>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

1.

定数又は変数として用いる用語  この規格で用いる主な定数又は変数として用いる用語。

a)

緯度・経度  緯度・経度は,先頭ワードの先頭ビットにフラグをもち,東経・北緯をそれぞれ正,

西経・南緯をそれぞれ負とする。次の 20 ビットで緯度及び経度を秒単位で表現する。次の 3 ビ

ットで緯度及び経度を 0.125 秒単位(1/8 秒)で表現する。残り 8 ビットは,拡張用とする。

b)

オフセット  O1O2・・・FREE  オフセットは,項目名のオフセット位置が固定でない場合の

格納方法。オフセット位置が任意のセクター位置の場合は,

“FREE”を格納する。

c)

使用基図識別子  使用基図識別子は,使用基図の縮尺に関して,分母の 1/100 の値。

d)

乗算定数  乗算定数は,X 座標オフセット値及び Y 座標オフセット値に乗算して使用する 2 の

n

乗値の n

備考  0≦n≦7:ただし,は整数

e)

正規化緯度  正規化緯度は,パーセル内正規化緯度座標を,4096 倍した整数部分。

f)

正規化経度  正規化経度は,パーセル内正規化経度座標を,4096 倍した整数部分。

g)

通行コード  通行コードは,条件付き交通規制を,設定するもの。

h)

ノード ID 番号  ノード ID 番号については,データ上には格納しない。ノード ID 番号は自ノ

ードレコードの先頭を 0 とし,格納の順番に+1 ずつ加算(カウント)して読み取る。ノード

ID

番号はリージョンデータ内で(ランク又は道路種別に依存しない。)重複しない整数を,格納

順に従って設定する。本規格では ID を省略し,単に「ノード番号」と称することがある。

i)

表示縮尺フラグ  表示縮尺フラグは,表示する縮尺を表わすフラグ。

備考  背景各レベルによって表示対応縮尺をもつ。

例  背景レベル 1 の  表示縮尺フラグと対応縮尺

表示縮尺フラグ      表示対応縮尺

1

1

万分の 1

2

2

万分の 1

3

3

万分の 1

j)

ブロックセット番号  ブロックセット番号は,同じレベル内の複数のブロックをまとめて管理

するブロックセットの番号。

備考  同じレベル内で 0 から 254 までの範囲を表現し,“NULL”には 255 を割り当てる。

k)

ブロック番号  ブロック番号は,同一ブロックセット内に存在する複数のブロックにおける各

ブロックの番号。

備考  同じブロックセット内で 0 から 65534 までの範囲を表現し,“NULL”には 65535 を割り

当てる。

l)

分割/統合パーセル識別子  分割/統合パーセル識別子は,当該パーセルデータが,当該基準

メッシュを更に分割したものか,又は基準メッシュを統合しているかを示すもの。

備考  分割の場合はメッシュ内相対位置を,統合の場合はパーセルサイズを示す。当該メッシ

ュデータが分割メッシュの場合,基準メッシュ内における当該メッシュデータの相対位


置を示す。最大 16×16 の 256 分割とする。当該メッシュデータが統合メッシュの場合,

左下メッシュを基準にしたパーセルサイズを示す。最大 16×16 の 256 統合とする。

m)

ポイント指示文字列  ポイント指示文字列は,真位置を意識し指示ポイントを回転中心とした

文字列を設定する場合の文字列タイプ。

n)

リンク ID 番号  リンク ID 番号は,リンク ID 番号の格納されているそのノード(リンク列中

間点,リンク列始点,リンク列終点)と次ぎに出現するノードとで構成するリンク列について

のメディア内の絶対番号を示す。

主要地図,経路計算に用いる道路データを基にして設定する。リンク ID 番号は,次の 2 項目

で特定する。

1)

リンク方向(2bit)  リンク方向は,2bit(0∼3)によって示す。0∼3 は,上位レベルで統合化

されたリンクを展開された下位リンクに対応させるため,上位リンクのリンク形状向きを基

準にした方向を示し,次による(1,2,3 においては,リンク番号はすべて同じとする。

0

:上位でコンプレックス表現なしの,シンプルネットワークリンク。

1

:上位でコンプレックス表現ありの,順方向シンプルネットワークリンク。

2

:上位でコンプレックス表現ありの,逆方向シンプルネットワークリンク。

3

:コンプレックス表現の,ネットワークリンク。

2)

リンク番号(30bit)  リンク番号は,0∼1073741823:メディア内のリンク番号を示す(0:

RESERVED

  1073741823:不定番号を示す。)。

o)

リンク種別  リンク種別は,次の種別をもつ。

1)

本線(上下線非分離)リンク

2)

本線(上下線分離)リンク

3)

連結路(本線間の渡り線)リンク

4)

交差点内リンク

5)

連結路(ランプ)リンク

6)

本線と同一路線の側道

7)  SA

等側線リンク

p)

隣接ノード ID 番号  隣接ノード ID 番号は,自ノードと接続しているノード(隣接ノード)の

ノード番号。

備考  値の範囲は,0∼8091 となる。

q)

レベル番号  レベル番号は,ブロックセット管理で管理するレベル。

備考  −31 から+31 までの範囲を表現し,“NULL”には‐32 を割り当てる。