>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

日本工業規格

JIS

 D

0301

-1982

自動車室内寸法の測定方法

Measuring Method of Auomobile Body Interior Dimensions

1.

適用範囲  この規格は,乗用車(

1

)

及びライトバン(

1

)

(以下,バンという。

)の室内寸法  並び  にバンの

荷物室寸法の測定箇所及び測定要領について規定する。なお,トラック(

1

)

の運転室についても準用するこ

とができる。

(

1

)

乗用車,ライトバン  及び  トラックとは,JIS D 0101(自動車の種類に関する用語)によるもの

をいう。

引用規格: 

ISO 2958

  Road vehicles−Exterior protection for passenger cars

ISO 6549

  Road vehicles−Procedure for H-point determination

JIS D 0030

  自動車の 3 次元座標方式

JIS D 0101

  自動車の種類に関する用語

JIS D 0102

  自動車用語(自動車の寸法,質量,荷重  及び  性能)

JIS D 4202

  自動車用タイヤの諸元

JIS Z 8401

  数値の丸め方

関連規格:ISO 612  Road vehicles−Dimensions of motor vehicles and towed vehicles-terms and definitions

ISO 1176

  Road vehicles−Weights−Vocabulary

ISO 4131

  Road vehicles−Dimensional codes for passenger cars

2.

用語の意味  この規格で用いる主な用語の意味は,次による。

(1)

ゼロ 平面  自動車の縦中心面(

2

)

に一致する測定の基準とする鉛直面〔JIS D 0030(自動車の 3 次元

座標方式)参照〕

(

2

)

直進姿勢にある自動車の左右車輪間の中心を通る鉛直面をいう〔JIS D 0102(自動車用語(自動

車の寸法,質量,荷重及び性能)参照〕

(2)

ゼロ 平面  ゼロ Y 平面と直交する測定の基準とする鉛直面(JIS D 0030 参照)。

(3)

ゼロ 平面  ゼロ Y 平面とゼロ X 平面に直交する測定の基準とする水平面(JIS D 0030 参照)。

(4)  Y

平面  ゼロ Y 平面に平行な平面。

(5)  X

平面  ゼロ X 平面に平行な平面。

(6)  Z

平面  ゼロ Z 平面に平行な平面。

(7)

基準マーク  自動車の各部の位置,寸法を決める基準とする具体的な点を表すマーク(JIS D 0030 

照)

(8)  B

点  前席乗員が,かかとを置く位置に相当し,製造業者が指定する基準位置(製造業者が指定する


2

D 0301-1982

基準位置を,以下,基準位置という。

(9)  B'

点  後席乗員が,かかとを置く位置に相当する基準位置。

(10) A

点  B 点からアクセルペダルに沿って 200mm 上方の位置。

(11)  R

点  各シートを最後端位置(シートの上下,シートバック角度  及び  シートクッションの取付角度

が調節できるものは基準位置に調節した状態とする。

)に調節して,ISO 6549 に規定された人体模型

及び  搭載要領に基づき,着座させた場合の当該模型のヒップポイント(股関節点)の位置に相当する

基準位置。

(12)

設計荷重状態  空車状態に定員の人員が乗車した状態(ISO 2958 による。)。

3.

測定条件  測定条件は次による。

(1)

自動車は,特に指定のない限り,水平な接地面上で測定する。

(2)

内張り  及び  敷物は,その車種ごとに定めた標準装備状態とする。

(3)

バンの荷物室の寸法は,折りたたみ式リヤシートを折りたたんだ状態で測定する。

(4)

バンの荷物室測定時のフロントシートのスライド  及び  リクライニング位置は,次のとおりとする。

(a)

スライド位置:基準位置とする。基準位置が不明のときは全スライド量の中央とする。ただし,中

央に固定できない場合は,中央より前方  又は  上方で固定し得る最も近い位置とする。

(b)

リクライニング位置:基準位置とする。基準位置が不明のときは,トルソーラインが 25°に最も近

くなる位置に固定する。

4.

数値の丸め方  最小単位を 1 ミリメートル (mm) とし,JIS Z 8401(数値の丸め方)により丸める。

なお,角度については原則として分までとするが,測定誤差の大小によって 10 分単位,30 分単位又は

度単位とする。

5.

寸法コード

5.1

寸法コードの構成  寸法コードは,頭記号−分類記号・番号で構成し,それぞれ次による。

(1)

頭記号

ISO 

ISO 4131 と測定箇所  及び  測定要領が一致するもの。

JIS 

ISO 4131 に規定のない寸法の測定箇所。

(2)

分類記号

L

:長さ方向の寸法

H

:高さ方向の寸法

W

:幅方向の寸法

D

:直径寸法

備考  角度はゼロ X 平面,ゼロ Z 平面  又は  ゼロ Y 平面のいずれの基準面に対して測定するかによっ

て,L,H 又は W の記号を用いる。

(3)

番号

1

∼ 96:室内寸法

127

∼137:基準となる寸法

300

∼302:バンの荷物室寸法

5.2

寸法コードの使用  寸法コードは,この規格に定める室内寸法の測定箇所を表示するために用いる。


3

D 0301-1982

6.

基準面及び基準マークの設定

6.1

基準面の位置  基準面の位置は,次による(付図 参照)。

寸法コード

基準位置

定義

負荷の状態

備考

ISO-H 136

前車軸位置におけるゼ

ロ Z 平面の高さ

前車軸中心における接地面からゼロ Z 平面まで

の鉛直距離。

設計荷重

状態

使用タイヤとタイヤの有効

半径(

3

)

を注記する。

ISO-H 137

後車軸位置におけるゼ

ロ Z 平面の高さ

後車軸中心における接地面からゼロ Z 平面まで

の鉛直距離。

設計荷重

状態

使用タイヤとタイヤの有効

半径(

3

)

を注記する。

ISO-L 127

ゼロ X 平面から後車軸

まで

ゼロ X 平面から後車軸中心までの距離。

ただし,左右の車軸中心が異なる場合は左,右

の順にダッシュ“−”を挾んで記入する。

設計荷重

状態

後車軸の X 座標を示す。

ISO-L 128

ゼロ X 平面から前車軸

まで

ゼロ X 平面から前車軸中心までの距離。

ただし,左右の車軸中心が異なる場合は左,右

の順にダッシュ“−”を挾んで記入する。

設計荷重

状態

前車軸の X 座標を示す。

(

3

)  JIS D 4202

(自動車用タイヤの諸元)の静荷重半径の基準寸法を用いる。

6.2

基準マークの位置  基準マークの位置は,次による(付図 参照)。

寸法コード

基準位置

定義

負荷の状態

備考

ISO-L 54

基準マーク No.1 からゼ

ロ X 平面まで

基準マーク No.1 からゼロ X 平面までの距離。

設計荷重

状態

ISO-L 55

基準マーク No.2 からゼ

ロ X 平面まで

基準マーク No.2 からゼロ X 平面までの距離。

設計荷重

状態

ISO-L 56

基準マーク No.3 からゼ

ロ X 平面まで

基準マーク No.3 からゼロ X 平面までの距離。

設計荷重

状態

ISO-W 21

基準マーク No.1 からゼ

ロ Y 平面まで

基準マーク No.1 からゼロ Y 平面までの距離。

設計荷重

状態

ISO-W 22

基準マーク No.2 からゼ

ロ Y 平面まで

基準マーク No.2 からゼロ Y 平面までの距離。

設計荷重

状態

ISO-W 23

基準マーク No.3 からゼ

ロ Y 平面まで

基準マーク No.3 からゼロ Y 平面までの距離。

設計荷重

状態

ISO-H 81

基準マーク No.1 からゼ

ロ Z 平面まで

基準マーク No.1 からゼロ Z 平面までの距離。

設計荷重

状態

ISO-H 82

基準マーク No.2 からゼ

ロ Z 平面まで

基準マーク No.2 からゼロ Z 平面までの距離。

設計荷重

状態

ISO-H 83

基準マーク No.3 からゼ

ロ Z 平面まで

基準マーク No.3 からゼロ Z 平面までの距離。

設計荷重

状態


4

D 0301-1982

7.

寸法コード・寸法・測定要領

7.1

R

点の位置  R 点の位置は,次による(付図 参照)。

寸法コード

寸法

測定要領

備考

ISO-H 70

ゼロ Z 平面からフロン

トシートの R 点まで

ゼロ Z 平面からフロントシートの R 点までの鉛直距

離を測る。ただし,運転席,助手席の R 点が異なる

場合は,各々を測り,運転席,助手席の順にダッシ

ュ“−”を挾んで、記入する。

フロントシートの R 点の Z 座

標を示す。

ISO-L 31

ゼロ X 平面からフロン

トシートの R 点まで

ゼロ X 平面からフロントシートの R 点までの水平

距離を測る。ただし,運転席,助手席の R 点が異な

る場合は,各々を測り,運転席,助手席の順にダッ

シュ“−”を挾んで記入する。

フロントシートの R 点の X 座

標を示す。

ISO-W 20

ゼロ Y 平面からフロン

トシートの R 点まで

ゼロ Y 平面からフロントシートの R 点までの水平

距離を測る。ただし,運転席,助手席の R 点が異な

る場合は,各々を測り,運転席,助手席の順にダッ

シュ“−”を挾んで記入する。

フロントシートの R 点の Y 座

標を示す。

ISO-H 71

ゼロ Z 平面からリヤシ

ート(

4

)

の R 点まで

ゼロ Z 平面からリヤシートの R 点までの鉛直距離を

測る。ただし,左右の R 点が異なる場合は,各各を

測り,左,右の順にダッシュ“−”を挾んで記入す

る。

リヤシートの R 点の Z 座標を

示す。

ISO-L 35

ゼロ X 平面からリヤシ

ート(

4

)

の R 点まで

ゼロ X 平面からリヤシートの R 点までの水平距離

を測る。ただし,左右の R 点が異なる場合は,各各

を測り,左,右の順にダッシュ“−”を挾んで記入

する。

リヤシートの R 点の X 座標を

示す。

ISO-W 25

ゼロ Y 平面からリヤシ

ート(

4

)

の R 点まで

ゼロ Y 平面からリヤシートの R 点までの水平距離

を測る。ただし,左右の R 点が異なる場合は,各各

を測り,左,右の順にダッシュ“−”を挾んで記入

する。

リヤシートの R 点の Y 座標を

示す。

(

4

)

  3

列以上のシートの場合には,第2列,第3列,……のリヤシートの寸法に対し,それぞれ2,3,……の数字を

付加する。

7.2

前部室内寸法  前部室内寸法は次による。なお特に規定がない場合は,運転席の寸法とする(付図 3

参照)

寸法コード

寸法

測定要領

備考

ISO-H 11

前部乗車口上縁高さ

フロントシートの R 点を通る X 平面上で R 点から

開口部上縁までの鉛直距離を測る。

ISO-H 25

前部ベルトライン高さ

フロントシートの R 点を通る X 平面上で R 点から

ベルトラインまでの鉛直距離を測る。

ベルトラインとは,サイドウイ

ンドのパネル,又は  トリムで

隠されていない部分の下端と

する。

ISO-H 30

フロントシートの R 点

から B 点までの高さ

フロントシートの R 点から B 点を通る Z 平面まで

の鉛直距離を測る。

ISO-H 37

前部ヘッドライニング

厚さ

フロントシートの R 点を通り,ゼロ X 平面と後方

8

°をなす平面のルーフとの交点で,ルーフパネル

内側とヘッドライニング下面との最短距離を測る。

ISO-H 93

ステアリングホイール

高さ

フロントシートの R 点からステアリングホイール

上面中心を通る Z 平面との鉛直距離を測る。

ステアリングに調節機構のあ

る場合は,基準位置  又は  中央

位置とし,両極端位置の値を併

記する。


5

D 0301-1982

寸法コード

寸法

測定要領

備考

ISO-H 95

前部ヘッドルーム

フロントシートの R 点を通り,ゼロ X 平面と後方

8

°をなす平面上で,かつ,ゼロ Y 平面に平行に測

定したときの R 点とヘッドライニングとの最短距

離を測る。

JIS-H 58

シートスライド量

(上下)

フロントシートを最後端位置から最前運転位置  又

は  乗車位置に移動させたときの R 点の上下移動量

を測る。ただし,上は正,下は負で表す。

(1)

最前運転位置  及び  乗車

位置は製造業者が定める

位置とする。

(2)

スライド機構とは別に専

用のリフト機構を有する

場合は,単独の移動量を

(

  )  内に併記する。

ISO-L 10

フロントシート奥行

フロント R 点からフロントシートクッション前端

までの水平距離を測る。

ISO-L 13

ステアリングホイール

から常用ブレーキペダ

ルまで

踏まない状態の常用ブレーキペダル踏面中心から,

ステアリングホイールの外周最下端までをゼロ Y

平面に平行に測る。

ステアリングに調節機構のあ

る場合は,基準位置  又は  中央

位置とする。

ISO-L 23

シートスライド量

(前後)

フロントシートを最後端位置から最前運転位置,又

は乗車位置に移動させたときの R 点の水平移動量

を測る。

最前運転位置  及び  乗車位置

は製造業者が定める位置とす

る。

ISO-L 25

ステアリングホイール

ステアリングホイールの上面と X 平面とのなす角

度を測る。

ステアリングホイールが角度

及び  軸方向に調節可能な場合

は,基準位置  又は  中央位置と

し,両極端位置の値を併記す

る。

トルソーラインは製造業者が

定める。

ISO-L 40

前部バック角

X

平面とフロントシートの R 点を通るトルソーライ

ンとのなす角度を測る。

トルソーラインが不明のと

きは 25°に最も近くなる位

置とする。

ISO-L 52

常用ブレーキペダルと

アクセルペダルとの段

踏まない状態の常用ブレーキペダル踏面中心から

アクセルペダル上の A 点を通り,ゼロ Y 平面に垂

直で線分 AB を含む平面までの距離を測る。

ブレーキペダルが線分 AB より

前方にある場合は負の値で示

す。

ISO-L 53

フロントシートの R 点

から B 点までの水平距

フロントシートの R 点から B 点を通る X 平面まで

の水平距離を測る。

ISO-L 61

フロントシートの R 点

からアクセルペダルま

フロントシートの R 点から A 点を通る X 平面まで

の水平距離を測る。

ISO-L 63

フロントシートの R 点

からステアリングホイ

ール中心まで

フロントシートの R 点からステアリングホイール

上面の中心を通る X 平面までの水平距離を測る。

ステアリングに調節機構のあ

る場合は,基準位置  又は  中央

位置とし,両極端位置の値を併

記する。

ISO-W 3

前部ショルダルーム

フロントシートの R 点を通る X 平面上で,R 点上方

254mm

以上の位置における内張り表面間の最短水

平距離を測る。ただし,アームレストは除く。

ISO-W 5

前部ヒップルーム

フロントシート R 点の上方 75mm,下方 25mm  及び

前後 75mm の範囲内における内張り表面間の最短距

離を X 平面上で測る。


6

D 0301-1982

寸法コード

寸法

測定要領

備考

ISO-W 7

ゼロ Y 平面からステア

リングホイールまで

ステアリングホイール上面の中心を通る Y 平面と

ゼロ Y 平面との距離を測る。

ステアリングに調節機構のあ

る場合は,基準位置で測る。

ISO-W 16

フロントシートクッシ

ョン幅

フロントシートクッションの左右の最外側で接す

る Y 平面間の距離を測る。ただし,2 名以上乗車で

きる一体式の場合は,その旨注記する。

ISO-W 31

前部エルボルーム

フロントシートの R 点を通る X 平面上で,アーム

レストのすぐ上,又は  アームレストがない場合は,

R

点上方 180mm の位置での内張り表面間の最短水

平距離を測る。ただし,内張り表面とアームレスト

の間のコーナは除く。

ISO-W 41

前部サイドウインドガ

ラスの曲率半径

フロントシートの R 点を通る X 平面上で,サイド

ウインドガラスの曲率半径を測る。

JIS-W 51

前部乗車口上縁幅

フロントシートの R 点を通る X 平面上で左右の乗

車口上縁(ISO-H 11 の位置)間の水平距離を測る。

ISO-D 9

ステアリングホイール

ステアリングホイールの外径を測る。ただし,ステ

アリングホイールが円形でない場合は,長径及び短

径を測る。

7.3

後部室内寸法  後部室内寸法は次による。なお特に規定がない場合は,運転席側の寸法とする(付

図 3参照)。

寸法コード

寸法

測定要領

備考

ISO-H 31

リヤシートの R 点から

B'

点までの高さ

リヤシートの R 点から B'点を通る Z 平面までの鉛

直距離を測る。

ISO-H 38

後部ヘッドライニング

厚さ

リヤシートの R 点を通り,ゼロ X 平面と後方 8°を

なす平面のルーフとの交点で,ルーフパネル内側と

ヘッドライニング下面との最短距離を測る。

ISO-H 96

後部ヘッドルーム

リヤシートの R 点を通り,ゼロ X 平面と後方 8°を

なす平面上で,かつ,ゼロ Y 平面に平行に測定した

ときの,R 点とヘッドライニングとの最短距離を測

る。

ISO-L 12

リヤシート奥行

リヤシートの R 点からリヤシートクッション,前端

までの水平距離を測る。

トルソーラインは製造業者が

定める。

ISO-L 41

後部バック角

X

平面とリヤシートの R 点を通るトルソーラインと

のなす角度を測る。

トルソーラインが不明のと

きは 25°に最も近くなる位

置とする。

ISO-L 49

アッパレッグルーム

リヤシートの R 点を通る Y 平面上で,R 点上方

250mm

の位置における R 点とフロントシートバッ

ク後縁との最短水平距離を測る。

(1)

リクライニング式フロン

トシートの傾斜角は基準

位置とし,不明の場合はト

ルソーライン 25°に最も

近くなる位置に固定する。

(2)

フロントシートに人体模

型を搭載した場合,シート

バックが著しく変形する

ものにあっては搭載状態

で測る。


7

D 0301-1982

寸法コード

寸法

測定要領

備考

ISO-L 50

フロントシート R 点か

らリヤシート R 点まで

フロントシート R 点,及び  リヤシート R 点を各々

通る X 平面間の水平距離を測る。

(1)

前席 R 点の配置が非対称

の場合は運転席の R 点を

基準とする。

(2)

後席 R 点の配置が非対称

の場合は各々を測る。

ISO-L 64

リヤシートの R 点から

B'

点までの水平距離

リヤシートの R 点から B'点を通る X 平面までの水

平距離を測る。

ISO-W 4

後部ショルダルーム

リヤシートの R 点を通る X 平面上で,R 点上方

254mm

以上の位置における内張り表面間の最短水

平距離を測る。ただし,アームレストは除く。

ISO-W 6

後部ヒップルーム

リヤシート R 点の上方 75mm,下方 25mm 及び前後

75mm

の範囲内における内張り表面間の最短水平距

離を X 平面上で測る。

ISO-W 32

後部エルボルーム

リヤシートの R 点を通る X 平面上で,アームレス

トのすぐ上,又は  アームレストがない場合は,R

点上方 180mm の位置での内張り表面間の最短水平

距離を測る。ただし,内張り表面とアームレストの

間のコーナは除く。

7.4

バンの荷物室寸法  バンの荷物室寸法は、次による(付図 参照)。

寸法コード

寸法

測定要領

備考

JIS-H 300

荷物室内高さ

ゼロ Y 平面付近における床上面から天井下面まで

の最大鉛直距離を測る。ただし,床面にリブがある

ときは下図において 部の総面積が 部の総面積よ

り小さいときはリブ低面で,また等しいか大きいと

きは,リブ高面で測る。

JIS-L 300

荷物室内長さ

ゼロ Y 平面上において,荷物室内高さ  (JIS-H 300)

の中点を通る大部分の床面に平行な直線の荷物室

前縁から後縁までの距離を測る。ただし,これが後

面ガラスと交わるときは,窓下縁材に接する床面に

垂直な線との交点をとる。

  なお,この交点がガラス内面よりも外に出るとき

は,ガラス内面までとする。また,前縁がフロント

シートバックであるときは,3(4)による。


8

D 0301-1982

寸法コード

寸法

測定要領

備考

JIS-W 300

荷物室内幅

荷物室内長さ  (JIS-L 300)  の中央部で,荷物室内高

さ  (JIS-H 300)  の中点におけるゼロ Y 平面に垂直

な直線が荷物室内壁面(保護棒,その他の突起物  及

び  局部的なくぼみ部を除く。

)と交わる交点間の距

離を測る。ただし,ガラスと交わるときは,窓下縁

材に接する床面に垂直な線との交点をとる。

  なお,この交点がガラス内面よりも外に出るとき

は,ガラス内面までとする。

JIS-L 301

床長さ

ゼロ Y 平面上で大部分の床面に平行な荷物室の前

後の隔壁基準面間の距離を測る。ただし,フロント

シートバックが基準面となるときは,3(4)による。

JIS-L 302

荷物室オフセット

床長さ  (JIS-L 301)  の中点と後車軸中心とを接地面

に鉛直に投影した 2 点間のゼロ Y 平面投影距離を測

る。

JIS-H 301

開口部高さ

後部ドアを最大に開放した場合に,ゼロ Y 平面にお

ける開口部の鉛直高さを測る。ただし,小突起物  及

び  局部的な凹凸部を除く。

JIS-W 301

開口部幅

後部ドアを最大に開放した場合に,開口部高さ

(JIS-H 301)

の中点を通る Z 平面上における開口部

の水平長さを測る。ただし,小突起物  及び  局部的

な凹凸部を除く。


9

D 0301-1982

付図 1  基準面  及び  基準マークの位置

注  ※印の高さについては末尾の参考を参照のこと。


10

D 0301-1982

付図 2  点の位置

付図 3  室内寸法(高さ関係)


11

D 0301-1982

付図 4  室内寸法(長さ・角度関係)

付図 5  室内寸法(幅関係)


12

D 0301-1982

付図 6  バンの荷物室寸法


13

D 0301-1982

索  引  表

1.

高さ関係

寸法コード

寸法

ページ

付図

ISO-H 11

前部乗車口上縁高さ 5

3

ISO-H 25

前部ベルトライン高さ 5

3

ISO-H 30

フロントシートの R 点から B 点までの

高さ

5

3

ISO-H 31

リヤシートの R 点から B'点までの高さ 7

3

ISO-H 37

前部ヘッドライニング厚さ 5

3

ISO-H 38

後部ヘッドライニング厚さ 7

3

ISO-H 70

ゼロ Z 平面からフロントシートの R 点ま

4

2

ISO-H 71

ゼロ Z 平面からリヤシートの R 点まで 4

2

ISO-H 81

基準マーク No.1 からゼロ Z 平面まで 4

1

ISO-H 82

基準マーク No.2 からゼロ Z 平面まで 4

1

ISO-H 83

基準マーク No.3 からゼロ Z 平面まで 4

1

ISO-H 93

ステアリングホイール高さ 5

3

ISO-H 95

前部ヘッドルーム 5

3

ISO-H 96

後部ヘッドルーム 7

3

ISO-H 136

前車軸位置におけるゼロ Z 平面の高さ 3

1

ISO-H 137

後車軸位置におけるゼロ Z 平面の高さ 3

1

JIS-H 58

シートスライド量(上下) 5

3

JIS-H 300

荷物室内高さ 8

6

JIS-H 301

開口部高さ 9

6

2.

長さ関係

寸法コード

寸法

ページ

付図

ISO-L 10

フロントシート奥行 5

4

ISO-L 12

リヤシート奥行 7

4

ISO-L 13

ステアリングホイールから常用ブレー

キペダルまで

5

4

ISO-L 23

シートスライド量(前後) 5

4

ISO-L 25

ステアリングホイール角 6

4

ISO-L 31

ゼロ X 平面からフロントシートの R 点

まで

4

2

ISO-L 35

ゼロ X 平面からリヤシートの R 点まで 4

2

ISO-L 40

前部バック角 6

4

ISO-L 41

後部バック角 7

4

ISO-L 49

アッパレッグルーム 7

4

ISO-L 50

フロントシート R 点からリヤシート R

点まで

8

4

ISO-L 52

常用ブレーキペダルとアクセルペダル

との段差

6

4

ISO-L 53

フロントシートの R 点から B 点までの

6

4

寸法コード

寸法

ページ

付図

水平距離

ISO-L 54

基準マーク No.1 からゼロ X 平面まで 3

1

ISO-L 55

基準マーク No.2 からゼロ X 平面まで 3

1

ISO-L 56

基準マーク No.3 からゼロ X 平面まで 3

1

ISO-L 61

フロントシートの R 点からアクセルペ

ダルまで

6

4

ISO-L 63

フロントシートの R 点からステアリン

グホイール中心まで

6

4

ISO-L 64

リヤシートの R 点から B'点までの水平

距離

8

4

ISO-L 127

ゼロ X 平面から後車軸まで 3

1

ISO-L 128

ゼロ X 平面から前車軸まで 3

1

JIS-L 300

荷物室内長さ 9

6

JIS-L 301

床長さ 9

6

JIS-L 302

荷物室オフセット 9

6

3.

幅関係

寸法コード

寸法

ページ

付図

ISO-W 3

前部ショルダルーム 6

5

ISO-W 4

後部ショルダルーム 8

5

ISO-W 5

前部ヒップルーム 6

5

ISO-W 6

後部ヒップルーム 8

5

ISO-W 7

ゼロ Y 平面からステアリングホイール

まで

6

5

ISO-W 16

フロントシートクッション幅 6

5

ISO-W 20

ゼロ Y 平面からフロントシートの R 点

まで

4

2

ISO-W 21

基準マーク No.1 からゼロ Y 平面まで 3

1

ISO-W 22

基準マーク No.2 からゼロ Y 平面まで 3

1

ISO-W 23

基準マーク No.3 からゼロ Y 平面まで 3

1

ISO-W 25

ゼロ Y 平面からリヤシートの R 点まで 4

2

ISO-W 31

前部エルボルーム 7

5

ISO-W 32

後部エルボルーム 8

5

ISO-W 41

前部サイドウインドガラスの曲率半径 7

5

JIS-W 51

前部乗車口上縁幅 7

5

JIS-W 300

荷物室内幅 9

6

JIS-W 301

開口部幅 9

6

4.

直径

寸法コード

寸法

ページ

付図

ISO-D 9

ステアリングホイール径 7

5


14

D 0301-1982

参考  基準マークの接地面に対する位置  ISO 4131 Road vehicles−Dimensional Codes for Passenger

Cars

は,基準マーク No.1,No.2 及び No.3 の接地面に対する位置を,次のように定めている。

主として自動車の外周り寸法を測定する場合に使用するものであるが,室内寸法を測定する

場合にも参考になる。

寸法コード

基準位置

定義

負荷の状態

備考

ISO-H161

空車状態

ISO-H163

設計荷重状態

ISO-H165

基準マーク No.1 の接

地面からの高さ

右記の負荷状態における基準マーク

No.1

の接地面からの高さ

最大積載状態

ISO-H162

空車状態

ISO-H164

設計荷重状態

ISO-H166

基準マーク No.2 の接
地面からの高さ

右記の負荷状態における基準マーク

No.2

の接地面からの高さ

最大積載状態

ISO-H167

空車状態

ISO-H168

設計荷重状態

ISO-H169

基準マーク No.3 の接

地面からの高さ

右記の負荷状態における基準マーク

No.3

の接地面からの高さ

最大積載状態


15

D 0301-1982

社団法人自動車技術会  車体部会室内寸法測定法分科会構成表

氏名

所属

(分科会長)

伊  東  隆  義

トヨタ自動車工業株式会社第 3 技術部

(幹事)

田  沢  俊  三

トヨタ自動車工業株式会社第 3 技術部

相  馬  哲  夫

通商産業省機械情報産業局自動車課

池  田  順  一

工業技術院標準部機械規格課

松  田  卯一郎

運輸省自動車局整備部車両課

北  原      勇

いすゞ自動車株式会社開発本部小型車研究実験部

荒  木      稔

鈴木自動車工業株式会社 4 輪設計部

小  橋  八  郎

ダイハツ工業株式会社実験部

広  瀬  和  孝

東洋工業株式会社商品開発室

福  田      勤

日産自動車株式会社第一車両実験部

笠  原  久  男

富士重工業株式会社スバル技術本部

神  永      勉

株式会社本田技術研究所和光研究所

浦  田  諦  聴

三菱自動車工業株式会社乗用車技術センター実験部

谷  口      実

財団法人日本自動車研究所研究第 1 部

岩  瀬  靖  近

社団法人日本自動車連盟

伊  藤  勝  利

社団法人日本自動車工業会技術部

(事務局)

照  山      勝

社団法人自動車技術会

自動車  航空部会  自動車専門委員会  構成表

氏名

所属

(委員会長)

坪  井  信  男

社団法人自動車技術会(規格委員会委員長)

佐  藤      武

慶応義塾大学工学部

井  口  雅  一

東京大学工学部

浦  野  力  光

運輸省交通安全公害研究所

清  水  達  夫

運輸省自動車局

西  中  真二郎

通商産業省機械情報産業局

大久保  和  夫

工業技術院標準部

伊  藤  薫  平

株式会社本田技術研究所

隈  部  英  一

トヨタ自動車工業株式会社技術管理部

坂  上  丈  寿

社団法人日本自動車工業会(日産自動車株式会社設計管理部)

鈴  本  作  良

社団法人日本自動車部品工業会

西  原  孝  雄

東洋工業株式会社東京支社

高  原  昭  二

三菱自動車工業株式会社技術管理部

中  込  常  雄

いすゞ自動車株式会社開発本部開発管理部

成  田  武  男

財団法人日本自動車研究所

轟          秀

社団法人日本自動車連盟

瀬  倉  久  男

防衛庁装備局

大  沼  広  州

社団法人全日本トラック協会

田  中  謙  吉

社団法人日本バス協会

関      保  彦

社団法人日本自動車整備振興会連合会

(関係者)

前  田  靖  郎

日野自動車工業株式会社研究管理部

(事務局)

松  川  東  一

工業技術院標準部機械規格課

鈴  木  一  規

工業技術院標準部機械規格課