形式

項目名

備考

識別

1 0

B0

N

多言語対応  文字列サイズ(バイト)  c

2 O1

B3  C;CC

多言語対応  文字列

c

上記,データ長 B0  については,このフィールドを設定する場合,別途設定する本フィールドの

データ長と同じデータ長をもつ。すなわち,

固定長表現され,別途“多言語文字情報 2 サイズ”が“UW”で設定する場合,B0=2

可変長表現され,このフィールドのデータ長が“CH”で設定する場合,B0=1

となる。

6.4 

個別拡張時のシグネチャ記述について  このフォーマットにて設定するメーカ共通のシグネチャは,

先頭 1 文字が英大字で設定することとする。

個別拡張で追加シグニチャを格納する場合は,先頭 1 文字がメタデータで設定する MID に対応するメー

カ識別キャラクタコード(1 文字)を英大文字以外のコードを用いて設定することとする。


371

D 0810

:2004

7.

レコード間のバウンダリに関する規則  基本的に,データのアクセス効率をよくするための工夫とし

て,レコード間のバウンダリに関して,次の運用規則を設ける。

a) 

レコードサイズは,2 の倍数を基準とする(4 の倍数を基準単位とすることを推奨)

b) 

フィールドサイズは,1 の倍数を基準とする(2 の倍数を基準単位とすることを推奨)

備考  ただし,1 バイト未満のフィールドが連続格納する場合は,附属書 の 10.に後述する。

8. B-Tree

型検索のキー記述に関する規則  B-Tree 型検索等,キーを使用する場合,その検索キーは,レ

コードの先頭から配置するものとする。

9. 

選択肢の定義に関する規則  “DCSF” = “Define for Count of Sub Fields”

カテゴリの選択肢数を格納したならば,それ以降のフィールドは,選択肢の設定となる。選択肢である

ことを明確にするため,シグニチャ“DCSF”を宣言する。つまり,“SELN”を宣言した場合,その後ろの定

義フィールドは,必ず“DCSF”となる。

具体的には,

附属書 表 19 による。

附属書  19  鉄道駅  路線別の場合のカテゴリの設定  例

項番

用途

(シグネチャ)

記述タイプ

(シグネチャ)

記述型宣言

データ数

付加情報

特記事項

1 “DCTF”

“REAL”

-

-

-

定義フィールド宣言

2 “NAME”  “NORM”

“CH”

44

-

名称

3 “SELN”  “NORM”  “LG”  01

-

選択肢数

4 “DCSF”

“REAL”

-

-

-  選択肢定義フィールド宣言

5 “NAME”  “NORM”

“CH”

44

-

(選択肢)名称

6 “FNCT”  “NORM”  “LG”

01

-

該当データ数

7 “FNST”

“OFST”

“LG”  01

-  該当データへのオフセット

8 “NEXT”

“OFST”

“LG”

01

-  次カテゴリへのオフセット

項番 4 以降が,選択肢の設定部分である。

10.

フィールド間のバウンダリに関する規則

10.1  1

バイト以上フィールドのバウンダリ規則  1 バイト以上フィールドのバウンダリ規則は,1byte 単

位のバウンダリを保証する。

10.2  1

バイト未満のフィールドのバウンダリ規則  1 バイト未満のフィールドのバウンダリ規則は,デー

タのアクセス効率をよくするために,バイト境界をまたぐフィールドの設定を制限する。

フィールド定義でバイト境界をまたぐ設定を行った場合は,

次のフィールドの間がパンディングする

属書 図 参照)。

CH

QB

HB

7                                  0 7                                  0

型宣言(定義フィールド)

7                                  0

HB

bit

↑パンディングビット

↑パンディングビット

附属書   1  1 バイト未満のフィールドバウンダ規則 


11. 

フィールド型宣言に関する規則  フィールド型宣言に関する規則は,フィールド  記述タイプで“可変

長表現”を利用した場合,当該フィールドの先頭に可変長フィールドの定義フィールドのデータ数で指定

された型でデータ列のサイズを格納する

(型宣言が 1 バイト未満の場合は

附属書 の 7.の運用規則に従う。)。

12. 

可変長レコードに関する規則  フィールド記述タイプで可変長表現若しくはフィールド用途(シグネ

チャ)で格納データフラグを利用した場合,当該レコードは可変長レコードとなる。

可変長レコードを効率よく双方向にアクセスするために,次の運用規則を設ける。

a)  1

レコードの総サイズは,2 の倍数を基準とする(4 の倍数を基準単位とすることを推奨)

b) 

実際のデータ列に,前後の該当フィールドのへのリレーションを格納する。

13. 

格納データフラグ運用規則  格納データフラグは,定義フレーム中任意の箇所に配置することが可能

で,定義されたフィールド以降のフィールドの存在有無をビットフラグによって示すことが可能である。

格納データフラグは,次の運用規則を設け利用することが可能である。

a) 

格納データフラグは,格納するフィールドよって設定ビット分のフィールドの存在の有無を示す。格

納データフラグの表現範囲外のフィールドは,すべてフィールドは存在することとする。

b) 

格納データフラグは,同一定義フレームで複数設定可能であるが,新たなの格納データフラグが定義

された場合は,以降の格納データフラグは無効とし,ダミービットとする。以降のフィールド定義は,

新たに設定された格納データフラグで行う。

c) 

選択肢定義フィールド宣言のある定義フレームで,親カテゴリのフィールド有無を格納データフラグ

を用いて表現することも可能である(ただし,親カテゴリ内でだけ有効とし余ったビットは,ダミー

ビットとする。

d) 

選択肢定義フィールド宣言のある定義フレームで,選択肢に格納データフラグを格納する場合ですべ

ての選択肢での格納データフラグ同一の場合,親カテゴリに“選択肢格納データフラグ”(=“SEFG”)

を設定することが可能である。

(選択肢格納データフラグも他の運用規則に同様に準じる。

e) 

格納データフラグは,“UB”の配列型にて設定することとし,各定義フレームにおいてサイズは異な

る(ただし,各格納データフラグで余ったビットはダミービットとする。

ビットフラグのアサインについては,LSB からアサインするものとする。


373

D 0810

:2004

例  定義フィールド数が 10 フィールドの場合  附属書 図 に例を示す。

対応するビットが 1 の場合はそのフィールドが存在し,0 の場合は存在しない。 
項目数が 9 個以上となり格納データフラグとして複数バイトが必要になる場合, 
バイト単位で拡張し,配置されるバイトの下位ビットから順にフィールドを対応付ける。
バイト単位で余ったビットはダミー(0 固定)とする。

Field 10

対応フィールド

Field 4 
Field 5 
Field 6

Field 8

Field 7

Field 9

ダミー(0 固定)

Field 3

Field 2

Field 1

7                                  0 7                                  0

[0]

[1]

附属書   2  格納データフラグ運用規則の例 

14. 

種別コードに関する規則  情報の分類は,主観的なものである。そのため,地点情報データを業種ご

とに分ける/分けないといった設定は行わない。ただし,分類表(分類名及び種別コードの一覧表)は,

別途規定する。この分類表は,データ・メディアによらず各社共通とし,情報の交換・配布に際し,共通

のコードとして扱う。

この種別コードを利用して,地点情報のマークを指し示すキーとする。

15. 

ジャンプテーブルに関する規則  リスト表示において,例えば,50 音順に表示しているときの,あ・

か・さ・た・な送りなどのように,ある一定の条件で,件数とばしを行いたい場合がある。そのための情

報[該当する選択肢(子)への飛び先のテーブル]を格納するデータをジャンプテーブルと呼び,親カテ

ゴリに可変長データの一つとしてもつこともできる。

さらに,データ容量削減のために選択肢(子)カテゴリテーブルのサイズが,一定値以下である場合は,

ジャンプテーブルのサイズを 0 で設定し,ジャンプテーブル自体の足きりを行うこともできる(ただし,

実施については,将来の検討課題とする。

ジャンプテーブル定義は,

附属書 表 20 による。

附属書  20  ジャンプテーブル定義

項番

用途

(シグネチャ)

記述タイプ

(シグネチャ)

記述型宣言

データ数

付加情報

特記事項

1 “JPTB”

“VRBL”

“UB”

“UW”

“AL50”

  注(

1

)

ジャンプテーブル

注(

1

)  リストの並びとしては,50 音順に並んでいたり,ジャンル(種別コード)ごとに並んでいたり,住所(番地)

の順に並んでいたりする。よってジャンプテーブルの種類としても

・50 音ジャンプテーブル


・ジャンルジャンプテーブル

・番地ジャンプテーブル

といったものが考えられる。

それぞれのジャンプテーブルもある基準を設けることによって,必要に応じたデータをもつことが可能になる。

作成基準は付加情報にシグネチャで設定し,その内容を次に示す。

    AL50(for ALl of 50 on code)

:    50

音コード全体

    G150(for Group 1 of 50 on code)

:    50

音コード“あかさたな・・・わ”だけ

  ALCT(for ALl of CaTeGory code)

:

種別コード全体(大,中,小分類)

    G1CT(for Group 1 of CaTeGory code)

:

種別コード    大,中分類まで

    G2CT(for Group 2 of CaTeGory code)

:

種別コード    大分類まで

  ALAD(for ALl of ADdress)

:

番地(数字)コード全体

ジャンプテーブルのデータ列(構造)は,上記シグネチャによって暗黙的に宣言する。

附属書 表 21 に例を示す。

附属書  21  ジャンプテーブル  フィールド例(AL50 の場合)

項番

オフセット

データ長

データ形式

項目名

備考

識別

1 0

2  N

ジャンプテーブルサイズ

a

) b

2 2

2  N

#1

ジャンプキー

b

) c

3 4

4  D

#1

ジャンプ選択肢へのオフセット

c

) c

4 8

2  N

#2

ジャンプキー

b

) c

5 10

4

D

#2

ジャンプ選択肢へのオフセット

c

) c

6

∼19

 :

c

20 56

2

N

#10

ジャンプキー

b

) c

21 58

4

D

#10

ジャンプ選択肢へのオフセット

c

) c

a)

ジャンプテーブルサイズ  ジャンプテーブルサイズは,項番 2∼21 までのサイズを表す(サイズが 0

の場合は,項番 2∼21 を省略する。

b) 

ジャンプキー  ジャンプキーには,ジャンプ先の選択肢がもつ検索キーのコード体系に準じた値を格

納する。

c) 

ジャンプ選択肢へのオフセット  ジャンプ選択肢へのオフセットは,親カテゴリの先頭から当該選択

肢へのディスプレイスメントを表す。

16. 

検索メッシュに関する規則  検索メッシュ対応データは,メッシュ検索(管理部)からいったん対象

メッシュの情報を特定し,対応するメッシュ単位の検索ボリュームを構成するボリューム管理へと指示す

る。

周辺検索など,地図に依存性が高いデータは,付加情報 A,B にデータを保持することも可能であるが,

メッシュ検索を用いてデータを絞り込むことも可能である。

附属書 図 に,その例を示す。


375

D 0810

:2004

  メッシュ検索管理

  マップ 1

  マップ 2

  マップ 3

  マップ 4

  マップ 5

  マップ 6

周辺検索フレーム管理

**検索フレーム管理

周辺検索フレーム管理

**検索管理

検索フレーム

検索フレーム

検索フレーム

検索フレーム

マップ 2

マップ 3

メッシュ番号で

対応メッシュを特定

メッシュ依存型ヴォリューム

のオフセット情報が取得可能

マップ x

メッシュ依存型検索フレーム:マップ 2

メッシュ依存型検索フレーム:マップ

x

メッシュ依存型検索フレーム:マップ 3

附属書   3  メッシュ依存型ボリュームの管理形式

メッシュ依存型データの検索フレームは,一般の検索フレームと同じである。対象メッシュだけの 50

音検索なども可能である。

附属書 図 に,その例を示す。

周辺検索ヴォリューム管理

カテゴリデータ定義

該当データ定義

カテゴリデータ

該当データ

メッシュを超えて共用

地点情報

メッシュごとに存在

附属書   4  メッシュ依存型データの検索フレーム構成 

地点情報は,メッシュごとにデータを格納することも同様に可能であり,このような場合メッシュごと

にデータ隣接して格納することができる。また,近隣複数施設の情報を地点情報から取得する場合,デー

タの取得効率が向上する。

メッシュを超えた検索フレームをもつ場合(全国対象の電話番号検索等)は,メッシュを意識しない”

“地点情報へのオフセット”をもつことによって,従来の方法と変わらずアクセスが可能である。

16.1 

検索メッシュについて  検索メッシュについては,検索対象のデータへのアクセス効率を向上させ

るため,POI 専用 DISK での周辺検索を可能にするため地点情報,周辺検索などのデータを地図メッシュ

単位に格納することとする。

16.2 

検索メッシュの記述  検索メッシュは全世界ユニークであり,経緯度方向によって正規化されたメ

ッシュを,

附属書   5 に示す。


40 500 等分

40 500

32 秒

(約 1km)

4 バイト表現で全世界をカバーできるメッシュ

32 秒

(約 1km)

附属書   5  検索メッシュの記述

16.3

検索メッシュの格納順序  検索メッシュの格納順序は,下記の附属書   6 のような N の順序で,

検索メッシュ依存データを格納する。

(LOmax,LAmax)

LOmin:最小経度

LAmin:最小緯度

LOmax:最大経度

LAmax:最大緯度

(LOmin,LAmin)

ボリューム管理(メッシュ検

索)に定義するメディア単位で

ユニークな基準座標となる。

検索メッシュは,基準メッシュの 4n
個を含む正方形で定義する。

附属書   6  検索メッシュの格納順序

そうすることによって,隣接の地図が連続的に配置され,かつ,上位のメッシュ(4 メッシュ正方)で

も連続的に配置されることとなる。

16.4 

メッシュ検索における統合メッシュとのデータ共有方法について  データ作成者においては,各メ

ッシュ単位にすべてのメッシュ依存型データを分けてデータを格納する方法も可能であるが,例えば,周

囲 10 km を対象にした周辺検索を行う場合などは,最大 100 メッシュを検索することとなり,データの取

得効率が低下することも考えられる。

そのようなコンテンツのもとに検索を行うボリュームについては,次のような構造で該当データフレー

ムをまとめ,データの取得効率を向上させる方法もある(周辺検索では,本データ構造でデータを格納す

ることとなる。

附属書   7 にその例を示す。


377

D 0810

:2004

intlvl3:map16

intlvl2map4

intlvl1:map1

検索対象データ

メッシュ管理部

検索フレー

ム管理

検索フレー

ム管理

統合度 0:map1

統合度 0:map2

統合度 0:map3

統合度 0:map4

メッシュ番号ごとにソートし

対象データをまとめる

検索フレー

ム管理

統合度 0

統合度 1

統合度 2

附属書   7  統合メッシュとのデータ共有方法について

a) 

各統合メッシュに応じて各々のボリューム管理を設けることによって,各統合メッシュに応じた検索

ボリュームを構成することが可能である。

このような構成で,各レベルの該当データ(周辺検索なら,種別コード,座標,地点情報へのポイ

ンタなど)の情報を共有化できる。

b) 

データ件数の少ないメッシュについては,メッシュ検索で意図的に検索メッシュを統合することも可

能である。

16.5 

検索メッシュの統合概念図  附属書   8 に,検索メッシュの統合概念図の例を示す。


検索メッシュの構成

:検索メッシュ  (統合度 0) 5 個

:検索メッシュ  (統合度 1) 4 個

:最小メッシュ

:検索メッシュ  (統合度 0)  で構成

:検索メッシュ  (統合度 1)  で構成

:検索メッシュ  (統合度 1)  で構成

附属書   8  検索メッシュの統合概念図

16.6 

検索メッシュ番号  検索メッシュ番号については,0 から始まる連番で構成することとし,付番順序

については

附属書 の 16.3 による。

16.7 

検索メッシュ統合度  検索メッシュ統合度は,基準検索メッシュを統合した大きさの度合いを示す。

0

∼15 までの連番を設定することが可能で,統合度 に対応する基準メッシュは,4個とする。

16.8 

検索メッシュの境界値記述  検索メッシュの境界値は,基準経緯度が,定義メッシュエリアの最小

経緯度(PID)以上,最大経緯度未満として,設定する。

附属書   9 にその例を示す。


379

D 0810

:2004

北緯、東経

南緯、東経

南緯、西経

北緯、西経

太線箇所は,基準メッシュに含まれる。

附属書   9  検索メッシュの境界値定義

16.9 

周辺施設検索  周辺施設検索は,地図ユニットの付加フレーム A・B(メッシュ依存型ボリュームに

も同様)に,ボリューム管理レコードを利用して,地図ユニットにそのまま書き込まれるデータ・地図ユ

ニット外に記録されているデータを判断させる。

地図ユニットに記録するデータは,

“種別コード・店舗コード”を含む該当データ。

種別コード・店舗コードの絞り込みは,カテゴリを利用し,その状態を保持する。

なお,地図ユニットに格納するため,該当テーブルにはユニット正規化座標を記録する。

該当テーブルの種別コードで設定する名称が選択されているときには表示する。CR などによって選択

が確定されて,地点情報が呼び出され,テキスト表示などが行われる。

地図ユニットの付加データ A フレーム,B フレーム,メッシュ依存型ボリュームのいずれを利用するか

は,管理データによって設定する。

(本体の 11.5 参照)

17. 

検索のためのキーボード  検索は,一般に表示されている選択肢から一つを選ぶことによって,目的

のデータを絞り込んでいる。

検索の特殊な方法及び,イメージなどで用意することが可能な入力方法(取り得る選択肢が明確に分か

っている場合)として,a)  アルファベット・50 音入力(1 バイトコード)

,b)  漢字入力・50 音入力(2 バ

イトコード)

,c)  電話番号,d)  郵便番号(Zip Code),e)  地方・都道府県選択が挙げられる。

このキーボードは,上記方法のとき,利用しなくてもかまわない。その場合,選択肢の表示方法は,通

常のものとなる。

なお,このキーボード及びコードは,カテゴリで使用するものである。

該当データがない場合,そのコードを選択肢から削除する,又は,該当データ数=0 として,カテゴリ

を作成する。いずれのキーボードも,頻繁に利用するため,カテゴリに名称を書く代わりに,1byte のコー

ドを使用することによって,データ量の削減・表現の個性化(イメージベースの選択方法など)をはかる

ことができる。

a)

アルファベット・50 音入力(バイトコード)  アルファベット・50 音入力(1 バイトコード)は,

ASCII

コードなど,1 バイトコードを対象としたキーボードである。

日本において,全角平仮名(0x829f  ∼ 0x82f1)を 50 音入力の対象とした場合などで,


      シフト JIS コード  - 0x829e

などの変換式を利用して 1 バイトコードとして処理する場合は,アルファベット・50 音入力を(各

国で標準化されない限り)用いてはいけない。

b)

漢字入力・50 音入力(バイトコード)  漢字入力・50 音入力(2 バイトコード)は,漢字などの 2

バイトコードを対象としたキーボードである。

漢字を対象にする・2 バイト平仮名だけを対象とするなど,様々な条件が設定できる。

日本の 50 音入力では,小文字を対象にしない・濁音を利用しないなどの制約を用いたほうがよい場

合もある。

c) 

電話番号  プッシュボタンをデザインしたイメージを活用したり,リモコンに 10 キーがあれば,電話

番号を利用することが可能となる。

BCD

表現を利用する。これは,4 ビット単位のマスクによる検索によって対象データが特定できる

ためである。

入力けた数や,オートダイアルなどのためのトーン信号とリンクさせる場合もあるため,各国対応

が必要である。

d)

郵便番号(Zip Code)  郵便番号(Zip Code)は,電話番号入力に準拠する。

e)

地方・都道府県選択  地方・都道府県選択は,各国対応が必要である。


381

D 0810

:2004