>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

1. 

メタデータ

1.1

前提条件  前提条件として,ISO 8859 TYPE10  文字コード表の一部を,表 636 に示す。

a) 

メタデータは,バッカス記法(BNF:ALGOL60 用記述)を用いる。

b) 

文字は,ISO で定義している情報交換用符号から,各国選択コードを除いたコードだけを使用

する。


 636  ISO 8859 TYPE10  文字コード表

0

1

2

3

4

5

6

7

0 NUL TC7

(DLE)

SP

0  P  p

1 TC1

(SOH)

DC1

1 A Q a  q

2 TC2

(EXT)

DC2

2 B R b  r

3 TC3

(EOT)

DC3   3  C  S  c  s

4 TC4

(EOT)

DC4   4  D  T  d  t

5 TC5

(ENQ)

TC8

(NAK)

5 E U e  u

6 TC6

(ACK)

TC9

(SYN)

6 F V f  v

7 BEL TC10

(ETB)

7 G W g w

8 FE0

(BS)

CAN

8 H X h  x

9 FE1

(HT)

EM

9 I Y i y

A FE2

(LF)

SUB

 :

J

Z

j

z

B FE3

(VT)

ESC

K   k

C FE4

(FF)

IS4

(FS)

L   l

D FE5

(CR)

IS3

(GS)

M  m

E SO  IS2

(RS)

N   n

F SI IS1

(US)

O

_

o DEL

c) 

コメントは“/*”と“*/”で囲む。

1.2

構文定義  構文定義の内容は参考として,附属書 11 に説明する。