>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

D 0109

:2007

(1)

目  次

ページ

序文 

1

1

  適用範囲

1

2

  引用規格

1

3

  分類

1

4

  用語及び定義 

2

附属書 A(規定)引用規格

37

索  引 

38


D 0109

:2007

(2)

まえがき

この規格は,工業標準化法第 14 条によって準用する第 12 条第 1 項の規定に基づき,社団法人自動車技

術会(JSAE)から,工業標準原案を具して日本工業規格を改正すべきとの申出があり,日本工業標準調査会

の審議を経て,経済産業大臣が改正した日本工業規格である。

これによって,JIS D 0109:1990 は改正され,この規格に置き換えられた。

この規格は,著作権法で保護対象となっている著作物である。

この規格の一部が,特許権,出願公開後の特許出願,実用新案権又は出願公開後の実用新案登録出願に

抵触する可能性があることに注意を喚起する。経済産業大臣及び日本工業標準調査会は,このような特許

権,出願公開後の特許出願,実用新案権又は出願公開後の実用新案登録出願に係る確認について,責任は

もたない。


日本工業規格

JIS

 D

0109

:2007

二輪自動車−用語

Motorcycles and mopeds

Vocabulary

序文 

この規格は,1990 年に第 1 版として発行された。第 1 版から 15 年が経過しており技術発展における

掲載内容の更新及び国内・国際規格等の記述の統一性を保つためにこの規格を改正する。

適用範囲 

この規格は,二輪自動車(以下,自動車という。

)に関する用語について規定する。

注記  二輪自動車とは,2 個の車輪をもっている 2 軸自動車をいう。ただし,側車付二輪自動車を

含む。

引用規格 

附属書 に示す日本工業規格及び国際規格は,この規格に引用されることによって,この規格の規定

の一部を構成する。これらの引用規格は,その最新版(追補を含む。

)を適用する。

分類 

用語の分類は,次による。

a)

種類

1)

形状による分類

2)

用途による分類

b)

寸法,質量,荷重及び性能

1)

基礎となる用語

2)

寸法に関する用語

3)

質量及び荷重に関する用語

4)

性能に関する用語

c)

構造,装置及び部品

1)

原動機に関する用語

2)

動力伝達装置に関する用語

3)

ブレーキ装置に関する用語

4)

走行装置に関する用語

5)

懸架装置及びかじ取り装置に関する用語

6)

電気装置に関する用語

7)

フレームに関する用語


2

D 0109

:2007

8)

乗車装置に関する用語

9)

ぎ(艤)装品に関する用語

用語及び定義 

用語及び定義は,次による。用語の一部に(  )を付けて示してあるものは,

(  )内を一般に省略す

る。

なお,対応英語及び慣用語を参考として示す。

注記 1  用語の下に(  )を付けて示してあるものは,読み方である。

注記 2  この規格で規定している用語のうち,番号に*を付けてあるものは関連する日本工業規格の

用語で規定しているものと用語が同じでも意味が異なるものである。

注記 3  対応英語欄に太字で示したものは,ISO で定めた用語である。また,特に区別しないもの

は,米英共通に用いているものである。

注記 4  慣用語は,今後使用しない用語である。

注記 5  寸法,質量及び荷重に関する用語は,特記しない限り,水平面において直進姿勢で鉛直に

静止した状態の自動車に対するものである。また,寸法に関する用語は特記しない限り,

用語番号 2108 で規定した空車状態のものについていう。

a)

種類

1)

形状による分類 

参考

番号

用語

定義

対応英語

慣用語

1101 

モペット

最高速度が 50 km/h 以下に設計されている二輪
又は三輪の自動車。その原動機が熱機関の場合
には,総行程容積又は相当する容量が 50 cm

3

下のものに限る(

図 参照)(ISO 3833)。

moped 

1102 

モータサイクル

モペットを除く,二輪又は三輪の自動車。ただ
し,三輪の自動車については,空車質量が 400 kg

以下のものに限る(

図 参照)(ISO 3833)。

motorcycle 

1103 

スクータ

シート前部が低く広くえぐられていて,足を置

く床板があり,比較的小さい車輪をもっている
自動車(

図 参照)。

motor scooter

1104 

側車付二輪(自動)

自動車の横に,一輪の側車を固着し,三輪で走

行する自動車。荷物又は人の輸送に用いられる。

motorcycle with

sidecar

図 1−モペット

図 2−モータサイクル

図 3−スクータ

1101

1102

1103


3

D 0109

:2007

2)

用途による分類 

参考

番号

用語

定義

対応英語

慣用語

1201 

オンロード車

一般公道を走ることを目的とした自動車。 street

motorcycle

1202 

オンオフロード車

主として公道の走行を目的としているが,不整
地の走行もできるように作られた自動車。

dual-purpose

motorcycle

1203 

オフロード車

不整地を走ることを目的とした自動車。

off road motorcycle

1204 

ロードレーサ

競技車以外の車両が進入しないように閉鎖され

た舗装路上で,速さを競うことを目的とした自
動車(

図 参照)。

road racer

1205 

モトクロッサ

競技車以外の車両が進入しないように閉鎖され
た不整地で,速さを競うことを目的とした自動
車(

図 参照)。

motocrosser

1206 

トライヤル車

競技車以外の車両が進入しないように閉鎖され
た険路で,難度の高い操縦技術を競うことを目
的とした自動車(

図 参照)。

trial motorcycle

1207 

エンデューロ

主として,不整地の長距離走行で,スピードと
耐久性とを競うことを目的とした自動車。

公道を通過する場合には,最小限の保安部品

を備える。

enduro

b)

寸法,質量,荷重及び性能

1)

基礎となる用語 

参考

番号

用語

定義

対応英語

慣用語

2101 

車輪中心面

リ ム 内 側 の 両 縁 部 の 中 心 を 通 る 平 面   (ISO 

6725)

mid-plane of the 

wheel 

2102 

車輪中心

車輪回転軸と車輪中心面との交点  (JIS D 0102)。 centre of the wheel,

wheel centre

2103* 

縦中心面

鉛直な後輪の車輪中心面  (ISO 6725)。

longitudinal 

median plane 

2104 

接地面

自動車をその上に支える水平面  (ISO 6725)。

supporting surface 

2105 

横鉛直面

縦中心面に直角な鉛直面  (ISO 6725)。

transverse vertical 

planes 

車両直角

2106 

縦中心線

縦中心面と接地面との交線。 longitudinal

median

line

車両中心

図 4−ロードレーサ

図 5−モトクロッサ

図 6−トライヤル車

1204

1205

1206


4

D 0109

:2007

参考

番号

用語

定義

対応英語

慣用語

2107* 

乾燥状態

通常の運転に必要な最小限の装置及び装備を備
えた自動車の状態。

製造業者が取り付けた照明装置,並びに信号

装置を含む電気装置及び法令に規定された計器
とぎ装品を備えている。作動液(潤滑油,冷却

液,ブレーキ液,バッテリ液など)の全量を含
むが,燃料及び混合燃料は含まない。 
注記 1  タイヤの空気圧は,その自動車について

規定した値とする。

注記 2  2 サイクル機関の分離潤滑用の潤滑油

は,作動液とする。

dry condition

2108* 

空車状態

乾燥状態に燃料(規定燃料容量の 90  %以上)及
び製造業者によって通常備えられるぎ装品(工
具,キャリヤ,ウインドシールド,エンジンガ

ードなど)を加えた状態。

kerb condition

curb condition

2109* 

最大積載状態

空車状態の自動車に乗車定員及び許容される質

量の荷物を均等に積載した状態。

通常,自動車は,荷物積載用ではないため,

空車状態に乗車定員を積載した状態をいう。

fully laden

2)

寸法に関する用語 

参考

番号

用語

定義

対応英語

慣用語

2201* 

全長

縦中心面に直角で,自動車の前・後の各々に接
する二つの横鉛直面間の距離  (l

1

)

図 参照)

(ISO 6725)

length

overall length

2202* 

全幅

縦中心面に平行で,自動車の両側に接する 2 平
面間の距離  (w)。ただし,リヤビューミラーは除
く(

図 参照)(ISO 6725)。

width

overall width

2203* 

全高

接地面から自動車の最高部までの距離  (h

1

)

。た

だし,リヤビューミラーは除く(

図 参照)(ISO 

6725)

注記  最大積載状態のときの寸法を示す場合も

ある。

height

overall height

2204* 

軸距

前輪及び後輪の車輪中心を通る横鉛直面間の距
離  (l

2

)

図 参照)(ISO 6725)。

wheel base

wheel space

2205* 

前オーバハング

前輪の車輪中心を通る横鉛直面から自動車の最
前部までの距離  (l

3

)

図 参照)(ISO 6725)。

注記  自動車に固着してあるものは,すべてこの

中に含める。

front overhang 

2206* 

後オーバハング

後輪の車輪中心を通る横鉛直面から自動車の最
後部までの距離  (l

4

)

図 参照)(ISO 6725)。

注記  番号標又はその取付け部品など自動車に

固着してあるものは,すべてこの中に含め
る。

rear overhang 


5

D 0109

:2007

参考

番号

用語

定義

対応英語

慣用語

2207* 

最低地上高

前輪と後輪との間にある自動車の最下部と接地
面との距離  (h

2

)

。ただし,前輪及び後輪は除く

図 参照)(ISO 6725)。

注記 1  フェンダの最下部は除く。 
注記 2  ペダル付きの自動車の場合には,一方の

ペダルを最低の位置とし,ペダルの最下
面と接地面との距離とする。

ground clearance 

2208* 

重心高さ

接地面から自動車の重心までの高さ。 
注記  乗員及び積荷のあるときの寸法を示す場

合もある。

height of the

gravitational

centre

height of the centre

of gravity

重心高

2209* 

バッファクリヤラン

最大積載状態において,車輪の懸架部のストロ

ーク可能な鉛直方向の余裕すき間  (h

3

)

図 

照)

residual vertical

wheel clearance

2210 

シート高

接地面からシート上面までの高さ  (h

4

)

図 

照)

注記  シートの上面が水平でない場合には,通常

の乗車姿勢のときの運転者とシートとの

接触部の中心の高さとする。

seat height

2211* 

ランプ角

縦中心面に投影した自動車の輪郭において,前

輪及び後輪のタイヤの外周に接する 2 本の直線
の交点が,自動車の下側輪郭上にあるときの 2
線がなす角の補角の最小値(

α

)

図 参照)(ISO 

6725)

注記  ペダル付きの自動車の場合には,ペダルの

位置は無視する。

ramp angle 

2212* 

アプローチ角

前輪タイヤの外周に接し,かつ縦中心面に直角
な平面と接地面との間の最大角で,自動車のい
かなる部分もこの平面の下部にないような角度

(

β

1

)

図 参照)(ISO 6725)。

approach angle 

2213* 

デパーチャ角

後輪タイヤの外周に接し,かつ縦中心面に直角

な平面と接地面との間の最大角で,自動車のい
かなる部分もこの平面の下部にないような角度

(

β

2

)

図 参照)(ISO 6725)。

departure angle 

2214* 

キャスタ

かじ取り車輪の車輪中心を通る鉛直線とステア
リングステムの中心線とを縦中心面に投影した
とき,その接地面上における距離  (l)(

図 10 

照)(ISO 6725)。 
注記 1  ステアリングステムの中心線の下方延

長が車輪中心を通る鉛直線の前方にあ

る場合を正(+),後方にある場合を負

(

−)とする。

注記 2  ISO 6725 (6.11)では,負(−)のキャスタ

を“trail”としている。

castor 

トレール


6

D 0109

:2007

参考

番号

用語

定義

対応英語

慣用語

2215 

キャスタ角

縦中心面に投影されたステアリングステムの中
心線の鉛直線に対する傾き角度  (b)(

図 10 参照)

(ISO 6725)

注記  ステアリングステムの中心線の上部が下

部より後方にある場合を正(+),前方にある

場合を負(−)とする。

castor angle 

2216 

バンク角

タイヤのトレッドに接する平面と接地面との間
の最大角度。前輪と後輪とで角度が異なる場合

には小さい方の値を用いる。

自動車の一部がこのように決められた角度内

に突出する場合には,この部分の外表面とタイ

ヤとに接する平面の角度を用いる。ただし,ペ
ダルが付いたモペットでは,ペダルの位置は無
視する(

図 参照)(ISO 6725)。

注記 1  自動車には,左側(

α

1

)

及び右側(

α

2

)

のバ

ンク角がある。

注記 2 ISO 6725 では,タイヤで決まる最大角

によって接地点を求めている。

banking angle 

2217* 

(最大)かじ取り角  ハンドルバーを直進状態から右又は左に回転す

る場合に,かじ取り車輪の車輪中心面と接地面
との交線が旋回移動する最大回転角度。

steering angle

2218 

ハンドル回転角

ステアリングステムの中心線に直角な平面上で

の,ハンドルバーの直進状態からの最大回転角
度。

steering angle

2219* 

最小旋回半径

自動車を接地面に垂直に保持して(最大)かじ
取り角で徐行するとき,かじ取り車輪のタイヤ
の接地部の中心が描く軌跡の半径(

図 11 参照)

(ISO 6725)

注記 1  右側及び左側の最小旋回半径がある。 
注記 2  外側になる車輪のタイヤによるもの(r

1

)

を外側車輪最小旋回半径,内側になるタ
イヤによるもの(r

2

)

を内側車輪最小旋回

半径という。

注記 3 ISO 6725 では,車輪中心面と路面との

交線の内接円で示している。

minimum turning 

radius 

最 小 回 転

半径

2220* 

車体最小旋回半径

自動車を接地面に垂直に保持して(最大)かじ

取り角で徐行するとき,車体の部分が描く軌跡
の半径(

図 11 参照)(ISO 6725)。

注記 1  右側及び左側の車体最小旋回半径があ

る。

注記 2  最も外側になる部分によるもの(r

3

)

を外

側車体最小旋回半径,最も内側になる部

分によるもの(r

4

)

を内側車体最小旋回半

径という。

minimum turning 

clearance radius 

2221 

総行程容積

エンジンの各シリンダの行程容積の総和。行程
容積とシリンダ数との積  (JIS B 0108-2)。

V

st

NV

s

 

ここに,N:シリンダ数

V

s

:行程容積

engine swept

volume

総排気量


7

D 0109

:2007

参考

番号

用語

定義

対応英語

慣用語

2222 

燃料容量

燃料タンクに収容できる燃料の最大容量。ただ
し,補助タンクにつながるものは,その容量も

含む  (JIS D 0102)。

fuel capacity

2223* 

潤滑油容量

エンジン,変速機,減速歯車室などの潤滑系統
に収容できる潤滑油の基準容量。ただし,補助

タンクにつながるものは,その容量も含む。

lubricating oil

capacity

2224* 

冷却水容量

エンジン,放熱器系統に収容できる冷却水の最

大容量。

cooling water

capacity

図 7−寸法に関する用語

図 8−ランプ角

図 9−アプローチ角,デパーチャ角

2211

2212

2213


8

D 0109

:2007

3)

質量及び荷重に関する用語 

参考

番号

用語

定義

対応英語

慣用語

2301 

乾燥質量

乾燥状態の自動車の質量  (ISO 6726)。

vehicle dry mass 

乾燥重量

2302 

乾燥荷重

乾燥質量と標準重力加速度(9.806 65 m/s

2

)

との

積。

vehicle dry weight

乾燥重量

2303* 

空車質量

空車状態の自動車の質量  (ISO 6726)。

vehicle kerb mass

vehicle curb mass

空車重量

2304* 

空車荷重

空車質量と標準重力加速度との積。 vehicle

kerb

weight

vehicle curb weight

2305 

全装備質量

空車状態に,製造業者によって準備された追加
及び選択のぎ装品をすべて装着した自動車の質

量  (ISO 6726)。

vehicle mass fully 

equipped 

2306 

全装備荷重

全装備質量と標準重力加速度との積。

vehicle weight fully

equipped

2307* 

自動車総質量

最大積載状態の自動車の質量  (ISO 6726)。

maximum 

authorized total 

mass 

自 動 車 総

重量

2308* 

自動車総荷重

自動車総質量と標準重力加速度との積。 maximum

authorized total

weight

自 動 車 総

重量

2309* 

最大積載質量

自動車に積載することが許容されている乗車定

員及び積荷の最大の質量。 
注記  自動車総質量から空車質量を差し引いた

値である。

maximum

authorized freight

mass

最 大 積 載

図 10−キャスタ,キャスタ角

図 11−最小旋回半径,車体最小旋回半径

2214

2215

2219

2220

r

3

r

2

r

4

r

1


9

D 0109

:2007

参考

番号

用語

定義

対応英語

慣用語

2310* 

最大積載荷重

最 大 積 載 質 量 と 標 準 重 力 加 速 度 と の 積   (ISO 

6726)

注記  自動車総荷重から空車荷重を差し引いた

値である。

maximum 

authorized 

payload 

最 大 積 載

2311 

軸荷重

車輪を通じて接地面にかかる,各車軸当たりの

荷重  (JIS D 0102)。

axle weight

2312 

前軸荷重

前車軸の軸荷重  (JIS D 0102)。

front axle weight

2313 

後軸荷重

後車軸の軸荷重  (JIS D 0102)。 rear

axle

weight

2314* 

荷重配分比

各車軸に配分される自動車の荷重の百分率。 
注記  最大積載状態のときの比率を示す場合も

ある。

  (前輪):(後輪)

47

%:53%(空車状態)

weight ratio

重 量 配 分

2315* 

ばね上質量

自動車の質量のうち,懸架ばねに支持される質
量。 
注記  動力伝達装置,懸架装置,ブレーキ装置,

かじ取り装置のように,その質量のうちの
幾らかがばね上質量を構成するものは,そ

の構造に従い相当質量として加算する。

sprung mass

2316* 

ばね下質量

前車軸及び後車軸に取り付けられている部分の

質量。 
注記  自動車の質量とばね上質量との差に当た

る。

unsprung mass

4)

性能に関する用語 

参考

番号

用語

定義

対応英語

慣用語

2401 

最大出力

使用する回転速度範囲内でエンジンが出すこと
ができる最大の軸出力  (JIS B 0108)。 
注記  単位は kW。

peak power

maximum power

2402 

ネット軸出力

補助装置を備えたエンジンを,試験台上で運転
させたときに,クランク軸端末で得られる出力。
軸出力がギヤボックスを取り付けなければ測定

できない場合には,測定された出力に変速機構
による出力損失を加算する  (JIS D 1000)。

net power

2403 

最大トルク

使用する回転速度範囲内でエンジンが出すこと
ができる最大の軸トルク。 
注記  単位は N・m。

maximum torque

2404 

ネット軸トルク

ネット軸出力と同じ条件で得られるトルク  (JIS 

D 1000)

net torque

2405 

自動車(走行)性能

線図

自動車の走行速度に対する駆動力曲線,走行抵
抗曲線及び各変速段におけるエンジン回転速度
を一つの線図にまとめたもの  (JIS D 0102)。

motorcycle

performance

diagram

2406* 

車速線図

各変速段数において機関回転速度と自動車走行
速度との関係を表した線図  (JIS D 0102)。

speed diagram

2407 

駆動力曲線

自動車の走行速度と各変速段における最大駆動
力との関係を表した曲線図  (JIS D 0102)。

driving force curve


10

D 0109

:2007

参考

番号

用語

定義

対応英語

慣用語

2408* 

走行抵抗曲線

自動車の走行速度と走行抵抗との関係を,各こ
う配ごとに表した曲線図  (JIS D 0102)。

running resistance

curve

2409 

走行抵抗

自動車が走行する際に受ける抵抗  (JIS D 0102)。
注記  走行抵抗は,転がり抵抗,空気抵抗,こう

配抵抗からなる。

running resistance

2410* 

転がり抵抗

自動車が水平路面上を転がり移動するときに受
ける抵抗を総括したもの  (JIS D 0102)。 
注記  転がり抵抗は,次の各種の抵抗からなる。

a)

タイヤが路面を転がるときにタイヤ
を変形させる抵抗。

b)

自動車各部の摩擦抵抗。

c)

路面を変形させる抵抗。

rolling resistance

2411 

空気抵抗

自動車が走行する場合の空気による抵抗  (JIS D 

0102)

注記  一般に空気抵抗(R

a

)

は,次の式で求める。

R

a

kAV

2

ここに,k:空気抵抗係数

A

:自動車の前面投影面積

V

:空気に対する自動車の相対速

air resistance

2412 

こう配抵抗

自動車が坂路を登るとき,重力の進行方向の分
力によって,自動車の重心に後向きに作用する

抵抗  (JIS D 0102)。 
注記  こう配抵抗(R

g

)

は次の式で求める。

R

g

mg sin

θ

 

ここに,m:自動車の質量

g

:標準重力加速度

θ

:こう配面が水平面となす角

hill climbing

resistance

2413* 

前面投影面積

自動車の横鉛直面に自動車を投影してできる面
積。

frontal projected

area

2414 

動力伝達効率

エンジンで発生した軸出力と,クラッチ,変速

機,減速機などの全動力伝達装置を通って駆動
輪に伝えられた出力との比  (%) (JIS D 0102)。

mechanical

efficiency of

power

transmission

伝 達 機 械

効率

2415 

駆動力

駆動輪接地点において,自動車の駆動に利用で
きるエンジンからの力  (JIS D 0102)。

driving force

2416 

登坂能力

(とはんのうりょく)

自動車が最大積載状態において坂路を登ること
ができる能力であって,最大傾斜角の正接で表
したもの  (JIS D 0102)。

hill climbing

ability

gradability

2417* 

加速能力

自動車が平地走行で加速するときの最大能力。
注記  一般に発進加速能力と追い抜き加速能力

が使われる。

accelerating ability

2418* 

発進加速能力

自動車が停止状態から適宜変速して一定距離を
走行する時間から求められる加速能力。

accelerating ability

from standstill

2419* 

追い抜き加速能力

自動車がある初速度から変速しないで一定速度
まで加速する時間から求められる加速能力。

passing ability

2420* 

最高速度

空車質量の自動車が水平平たん路面において出
すことのできる最高の速度  (JIS D 1037)。

maximum speed

2421 

燃料消費量

自動車がある走行距離の間に,又はある時間内
に消費する燃料の量  (JIS D 0102)。

fuel consumption


11

D 0109

:2007

参考

番号

用語

定義

対応英語

慣用語

2422* 

燃料消費率

単位出力・単位時間当たりに消費される燃料の
量。燃料に潤滑油が混合される場合には,潤滑

油の量を除外する  (JIS D 1000)。

specific fuel

consumption

2423 

潤滑油消費量

自動車がある走行距離の間に,又はある時間内
に消費する潤滑油の量  (JIS D 0102)。

lubricating oil

consumption

2424 

(自動車の)潤滑油

消費率

自動車が単位走行距離又は単位時間当たりに消
費する潤滑油の量若しくは潤滑油の単位容量当

たりに走行できる距離  (JIS D 0102)。

rate of lubrication

oil consumption

2425* 

変速比

変速機の入力軸の回転速度と出力軸の回転速度
との比であって,走行状態に応じて選択できる

もの  (JIS D 0102)。 
注記  副変速機を含める場合もある。

change gear ratio

transmission gear

ratio

2426* 

減速比

減速機において,入力軸の回転速度と出力軸の
回転速度との比  (JIS D 0102)。

reduction gear ratio

2427 

1

次減速比

原動機の出力軸の回転速度と変速機の入力軸の

回転速度との比。

primary reduction

gear ratio

2428 

2

次減速比

変速機の出力軸の回転速度と駆動車輪の回転速

度との比。

secondary reduction

gear ratio

2429 

制動初速度

制 動 操 作 の 開 始 直 前 の 自 動 車 の 速 度   (JIS D 

1034)

initial speed of

braking

2430 

停止距離

運転者が制動操作装置の操作を始めてから,停
止 す る ま で に 自 動 車 が 走 行 し た 距 離   (JIS D 

1034)

stopping distance

2431 

制動距離

JIS D 1034

で測定した値  (JIS D 0010)。 braking

distance

2432* 

平均飽和減速度

制動中,自動車の減速度がほぼ安定していると
みなせるときの値  (JIS D 1034)。

mean fully

developed

deceleration

2433 

車速

自動車車体の重心位置の速度の水平成分。 horizontal

velocity

2434 

横加速度

自動車の重心位置の加速度ベクトルの x 軸に垂

直で路面に平行な成分。

lateral acceleration

2435 

最大横加速度

自動車−ライダ系が旋回運動を行っているとき
に得られる最大の横加速度。

maximum lateral

acceleration

2436 

最大ロール角, 
最大バンク角

自動車−ライダ系が旋回運動を行っているとき
の最大ロール角。

maximum roll

angle

maximum bank

angle

c)

構造,装置及び部品

1)

原動機に関する用語 

参考

番号

用語

定義

対応英語

慣用語

3110 

2

サイクル機関

2

行程で 1 サイクルを完結する内燃機関  (JIS B 

0108-1)

two-stroke engine

two-cycle engine

3111 

ピストン弁機関

ピストンの往復運動によってシリンダに設けた
吸気口,掃気口及び排気口の開閉を行う 2 サイ
クル機関。

piston valve engine


12

D 0109

:2007

参考

番号

用語

定義

対応英語

慣用語

3112 

ロータリ弁機関

ピストンの往復運動によって掃気口及び排気口
の開閉を行い,ロータリ弁によって吸気口の開

閉を行う 2 サイクル機関。

rotary valve engine

3113 

ロータリ弁

回転によって吸気口の開閉を行う円筒,円すい
又は円板状の弁。

rotary valve

3114 

リード弁機関

ピストンの往復運動によって掃気口及び排気口
の開閉を行い,リード弁によって吸気口の開閉

を行う 2 サイクル機関。

reed valve engine

3115 

リード弁

内外の圧力差によって,たわんで開閉する板状
吸気弁。

reed valve

3120 

4

サイクル機関

4

行程で 1 サイクルを完結する内燃機関  (JIS B 

0108-1)

four-stroke engine

four-cycle engine

3121 

クランクケース

クランク軸主軸を内蔵し,クランク室を部分的
に囲っている部品。シリンダ,シリンダジャケ
ット(ケーシング)又はシリンダブロックを支

持する構造で,部品装着のための表面をもって
いる(

図 15 参照)(JIS B 0109-1)。

crankcase

3122 

オイルパン

クランク室の下部を囲い,潤滑油を蓄える部品。
クランク軸主軸受は内蔵していない

図 15 参照)

(JIS B 0109-1)

oil pan

oil sump

油だめ, 
油受

3123 

シリンダブロック

2

個以上のシリンダが一体となっている部品。一

体で形成されているもの又はボルト結合されて
いるものがある(

図 15 参照)(JIS B 0109-1)。

cylinder block

3124 

シリンダヘッド

燃焼室を覆う部品。ガス交換用の装置(弁,弁
駆動装置,吸排気管路など)をもたない場合も

ある(

図 15 参照)(JIS B 0109-1)。

cylinder head

cylinder cover 

3125 

シリンダヘッドカバ

弁などの可動部分を保護する部品(

図 15 参照)

(JIS B 0109-1)

valve mechanism

casing

valve mechanism

cover

cylinder head cover

3126 

オーバヘッドバルブ

機関

吸気弁と排気弁がピストン上部のシリンダヘッ
ド内にあり,ピストンの動きの方向とほぼ同じ

方向 に弁 が 開閉 する 4 サ イク ル機 関  (JIS B 

0108-1)

overhead-valve

engine

3127 

オーバヘッドカムシ

ャフト機関

吸気弁,排気弁及びカム軸をシリンダヘッドに
もつ 4 サイクル機関  (JIS B 0108-1)。

overhead camshaft

engine

3128 

シングルオーバヘッ

ドカムシャフト機

吸気弁,排気弁及び 1 本のカム軸をシリンダヘ
ッドにもつ 4 サイクル機関。

single overhead

camshaft engine

3129 

ダブルオーバヘッド

カムシャフト機関

吸気弁,排気弁及び 2 本のカム軸をシリンダヘ
ッドにもつ 4 サイクル機関。

double overhead

camshaft engine

3131 

直列形機関

1

列のシリンダバンクをもつ内燃機関  (JIS B 

0108-1)

in-line engine

straight-type engine

3132 

V

形機関

2

列のシリンダバンクが互いにある角度をもち,

かつ,1 本のクランク軸をもつ内燃機関  (JIS B 

0108-1)

vee-engine

V-engine

V-type engine


13

D 0109

:2007

参考

番号

用語

定義

対応英語

慣用語

3133 

対向シリンダ機関

クランク軸の反対側に 2 列のシリンダバンクを
対向して配置した内燃機関  (JIS B 0108-1)。

opposed-cylinder

engine

opposed cylinder

type engine

opposed piston

engine

3134 

ツインバンク機関

2

列の平行なシリンダバンクと 2 本のクランク軸

とをもつ内燃機関  (JIS B 0108-1)。

twin-bank engine

3135 

クランクバランサ

クランク軸と同期回転する軸につりあいおもり
を付け,不つりあい力又は不つりあい偶力をつ

りあわせて,

振動を低減させる機構

図 12 参照)。

crank balancer

3140 

吸気装置

新気をエンジン本体に供給する装置。 intake

system

inlet system

3141 

空気清浄器

機関に導かれる新気を通過させ粒子を取り除く
装置  (JIS B 0109-4)。

air filter

air cleaner 

3142 

吸気管

新気が吸気マニホルド又は機関のシリンダに導
かれるパイプ  (JIS B 0109-4)。

inlet pipe

3150 

燃料装置

燃料をエンジンに供給する装置及び燃料を貯蔵
する装置。気化器,燃料噴射装置を含む(

図 16

参照)(JIS D 0104)。

fuel system

3151 

燃料タンク

燃料を納めておくタンク(

図 16 参照)(JIS B 

0110)

fuel tank

3152 

燃料タンクキャップ  燃料タンクの注入口に設けたキャップ。 tank

cap

filler cap

3153 

燃料コック

燃料タンクから気化器などへ燃料を送るための

通路に設けた締切機能をもつ部品。

fuel cock

3154 

気化器

エンジンの吸気量と混合比とを制御し,併せて

燃料を微粒化する装置  (JIS B 0110)。

carburetor

carbureter

carburettor

carburetter

3155 

燃料噴射装置

機関に燃料を噴射供給するための装置(

図 16 

照)(JIS B 0110)。

fuel injection

system

fuel injection

equipment

噴射装置

3156 

スロットルバルブ

エンジンの吸気量を制御する弁。 throttle

valve

throttling valve

throttle butterfly

3157 

スロットルグリップ  エンジンの出力を制御して車速の調整を行うた

めに,ハンドルバーの右端に装着した回転する
握り部分(

図 13 参照)。

throttle grip

3158 

スロットルケーブル  スロットルグリップなどの動きをスロットルバ

ルブに伝達するケーブル。

throttle cable

3160 

排気装置

シリンダ内の燃焼ガスを外部に排出する装置。

exhaust system

3161 

排気消音器

排気騒音を減衰させるための装置(

図 17 参照)

(JIS B 0110)

exhaust silencer

silencer

exhaust muffler

muffler

排 気 マ フ

ラ,

マフラ


14

D 0109

:2007

参考

番号

用語

定義

対応英語

慣用語

3162 

排気管

過給機,排気マニホルド又は機関シリンダから
の排気を放出するパイプ(

図 17 参照)(JIS B 

0109-4)

exhaust pipe

3163 

スパークアレスタ

排気管の最後部に設け,火災及び火の粉排出を
防止するための装置(

図 14 参照)。

spark arrester

3170 

冷却装置

水又は空気によって,エンジンを適度な温度に
冷却する装置  (JIS D 0104)。

cooling system

3171 

自然空冷

冷却ファンを用いないで冷却する空冷方式  (JIS 

B 0110)

air cooling without

blower

3172 

強制空冷

冷却ファンによって冷却する空冷方式  (JIS B 

0110)

air cooling with

blower

3173 

強制冷却

ポンプによって強制循環を行う冷却液体による

冷却  (JIS B 0109-5)。

force-feed cooling

3180 

潤滑装置

潤滑油をエンジン各部に供給する装置及び貯蔵

装置  (JIS D 0104)。

lubricating system

lubricating device

3181 

はねかけ潤滑装置

機関の運動部分によって,はねあげられた潤滑
油の飛まつ(沫)によって潤滑する装置  (JIS B 

0109-6)

splash lubrication

3182 

強制潤滑

オイルポンプで直接圧力を加えて注油する潤滑

(JIS B 0110)

force-feed

lubrication

forced lubrication

3183 

燃料混合潤滑

潤滑油を燃料にある割合で混合して供給する潤

滑方式。十分な潤滑油が燃料から分離し,機関
の潤滑部分に付着させられる  (JIS B 0109-6)。

oil-in-gasoline

lubrication

petroll lubrication

mixture method

lubrication

3184 

独立分離潤滑装置

外に設けた潤滑油タンクから直接給油する強制

潤滑装置  (JIS B 0109-6)。

independent

lubrication

separate oiling

system

3185 

ウェットサンプ潤滑  エンジンの油受けにためた潤滑油による潤滑。

wet sump

lubrication

3186 

ドライサンプ潤滑

クランク室の外に設けたタンクから潤滑油を供
給し循環させる潤滑。

dry sump

lubrication

3187 

オイルフィルタ

潤滑油中の異物を除去し清浄にする装置(

図 15

参照)  (JIS B 0110)。

oil filter

3188 

オイル冷却器

潤滑油の温度を下げるための熱交換器  (JIS B 

0110)

oil cooler

油冷却器

3190 

始動装置

機関に装着された始動制御装置及び始動装置で
構成される装置。この装置には,機関が自力で

回転するようになるまでの一連の補助装置を含
む  (JIS B 0109-8)。

starting system

starter

starting equipment

起動装置

3191 

キック始動装置

足げりによってクランク軸を回す始動装置  (JIS 

B 0109-8)

kick starting

system

kick starting

3192 

プライマリキック

変速装置がどの変速段にあっても,キック始動
が可能な始動装置。

primary kick

3193 

キックスタータアー

足げりによってクランク軸 を回すためのアー
ム。

kick starter arm


15

D 0109

:2007

参考

番号

用語

定義

対応英語

慣用語

3194 

電気始動

電動機による始動  (JIS B 0110)。 electric

starting

3195 

スタータ

エンジンを始動させるための,バッテリで作動

する直流電動機  (JIS D 0103)。

starting motor

cranking motor

starter

始 動 電 動

3196 

デコンプ

シリンダ圧縮圧力を低減し,始動装置の負担を
減少させるための操作,又はその装置  (JIS B 

0109-8)

decompressor

decompression

(device)

3197 

点火装置

エンジンの燃焼室内の混合 気に点火する装置

(JIS D 0104)

ignition system

3198 

バッテリ点火

バッテリ及びイグニッションコイルを用いる点
火。

battery ignition

battery-coil ignition

3199 

マグネト点火

マグネトによる点火  (JIS B 0110)。 magneto

ignition

3200 

マグネト

マグネットを使用した点火機構をもつ高圧発電
機 。 ラ ン プ コ イ ル を も つ こ と も あ る   (JIS D 

0103)

magneto

3201 

フライホイールマグ

ネト

ロータがエンジンのクランク軸のフライホイー
ルを兼ねる構造のマグネト。

flywheel magneto

3202 

エレクトロニックイ

グナイタ

トランジスタ,集積回路などの半導体などを用
いて,スパークプラグに電気火花を飛ばす点火

装置  (JIS D 0103)。

electronic igniter

3203 

コンデンサ放電点火

装置

コンデンサに蓄えられた電荷を点火コイルの一
次側へ放電させ,二次側に高電圧を得る点火装

置  (JIS B 0110)。 
注記 CDI と略称する。

capacitor discharge

ignition system

condenser discharge

ignition system

図 12−クランクバランサ 

3135


16

D 0109

:2007

図 13−スロットルグリップ,ハンドルグリップ 

図 14−スパークアレスタ 

図 15−エンジン各部の名称 

図 16−燃料関連部品名 

図 17−排気系部品名 

2)

動力伝達装置に関する用語 

参考

番号

用語

定義

対応英語

慣用語

3300 

動力伝達装置

原動機の動力を走行装置又は駆動以外に利用す
る た め の 装 置 に 伝 達 す る 装 置 の 総 称   (JIS D 

0104)

transmission system

伝導装置,
駆動装置

3163

3157

3632

3632


17

D 0109

:2007

参考

番号

用語

定義

対応英語

慣用語

3310 

クラッチ

原動機の動力の伝達を断続させる装置。通常,
原動機と変速装置との間の設けられる  (JIS D 

0104)

clutch

3311 

手動クラッチ

運転者の握力で,操作するクラッチ。 hand

operated

clutch

3312 

クラッチレバー

握力をクラッチの操作力に変換するレバー(

18

参照)

clutch lever

3313 

クラッチケーブル

クラッチレバーの操作をクラッチに伝達するケ
ーブル。

clutch cable

3314 

遠心クラッチ

原動機の回転速度の増減による遠心力の変化を
利用するクラッチ。

centrifugal clutch

3315 

湿式多板ラッチ

2

枚以上の摩擦板をもち,潤滑油で湿った状態で

使用するクラッチ。

multiplate wet

clutch

3316 

乾式クラッチ

摩擦板が乾いた状態で使用するクラッチ。 dry

clutch

3320 

変速装置

原動機の動力を負荷に応じたトルク又は回転速
度に変換する装置  (JIS D 0104)。

transmission

gear box

ミッション

3321 

常時かみ合い式変速

主軸歯車と副軸歯車とは,各変速段とも常時か
み合っており,いずれかを選択して軸に固定す
ることによって動力を伝達する変速装置。

constant mesh

transmission

3322 

ギヤシフトカム

変速装置の歯車選択を制御するカム(

図 19 

照)

gear shift cam

3323 

シフトフォーク

変速装置のしゅう動歯車を動かす,ふたまた状
の部品(

図 19 参照)。

shifting fork

3324 

足動変速

変速装置を足によって操作する変速方法。 foot

change

3325 

変速ペダル

足動変速のための操作ペダル(

図 19 参照)。 change

pedal

gear shift pedal

3326 

リターンシフト

最高速段又は最低速段に達したとき,戻り側だ
けが可能な変速方法。

return shift

3327 

ロータリシフト

変速操作が最高速段から最低速段までループ状
につながっていて,循環操作及び往復操作が可
能な変速方法。

rotary shift

3328 

CVT

変速を無段階に行うことができる装置。 continuously

variable

transmission

3331 

1

次減速機

原動機回転速度を,原動機と変速機との間で減
速する機構。

primary reduction

gear

3332 

2

次減速機

変速機出力軸回転速度を,変速機と駆動車輪と
の間で減速する機構。

secondary reduction

gear

3333 

チェーンドライブ

チェーンを使用する駆動車輪への動力伝達。 chain

drive

3334 

ドライブスプロケッ

チェーンドライブの駆動側スプロケット。 drive

sprocket

駆動スプロ

ケット

3335 

ドリブンスプロケッ

チェーンドライブの被駆動側スプロケット。 driven

sprocket

被駆動スプ

ロケット

3336 

チェーンアジャスタ  チェーンのたるみを調整するために,後車軸を

前後に移動させる部品(

図 20 参照)。

chain adjuster

3337 

チェーンテンショナ  チェーンのたるみの変化を吸収するために,チ

ェーンに張力を与える装置。

chain tensioner

3338 

シャフトドライブ

回転軸を使用する,駆動車輪への動力伝達。 shaft

drive

3339 

ベルトドライブ

ベルトを使用する,駆動車輪への動力伝達。 belt

drive


18

D 0109

:2007

参考

番号

用語

定義

対応英語

慣用語

3340 

ドライブプーリ

ベルトドライブの駆動側プーリ。 drive

pulley

3341 

ドリブンプーリ

ベルトドライブの被駆動側プーリ。 driven

pulley

図 18−クラッチレバー 

図 19−変速装置 

図 20−後輪駆動 

3)

ブレーキ装置に関する用語 

参考

番号

用語

定義

対応英語

慣用語

3400 

ブレーキ装置

自動車を減速,停止又はある位置に保持するた

めに使用する一連の機構  (JIS D 0106)。

braking device

ブレーキ,

制動装置

3401 

フロントブレーキ

前車軸に取り付けたブレーキ装置  (JIS D 0106)。 front brake

3402 

リヤブレーキ

後車軸に取り付けたブレーキ装置  (JIS D 0106)。 rear brake

3403 ABS 

制動中の自動車の 1 個以上の車輪のスリップを

自動的に制御する装置  (JIS D 0106)。

anti-lock device

anti-lock braking

system

ア ン チ ロ

ッ ク ブ
レ ー キ
シ ス テ

3404 

前後連動ブレーキ

一つの操作系だけで,あらかじめ設定された適
切な配分で前後輪同時に制動するシステム。

combined brake

system

3312 
クラッチレバー

3325
変速ペダル

3323
シフトフォーク

3322
ギヤシフトカム

3532
ホイールダンパ

3336
チェーンアジャスタ


19

D 0109

:2007

参考

番号

用語

定義

対応英語

慣用語

3410 

ハンドブレーキ

運転者が手で操作するブレーキ装置

図 22 参照)

(JIS D 0106)

hand operated brake

3411 

ブレーキレバー

握力をブレーキ操作力に変換するレバー(

図 22

参照)

brake lever

3412 

ブレーキケーブル

握力又は踏力ブレーキ操作の作動部に伝達する
ケーブル。

brake cable

3420 

フットブレーキ

運転者が足で操作するブレーキ装置

図 21 参照)

(JIS D 0106)

foot brake

フ ー ト ブ

レーキ,

足 ブ レ ー

3421 

ブレーキペダル

運転者が制動を行うため,足によって操作する
部品(

図 21 参照)。

brake pedal

3422 

ブレーキロッド

踏力をブレーキ装置の作動部に伝える機能をも
つ棒状の部品(

図 21 参照)。

brake rod

3423 

ブレーキカムレバー  ブレーキ操作力をブレーキカムに伝える機能を

もつリンク機構部品(

図 21 参照)。

注記  ブレーキアームともいう。

brake actuating

lever

3424 

トルクリンク

ブレーキ装置の作動部が受けるブレーキトルク
を軸荷重として直接受け,作動部の回転を防止
する支持部材(

図 21 参照)。

torque link

3430 

ドラムブレーキ

ドラムの内面又は外面に摩擦材を押し付けて制
動する摩擦ブレーキ  (JIS D 0106)。

drum brake

3431 

(ブレーキ)ドラム  制動作用をさせるためにブレーキシューを押し

付ける円筒状の部品  (JIS D 0107)。

drum

3432 

ブレーキシュー

ブ レ ー キ ラ イ ニ ン グ を 保 持 す る 部 品   (JIS D 

0107)

brake shoe

3433 

ブレーキライニング  ドラムに押し付けて制動力 を発生する摩擦材

(JIS D 0107)

brake lining

3434 

ブレーキカム

ドラムに押し付けるためにブレーキシューを動

かすカム。

brake cam

3435 

ブレーキパネル

ブレーキシューを保持する円板状の部品(

図 21

参照)

brake panel

brake backing plate

3440 

ディスクブレーキ

ディスクの両面にパッドを押し付けて制動する
摩擦ブレーキ  (JIS D 0107)。

disc brake

disk brake

3441 

(ブレーキ)ディス

制動作用をさせるためにパッドが押し付けられ
る円板状の部品  (JIS D 0107)。

disc

disk

3442 

ベンチレーテッドデ

ィスク

空洞を設け,冷却機能を向 上させたディスク

(JIS D 0107)

ventilated disc

3443 

フローティングディ

スク

ハブに対し,浮動させ,熱ひずみの減少をねら

ったディスク。

floating disc

3444 

キャリパ

ディスクの両面にパッドを押し付ける機能をも

つ装置。

caliper

caliper assembly

3445 

(ブレーキ)パッド  ディスクに押し付けて制動 力を発生する摩擦

材。

pad

3446 

ブレーキマスタシリ

ンダ

ブレーキペダル又はブレーキレバーに加えられ
た力を機械的な機構を介して液圧に変換する装

置(

図 22 参照)。

brake master

cylinder

3447 

リザーバ

ブレーキ装置の作動液を蓄えておくタンク(

22

参照)

reservoir

タンク, 
液だめ


20

D 0109

:2007

参考

番号

用語

定義

対応英語

慣用語

3448 

ブレーキホース

ブレーキの作動液圧を伝達するため両端に継手
部品をもつたわみ性があるホース(

図 22 参照)

(JIS D 0107)

brake hose

フ レ キ シ

ブ ル ホ

ース,

プ レ ッ シ

ャ ホ ー

図 21−フットブレーキ 

図 22−ハンドブレーキ 

3435

3422

3420

3423

3421

342

3410

3411

3447

3446

3448


21

D 0109

:2007

4)

走行装置に関する用語 

参考

番号

用語

定義

対応英語

慣用語

3500 

走行装置

自動車の走行に必要な車軸及び車輪の総称  (JIS 

D 0104)

vehicle drive system

3511 

車軸

車体及び車輪を支えるハウジング,棒体など。

終減速装置から車輪に動力を伝える軸(ドライ
ブシャフトは除く)を含む(

図 23 参照)(JIS D 

0104)

axle

3520 

車輪

車軸を通じて車体を支え,回転運動によって自
動車を走行させるために必要な機能をもった輪

体(

図 23 参照)(JIS D 0104)。

wheel

wheel assembly

3521 

ホイール

リム,スポーク(又はディスク部)及びハブの
結合体。

wheel

3522 

スポークホイール

リムとハブとの間を円板状の部材で構成又は結
合したホイール(

図 23 参照)。

spoke wheel

3523 

ワイヤスポークホイ

ール

リムとハブとをワイヤスポークで結合したホイ
ール(

図 23 参照)。

wire spoke wheel

3524 

ディスクホイール

リムとハブとの間を円板状の部材で構成又は結
合下ホイール(

図 23 参照)。

disc wheel

disk wheel

3525 

軽合金(製)ホイー

リムが,軽合金でできているホイール。ただし,

ワイヤスポークホイールは除く。

light alloy wheel

3526 

キャストホイール

リム,スポーク(又はディスク部)及びハブを

一体に鋳造したホイール(

図 23 参照)。

cast wheel

3527 

プレスホイール

リムとスポーク(又はディスク部)とをプレス
成形して,組立結合したホイール。

pressed wheel

stamped wheel

3528 

ハブ

ホイールの中心部を形成する部品又は部分(

23

参照)

hub

wheel hub

3529 

リム

タイヤを装着し,保持する部品,又は部分。 rim

3530 

スポーク

ホイールのハブとリムをつなぐ部品,又は部分。 spoke

3531 

(空気入り)タイヤ  リムに取り付け,リムと本体との間の中空部に

空気を充てんした車輪  (JIS D 0104)。

(英)pneumatic

tyre

(英)tyre,

(米)tire

3532 

ホイールダンパ

エンジンのトルク変動及びブレーキ時の衝撃を

緩和するために,駆動車輪に装着する部品(

20

参照)

wheel damper

3533 

スピードメータギヤ

ボックス

車輪の回転を減速してスピードメータに伝える

ための歯車装置。

speedometer gear

box


22

D 0109

:2007

図 23−車輪・車軸 

5)

懸架装置及びかじ取り装置に関する用語 

参考

番号

用語

定義

対応英語

慣用語

3600 

懸架装置

車体又はフレームと走行装置との中間にあり,
路面からの衝撃を緩和する装置  (JIS D 0104)。

suspension system

3610 

フロントフォーク

下部がふたまたに分岐し,左右両側から車軸を
保持する前輪懸架装置(

図 24,図 25 参照)。

front fork

3611 

ステアリングステム  フロントフォークに固定した,かじ取りのため

の回転軸(

図 25 参照)。

steering stem

3612 

テレスコピックフロ

ントフォーク

車軸を保持する筒形の部材とフレームに取り付

けた筒形の部材とをはめ合わせ,その軸方向に
しゅう動して緩衝作用を行うフロントフォーク

図 25 参照)。

telescopic type

front fork

3613 

正立フロントフォー

インナチューブを車体側,アウタチューブを車
軸側に配置したテレスコピックフロントフォー
ク(

図 28 参照)。

conventional

telescopic front

fork

3614 

倒立フロントフォー

アウタチューブを車体側,インナチューブを車
軸側に配置したテレスコピックフロントフォー

ク(

図 28 参照)。

inverted front fork

3511

車軸

3511

3528

3523

3524

3522

3526

3520


23

D 0109

:2007

参考

番号

用語

定義

対応英語

慣用語

3615 

ボトムリンクフロン

トフォーク

車軸と平行で,かつ,フロントフォークの下端
に設けた揺動軸と車軸とを結合する揺動部材に
よって懸架するフロントフォーク。

車軸が揺動軸の前方にあるリーディングアー

ム式と後方にあるトレーリングアーム式とがあ
る(

図 24 参照)。

bottom link type

front fork

3616 

フォークアッパホル

ヘッドパイプ上部に位置し,フロントフォーク
を最上部で固定する部品(

図 26 参照)。

upper fork clamp

ハ ン ド ル

ク ラ ウ

ン,

ト ッ プ ブ

リッジ,

ス テ ア リ

ン グ ス
テ ム ヘ

ッド

3621 

リヤスイングアーム  回転軸が後車軸と平行でかつ前方にあり,後端

で後車軸を保持する揺動部材(

図 27,図 30 参照)。

rear swinging arm

3622 

クッションユニット  ばねと減衰装置とを組み合わせた緩衝装置(図

27

図 30 参照)。

suspension unit

3623 

リンク式サスペンシ

ョン

フレームとリヤスイングアームの間にアームリ
レー,コネクティングロッドを配置し,リンク
機構の幾何学的な位置関係によって,クッショ

ンストローク特性を変化させることのできるサ
スペンション形式(

図 29 参照)。

link type suspension

3624 

アームリレー

リンク式サスペンションにおいて,リヤスイン
グアーム,クッション,コネクティングロッド,
フレームのうち 3 点を結ぶための部材(

図 29 

照)

arm relay

3625 

コネクティングロッ

リンク式サスペンションにおいて,フレーム,
スイングアーム,アームリレーのうち 2 点を結

ぶための部材(

図 29 参照)。

connecting rod

3626 

ユニットスイング式

サスペンション

エンジンと動力伝達装置のハウジングも兼ねた

リヤスイングアームが一体となり揺動するサス
ペンション形式(

図 30 参照)。

unit swing type

suspension

3630 

かじ取り装置

自動車の進行方向を左右任意に転換するため,

力 や 変 位 を 走 行 装 置 に 伝 達 す る 装 置   (JIS D 

0104)

steering system

3631 

ハンドルバー

自動車を操縦するために,運転者が直接手で,
入力を加えるほぼ棒状の部分。 
注記  ハンドルバーには,一体式と左右分割式と

がある。

handlebar

3632 

ハンドルグリップ

ハンドルバー両端の握り部分(

図 13 参照)。 handle

grip

3633 

ステアリングロック  盗難防止のためにかじ取り装置に設け,ハンド

ルバーの回転を固定する装置。

steering lock

3634 

ステアリングダンパ  路面から直接伝わる衝撃やかじ取り装置の振動

を減衰するため,かじ取り装置とフレームとの
間に設けた緩衝装置。

steering damper


24

D 0109

:2007

図 26−フォークアッパホルダ

3616

図 24−ボトムリンクフロントフォーク

図 25−テレスコピックフロントフォーク

3615

3612

3610

3616

3611

3612

3615

図 27−後輪緩衝装置

3621

4015

3622


25

D 0109

:2007

図 28−正立フロントフォーク,倒立フロントフォーク 

3613

正立フロントフォーク

倒立フロントフォーク

3614

インナチューブ

アウタチューブ

アウタチューブ

インナチューブ

3613

3614


26

D 0109

:2007

図 29−リンク式サスペンション 

図 30−ユニットスイング式サスペンション

3623

アームリレー

3624

コネクティングロッド

3625

エンジン

リヤスイングアーム

3621

クッションユニット

3622

3626


27

D 0109

:2007

6)

電気装置に関する用語 

参考

番号

用語

定義

対応英語

慣用語

3700 

電気装置

電気によって作動し,又は電気を供給する装

置の総称  (JIS D 0104)。

electric system

3710 

充電−発電装

原動機の動力で発電,蓄電又は給電する電気
装置  (JIS D 0104)。

charging and

generating

system

3711 

ゼネレータ

自動車の電気負荷に電気を供給し,また,バ

ッテリを充電するための発電機の総称  (JIS D 

0103)

注記  法令関係では,充電発電機という。

generator

dynamo

ダイナモ

3712* 

オルタネータ

交流を発電し,内蔵したダイオードによって
整流した直流を出力するゼネレータ  (JIS D 

0103)

alternator

AC generator

AC

ゼネレータ,

AC

ダイナモ

3720 

照明装置

運転者の視界を確保する灯火及び番号標など
の照明のための装置  (JIS D 0104)。

lighting system

3721 

ヘッドランプ

夜間走行中前方を照明するもので,道路上の
障害物などを確認する照明用ランプ。遠方照
射用の走行ビームと,対向車の運転者又は他

の道路使用者への不当なまぶ(眩)しさを抑
えたすれ違いビームとをもっているが,それ
ぞ れ が 独 立 し た 専 用 の も の も あ る   (JIS D 

0103)

注記  法令関係では,走行用前照灯又はすれ

違い用前照灯という。

head lamp

3722 

(フロント)ポ

ジションラ
ンプ

夜間に,前方に対して自動車の存在を知らせ
るための標識用ランプ  (JIS D 0103)。

front position

lamp

3723 

ライセンスプ

レートラン

夜間に後部番号標を照射し,番号標の表示を
識 別 し や す く す る 照 明 用 ラ ン プ   (JIS D 

0103)

注記  法令関係では,番号灯という。

license plate

lamp

rear registration

plate lamp

3730 

信号装置

自動車の存在及び挙動を,光又は音響によっ
て車外者に知らせる装置  (JIS D 0104)。

signalling device

3731 

ターンシグナ

ルランプ

点滅によって,運転者が方向を右側又は左側

に変更する意志であることを,他の道路使用
者 に 知 ら せ る た め の 信 号 用 ラ ン プ   (JIS D 

0103)

注記  法令関係では,方向指示器という。

turn signal lamp

direction indicator

lamp

方向指示灯

3732 

ストップラン

運転者が常用ブレーキを操作していることを

他の道路使用者に知らせるための信号用ラン
プ  (JIS D 0103)。 
注記  法令関係では,制動灯という。

stop lamp

ブレーキランプ,

停止灯

3733* 

テールランプ

夜間に,後方に対して自動車の存在を知らせ
るための標識用ランプ。 
注記  法令関係では,尾灯という。

tail lamp

rear position lamp


28

D 0109

:2007

参考

番号

用語

定義

対応英語

慣用語

3734 

リフレックス

リフレクタ

外部からの光を,ほぼ入射した方向に反射す
る機能をもち,夜間に自動車の存在を知らせ

るための標識用部品  (JIS D 0103)。 
注記  法令関係では,反射器という。

reflex reflector

retro-reflecting

device

RR

3735 

ターンシグナ

ルフラッシ

ターンシグナルランプを点滅させるためのフ

ラッシャ  (JIS D 0103)。

turn signal flasher

方 向 指 示 灯 点 滅

3736 

ホーン

主として自動車の前方の他の道路使用者に警
報するための音響信号器。電磁力によって振
動板を振動させ,その音を共鳴器で増強し,

ふく射する  (JIS D 0103)。 
注記  法令関係では,警音器という。

electric horn

sound signalling

device

3740 

計器

運転者に装置の作動状態を表示,警告又は記

録する装置  (JIS D 0104)。

meter

instrument and

gauge

3741 

スピードメー

速度を指示する計器。アナログ式(渦電流式,
電気式など)及びデジタル式がある  (JIS D 

0103)

注記  法令関係では,速度計という。

speedometer

3742 

タコメータ

エンジン回転数を指示する計器。アナログ式
(渦電流式,電気式など)及びデジタル式が

ある  (JIS D 0103)。

tachometer

回転計

3743 

積算計

自動車の総走行距離を積算して指示する装

置。適宜,0(ゼロ)に戻す装置を備えたトリ
ップ用積算計もある  (JIS D 0104)。 
注記  法令関係では,走行距離計という。

odometer

trip odometer

トータルメータ

3750 

インジケータ

(ランプ)

各対象装置の作動状況,不完全状態又は異常
発 生 を 知 ら せ る 灯 火 式 表 示 装 置   (JIS D 

0103)

indicator lamp

パ イ ロ ッ ト ラ ン

3751 

ターンシグナ

ル(パイロッ
ト)インジケ
ータ

ターンシグナルランプの作動状態を知らせる
ための表示パイロットインジケータ  (JIS D 

0103)

turn signal

indicator

タ ー ン シ グ ナ ル

パ イ ロ ッ ト ラ

ンプ

3752 

アッパビーム

(パイロッ
ト)インジケ
ータ

ヘッドランプの走行ビームが点灯状態にある

ことを知らせるパイロットインジケータ  (JIS 

D 0103)

注記  法令関係では,走行用前照灯の点灯操

作状況を運転席の運転者に表示する装
置という。

upper beam

indicator

high beam

indicator

ア ッ パ ビ ー ム パ

イ ロ ッ ト ラ ン

3753 

ニュートラル

(パイロッ
ト)インジケ
ータ

変速装置の作動がニュートラルであることを
運転者に知らせるパイロットインジケータ

(JIS D 0103)

neutral indicator

ニ ュ ー ト ラ ル パ

イ ロ ッ ト ラ ン

3754 

ライティング

スイッチ

ヘッドランプ,ポジションランプ,テールラ
ンプなどの回路の開閉及び接続の切換えをす

るスイッチ  (JIS D 0103)。

lighting switch

前照灯スイッチ,
ヘ ッ ド ラ ン プ ス

イッチ


29

D 0109

:2007

参考

番号

用語

定義

対応英語

慣用語

3755 

ディマスイッ

ヘッドランプの走行ビームとすれ違いビーム
との切換えをするスイッチ  (JIS D 0103)。

dimmer switch

headlamp beam

control switch

前 照 灯 切 換 え ス

イッチ,

ヘ ッ ド ラ ン プ 切

換えスイッチ

3756 

イグニッショ

ンスイッチ

キーによって操作し,イグニッションコイル

の 回 路 な ど を 開 閉 を す る ス イ ッ チ   (JIS D 

0103)

ignition switch

点火スイッチ

3757 

スタータスイ

ッチ

スタータの回路を開閉するスイッチ  (JIS D 

0103)

starting switch

始動スイッチ

3758 

ターンシグナ

ルスイッチ

方向を変えようとする側のターンシグナルラ

ン プ の 回 路 を 開 閉 す る ス イ ッ チ   (JIS D 

0103)

turn signal lamp

switch

方 向 指 示 灯 ス イ

ッチ

3759 

ホーンボタン

ホーンの回路を開閉して,ホーンを鳴らすた
めのプッシュスイッチ  (JIS D 0103)。

horn button

ホーンスイッチ

3760 

エンジンスト

ップスイッ

イグニッションスイッチの操作によらずエン

ジンを停止できるように,ハンドルグリップ
部に取り付けたスイッチ。

engine stop switch

3761 

ニュートラル

スイッチ

変速装置のニュートラル位置を検出し,ニュ
ートラル(パイロット)インジケータランプ
の回路を開閉するスイッチ。

neutral switch

3762 

ワイヤハーネ

電線及びその接続用ターミナル,そのほかの
部 品 を 一 体 に 組 み 上 げ た 配 線 部 品   (JIS D 

0103)

wiring harness

ワ イ ヤ リ ン グ ハ

ーネス

3763 

イモビライザ

電子式のキーに内蔵されたトランスポンダか
ら出される暗号を車両本体内のコンピュータ

で照合し,正規のキーと判定されないとエン
ジンが掛からない盗難防止装置。

immobilizer

7)

フレームに関する用語 

参考

番号

用語

定義

対応英語

慣用語

3800* 

フレーム

原動機,かじ取り装置,懸架装置,各種機能

部品などを搭載する骨格部品  (JIS D 0104)。

frame

3801 

ヘッドパイプ

フレームの最前部にあって,ステアリングス
テムを包んで保持する部材(

図 36 参照)。

head tube

3802 

パイプフレー

管材を用いて作ったフレーム(

図 32,図 33

図 34 参照)。

tube frame

3803 

プレスフレー

金属板をプレス加工して作ったフレーム(

35

図 36 参照)。

pressed frame

3804 

鋳造フレーム

ダイカスト,重力鋳造部品を用いて作ったフ
レーム(

図 31 参照)。

casting frame

3811 

ダイヤモンド

形フレーム

原動機のケースをフレームの一部として利用

した形式のフレーム(

図 32 参照)。

diamond type

frame

3812 

クレードル形

フレーム

原動機全体を囲む揺りかご形状のフレーム

図 33,図 34 参照)。

cradle type frame

3813 

ダブルクレー

ドル形フレ
ーム

原動機前部の部材が並列な 2 本のパイプで構
成されたクレードル形フレーム(

図 33 参照)。

double cradle type

frame


30

D 0109

:2007

参考

番号

用語

定義

対応英語

慣用語

3814 

セミダブルク

レードル形
フレーム

原動機前部の部材が 1 本の管,原動機底部の
部材が並列な 2 本のパイプで構成されたクレ

ードル形フレーム(

図 34 参照)。

semi-double

cradle type

frame

3815 

バックボーン

形フレーム

原動機をつり下げる形式で,背骨状の部材で
構成したフレーム(

図 35 参照)。

backbone type

frame

3816 

アンダボーン

形フレーム

フレーム前部が下方にわん曲した背骨状の部
材で構成したフレーム。バックボーン形フレ

ームの変形(

図 36 参照)。

underbone type

frame

3817 

ツインチュー

ブフレーム

主要部に太いチューブ状の部材を用いたフレ
ーム。

図 37 参照)。

twin tube frame

図 31−鋳造フレーム 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

3804


31

D 0109

:2007

図 32−ダイヤモンド形フレーム 

図 33−ダブルクレードル形フレーム 

図 34−セミダブルクレードル形フレーム 

図 35−バックボーン形フレーム 

3813

3811

3814

3815


32

D 0109

:2007

図 36−アンダボーン形フレーム 

図 37−ツインチューブフレーム 

8)

乗車装置に関する用語 

参考

番号

用語

定義

対応英語

慣用語

3900 

乗車装置

乗車する者の姿勢を保持する装置。 seat

equipments

3910 

シート

乗車する者が着座する装置。附属装置を含む

(JIS D 0104)

seat

3911 

シートロック

自動車の開閉シート及び脱着シートの施錠装
置。

seat lock

3912 

ライダシート

運転者用のシート。 ride seat

フロントシート,
メインシート

3913 

パッセンジャ

シート

同乗者用のシート。 pillion

リヤシート, 
ピリオンシート,
タンデムシート

3914 

シングルシー

一人乗り専用のシート(

図 38 参照)。 single

seat

サドル

3915 

ダブルシート

二人乗り用の一体のシート(

図 39 参照)。 double

seat

dual seat

3801 
ヘッドパイプ

3816

3817


33

D 0109

:2007

参考

番号

用語

定義

対応英語

慣用語

3916 

セパレートシ

ート

二人乗り用のシートで,ライダシートとパッ
センジャシートとに分離できるもの(

図 40 

照)

separate seat

3917 

開閉シート

簡単な操作で開閉可能なシート。前開き,後
開き及び横開きがある。

foldable seat

3918 

脱着シート

簡単な操作で脱着可能なシート。 detachable

seat

3919 

固定シート

車体に固定され,簡単な操作で開閉,又は脱

着できない構造のシート。

firmly attached

seat

3920 

パッセンジャ

グリップ

同乗者が姿勢を保持するための握り部分の総

称(

図 39 参照)。

passenger grip

ア シ ス ト グ リ ッ

3921 

グラブバー

パッセンジャシートの横又は後方に設置した
パッセンジャグリップ(

図 39 参照)。

glove bar

グラブレール, 
リヤグリップ

3922 

シートバンド

パッセンジャシートの前方でシート上に設置
したバンド状のパッセンジャグリップ(

図 39

参照)

seat band

シ ー ト ス ト ラ ッ

3923 

フットレスト

運転者及び同乗者が乗車姿勢を保つために足
を置く部品(

図 41 参照)。

foot rest

foot peg

3924 

シートヒータ

シートに内蔵され,運転者若しくはパッセン
ジャのでん(臀)部を暖める装置。

seat heater

3925 

グリップヒー

ハンドルバーのグリップ部に設置し,運転者
の手を暖める装置。

grip heater

図 38−シングルシート 

図 39−ダブルシート 

3915

3922

3921

3920

3914

3915


34

D 0109

:2007

図 40−セパレートシート 

図 41−フットレスト,スタンド 

9)

ぎ(艤)装品に関する用語 

参考

番号

用語

定義

対応英語

慣用語

4000 

ぎ装品

居住性,装飾性を高め又は運行を補助する装

置,部品。空力付加装置を含む  (JIS D 0104)。

equipment

3923

4011

4012

3916

3923


35

D 0109

:2007

参考

番号

用語

定義

対応英語

慣用語

4011 

メインスタン

スタンドの両脚と前輪又は後輪の 3 点接地で,
自動車を直立に保持する駐車用の装置(

図 41

参照)

main stand

4012 

サイドスタン

前輪と後輪とを接地したまま倒れないように
保持する簡便な駐車用の装置(

図 41 参照)。

side stand

prop stand

4013 

サイドカバー

機能部品を覆うことなどを目的として,フレ
ーム中央の左右に装着するカバー。

side cover

4014 

フェンダ

泥はね防止のために,車輪の一部を覆う部品

図 42 参照)。

mudguard fender

4015 

チェーンケー

駆動チェーンの一部又は全部を覆う部品(

27

図 43 参照)。

chain case

4016 

レッグシール

風,雨,泥水などから運転者の脚部を守るた

め,前面に設けた装備品。

leg shield

4017 

エンジンガー

主として,路面との接触によるエンジンの破

損を防ぐための部材。

engine guard

4018 

リヤビューミ

ラー

ハンドルバーなどに取り付け,後方を確認す
る鏡。

rear-view mirror

driving mirror

バックミラー

4019 

ヘルメットホ

ルダ

ヘルメットをフレームなどに固定する部品。

helmet holder

4020 

フェアリング

自動車の前部に取り付けて,風,雨などから
運転者を保護するとともに走行時の空気抵抗
を減少させるための装備品。

fairing

cowling

4021 

ウインドシー

ルド

自動車の前部に取り付けて,視野を妨げずに
風,雨などが運転者に直接当たるのを防ぐた

めの装備品。

(英)windscreen, 
(米)windshield

風防

4022 

電動ウインド

シールド

運転席に座ったまま,スイッチ操作によって
高さ及び角度の調整ができるウインドシール

ド(

図 44 参照)。

electric remote

controlled

windshield

4023 

ウインドシー

ルドワイパ

電気を動力源として自動車の窓ガラスをふ

(拭)く装置。間欠作動するものもある(JIS D 

0103)

図 45 参照)。

注記  法令関係では,窓ふ(拭)き器という。

electric windshield

wiper

ワイパ

4024 

サイドバッグ

荷物を入れるためにフレームの横に取り付け
たかばん又は箱。

side bag

4025 

トランク

自動車の後部に取り付けたふた付きの荷物入
れ。

trunk

4026 

バスケット

荷物を入れるために取り付けたかご。 basket

4027 

キャリア

荷物を載せるために取り付けた荷台。 luggage

carrier

carrier


36

D 0109

:2007

図 42−フェンダ 

図 43−チェーンケース

図 44−電動ウインドシールド 

図 45−ウインドシールドワイパ 

4022

4023

4014

4015


37

D 0109

:2007

附属書 A

(規定) 
引用規格

JIS B 0108-1

  往復動内燃機関−用語−第 1 部:機関設計及び運転用語

JIS B 0108-2

  往復動内燃機関−用語−第 2 部:機関保全用語

JIS B 0109-1

  往復動内燃機関−要素及びシステム用語−第 1 部:機関構造及び外部カバー

JIS B 0109-4

  往復動内燃機関−要素及びシステム用語−第 4 部:過給及び吸排気装置

JIS B 0109-5

  往復動内燃機関−要素及びシステム用語−第 5 部:冷却装置

JIS B 0109-6

  往復動内燃機関−要素及びシステム用語−第 6 部:潤滑装置

JIS B 0109-8

  往復動内燃機関−要素及びシステム用語−第 8 部:始動装置

JIS B 0110

  往復動内燃機関−特殊項目用語

JIS D 0010

  二輪自動車−仕様書様式

JIS D 0102

  自動車用語−自動車の寸法,質量,荷重及び性能

JIS D 0103

  自動車部品−電気装置の機器・部品−名称

JIS D 0104

  自動車の主要装置用語

JIS D 0106

  自動車−ブレーキ用語−種類,力学及び現象

JIS D 0107

  自動車−ブレーキ用語−部品

JIS D 0110

  自動車のぎ装品用語

JIS D 1000

  二輪自動車−エンジンネット軸出力試験方法

JIS D 1034

  二輪自動車−ブレーキ試験方法

JIS D 1037

  二輪自動車−最高速度試験方法

ISO 3833

  Road vehicles−Types−Terms and definitions

ISO 6725

  Road vehicles−Dimensions of two-wheeled mopeds and motorcycles−Terms and definitions

ISO 6726

  Mopeds and motorcycles with two wheels−Masses−Vocabulary