>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

日本工業規格

JIS

 D

0205-

1987

自動車部品の耐候性試験方法

Test Method of Weatherability for Automotive Parts

1.

適用範囲  この規格は,プラスチック,人造皮革,繊維,加硫ゴムなどを使用した自動車部品(以下,

部品という。

)及び耐候性が劣化するおそれがある表面処理を施した部品の耐候性試験方法について規定す

る。

備考1.  この規格を適用する部品の種類については,受渡し当事者間の協定による。

2.

この規格の中で{  }を付けて示してある単位及び数値は,従来単位によるものであって参

考に併記したものである。

2.

用語の意味  この規格で用いる主な用語の意味は,次のとおりとする。

(1)

耐候性  自然環境のうち,主として日光,雨雪,温度,湿度及びオゾンによる劣化に対する抵抗性。

(2)

耐光性(たいひかりせい)  耐候性のうち,日光,温度及び湿度による劣化に対する抵抗性。

(3)

耐オゾン性  耐候性のうち,オゾンによるゴムのき裂に対する抵抗性。

(4)

屋外暴露試験  自然環境状態で耐候性・耐光性・耐オゾン性を調べる試験。

(5)

促進試験  自然環境に近似し,かつ,促進できる状態で,耐候性・耐光性・耐オゾン性を調べる試験。

(6)

移行汚染  接触して使用されるゴム部品・接着剤・プラスチックなどによって塗膜,外装部品,人造

皮革,プラスチックなどの外表面が変色する性質。

(7)

人造皮革  塩化ビニルレザー,塩化ビニルシートなどの天然皮革に類似した外観,機能をもつ表皮材

の総称。

3.

試験の種類  試験の種類は,屋外暴露試験及び促進試験に分け,用いる装置及び条件によって表 

とおりとする。

さらに,これらの試験は,使用環境の区分に応じて

表 のとおりに適用する。

                                                        

引用規格,関連規格:17 ページに示す。


2

D 0205-1987

表 1

分類

試験の種類

記号

直接暴露試験 WON-S

屋外耐候性試

 (WON)

ブラックボックス暴露試験 WON-H

アンダーグラス暴露試験 WOL-S

屋外耐光性試

 (WOL)

アンダーグラスブラックボックス暴露試

WOL-H

屋外暴露試験

(WO)

屋外耐オゾン性試験 WOS

WAN-1S

促進耐候性試験

 (WAN)

サンシャインカーボンアーク灯式耐候性

試験

WAN-1H

WAL-1S

サンシャインカーボンアーク灯式耐光性

試験

WAL-1H

WAL-2S

促進耐光性試

 (WAL)

紫外線カーボンアーク灯式耐光性試験

WAL-2H

促進試験 (WA)

促進耐オゾン性試験 WAO

参考  他の試験方法については,参考 耐候性試験及び耐光性試験を参照のこと。

表 2

適用する試験の種類

使用環境の区分

屋外暴露試験 促進試験

使用箇所(参考)

標準 WON-S

WAN-1S

直接光を受ける環境

高温 WON-H

WAN-1H

車外

WAL-1S

標準 WOL-S

WAL-2S

WAL-1H

ガラスを透過した光を受ける
環境

高温 WOL-H

WAL-2H

車内

光を受けずオゾンの影響を受ける環境 WOS WAO エンジンルーム内など

4.

試験品  試験品は,次による。

(1)

原則として部品とする。

(2)

試験の都合上やむを得ない場合は,

表 に示す試験片によってもよい。ただし,部品から切り出す場

合には,厚さは,部品と同一とする。

(3)

同時に行う試験品の数は,3 個以上にすることが望ましい。

(4)

定期的な観察や試験後の測定において,試験前後の対比を必要とする場合には,保存試料として,試

験品と同一ロットのものを 1 個以上用いる。


3

D 0205-1987

表 3

単位 mm

部品に適用する

材料・表面処理

試験の

種類

試験片
の記号

試験片の形状及び寸法

プラスチック 
人造皮革

繊維 
加硫ゴム 
表面処理

WON

WOL

WAL

WAN

a

b

c

d

e

加硫ゴム

WOS

WAO

f

備考1.  移行汚染を調べる場合には,評価をしたい材料を組み合わせて用いる。

2.

接着剤及び発泡剤を用いたプラスチックの試験片を用いる場合には,必要に応じて端縁部及び裏面を,

試験片に有害でない塗料又はその他の被膜で耐久性がある覆いを施す。

3.

光学的用途の部品(例えばランプレンズ)について,その試験品の試験をする面の裏側に,じんあいが
付着しないように覆いをする。覆い方については,受渡し当事者間の協定による。ただし,試験片 a の

場合を除く。

5.

試験

5.1

屋外耐候性試験

5.1.1

試験場所の環境  試験装置を設置するための試験場所の環境は,試験品の耐候性試験の目的に適し

た環境条件を備え,風通しがよい場所であり,またその周囲には,試験品の暴露に有害な影境を及ぼす樹

木,建造物,設備などがあってはならない。

備考  試験場所の年平均温度は,14℃以上が望ましい。

5.1.2

試験装置試験装置は,次による。


4

D 0205-1987

(1)

試験装置の架台の各部材,金具類には適当な防食処理を施す。

(2)

試験装置には,原則として,日射量を測定するための積算光量計を,次によって設置する。

(a)

太陽光の全放射エネルギーを測定できる積算光量計を使用する。

(b)

積算光量計の受光面は,試験品取付面と同一角度にする。

(c)

積算光量計受光面に付着したじんあいは,原則として 1 日 1 回の割合で適宜取り去る。

(3)

試験品の取付具は,一般に絶縁がいし,プラスチック製止めピンなどを使用する。

(4)

試験装置の構造は,次による。

(a) WON-S

(直接暴露試験)の場合,試験装置は,JIS Z 2381(屋外暴露試験方法通則)に規定する直

接暴露装置を用いる。装置の例を

付図 に示す。

(b) WON-H

(ブラックボックス暴露試験)の場合,内部の温度が調節でき,内外面が黒色処理してある

上部を取付面とした箱を用いる。

なお,内部の温度調節装置をもたない箱(JIS Z 2381 に規定するブラックボックス暴露装置)を

用いてもよいが,その場合には,ブラックパネル温度計を備えていること。装置の例を

付図 に示

す。

5.1.3

試験方法  試験方法は,次による。

(1)

試験品を試験装置に取り付け,次の条件で試験を行う。

(a)

試験品の暴露面は,正南面に向け,水平に対して約 35 度の角度に傾斜させ,かつ,試験装置が設置

された床面又は地面から少なくとも 50cm 以上の高さにする。ただし,角度及び高さは,受渡し当

事者間の協定によって変更してもよい。

(b)

試験片には原則として裏板を用いない。ただし,部品の形式又は性質によっては,裏板を設けても

よい。

(c)

試験品は変形に対するゆとりを十分に考慮して取り付ける。ただし,特定の応力を加える場合はこ

の限りでない。

(d)

試験品の取付け・取外しをする場合には,試験品に有害な影響を与えないよう注意して取り扱う。

(e) WON-H

の場合,試験片は取付面にすきまなく置く。

(2)

試験品は,台風,散布農薬などの飛来を避け,必要に応じてほこりを取り去り,維持管理する。

(3)

所定の期間暴露した後,7.に示す測定を行い劣化の判定をする。

備考  暴露時期は春から夏の間に開始するのが望ましい。

5.2

屋外耐光性試験

5.2.1

試験場所の環境  試験場所の環境は,5.1.1 による。

5.2.2

試験装置  試験装置は,次による。

(1)

装置の架台の各部材,金具類には適当な防食処理を施す。

(2)

試験装置には,原則として,日射量を測定するための積算光量計を,次によって設置する。

(a)

太陽光の全放射エネルギーを測定できる積算光量計を使用する。

(b)

積算光量計の受光面は,試験品取付面と同一角度にする。

(c)

積算光量計は,ガラス面の下面で測ることが望ましい。

(3)

試験品の取付具は,一般に絶縁がいし,プラスチック製止めピンなどを使用する。

(4)

試験装置の構造は,次による。

(a) WOL-S

(アンダーグラス暴露試験)の場合,試験装置は,JIS Z 2381 に規定する自然通風形又は強

制通風形のアンダーグラス暴露装置を用いる。いずれの場合も風通しがよく,温度上昇を防ぐ構造


5

D 0205-1987

でなければならない。それぞれの装置の例を

付図 及び付図 に示す。

なお,試験品の上面からガラス板までの距離は,5cm 以上とする。

(b) WOL-H

(アンダーグラスブラックボックス暴露試験)の場合は,内部の温度が調節でき,内外面を

黒色処理してあって,上部を JIS R 3202(フロート板ガラス及び磨き板ガラス)による 3mm 磨き板

ガラスで覆った密閉箱を用い,試験品はガラスの下面に置く。

なお,内部の温度調節装置をもたない箱(JIS Z 2381 に規定するアンダーグラス暴露試験装置・

密閉形)を用いてもよいが,この場合ブラックパネル温度計を備えていなければならない。装置の

例を

付図 に示す。

5.2.3

試験方法  試験方法は,5.1.3 による。ただし,項目 e は除く。

備考1.  ガラス面に付着したほこりなどは取り去る。

2.

ガラスは原則として 2 年で取り換える。

3.

暴露は春から夏の期間に開始するのが望ましい。

5.3

屋外耐オゾン性試験

5.3.1

試験場所の環境  試験場所の環境は,5.1.1 による。

備考  試験場所の平均オゾン濃度は 1∼2pphm が望ましい。

5.3.2

試験装置  試験装置は,日光の直射を避けるように位置した遮へい屋根又は覆いを設けた構造とす

る。装置の例を

付図 に示す。

5.3.3

試験方法  試験方法は,次による。

(1)

試験品を試験装置に取り付け,次の条件によって試験を行う。

(a)

試験品は,試験装置が設置された床面又は地面から試験品の下端までの距離が 50cm 以上になるよ

うに上部からつり下げる。ただし,受渡し当事者間の協定によって変更してもよい。

(b)

部品及び試験片 d,e,f には指定がない限り,原則として 20%の伸びを与える。

(2)

試験品は,台風,散布農薬などの飛来を避け,必要に応じてほこりを取り去り,維持管理する。

(3)

所定の期間暴露した後,7.に示す測定を行い劣化の判定をする。

5.4

促進耐候性試験

5.4.1

試験場所の状態  試験場所の状態は,原則として JIS Z 8703(試験場所の標準状態)による標準温

度状態 20℃15 級 (20±15℃)  とする。

5.4.2

試験装置  試験装置は,JIS B 7753(サンシャインカーボンアーク灯式耐候性試験機)に規定する

試験装置を用いる。

5.4.3

試験方法  試験方法は,次による。

(1)

試験品を試験装置に取り付け,

表 に示す条件によって試験を行う。

(2)

カーボン,ガラスフィルタ,放電の安定装置については,試験装置に適合し,試験装置の性能を正し

く維持できなければならない。


6

D 0205-1987

表 4

試験の種類 WAN-1S (H)

試験装置の種類

試験条件の項目

サンシャインカーボンアーク灯式

耐候性試験機

装置の構造

JIS B 7753

参考図 参照

アークランプの形状

開放式

灯数 1

銅被覆サンシャインカーボン

上部 mm

φ

36

×350

φ

23

×305

銅被覆サンシャインカーボン

カーボン電極

下部 mm

φ23×350

φ13×305

連続点灯可能時間  h 60 以上 22 以上

範囲 48∼52

放電電圧  V

中心値 50

(

±2%)

範囲 58∼62

放電電流  A

中心値 60

(

±2%)

形状

パネル形

250nm: 1

以下

302nm: 68

以上

分光透過率%  
(使用前)

375

∼700nm:

90

以上

ガラスフィルタ

使用限度時間  h 2

000

分光分布

付図 による。

試料面放射照度 W/m

2

[波長範囲 300∼700nm]

255 (

±10%)

試験放射エネルギー (kJ/m

2

)

[波長範囲 300∼700nm]

受渡し当事者間の協定による。

調節温度℃ 63±3 又は 83±3

寸法

JIS B 7753 

付図 参照

ブ ラ ッ ク パ ネ
ル温度計

仕様

1mm

×150mm×70mm のステンレス鋼板 (SUS304) にバイメタルダイヤル形温度

計(1℃目盛,感温部直径 3.5mm)の感温部を密着して取り付け,耐光性黒色エ

ナメルを施したものとする。ブラックパネル温度計は,試験に使用する測定用の
ものと,別に保存しておく校正用のものとを準備しておき,校正に際しては,光
源に向けて並置し,それぞれの指示温度を読み取ったとき,測定用の指度は,校

正用の指度に対して±2℃以内とする。

湿  度% 50±5

ア ー ク 中 心 か ら
試 料 面 ま で の 距

mm

477

∼483

直径 mm 960±6

試料回転枠

回転速度 (rpm)

約 1

アークランプ,試料枠と試料スプ
レーとの関係

JIS B 7753

参考図 参照

ノズルの寸法

JIS B 7753

参考図 参照

圧力(MPa {kgf/cm

2

})

0.08

∼0.13 {0.8∼1.3}

水  量 ml/min 2

100

±100

噴射時間 60 分間照射中に 12 分間

水  質 pH5.8∼86,200∼250

µS/cm 以下

水の噴射条

水  温℃ 16±5

運転条件

連続照射


7

D 0205-1987

試験の種類 WAN-1S (H)

試験装置の種類

試験条件の項目

サンシャインカーボンアーク灯式

耐候性試験機

(1)

槽内温度調節の際,15℃以下の外気が直接槽内の試験品に当たらないように

する。

試験槽内の条件

(2)

放電の際発生する過剰な熱,及びオゾンなどの有害なガスの影響を避けるた

めの装置を附属する。

1.

試験品は,それぞれが接触しないように取り付ける。

なお,汚染性がある試験品は,他の試験品と同時に試験してはならない。

試験品の取付方法

2.

試験品は,原則としてカーボン交換ごとに上下の位置を取り替える。

5.5

促進耐光性試験

5.5.1

試験場所の状態  試験場所の状態は,5.4.1 による。

5.5.2

試験装置  試験装置は,JIS B 7753 又は JIS B 7751(紫外線カーボンアーク灯式耐光試験機)に規

定する試験装置を用いる。

5.5.3

試験方法  試験は,試験品を試験装置に取り付け,表 に示す条件で試験を行う。維持管理は 5.4.3

(2)による。試験方法の選択は,受渡し当事者間の協定による。

表 5

試験の種類

WAL-1S (H)

WAL-2S (H)

試験装置の種類

試験条件の項目

サンシャインカーボンアーク灯式

耐光性試験機

紫外線カーボンアーク灯式

耐光性試験機

装置の構造

JIS B 7753

参考図 参照

JIS B 7751

参考図 2(断続送風式)又

参考図 3(連続送風式)参照

アークランプの形状

開放式

密閉式

灯  数 1

1

銅被覆サンシャインカーボン

有心カーボン

有心又は無心カーボン

上部 mm

φ

36

×350

φ

23

×305

φ

23

×115

φ

13

×305

銅被覆サンシャインカーボン

無心カーボン

無心又は有心カーボン

カーボン電極

下部 mm

φ

23

×350

φ

13

×305

φ

18.5

×105

φ

13

×100

連続放電可能時間  h 60 以上 22 以上 48 以上 24 以上

範  囲 48∼52 125∼145

放電電圧  V

中  心  値 50

(

±2%) 135

(

±2%)

範  囲 58∼62 15∼17

放電電流  A

中  心  値 60

(

±2%) 16

(

±2%)

形  状

パネル形

グローブ形

250nm: 1

以下 275nm:

2

以下

302nm: 68

以上 400∼700nm: 90 以上

分光透過率% 
(使用前)

375

∼700nm:

90

以上

ガラスフィル

使用限度時間 h 2

000

分光分布

付図 による。

付図 による。

試料面放射照度 W/m

2

[波長範囲 300∼700nm]

255 (

±10%) 500

(

±10%)

試験放射エネルギーkJ/m

2

[波長範囲 300∼700nm]

受渡し当事者間の協定による。


8

D 0205-1987

試験の種類

WAL-1S (H)

WAL-2S (H)

試験装置の種類

試験条件の項目

サンシャインカーボンアーク灯式

耐光性試験機

紫外線カーボンアーク灯式

耐光性試験機

調節温度  ℃ 63±3 又は 83±3

寸  法

JIS B 7753

付図 参照

JIS B 7751

付図 参照

ブラックパネ

ル温度計

仕  様 1mm×150mm×70mm のステンレス鋼板 (SUS304) にバイメタルダイヤル形温

度計(1℃目盛,感温部直径 3.5mm)の感温部を密着して取り付け,耐光性黒色
エナメルを施したものとする。ブラックパネル温度計は,試験に使用する測定
用のものと,別に保存しておく校正用のものとを準備しておき,校正に際して

は,光源に向けて並置し,それぞれの指示温度を読み取ったとき,測定用の指
度は,校正用の指度に対して±2℃以内とする。

湿  度% 50±5 50±5(湿度調節装置付きの場合)

アーク中心から
試料面までの距

mm

477

∼482 251∼257

直  径 mm 960±6 508±6

操  作

試料スプレー回路を停止する。

試料回転枠

回転速度 rpm

約 1

約 3

アークランプ,試料回転枠と試料
スプレーとの関係

JIS B 7753

参考図 参照

JIS B 7751

参考図 参照

運転条件

連続照射

(1)

槽内温度調節の際,15℃以下の外気が直接相内の試験品に当たらないよう

にする。

(2)

密閉循環送風形には,放電の際発生する過剰な熱,及びオゾンなどの有害

なガスの影響を避けるための装置を附属する。

試験槽内の条件

(3)

試料に水滴がかからない構造でなければならない。

1.

試験品は,それぞれが接触しないように取り付ける。

なお,汚染性がある試験品は,他の試験品と同時に試験してはならない。

試験品の取付方法

2.

試験品は,原則としてカーボン交換ごとに上下の位置を取り替える。

5.6

促進耐オゾン牲試験

5.6.1

試験場所の状態  5.4.1 による。

5.6.2

試験装置  JIS K 6301(加硫ゴム物理試験方法)の 16.  に規定する試験装置を用いる。

5.6.3

試験方法  JIS K 6301 に示す方法によって行い,表 に示す条件で試験をする。

表 6

項  目

試験条件

オゾン濃度 pphm

原則として 50±5 とする。

試験槽の温度  ℃ 40±2

試験槽の条件

試験槽は 0.1m

3

以上の容積をもち,槽内には外部からの入光をできるだけ遮断して,オゾ

ンが分解しにくい材料で内張りする。槽内の空気の約

4

3

を 1 分間で排出するものでなけれ

ばならない。

試験品の取付方法

互いに接触しないように取り付ける。

オゾン濃度の測定方

原則として JIS K 6301 の附属書に示す測定方法の定電流電解法又はカウンターカレント
法による。ただし,必要によって,自動式の電量法又は紫外線吸収法を用いてもよい。

オゾン濃度の測定回

試験品を入れてから 15 分ごとに測定し,

3

時間後以降は 1 日 1 回測定することが望ましい。


9

D 0205-1987

項  目

試験条件

(1)

静的試験

(a)

試験片は,

表 の b, c, d, e, f から選択するが,原則として e を用いる。ただし,部

品に応じて適当な寸法を選んでもよい。

(b)

試験片に与える伸びは原則として 20%とし,同時に 5%, 10%, 30%及び 50%で行うこ
とが望ましい。ただし,部品の使用条件に応じて適当に選んでもよい。

(2)

動的試験(引張り法)

(a)

試験片は,

表 の d, e, f から選択するが,原則として e を用いる。ただし,部品に

応じて適当な寸法を選んでもよい。

(b)

試験片に与える伸び:10%を基準とする。

試験の種類

(c)

繰返し速度:0.5±0.025Hz

試験品の状態調節 24 時間密閉箱内に放置したのち試験を行う。

試験品の数

試験品の表面積が試験槽の水平断面積の 60%以下であること。

備考1.  オゾン濃度の測定場所は,受渡し当事者間の協定による。

2.

自動式を用いる場合は,1 か月に 1 回以上手動方式で比較測定し,その濃度が所定濃度であることを確認
しなければならない。

6.

試験時間  試験時間は,部品の必要条件によって受渡し当事者間で協定する。

参考  試験時間については,参考 試験時間を参照のこと。

7.

測定

7.1

測定の一般条件  測定の一般条件は,原則として次による。

(1)

試験品は,必要に応じて清浄にしたり,状態調節を行ってもよい。

(2)

保存試料は JIS Z 8703 による 20℃5 級・65%5 級の標準状態の暗室又は光の入らない容器中に保存す

る。

7.2

測定項目  測定項目は,表 に示す○印の項目とする。ただし,受渡し当事者間の協定によって,

その一部を省略してもよい。

表 7

区分

外観

物性

測定項目

部品に

使用される 
材料・処理

沢の変

変退

の鮮明

度の変

線透過

率の変

の他の

外観変

械的性

質の変

気的性

質の変

学的性

質の変

プラスチック

人造皮革

繊  維

表面処理

加硫ゴム

7.3

光沢の変化

7.3.1

計器による場合  計器による場合の光沢の測定は,JIS Z 8741(鏡面光沢度測定方法)による。試

験前後の試験品の光沢度を求め,次式によって光沢残存率を調べる。ただし,鏡面光沢は,45 度以下の角

度で求め,その角度を付記する。受渡し当事者間の協定によって他の角度で光沢度を求めてもよい。


10

D 0205-1987

100

×

=

s

s

G

G

γ

ここに,

γ

:  光沢残存率 (%)

G

s

:  試験前の鏡面光沢度 (%)

G'

s

:  試験後の鏡面光沢度 (%)

備考  光沢度計の角度変化の目量は,1 度以下とする。

7.3.2

肉眼による場合  肉眼による場合の光沢の測定は,保存試料と試験品とを鏡面光沢(最大の輝き)

をずらした角度で反射光を比較し,その差の程度を調べる。

7.4

変退色

7.4.1

計器による場合  計器による場合の変退色の測定は,次による。

(1)

測色

(a)

測色計の光学条件は,JIS Z 8722(物体色の測定方法)の 4.3.1 に規定する 9 度照明拡散受光 (9-d) 及

び 4.4.1 に規定する 0 度照明透過光受光 (0-T) によって行い,XYを求める。

(b)

表面の色の場合,原則として 9-d の光学条件による。

(c)

透過物体の場合は,0−T の光学条件による。

(d)

蛍光を発するものは,JIS K 5673(安全色彩用蛍光塗料)によるキセノン蛍光測色計を用いる。

(2)

色差の算出  求めた XYから,JIS Z 8730(色差表示方法)の 6.1 による次の色差式を用いて色

差を計算する。

( ) ( ) ( )

2

1

2

2

2

úû

ù

êë

é

+

+

=

b

a

L

E

ab

ただし,レンズ類については,JIS D 5500(自動車用ランプ類)の 5.2 によって調べる。

7.4.2

肉眼による場合  肉眼による場合の変退色の測定は,7.7 の方法で JIS L 0804(変退色用グレース

ケール)の変退色用グレースケールを用い,保存試料の色と試験後の試験品に現れた色との開きを,グレ

ースケールの各色票間で示される色の開きと比較して調べる。

ただし,透過物体の測定には適用しない。

7.5

像の鮮明度の変化  像の鮮明度の測定は,JIS H 8686(アルミニウム及びアルミニウム合金の陽極酸

化皮膜の写像性試験方法)の 4.2 による。次式によって像の鮮明度の変化率で求める。

なお,透明な試験品については,JIS K 7105(プラスチックの光学的特性試験方法)の 6.6 によって像の

鮮明度を測定する。

100

×

=

C

C

C

c

γ

ここに,

γ

c

像の鮮明度の変化率(%)

C

試験前の像の鮮明度(%)

C'

試験後の像の鮮明度(%)

7.6

光線透過率の変化  光線透過率の測定は,JIS K 7105 の 5.5 による。次式によって透過率の変化率で

求める。

100

×

=

T

T

T

T

γ

ここに,

γ

T

透過率の変化率(%)


11

D 0205-1987

T

試験前の透過率(%)

T'

試験後の透過率(%)

7.7

その他の外観の変化  試験後の外観の測定は,蛍光を発しないものについては JIS Z 8720(測色用

の標準の光及び標準光源)による標準光源 D

65

,蛍光を発するものについては JIS Z 8902(キセノン標準白

色光源)によるキセノン標準白色光源を用い,約 1 000lx で均一の照度を与え,約 25cm 隔てて肉眼で,保

存試料の外観と試験後の外観との変化を調べる。

(1)

外観に変化の認められる場合,その内容を次のいずれかで表示する。

:  ふくれ,はがれ,き裂,変形,軟化,硬化,浸食,移行汚染,しみ,汚れ

*

,

チョーキング,ク

レージング,ブルーミング

*  屋外暴露試験だけを対象とし,ガス,有機物,水あかなどの影響で試験品の表面に付着し,水

洗によって容易に取れないような汚れをいう。

(2)

ゴムのオゾンき裂の表示は,

表 による。

表 8

き裂の数

き裂の大きさ及び深さ

A

:  き裂が少数  1.  肉眼では見えないが,10 倍の拡大鏡では確認できるもの。

2.

肉眼で確認できるもの。

B

:  き裂が多数  3.  き裂が深くて比較的大きいもの(1mm 未満)

4. 

き裂が深くて大きいもの(1mm 以上 3mm 未満)

 

C

:  き裂が無数  5. 3mm 以上のき裂又は切断を起こしそうなもの。

備考1.  劣化状態を記録するには,き裂の数,き裂の大きさ及び深さを組み合わせて表す。

例:A−4

2.

特に縁辺部に発生したき裂を表示する場合,記号 e を用いる。

例:eA−4

7.8

機械的性質の変化  機械的性質の測定及び変化の表示は,受渡し当事者間の協定による。

7.9

電気的性質の変化  電気的性質の測定及び変化の表示は,受渡し当事者間の協定による。

7.10

化学的性質の変化  化学的性質の測定及び変化の表示は,受渡し当事者間の協定による。

8.

劣化の判定  劣化の判定は,受渡し当事者間の協定による

備考  参考のため,参考 に劣化の判定を示す。

9.

記録に付記する書項  試験に際しては,一般に次の事項を付記する。

なお,○印は記録しなければならない項目を示す。

(1)

屋外暴露試験の場合は,

表 による

(2)

促進試験の場合は,

表 10 による。


12

D 0205-1987

表 9

試験の種類

項目

WON

WOL

WOS

試験場所の所在地

試験場所の緯度,経度,標高

試験品の名称,材料,形状,寸法,数量

試験品の取付状況

試験の開始及び終了年月日

日射量 (MJ/m

2

)

期間中の合計

ブラックパネル温度計の最高指示温度  (℃)

受渡し当事者間の取決め事項

準拠した規定と判定基準

測定者

その他の必要事項

表 10

試験の種類

項目

WAN

WAL

WAO

試験機の名称,形式

試験品の名称,材料,形状,寸法,数量

試験場所の温度,湿度

受光量[試料面放射照度 (W/m

2

)

又は

試験放射エネルギー (kJ/m

2

)

]及び測定

方法

ブラックパネル温度計の指示温度℃

湿  度%

噴射時間

水 の 噴 射 条

水  温℃

オゾン濃度 pphm

オゾン濃度の測定方法及び測定回数

伸  び

試験温度℃

試験時間 h

試験条件

試験品の取付け状況

観察事項

受渡し当事者間の取決め事項

準拠した規定と判定基準

試験年月日

測  定  者

その他の必要事項


13

D 0205-1987

付図 1  直接暴露装置(例)

付図 2  ブラックボックス暴露装置(例)


14

D 0205-1987

付図 3  アンダーグラス暴露装置(自然通風形)(例)

付図 4  アンダーグラス暴露装置(強制通風形)(例)


15

D 0205-1987

付図 5  アンダーグラスブラックボックス暴露装置(例)

付図 6  屋外耐オゾン性試験装置(例)


16

D 0205-1987

付図 7  サンシャインカーボンアークの分光放射照度[ガラスフィルタ付・試料面 

(光源中心から 480mm)]と太陽光の分光放射照度分布

付図 8  紫外線カーボンアークの分光放射照度(試料面:光源から 254mm 

と太陽光の分光放射照度分布


17

D 0205-1987

引用規格:

JIS B 7751

  紫外線カーボンアーク灯式耐光試験機

JIS B 7753

  サンシャインカーボンアーク灯式耐候性試験機

JIS D 5500

  自動車用ランプ類

JIS H 8686

  アルミニウム及びアルミニウム合金の陽極酸化皮膜の写像性試験方法

JIS K 5673

  安全色彩用蛍光塗料

JIS K 6301

  加硫ゴム物理試験方法

JIS K 7105

  プラスチックの光学的特性試験方法

JIS L 0804

  変退色用グレースケール

JIS R 3202

  フロート板ガラス及び磨き板ガラス

JIS Z 2381

  屋外暴露試験方法通則

JIS Z 8703

  試験場所の標準状態

JIS Z 8720

  測色用の標準の光及び標準光源

JIS Z 8722

  物体色の測定方法

JIS Z 8730

  色差表示方法

JIS Z 8741

  鏡面光沢度測定方法

JIS Z 8902

  キセノン標準白色光源

関連規格  JIS B 7752  紫外線カーボンアーク灯式耐候性試験機

JIS B 7754

  キセノンアーク灯式耐光性及び耐候性試験機

JIS D 1201

  自動車室内用有機資材の燃焼性試験方法

JIS D 4604

  自動車用シートベルト

JIS H 8685

  アルミニウム及びアルミニウム合金の着色陽極酸化皮膜の光堅ろう度促進試験方

JIS Z 9105

  反射安全標識板

ISO 2135

  Anodizing of aluminium and its alloys-Accelerated test of light fastness of coloured anodic

oxide coatings using artificial light

ISO 4607

  Plastics-Methods of exposure to natural weathering

ISO 4892

  Plastics-Methods of exposure to laboratory light sources

ISO 7724/1

  Paints and varnishes-Colorimetry-Part 1 : Principles

ISO 7724/2

  Paints and varnishes-Colorimetry-Part 2 : Colour measurement

ISO 7724/3

  Paints and varnishes-Colorimetry-Part 3 : Calculation of colour differences

CIE Publication No.15 Sup.2 (1978)

  Recommendations on uniform color spaces-color difference

equations-psychometric color terms


18

D 0205-1987

参考 1  耐候性試験及び耐光性試験

耐候性試験及び耐光性試験について,この規格に規定した試験方法以外の試験方法を参考として次に示

す。

1.

試験の種類試験の種類は,

参考表による。

参考表

試験の種類

区分

分類

試験装置

参  考

屋外耐候性試験 太陽追跡暴露試験

参考付図 

参照

試験品を常時太陽に直面させて,直接大気

中に暴露し,耐候性を調べる。

太陽追跡集光暴露試験

参考付図 

2

参照

大気中で,集光した太陽光と水噴射に試験

品を暴露し,耐候性を調べる。

屋外耐光性試験 太陽追跡アンダーグラス暴露試験

参考付図 

参照

試験品を常時太陽に直面させ,ガラスを透

過した太陽光に暴露し,耐光性を調べる。

屋外暴露試験

太陽追跡集光アンダーグラス暴露
試験

参考付図 

参照

集光してガラスを透過した太陽光に試験品
を暴露し,耐光性を調べる。

促進耐候性試験 紫外線カーボンアーク灯式耐候性

試験

JIS B 7752 

参考図 

又は

参考図 参照

サンシャインカーボンアーク灯式

デューサイクル耐候性試験

JIS Z 9105 

解説図 

参照

紫外線蛍光灯式耐候性試験

参考付図 

参照

キセノンアーク灯式耐候性試験

JIS B 7754 

参考図 

参照

促進試験

促進耐光性試験 キセノンアーク灯式耐光性試験

JIS B 7754 

参考図 

参照

2.

試験

2.1

屋外暴露試験

2.1.1

屋外耐候性試験

(1)

太陽追跡暴露装置  年間を通じて太陽運行を追跡するプログラムをもち,試料の表面が常に太陽に直

面するように,試料枠が太陽を追跡するようにした装置で,固定式の暴露装置に比べて,太陽光の効

率を有効に利用するようにした装置である(

参考付図 参照)。

(2)

太陽追跡集光暴露装置  年間を通じて太陽運行を追跡するプログラムをもち,複数枚の反射板によっ

て太陽光を試料面に集光照射するようにした装置で,反射板が常に太陽を追跡して太陽光を試料面に

有効に集光するようにした装置である。

なお,試料は太陽光にその背面を向ける形になるため,降雨はスプレーノズルとサイクルメーター

によって人工的に行う(

参考付図 参照)。

2.1.2

屋外耐光性試験

(1)

太陽追跡アンダーグラス暴露装置  参考 2.1.1 (1)の装置の試料面にガラス覆いを施したものである

参考付図 参照)。


19

D 0205-1987

(2)

太陽追跡集光アンダーグラス暴露装置  参考 2.1.1 (2)の装置で,試料面の前面にガラス覆いをもっ

たもので,人エスプレーを停止して使用する(

参考付図 参照)。

2.2

促進試験

2.2.1

促進耐候性試験

(1)

紫外線カーボンアーク灯式耐候性試験機  JIS B 7752(紫外線カーボンアーク灯式耐候性試験機)に

規定する試験機を用いる。試験方法は,

参考付表 1-1 による。

(2)

サンシャインカーボンアーク灯式デューサイクル耐候性試験機  JIS Z 9105(反射安全標識板)に規

定するデューサイクル式促進耐候性試験機を用いる。

試験方法は,

参考付表 1-1 による。

(3)

紫外線蛍光灯式耐候性試験機  紫外線蛍光灯を光源として照射-湿潤(結露)のサイクル試験を行うこ

とができるようにした試験機を用いる(

参考付図 参照)。

試験方法は,

参考付表 1-1 による。

備考  この試験に用いる光源は,313nm にピークをもつ 280∼350nm の波長域に限定された紫外線を

もっており,これは太陽光(約 300∼2 000nm)の一部の領域であるため,350nm 以上の波長の

光による劣化及び他の波長との相互作用によって生じる劣化の評価には適さないので注意を要

する。

(4)

キセノンアーク灯式耐候性試験機  JIS B 7754(キセノンアーク灯式耐光性及び耐候性試験機)に規

定する耐候性試験機を用いる。

試験方法は,

参考付表 1-2 及び参考付表 1-3 による。

2.2.2

促進耐光性試験  JIS B 7754(キセノンアーク灯式耐光性及び耐候性試験機)に規定する耐光性試

験機を用いる。

試験方法は,

参考付表 2-1 及び参考付表 2-2 による。


20

D 0205-1987

参考付表  1-1

試験装置の種類

試験条件の項目

紫外線カーボンアーク灯式

耐候性試験機

サンシャインカーボンアーク
灯式デューサイクル耐候性試
験機

紫外線蛍光灯式耐候性試験機

装置の構造

JIS B 7752

(紫外線カーボンア

ーク灯式耐候性試験機)

参考

図 3(断続送風式)又は参考図
4

(連続送風式)参照

JIS Z 9105

解説図 参照

参考付図 参照

アークランプの形状

密閉式

開放式,ガラスフィルタなし

管状

灯数 2

1

8

有心カーボン

有心又は無

銅被覆サンシャインカーボン

心カーボン

φ

36

×350

φ

23

×305

上  部 mm

φ

23

×115

φ

13

×305

無心カーボン

無心又は有

銅被覆サンシャインカーボン

φ

18.5

×105

心カーボン

φ

23

×350

φ

13

×305

カーボン電極

下  部 mm

φ

13

×100

ランプ定格電力 W

40

連続放電可能時間 h

48

以上 24 以上 60 以上 20 以上 270∼700nm 30W/m

2

で 1 600

範  囲 125∼145 48∼52

放電電圧 V

中  心  値 135

(

±2%) 50

(

±2%)

範  囲 15∼17 58∼62

放電電流 A

中  心  値 16

(

±2%) 60

(

±2%)

形  状

グローブ形

分光透過率 %

275nm

:2 以下

(使用前) 400∼700nm

:90 以上

ガラスフィル

使用限度時間 h

2 000

なし

なし

分光分布

参考付図 参照

参考付図 参照

参考付図 参照

試料面放射照度 W/m

2

[波長範囲 300∼700nm]

445 (

±10%) 285

(

±10%) 30

(

±5%)

試験放射エネルギーkJ/m

2

[波長範囲 300∼700nm]

受渡し当事者間の協定による。

調節温度  ℃ 63±3, 83±3

照射時  63±3, 83±3

照射時 50, 55, 60, 65, 70±3

寸  法

JIS B 7752

付図 参照

JIS B 7753

付図 参照

参考付図 参照

ブラックパネ
ル温度計

仕  様

規格本体 5.4

表 と同じ

規格本体 5.4

表 と同じ

規格本体 5.4

表 と同じで,バ

イメタル温度計の代わりに測温
抵抗体を取り付けたもの。

照  射  時  湿度 %

50

±5(温度調節装置付きの場

合)

50

±5

暗  黒  時  温湿度

30

±2℃,98%以上

40, 45, 50

±2℃,98%

アーク中心又は蛍光灯管表面か

ら試料面までの距離 mm

378

∼384 477∼483

約 50

直  径 mm

試料回転ドラム  795±10

試料枠  960±6

なし

試料回転枠又
はドラム

回転速度 rpm

約 1

約 1

アークランプ,試料回転ドラムと
試料スプレーとの関係

JIS B 7752

参考図 参照

ノズルの寸法

JIS B 7752

参考図 参照

試料冷却方式

(暗黒時,試料表面に結露)

試料裏面に約 7℃の冷水を噴

試料裏面を外気にさらして冷


21

D 0205-1987

試験装置の種類

試験条件の項目

紫外線カーボンアーク灯式耐

候性試験機

サンシャインカーボンアーク
灯式デューサイクル耐候性試

験機

紫外線蛍光灯式耐候性試験機

圧力 MPa {kgf/cm

2

} 0.08

∼0.13 {0.8∼1.3}

水  量 ml/min

2100

±100

噴射時間 60 分間照射中に 12 分間

水  質 pH5.8∼8.6, 200∼250

µS/cm 以

清水の

噴射条

水  温  ℃ 16±5

なし

なし

運転条件

連続照射 60 分照射−60 分暗黒・湿潤の

繰返し

2, 3, 4, 8

時間照射−4, 5, 8 時間

暗黒・湿潤の繰返し

(1)

槽内温度調節の際,15℃以下の外気が直接槽内の試験品に当たらないようにする。

試験槽内の条件

(2)

密閉循環送風形には,放電の際発生する過剰な熱とオゾンなどの有害なガスの影響を避け
るための装置を附属する。

1.

試験品は,それぞれが接触しないように取り付ける。

なお,汚染性がある試験品は,他の試験品と同時に試験してはならない。

試験品の取付方法

2.

試験品は,原則としてカーボン交換ごとに上下の位置を取り替える。

備考  カーボン,ガラスフィルタ,紫外線蛍光灯,放電の安定装置については,試験機に適合したものか又は試験機の性能を正し

く維持できるものでなければならない。 

参考付表  1-2

試験装置の種類

試験条件の項目

水冷 6kW キセノンアーク灯

式耐候性試験機

空冷 4.5kW キセノンアーク

灯式耐候性試験機

空冷 2.5kW キセノンアーク

灯式耐候性試験機

装置の構造

JIS B 7754

参考図 (b)参照

ランプ冷却方式

水冷式

空冷式

空冷式

灯  数

1 1 1

ランプの定格電力 kW 6.0

6.5

4.5

2.5

放電電圧 V 135±11 190±15 95±8 61±5

放電電流 A 45±2 35±2 48.5±2 41±2

形状

内側・外側フィルタ:円筒形,赤外線遮断フィルタ:パネル形

石英フィルタ: 275∼700nm90 以上

紫外線遮断フィルタ: 275nm

2

以下,400∼700nm 90 以上

分光透過率 %

赤外線遮断フィルタ: 275nm

2

以下,300nm 30 以上,320nm 65 以上

(必要に応じて使用) 400nm

80

以上,700nm 70 以下,1 000nm 5 以下

内側

石英フィルタ

紫外線遮断フィルタ

外側

紫外線遮断フィルタ

紫外線遮断フィルタ

紫外線遮断フィルタ

組合せ

中間

赤外線遮断フィルタ

赤外線遮断フィルタ

赤外線遮断フィルタ

内側

2 000

2 000

2 000

外側

2 000

2 000

2 000

ガラスフィ
ルタ

使 用 限 度

時間 h

中間

2 000

2 000

2 000

分光分布

参考付図 参照

参考付図 参照

参考付図 10 参照

ランプ使用開始電力 kW

[エージング 20 時間後]

4.75 4.0  2.0

試料面放射照度 W/m

2

[波長範囲 300∼700nm]

390 (

±10%) 680

(

±10%) 320

(

±10%)

試験放射エネルギーkJ/m

2

[波長範囲 300∼700nm]

受渡し当事者間の協定による。

調節温度℃ 63±3, 83±3

寸  法

JIS B 7754

付図 の 2 参照

ブラックパネ
ル温度計

仕  様

JIS B 7754

の 5.9 参照

湿  度% 50±5


22

D 0205-1987

試験装置の種類

試験条件の項目

水冷 6kW キセノンアーク灯

式耐候性試験機

空冷 4.5kW キセノンアーク

灯式耐候性試験機

空冷 2.5kW キセノンアーク

灯式耐候性試験機

アーク中心から
試料面までの距

離 mm

477

∼482 251∼257 251∼257

直  径 mm 960±6 508±6 508±6

試料回転枠

回転速度 rpm

約 1

約 1

約 3

アークランプ,試料回転枠と試

料スプレーの関係

JIS B 7754

付図 (c)参照

JIS B 7754

付図 (b)参照

ノズルの寸法

JIS B 7754

付図 の 5 又は 6

参照

JIS B 7754

付図 の 4 参照

JIS B 7754

付図 の 2 参照

圧力 MPa

{kgf/cm

2

}

0.08

∼0.13 {0.8∼1.3}

水量 ml/min 2100±100 160±10

噴射時間 60 分照射中に 12 分間

水  質 pH5.8∼8.6,200∼250

µS/cm 以下

水の噴射 
条件

水  温℃ 16±5℃

運転条件

連続照射

試験槽内の条件

槽内温度調節の際,15℃以下の外気が直接槽内の試験品に当たらないようにする。

1.

試験品は,それぞれが接触しないように取り付ける。

なお,汚染性がある試験品は,他の試験品と同時に試験してはならない。

試験品の取付方法

2.

試験品は,原則として一定時間ごとに上下の位置を取り替える。

備考  キセノンアークランプ,ガラスフィルタ,放電の安定装置については,試験機に適合したものか又は試験機の性能を正しく

維持できるものでなければならない。 

参考付表  1-3

試験装置の種類

試験条件の項目

水冷 2.5kW キセノンアーク灯式

耐候性試験機

空冷 1.5kW キセノンアーク灯式

耐候性試験機

装置の構造

JIS B 7754

参考図 (b)参照

JIS B 7754

参考図 (a)参照

ランプ冷却方式

水冷式

空冷式

灯数 1

1

ランプの定格電力 kW 2.5

1.5

放電電圧 V 115±9 61±5

放電電流 A 22.3±2 25±2

形  状

内側・外側フィルタ:円筒形,赤外線遮断フィルタ:パネル形

石英フィルタ: 275∼700nm 90 以上

紫外線遮断フィルタ: 275nm

2

以下,400∼700nm 90 以上

分光透過率%

赤外線遮断フィルタ: 275nm

2

以下,300nm 30 以上,320nm 65 以上

(必要に応じて使用) 400nm

80

以上,700nm 70 以下,1 000nm 5 以下

内側

石英フィルタ

外側

紫外線遮断フィルタ

紫外線遮断フィルタ

組合せ

中間

赤外線遮断フィルタ

赤外線遮断フィルタ

内側

2 000

外側

2 000

2 000

ガラスフィ
ルタ

使 用 限
度時間 h

中間

2 000

2 000

分光分布

参考付図 11 参照

参考付図 12 参照

ランプ使用開始電力 kW 
[エージング 20 時間後]

1.8 1.2

試料面放射照度 W/m

2

[波長範囲 300-700nm]

400 (

±10%) 1520

(

±10%)  [直射時]


23

D 0205-1987

試験装置の種類

試験条件の項目

水冷 2.5kW キセノンアーク灯式

耐候性試験機

空冷 1.5kW キセノンアーク灯式

耐候性試験機

試験放射エネルギーkJ/m

2

[波長範囲 300-700nm]

受渡し当事者間の協定による。

調節温度℃ 63±3,83±3

寸  法

JIS B 7754

付図 の 2 参照

JIS B 7754

付図 の 1 参照

ブラックパ
ネル温度計

仕  様

JIS B 7754

の 5.9 参照

湿  度% 50±5

アーク中心から
試料面までの距

離 mm

251

∼257 79∼81

直  径 mm

508

±6 160±2

試料回転枠

回転速度 rpm

約 3

約 5

ランプ,試料回転枠又は回転盤
と試料スプレーの関係

JIS B 7754

付図 の  (b)  参照

JIS B 7754

付図 の  (a)  参照

ノズルの寸法

JIS B 7754

付図 の 2, 3 参照

JIS B 7754

付図 の 1 参照

圧力 MPa {kgf/cm

2

} 0.08

∼0.13 {0.8∼1.3}

水圧  0.08∼0.13 {0.8∼1.3}  又は空気圧

0.035

∼0.045 {0.35∼0.45}

水量 ml/min

160

±10 235±15

噴射時間 60 分照射中に 12 分間

水  質 pH5.8∼8.6, 200∼250

µS/cm 以下

水 の

噴 射
条件

水  温  ℃ 16±5

運転条件

連続照射

回転盤 1 回転ごとに一定点で試料ホルダが

180

°反転する明暗交互照射

試験槽内の条件

槽内温度調節の際,15℃以下の外気が直接槽内の試験品に当たらないようにする。

1.

試験品は,それぞれが接触しないように取り付ける。

なお,汚染性がある試験品は,他の試験品と同時に試験してはならない。

試験品の取付方法

2.

試験品は,原則として一定時間ごとに上下の位置を取り替える。

備考  キセノンアークランプ,ガラスフィルタ,放電の安定装置については,試験機に適合したものか又は試験機の性能を正し

く維持できるものでなければならない。 

参考付表  2-1

試験装置の種類

試験条件の項目

水冷 6kW キセノンアーク灯式

耐光性試験機

空冷 4.5kW キセノンアーク灯

式耐光性試験機

空冷 2.5kW キセノンアーク灯

式耐光性試験機

装置の構造

JIS B 7754

参考図 の  (b)  参照

ランプ冷却方式

水冷式

空冷式

空冷式

灯  数

1 1 1

ランプの定格電力 kW

6.0

6.5

4.5

2.5

放電電圧 V

135

±11 190±15 95±8 61±5

放電電流 A

45

±2 35±2 48.5±2 41±2

形  状

内側・外側フィルタ:円筒形,赤外線遮断フィルタ:パネル形

石英フィルタ: 275∼700nm 90 以上

紫外線遮断フィルタ: 275nm

2

以下,400∼700nm 90 以上

分光透過率  %

赤外線遮断フィルタ: 275nm

2

以下,300nm 30 以上,320nm 65 以上

(必要に応じて使用) 400nm

80

以上,700nm 70 以下,1000nm 5 以下

内側

石英フィルタ

紫外線遮断フィルタ

外側

紫外線遮断フィルタ

紫外線遮断フィルタ

紫外線遮断フィルタ

組合せ

中間

赤外線遮断フィルタ

赤外線遮断フィルタ

赤外線遮断フィルタ

内側

2 000

2 000

2 000

外側

2 000

2 000

2 000

ガラスフィル

使用限度
時間 h

中間

2 000

2 000

2 000


24

D 0205-1987

試験装置の種類

試験条件の項目

水冷 6kW キセノンアーク灯式

耐光性試験機

空冷 4.5kW キセノンアーク灯

式耐光性試験機

空冷 2.5kW キセノンアーク灯

式耐光性試験機

分光分布

参考付図 参照

参考付図 参照

参考付図 10 参照

ランプ使用開始電力 kW 
[エージング 20 時間後]

4.75 4.0  2.0

試料面放射照度 W/m

2

[波長範囲 300∼700nm]

390 (

±10%) 680

(

±10%) 320

(

±10%)

試験放射エネルギーkJ/m

2

[波長範囲 300∼700nm]

受渡し当事者間の協定による

調節温度℃ 63±3, 83±3

寸  法

JIS B 7754

付図 の 2 参照

ブラックパネ
ル温度計

仕  様

JIS B 7754

の 5.9 参照

湿  度% 50±5

アーク中心から
試料面までの距

離 mm

477

∼483 251∼257 251∼257

直  径 mm 960±6 508±6 508±6

試料回転枠

回転速度 rpm

約 1

約 1

約 3

操  作

試料スプレー回路を閉止し,試料用スプレーを取り外す。

アークランプ,試料回転枠との
関係

JIS B 7754

付図 (c)参照

JIS B 7754

付図 (b)参照

運転条件

連続照射

試験槽内の条件

槽内温度調節の際,15℃以下の外気が直接槽内の試験品に当たらないようにする。

1.

試験品は,それぞれが接触しないように取り付ける。 
なお,汚染性がある試験品は,他の試験品と同時に試験してはならない。

試験品の取付方法

2.

試験品は,原則としてカーボン交換ごとに上下の位置を取り替える。

備考  キセノンアークランプ,ガラスフィルタ,放電の安定装置については,試験機に適合したものか又は試験機の性能を正しく

維持できるものでなければならない。 

参考付表  2-2

試験装置の種類

試験条件の項目

水冷 2.5kW キセノンアーク灯式

耐光性試験機

空冷 1.5kW キセノンアーク灯式

耐光性試験機

装置の構造

JIS B 7754

参考図 (b)参照

JIS B 7754

参考図 (a)参照

ランプ冷却方式

水冷式

空冷式

灯数 1

1

ランプの定格電力 kW 2.5

1.5

放電電圧 V 115±9 61±5

放電電流 A 22.3±2 25±2

形状

内側・外側フィルタ:円筒形,赤外線遮断フィルタ:パネル形

石英フィルタ: 275∼700nm 90 以上

紫外線遮断フィルタ: 275nm 2 以下,400∼700nm 90 以上

分光透過率%

赤外線遮断フィルタ: 275nm 2 以下,300nm 30 以上,320nm 65 以上

(必要に応じて使用)400nm 80 以上,700nm 70 以下,1000nm 5 以下

内側

石英フィルタ

外側

紫外線遮断フィルタ

紫外線遮断フィルタ

組合せ

中間

赤外線遮断フィルタ

赤外線遮断フィルタ

内側

2 000

外側

2 000

2 000

ガラスフイ
ルタ

使用限度
時間 h

中間

2 000

2 000

分光分布

参考付図 11 参照

参考付図 12 参照


25

D 0205-1987

試験装置の種類

試験条件の項目

水冷 2.5kW キセノンアーク灯式

耐光性試験機

空冷 1.5kW キセノンアーク灯式

耐光性試験機

ランプ使用開始電力 kW 
[エージング 20 時間後]

2.0 1.2

試料面放射照度 W/m

2

[波長範囲 300∼700nm]

400 (

±10%) 1520

(

±10%)  [直射時]

試験放射エネルギーkJ/m

2

[波長範囲 300∼700nm]

受渡し当事者間の協定による。

調節温度℃ 63±3,83±3

寸  法

JIS B 7754

付図 の 2 参照

JIS B 7754

付図 の 1 参照

ブラックパ
ネル温度計

仕  様

JIS B 7754

の 5.9 参照

湿  度% 50±5

アーク中心から
試料面までの距
離 mm

251

∼257 79∼81

直  径 mm 508±6 160±2

試料回転枠
又は回転盤

回転速度 rpm

約 3

約 5

操  作

試料スプレー回路を閉止する。

アークランプと試料回転枠との

関係

JIS B 77541

付図 (b)参照

JIS B 7754

付図 (a)参照

運転条件

連続照射

回転盤 1 回転ごとに一定点で試料ホルダが

180

°反転する明暗交互照射

試験槽内の条件

槽内温度調節の際,15℃以下の外気が直接槽内の試験品に当たらないようにする。

1.

試験品は,それぞれが接触しないように取り付ける。

なお,汚染性がある試験品は,他の試験品と同時に試験してはならない。

試験品の取付方法

2.

試験品は,原則として一定時間ごとに上下の位置を取り替える。

備考  キセノンアークランプ,ガラスフィルタ,放電の安定装置にっいては,試験機に適合したものか又は試験機の性能を正し

く維持できるものでなければならない。 


26

D 0205-1987

参考付図 1  太陽追跡暴露試験装置


27

D 0205-1987

参考付図 2  太陽追跡集光量書試験装置


28

D 0205-1987

参考付図 3  紫外線蛍光灯式耐候性試験機

参考付図 4  ブラックパネル温皮計


29

D 0205-1987

参考付図  紫外線カーボンアークの分光放射照度(試料面:光源から 384mm)と 

太陽光の分光放射照度分布

参考付図 6  サンシャインカーボンアークの分光放射照度[ガラスフィルタなし・試料面 

(光源中心から 480mm)]と太陽光の分光放射照度分布


30

D 0205-1987

参考付図 7  紫外線蛍光灯の分光放射照度(試料面放射照度 30W/m

2

)と 

太陽光の分光放躬照度分布

参考付図 8  水冷 6kW キセノンアークの分光放射照度(試料面:ランプ中心から 

480mm

)と太陽光の分光放射照度分布


31

D 0205-1987

参考付図 9  空冷 4.5kW キセノンアークの分光放射照度(試料面:ランプ中心から 

254mm

)と太陽光の分光放射照度分布

参考付図 10  空冷 2.5kW キセノンアークの分光放射照度(試料面:ランプ中心から 

254mm

)と太陽光の分光放射照度分布


32

D 0205-1987

参考付図 11  水冷 2.5kT キセノンアークの分光放射照度(試料面:ランプ中心から 

254mm

)と太陽光の分光放射照度分布

参考付図 12  空冷 1.5kW キセノンアークの分光放射照度(試料面:ランプ中心から 

80mm

・直射時)と太陽光の分光放射照度分布


33

D 0205-1987

参考 2  試験時間

試験時間の設定段階を参考のため下表に示す。促進試験の試験時間については,部品の必要条件の度合

いによって下表のうちから最終時間及び途中経過を観察するための時間を設定することが望ましい。

1.

屋外耐候性試験及び屋外耐光性試験

合計受光量を基準とする場合   (MJ/m

2

)

4 500

9 000

13 500

18 000

22 500  27 000

年数を基準とする場合

(年) 1 2 3 4 5 6

2.

屋外耐オゾン性試験

0.5, 1, 2, 4, 6, 8, 12, 18, 24, 30

(月)

3.

促進耐候性試験

100, 200, 400, 600, 800, 1 000, 1 500, 2 000, 2 500, 3 000,

3 500, 4 000, 4 500, 5 000

(時間)

4.

促進耐光性試験

100, 200, 300, 400, 500, 600, 1 000

(時間)

5.

促進耐オゾン性試験

24, 48, 72, 96, 120, 200, 300, 400

(時間)

参考 3  劣化の判定

以下に示す測定又は観察の結果を,劣化と判定する。

観察項目

判定の基準

測定の項目番号

高光沢[鏡面光沢値 80%以上]

光沢残存率  80%未満

中光沢[鏡面光沢値 30%以上 80%未満]

光沢残存率  50%未満

光沢の変化

低光沢[鏡面光沢値 30%未満]

光沢残存率  50%未満

本体 7.3

変退色

色差 3 を超える又はグレースケール 3 未満

本体 7.4

像の鮮明度の変化  変化率 15%を超える。

本体 7.5

光線透過率の変化  透過率の変化率 15%を超える。

本体 7.6

その他の外観の変化

変化が認められる。 
ゴムの場合オゾンき裂は A-1。

本体 7.7


34

D 0205-1987

自動車  航空部会  自動車専門委員会  構成表

氏名

所属

(委員会長)

中  込  常  雄

社団法人自動車技術会

中  川  勝  弘

通商産業省機械情報産業局

松  波  正  壽

運輸省地域交通局陸上技術安全部

飛  田      勉

工業技術院標準部

石  渡  正  治

財団法人日本自動車研究所研究第 1 部

梅  澤  清  彦

東京工業大学精密工学研究所

大  西      徳

社団法人全日本トラック協会業務部

佐  藤      武

慶應義塾大学理工学部

瀬  倉  久  男

防衛庁装備局

田  中  兼  吉

社団法人日本バス協会技術部

轟          秀

社団法人日本自動車連盟ロードサービス部

杉  浦  秀  昭

社団法人日本自動車整備振與会連合会試験部

岩  根  政  雄

社団法人日本自動車部品工業会

宇  藤      官

鈴木自動車工業株式会社二輪第二設計部

大  槻  耕  一

日野自動車工業株式会社研究管理部

改  田      護

トヨタ自動車株式会社技術管理部

金  子  達  昭

日本自動車輸入組合

野  本  正  猪

三菱自動車工業株式会社技術本部技術管理部

牧  野      昇

本田技研工業株式会社総務部

宮  崎  弘  昭

日産自動車株式会社設計管理部

安  部  史  之

日産ディーゼル工業株式会社設計管理部

一  瀬      修

マツダ株式会社東京技術部

植  木  源  治

日本道路公団維持施設部

大  野  恭  二

いすゞ自動車株式会社特許部

(関係者)

古  川      洋

社団法人自動車技術会

(事務局)

江  口  信  彦

工業技術院標準部機械規格課運輪航空規格室

中  田  幹  夫

工業技術院標準部機械規格課運輸航空規格室