>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

1

D 0303 : 1998(ISO 3832 : 1991)

  解説

解説表 1  JIS と対応する国際規格との比較及び改正点 

旧規格の内容

国際規格の内容

相違点

改正規格の内容

改正理由

(1)

適用範囲

(本体の 1.

乗用車。ただし,

ト ラ ッ ク ス テ ー
シ ョ ン ワ ゴ ン を
除く。

Passenger cars

JIS

はトラックス

テ ー シ ョ ン ワ ゴ
ン を 含 ま な い 。

ISO

には含む。

乗用車

自動車の種 類に関 する用

語規定 ISO  3833JIS D 

0101

のいずれもトラック

ステーショ ンワゴ ンは乗

用車の分類 のため 削除し
た。

(2)

定義

(本体の 3.

・荷物室の標準容

積 
・R 点

・測定具 
・荷物室

 unit module

 reference  volume

ofluggage

compartment

JIS は R 点を定
義(ISO は 1991
年の改正で R 点

を廃止)

JIS は“荷物室”

を定義。

・測定具

・荷物室の標準容

・測定方法の変更に伴い,

R

点の定義廃止。

・“荷物室”も改めて定義

しておく必 要性は ないと
思われるため廃止した。

(3)

測定具

(本体の 3.1

長さ mm/幅 mm/
高さ mm/maX 質
量 kg

Length mm/Width

mm/Height

mm/Volume dm

3

サ イ ズ と 種 類 が
異 な る ( ISO 

1991

年の改正で

Type B

を追加)

タイプ A 
タイプ B

ISO

の改正に伴い,実容積

に近い測定 が可能 になっ
たため ISO に合わせた。

標準測定具;

400/200/100/1.5

補助測定具 A;

400/200/50/1.0

補助測定具 B;

200/200/100/1.0

補助測定具 C;

400/100/100/1.0

角に 10mm 以下の
丸み

TypeA;

400/200/100/8

TypeB;

200/100/50/1 with

rounded edges of

maximum radius

10mm

JIS

はリヤシート

が 折 り 畳 み 式 の
ケ ー ス で の シ ー
ト の た わ み を 考

慮 し て 測 定 具 の
質量を規定。

質量規定を削除  実質的には,旧規格で定め

る質量以上 の測定 具を使
うことはな いと思 われる
ため,質量 規定を 削除し

た。

(4)

測定方法

(本体の 4.

乗 員 室 に 対 し て
開 放 さ れ た 荷 物
室 の 積 載 上 面 限

度:運転席の R 点
から 400mm 上方
の JIS D 0102 

規定する水平面

乗 員 室 に 対 し て
開 放 さ れ た 荷 物
室 の 積 載 上 面 限

度:バックレスト
上 端 を 通 り 主 た
る 積 載 床 に 平 行

な平面

上 面 限 度 と な る
平 面 の 定 義 が 異
なる。

バ ッ ク レ ス ト 上
端 を 通 り 主 た る
積 載 床 に 平 行 な

平面

ISO

が 1991 年の改正で R

点を廃止したのに伴い、上
面限度の整合も図った。

ISO

に該当する規

定なし。

乗 員 室 に 対 し て

開 放 さ れ た 荷 物
室 の 積 載 上 面 限
度:ルーフヘッド

ライニング

ISO

は 1991 年の

改 正 で 左 記 上 面
限度の条件追加。

ル ー フ ヘ ッ ド ラ

イニング

安全性とは 切り離 して考

え,ルーフヘッドライニン
グまでの条件を追加した。

乗 員 室 に 対 し て
開 放 さ れ た 荷 物

室 の 秘 蔵 前 面 限
度:ストッパ付き
の 車 両 は ス ト ッ

パを限度とする。

JIS

に該当する規

定なし。

規 定 の 有 無 が 異
なる。

ス ト ッ パ 付 き 車
両の条件を削除

上記同様,安全性とは切り
離して考え,ストッパ付き

車両の条件を削除した。


2

D 0303 : 1998(ISO 3832 : 1991)

  解説

解説表 1  JIS と対応する国際規格との比較及び改正点(続き) 

旧規格の内容

国際規格の内容

相違点

改正規格の内容

改正理由

(4)

測定方法

(本体の 4.

フ ロ ン ト シ ー ト

の位置:リヤモー
スト

フ ロ ン ト シ ー ト

の位置:製造業者
に よ っ て 決 め ら
れ た 設 計 基 準 位

シ ー ト 位 置 が 異

なる。

製 造 業 者 に よ っ

て 決 め ら れ た 設
計基準位置

ISO

が 1991 年の改正で R

点を廃止し,左記条件に変
更したのに伴い,シート位
置の整合を図った。

測定手順:標準測

定具だけの場合,
標 準 測 定 具 に 補
助 測 定 具 を プ ラ

スした場合

測 定 手 順 : Type

A

,B を適宜使っ

て測定

測 定 具 の 使 い 分

けが異なる。

タイプ A,B を適

宜使用

測定具の整合化に伴い,手

順の整合化も図った。

(5)

標 準 容 積 符

(本体の 5.

測 定 具 の 使 い 分
けによって分類

標 準 測 定 具 だ け
の場合:JIS(I)法,

標 準 測 定 具 に 補

助 測 定 具 を 加 え
た場合:

JIS(II)

積 載 パ タ ー ン に
よって分類

V210

, V211 ,

V212

,V214

分 類 方 法 が 異 な
る。

積 載 パ タ ー ン に
よって分類

V210

, V211 ,

V212

,V214

測定具の整合化に伴い,容
積符号の整合化も図った。

(6)

呼称方法

(本体の 6.

(表示例)

352dm

3

JIS(I)法]

440dm

3

[ JIS(II)

法]

(表示例)

Luggage

compartment

volume

ISO

3832-V211-216

呼 称 方 法 が 異 な
る。

(表示例) 
荷物室容積

JIS D 0303

-V211-216

容積符号の整合化に伴い,
呼称方法の 整合化 も図っ

た。


 

3

D

 0303 :

 19
98(ISO

 38
32 :

199

1)

 解

解説付表 1  JIS と対応する国際規格との対比表 

JIS D 0303 : 1998

  乗用車−荷物室−標準容積の測

定方法

ISO 3832 : 1991

  Passenger cars−Luggage compartments−Method of measuring reference volume

対比項目

規定内容

(I)  JIS

の規定内容 (II)

国 際 規 格 番

(III)

国際規格の規定内容 (IV)

JIS

と国際規格との相違点 (V)

JIS

と国際規格との整合

が困難な理由及び今後の
対策

(1)

適用範囲

○  乗用車

○ passenger cars

(2)

定義

○  測定具

○ unit module

荷物室の標準容積

○ reference volume of luggage

compartment

(3)

測定具

○  タイプ A,B の 2 種類を規定  

○ タイプ A,B の 2 種類を規定

(4)

測定方法

○  積載上面限度:バックレスト

上端を通り主たる積載床に

平行な面

○ 積載上面限度:バックレスト上端

を通り主たる積載床に平行な面

○  フル積載の上面限度:ルーフ

ヘッドライニング

○ フル積載の上面限度:ルーフヘッ

ドライニング

○  フロントシート位置:製造業

者によって決められた設計

基準位置

○ フロントシート位置:製造業者に

よって決められた設計基準位置

○  測定手順:タイプ A,B を適

宜使用

○ 測定手順:タイプ A,B を適宜使

(5)

標 準 容 積 符

○ V210,V211,V212,V214 の

4

○ V210,V211,V212,V214 の 4 種 ≡

(6)

呼称方法

○  荷 物 室 容 積 JIS D 0303-

V211-216

○ Luggage compartment volume ISO

3832-V211-216

備考1.  表中の(I)及び(III)欄にある“○”は,該当する項目を規定していることを示す。

2.

表中の(IV)欄にある“≡”は,国際規格との技術的内容は一致していることを示す。