>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

D 0106

:2011

(1)

目  次

ページ

序文

1

1

  適用範囲

1

2

  分類

1

3

  用語及び定義

2

附属書 JA(参考)JIS と対応国際規格との対比表

29


D 0106

:2011

(2)

まえがき

この規格は,工業標準化法第 14 条によって準用する第 12 条第 1 項の規定に基づき,社団法人自動車技

術会(JSAE)から,工業標準原案を具して日本工業規格を改正すべきとの申出があり,日本工業標準調査

会の審議を経て,経済産業大臣が改正した日本工業規格である。これによって,JIS D 0106:2005 は改正さ

れ,この規格に置き換えられた。

この規格は,著作権法で保護対象となっている著作物である。

この規格の一部が,特許権,出願公開後の特許出願又は実用新案権に抵触する可能性があることに注意

を喚起する。経済産業大臣及び日本工業標準調査会は,このような特許権,出願公開後の特許出願及び実

用新案権に関わる確認について,責任はもたない。


日本工業規格

JIS

 D

0106

:2011

自動車−ブレーキ用語−種類,力学及び現象

Road vehicles-Brake types,

braking mechanics and brake operation-Vocabulary

序文

この規格は,2003 年に第 4 版として発行された ISO 611 を基に,対応する用語については対応国際規格

を翻訳し,技術的内容を変更して作成した日本工業規格であるが,2005 年以降の最新化を織り込むため,

対応国際規格に規定されていない用語を日本工業規格として追加している。

なお,この規格で側線又は点線の下線を施してある箇所は,対応国際規格を変更している,又は対応国

際規格にない事項である。変更の一覧表にその説明を付けて,

附属書 JA に示す。

1

適用範囲

この規格は,自動車に用いるブレーキの種類,力学及び現象に関する用語について規定する。

注記  この規格の対応国際規格及びその対応の程度を表す記号を,次に示す。

ISO 611:2003

,Road vehicles−Braking of automotive vehicles and their trailers−Vocabulary(MOD)

なお,対応の程度を表す記号“MOD”は,ISO/IEC Guide 21-1 に基づき,

“修正している”

ことを示す。

2

分類

用語の分類は,次による。

a)

種類に関する用語

1)

ブレーキ系

2)

ブレーキ装置

2.1)

全般

2.2)

用途による分類

2.3)

エネルギー源による分類

2.4)

制御方式による分類

2.5)

伝達媒体による分類

2.6)

接続方式による分類

2.7)

取付位置による分類

3)

ブレーキ機構及び要素

3.1)

ブレーキ機構

3.2)

摩擦ブレーキ

3.3)

ドラムブレーキ


2

D 0106

:2011

3.4)

ディスクブレーキ

3.5)

その他のブレーキ機構

3.6)

制動力配分に関する装置

3.7)

摩擦ブレーキコンポーネント

4)

ブレーキ系の構成要素

4.1)

自動制御装置全般

4.2) ABS

4.3)

車両の安定性を向上させる装置・機能

4.4) BAS

4.5)

その他の自動制御装置・機能

4.6)

センサ

4.7)

連結車のブレーキシステムに関するもの

4.8)

リターダに関するもの

4.9)

警報装置に関するもの

b)

力学及び現象に関する用語

1)

動作及び車両性能に関するもの

2)

力学及び圧力に関するもの

3)

時間に関するもの

4)

距離に関するもの

5)

速度及び加速度に関するもの

6)

仕事に関するもの

7)

性能に関するもの

8)

一般的な現象に関するもの

9)

摩擦材,ドラム及びディスクの表面の現象に関するもの

10)

摩擦材の試験に関するもの

11)

自動車の運動に関するもの

3

用語及び定義

用語及び定義は,次による。

注記 1  用語の一部に,丸括弧“(  )”を付けてあるものは,この丸括弧の中の用字を含めた用語と,

丸括弧の中の用字を省略した用語との二通りの用語を用いてよいことを示しているが,丸括

弧の中の用字を含めた用語を優先する。

注記 2  参考のために,用語に対応する慣用語及び対応英語を示す。また,対応英語の中で太字で示

したものは,ISO 611 に規定してある用語である。


3

D 0106

:2011

a)

種類に関する用語

1)

ブレーキ系

参考

番号

用語

定義

慣用語

対応英語

1000

ブレーキ系 

自動車に装備するブレーキ装置及びリターダの
総称。

ブレーキシ

ステム

braking system

2)

ブレーキ装置

2.1)

全般

参考

番号

用語

定義

慣用語

対応英語

2000

ブレーキ装置 

自動車の車速を制御(通常は減速)

,停止,又は

ある位置に保持するために使用する一連の機
構。

ブレーキ,

制動装置

braking 

equipment,

braking device

2001

エネルギー供給装置  制動に必要なエネルギーを供給,調節する装置。

energy-supplying 

device

2002

エネルギーソース 

エネルギー供給装置のエネルギーを発生させる
部分。 
注記  例えば,トレーラのエアブレーキ系のよう

に自動車から離れて配置してあってもよ
く,また,力であってもよい。

energy source

2003

制御装置 

ブレーキ系の作動を開始し,かつ,出力を制御
する装置。

control device

2004 

伝達装置 

制御装置によって分配されたエネルギーを伝達

する装置。

transmission 

device

2005

ブレーキ回路 

制動力を発生させるエネルギーを,全体又は部

分的に伝達又は制御するブレーキ系の伝達部
分。

circuit

2006

アクチュエーション

機構 

ブレーキ動作部品を結ぶ伝達装置の全ての機構
部品。

actuation 

mechanism

2.2)

用途による分類

参考

番号

用語

定義

慣用語

対応英語

2101

常用ブレーキ 

自動車を減速及び停止するために,通常使用す
る主要なブレーキ装置。

フットブレ

ーキ,

主 ブ レ ー

キ,

サービスブ

レーキ

service braking  

system

2102

二次ブレーキ 

常用ブレーキの一部故障状態のとき自動車を減
速及び停止するために使用するブレーキ装置,

又は非常用として特に備えたブレーキ装置。

非常ブレー

secondary braking 

system


4

D 0106

:2011

参考

番号

用語

定義

慣用語

対応英語

2103 

パーキングブレーキ  自動車を停止の状態に機械的に保持するために

使用するブレーキ装置。坂路でも,運転者が不

在でも能力を発揮する。 
注記  制御方式として,手動式,足動式及び電動

式がある。ブレーキ装置の取付位置とし

て,ホイールパーキング式とセンタブレー
キ式とがある。

サイドブレ

ーキ

parking braking  

system

2104 

補助ブレーキ 

摩擦ブレーキを使用せずに,自動車を減速又は
長い下り坂を安定した速度で走行するために,
使用するブレーキ装置。リターダを含む。

endurance 

braking system,

additional retarding

braking system

2105 

独立形補助ブレーキ

の制御装置) 

常用ブレーキから独立して制御される補助ブレ

ーキの制御装置。

independent 

control device

2106 

統合形補助ブレーキ

の制御装置) 

常用ブレーキと同時又は適切な位相で作動する

補助ブレーキの制御装置。

integrated control 

device

2.3)

エネルギー源による分類

参考

番号

用語

定義

慣用語

対応英語

2201

人力ブレーキ 

運転者の力だけで制動力を発生させる装置。

muscular energy 

braking system

2202

非人力エネルギーブ

レーキ 

制動力を発生させるのに必要なエネルギーが,
運転者の力以外の一つ以上のエネルギー供給装

置によって供給されるブレーキ装置。

non-muscular 

energy braking 

system,

full-power 

braking system

2203

フルエアブレーキ 

エアタンクに蓄えられた圧縮空気によって作動
する非人力エネルギーブレーキ。

空気ブレー

full-air braking

system,

air brake

2204

フルパワーハイドロ

リックブレーキ 

アキュムレータに蓄えられた液圧,又は循環す

る液の流れを制限することによって作動する非
人力エネルギーブレーキ。

 full-power

hydraulic

braking system,

hydraulic power

brake

2205

エネルギーアシステ

ッドブレーキ 

制動力を発生させるのに必要なエネルギーが,

運転者の力及び一つ以上のエネルギー供給装置
によって供給されるブレーキ装置。

energy-assisted 

braking system,

power-assisted 

braking system

2206

バキュームアシステ

ッドブレーキ 

負圧によって,制動時の人力を軽減するエネル
ギーアシステッドブレーキ。

真空倍力ブ

レーキ

vacuum-assisted

braking system,

vacuum servo

brake

2207

エアアシステッドブ

レーキ 

エアタンクに蓄えられた圧縮空気によって,制

動時の人力を軽減するエネルギーアシステッド
ブレーキ。

空気倍力ブ

レーキ

compressed

air-assisted

braking system,

air servo brake


5

D 0106

:2011

参考

番号

用語

定義

慣用語

対応英語

2208 

ハイドロリックアシ

ステッドブレーキ 

アキュムレータに蓄えられた液圧,又は循環す
る液の流れを制限することによって発生する液

圧で,制動時の人力を軽減するエネルギーアシ
ステッドブレーキ。

 hydraulic-assisted

braking system,

hydraulic servo

brake

2209 

スプリングブレーキ  制動力を発生させるのに必要なエネルギーが,

エネルギーアキュムレータのように働く一つ以
上のばねによって供給されるブレーキ装置。

spring braking  

system

2210 

電気ブレーキ 

電気的エネルギーによって作動するブレーキ。

 electric

brake

2.4)

制御方式による分類

参考

番号

用語

定義

慣用語

対応英語

2301

可調ブレーキ 

運転者が制御装置を操作することによって,制
動力を十分に細かく,増加又は減少できるブレ
ーキ装置。

graduated braking

2302

フットブレーキ 

運転者が足で操作するブレーキ装置。   foot

brake

2303

ハンドブレーキ 

運転者が手で操作するブレーキ装置。   hand

brake

2304

慣性ブレーキ 

連結中のトレーラが,トラクタに接近すること
によって生じた推力によって,制動力を発生さ

せるブレーキ装置。

イナーシャ

ブレーキ

inertia braking  

system

2305

電子制御ブレーキ装

置,

EBS 

制動力を発生させる装置を電気信号によって制

御するブレーキ装置。

electronic braking 

system

2.5)

伝達媒体による分類

参考

番号

用語

定義

慣用語

対応英語

2401

メ カ ニ カ ル ブ レ ー

 

作動力の伝達が,レバー,ロッド,ケーブルな
どの機械的部品によって行われるブレーキ装
置。

mechanical 

braking system

2402

ハ イ ド ロ リ ッ ク ブ

レーキ 

作動力の伝達が,液圧によって行われるブレー
キ装置。

オ イ ル ブ レ

ーキ

hydraulic braking 

system

2403

エアブレーキ 

作動力の伝達が,空気圧によって行われるブレ
ーキ装置。 
注記  圧縮空気式ブレーキ及び真空式ブレーキ

がある。

pneumatic 

braking system

2404

エ ア オ ー バ ハ イ ド

ロ リ ッ ク ブ レ ー
 

作動力の伝達が,空気圧から倍力装置を介して

液圧に変換され,その液圧によって制動するブ
レーキ装置。

複 合 ブ レ ー

air-over-hydraulic 

braking system

2.6)

接続方式による分類

参考

番号

用語

定義

慣用語

対応英語

2501

シ ン グ ル サ ー キ ッ

トブレーキ 

作動力が 1 系統の伝達装置を介して伝達される
ブレーキ装置。

single-circuit 

braking system


6

D 0106

:2011

参考

番号

用語

定義

慣用語

対応英語

2502

デ ュ ア ル サ ー キ ッ

トブレーキ 

ブレーキ装置が二つの系統に分割され,作動力
が 2 系統だけの伝達装置で,各々の系統に伝達

されるブレーキ装置。

ス プ リ ッ ト

システム

dual-circuit 

braking system

2503

マ ル チ サ ー キ ッ ト

ブレーキ 

ブレーキ装置が二つ以上の系統に分割され,作

動力が 2 系統以上の伝達装置で,各々の系統に
伝達されるブレーキ装置。

multi-circuit 

braking system

2.7)

取付位置による分類

参考

番号

用語

定義

慣用語

対応英語

2601

フロントブレーキ 

前車輪に取り付けたブレーキ装置。   front

brake

2602

リヤブレーキ 

後車輪に取り付けたブレーキ装置。   rear

brake

2603

センタブレーキ 

トランスミッション又は推進軸に取り付けたブ
レーキ装置。

 transmission

brake

2604

イ ン ボ ー ド ブ レ ー

 

差動装置の両側に取り付けてあり,車軸を介し
て制動力を働かせるブレーキ装置。

 inboard

brake

2605

ホイールブレーキ 

車輪の付近に取り付けたブレーキ装置。

wheel

brake

3)

ブレーキ機構及び要素

3.1)

ブレーキ機構

参考

番号

用語

定義

慣用語

対応英語

3000

ブレーキ機構 

自動車が動いている,又は動き出そうとするの
と反対方向に力を働かせて制動する機構。

brake,

brake mechanism

3.2)

摩擦ブレーキ

参考

番号

用語

定義

慣用語

対応英語

3100

摩擦ブレーキ 

摩擦力によって制動するブレーキ機構。 
注記  作動力の効果が摩擦力によって増大され

る摩擦ブレーキを“セルフサーボブレー
キ”という。

friction brake

3.3)

ドラムブレーキ

参考

番号

用語

定義

慣用語

対応英語

3200

ドラムブレーキ 

ドラムの内面又は外面に摩擦材を押し付けて制
動する摩擦ブレーキ。

drum brake

3201

内拡式ドラムブレー

 

ドラムの内面に摩擦材を押し付けて制動するド
ラムブレーキ。

ド ラ ム ブ レ

ーキ

internal expanding

brake

3202

ツーリーディングシ

ューブレーキ 

ドラムの回転によって,食い込むシューを 2 個
組み合わせた内拡式ドラムブレーキ。

2L

ブレー

キ,

ツーリーデ

ィングブ
レーキ

two leading shoe

brake


7

D 0106

:2011

参考

番号

用語

定義

慣用語

対応英語

3203

デュオツーリーディ

ングシューブレー
 

正逆両方の回転に対して,ツーリーディングシ
ューブレーキとして働く内拡式ドラムブレー

キ。

D2L

ブレー

キ,

デュアルツ

ーリーデ
ィングブ

レーキ

duo two leading

shoe brake

3204

ツートレーリングシ

ューブレーキ 

ドラムの回転によって,押し戻されるシューを 2

個組み合わせた内拡式ドラムブレーキ。

2T

ブレー

キ,

ツートレー

リングブ

レーキ

two trailing shoe

brake

3205

デュオツートレーリ

ングシューブレー
 

正逆両方の回転に対して,ツートレーリングシ

ューブレーキとして働く内拡式ドラムブレー
キ。

D2T

ブレー

キ,

デュアルツ

ートレー

リングブ
レーキ

duo two trailing

shoe brake

3206

リーディングトレー

リングシューブレ
ーキ 

ドラムの回転によって,食い込むシューと押し
戻されるシューとを,各々一つずつ組み合わせ
た内拡式ドラムブレーキ。

LT

ブレーキ leading trailing

shoe brake

3207

ユニサーボブレーキ

一方向の回転に対してだけ隣接するシューによ
って,他のシューの,ドラム内面への押付け力
を増大させる作用を行う内拡式ドラムブレー

キ。

US

ブレーキ uni-servo

brake

3208

デュオサーボブレー

 

正逆両方の回転に対して,隣接するシューによ

って,他のシューの,ドラム内面への押付け力
を増大させる作用を行う内拡式ドラムブレー
キ。

DS

ブレーキ duo-servo

brake

3209

外部収縮式ドラムブ

レーキ 

ドラムの外面に摩擦材を押し付けて制動するド
ラムブレーキ。

 external

contracting

brake

3210

バンドブレーキ 

摩擦材を張り付けたバンドを,ドラムの外面に

押し付けて制動する外部収縮式ドラムブレー
キ。

 band

brake

3.4)

ディスクブレーキ

参考

番号

用語

定義

慣用語

対応英語

3300

ディスクブレーキ 

ディスクの両面に摩擦材を押し付けて制動する
摩擦ブレーキ。

disc brake

3301

フィクストキャリパ

ディスクブレーキ

ディスクの両側に加圧機構をもつキャリパが,

固定した状態で制動するディスクブレーキ。

対 向 ピ ス ト

ン キ ャ リ
パ デ ィ ス
ク ブ レ ー

disc brake with

fixed caliper


8

D 0106

:2011

参考

番号

用語

定義

慣用語

対応英語

3302

フローティングキャ

リパディスクブレ
ーキ 

ディスクの片側だけに加圧機構をもつキャリパ
が,浮動して加圧力を反対側にも働かせて制動

するディスクブレーキ。

浮 動 キ ャ リ

パ デ ィ ス

ク ブ レ ー

disc brake with

floating caliper

3303

フローティングディ

スクブレーキ 

浮動するディスクによって,その片側にだけ加
圧機構をもち,キャリパの加圧力を反対側にも
働かせて制動するディスクブレーキ。

floating disc brake

3.5)

その他のブレーキ機構

参考

番号

用語

定義

慣用語

対応英語

3401

ウェッジブレーキ 

くさびの働きで,ドラム内面に摩擦材を押し付
けて制動するドラムブレーキ。

 wedge

brake

3402

カムブレーキ 

カムの働きで,ドラム内面に摩擦材を押し付け
て制動するドラムブレーキ。 
注記  例えば,S 字形カムブレーキ。

 cam

brake

3403

ポジティブエンゲー

ジメントブレーキ

自動車の非回転部分と車輪又は車輪装置とを,

歯車などでかみ合わせて移動を防止するブレー
キ機構。 
注記  通常は自動車が停止しているときだけ作

動させる。

positive 

engagement 

brake

3404

スプリングブレー
キアクチュエータ
の)補助解除装置

液圧又は空気圧が,失陥によって作動開始圧以
下に落ちたときに,スプリングブレーキによる

制動力を解除することができる装置。

auxiliary release 

device for  

spring brake  

actuator

3405

ブレーキアジャスタ

非制動時の,摩擦材とドラム又はディスクとの
隙間を,自動的又はその他の方法で調整する装
置。 
例  オートアジャスタ,マニュアルアジャスタ

brake adjustment 

device,

wear compensation

device

3.6)

制動力配分に関する装置

参考

番号

用語

定義

慣用語

対応英語

3500

制動力配分装置 

制動力を荷重,液圧,減速度などのような,あ

るパラメータの関数として自動的,又はその他
の方法で制動力配分を変える装置。

braking force  

proportioning 

device,

brake force

distribution

device

3501

荷重検知式制動力配

分装置 

車両の各車輪又は車軸における動的な荷重又は
変位値を検知し,自動的に 1 又はそれ以上の車
輪の制動力を調整する装置。 
例  ロードセンシングプロポーショニングバル

load-sensing 

device,

load-sensing

braking force

distribution

device


9

D 0106

:2011

参考

番号

用語

定義

慣用語

対応英語

3502

圧力検知式制動力配

分装置 

設定された入力圧力との関係によって,自動的
に 1 又はそれ以上の車輪の制動力を調整する装

置。 
例  プロポーショニングバルブ

pressure-sensing 

device,

pressure-sensing

braking force

distribution

device

3503

減速度検知式制動力

配分装置 

車両の減速度を検知し,自動的に 1 又はそれ以

上の車輪の制動力を調整する装置。 
例  減速度検知式プロポーショニングバルブ

deceleration-

sensing device,

deceleration-

sensing braking

force distribution

device

3.7)

摩擦ブレーキコンポーネント

参考

番号

用語

定義

慣用語

対応英語

3600

摩擦ブレーキコンポ

ーネント 

摩擦材をドラム又はディスクに押し付けること
によって,制動力を得るブレーキの構成要素の
総称。

friction brake 

components

3601

ブレーキライニング

アッセンブリ 

ドラム又はディスクに押し付け摩擦力を得るド
ラムブレーキ若しくはディスクブレーキの構成

要素。

brake lining 

assembly

3602

シューアッセンブリ

ドラムブレーキ用のブレーキライニングアッセ

ンブリ。

shoe assembly

3603

リーディングシュー

アッセンブリ 

回転するドラムとブレーキライニングとの間で
発生する摩擦力によって,効きが増加する側の

シューアッセンブリ。

leading shoe 

assembly

3604

トレーリングシュー

アッセンブリ 

回転するドラムとブレーキライニングとの間で

発生する摩擦力によって,効きが減少する側の
シューアッセンブリ。

trailing shoe 

assembly

3605

パッドアッセンブリ

ディスクブレーキのライニングアッセンブリ。

pad assembly

3606

アタッチメント 

ブレーキライニングを固定しているブレーキラ

イニングアッセンブリの構成要素。

キャリア

attachment,

carrier

3607

シュー 

シューアッセンブリにおけるアタッチメント。

shoe

3608

バックプレート 

パッドアッセンブリにおけるアタッチメント。

backplate

3609

ブレーキライニング

ブレーキライニングアッセンブリの摩擦材部

分。

brake lining

3610

ライニングプロフィ

ール 

ブレーキライニングがドラム又はディスクに接

触する面の輪郭。

lining profile

3611

レジンモールド 

熱硬化性樹脂を結合剤として熱成形される摩擦
材。現在のブレーキライニングはほとんどがレ

ジンモールドである。

 resin

mold

3612

NAO

 

フェノール樹脂を結合材として,アスベスト材

の代替材の耐熱性有機繊維又は無機繊維を配合
した摩擦材。

ノンアスベ

スト材

non-asbestos

organic material

3613

ロースチール材 

スチール成分を補強繊維として 10∼30 %程度含
む摩擦材。

 low

steel

materials

3614

メタル材 

100 %

金属(鉄,銅)を主成分とした摩擦材。

焼結材 metallic

materials


10

D 0106

:2011

参考

番号

用語

定義

慣用語

対応英語

3615

セミメタル材 

スチール成分を補強繊維として 30∼50 %程度含
む摩擦材。

 semi-metallic

materials

4)

ブレーキ系の構成要素

4.1)

自動制御装置全般

参考

番号

用語

定義

慣用語

対応英語

4000

自動制御ブレーキ 

センサから受けた信号によって,コントローラ
が判断して自動的にブレーキ又はブレーキシス
テムを制御するブレーキ装置又はブレーキの機

能。

automatically 

commanded 

braking

4001

センサ 

車両動的状態又は車両構成部品の作動状態を検

出し,コントローラにその情報を伝達する要素。

sensor

4002

コントローラ 

センサからの情報を評価し,モジュレータに制

御信号を伝達する要素。

controller

4003

モジュレータ 

コントローラからの制御信号に応じ,直接制動

トルクを調節する要素。

ア ク チ ュ エ

ータ

modulator

4004

ブレーキングモジュ

レーション 

ドライバーがブレーキペダルなどによって制動
力を調整するとき,車両状態又は個々の車輪の

ブレーキ変動及びギヤ位置を検知し,制動力を
自動的に低減又は増加するシステム制御。

braking 

modulation

4005

選択ブレーキ 

姿勢制御を目的として,減速時に個々の制動力
を自動で変更させるシステム。

selective braking

4006

自動ブレーキ 

減速を目的として,ブレーキ装置の中で不具合
があるときなどに,自動的に作動するブレーキ
システム。

automatic 

braking

4.2)  ABS

参考

番号

用語

定義

慣用語

対応英語

4100

ABS 

車輪の制動力を発生しているブレーキ圧を自動
的に調節し,車輪スリップを抑制する装置。

ABS,

anti-lock braking 

system

4101

各輪独立制御 

制動力を発生する圧力を,各車輪ごとに調節す

る制御方法。

individual wheel 

control

4102

複数輪制御 

制動力を発生する圧力を,1 グループの車輪につ
いて共通の命令で調節する制御方法。

multi-wheel 

control

4103

アクスル制御 

1

軸上の全車輪を,共通の命令で制御する複数輪

制御方法。

axle control

4104

サイド制御 

車両の片側の車輪を,共通の命令で制御する複
数輪制御方法。

side control

4105

ダイアゴナル制御 

互いに斜めに相対している車輪を,共通の命令
で制御する複数輪制御方法。

diagonal control

4106

複数軸制御 

複数軸の全車輪を,共通の命令で制御する複数
輪制御方法。

combined 

multi-axle 

control


11

D 0106

:2011

参考

番号

用語

定義

慣用語

対応英語

4107

拡張形アクスル及び

サイド制御 

動的に変更されるセンサ信号によって決定され
る共通の命令に従って,アクスル制御とサイド

制御との組合せで行う複数輪制御方法。

modified axle/side 

control

4108

拡張形各輪独立制御

圧力制御が反対側の車輪のデータも考慮して決

定されている各輪独立制御方法。 
注記  制動力を徐々に増加させることによって,

左右不均一摩擦路面における横方向への

偏向を低減するのが目的である。

modified 

individual 

wheel control

4109

セレクトロー 

グループの共通の命令を決定するための信号

が,速度の最も低い車輪から与えられる複数輪
制御方法。

select-low

4110

セレクトハイ 

グループの共通の命令を決定するための信号
が,速度の最も高い車輪から与えられる複数輪
制御方法。

select-high

4111

車輪選択 

あらかじめ定められた車輪の信号で,グループ
の全車輪を制御する複数輪制御方法。

selection by wheel

4112

平均選択 

数個の車輪の瞬間的速度を平均化した信号で,
グループの全車輪を制御する複数輪制御方法。

average selection

4113

直接制御輪 

少なくともその車輪自身のセンサによって得ら
れたデータをもとに,制動力が調節される車輪。

directly 

controlled 

wheel

4114

間接制御輪 

他の車輪のセンサ(複数でもよい。

)によって得

られたデータをもとに,制動力が調節される車

輪。 
注記  セレクトハイ制御の ABS では直接制御輪

と間接制御輪との両方を含み,セレクトロ

ー制御の ABS では全て直接制御輪と考え
られる。

indirectly 

controlled 

wheel

4115

最低制御速度 

その速度以下では ABS が作動しなくなる自動車

の速度。

minimum control 

speed

4116

センサシグナル 

センサが供給する信号。

sensor signal

4117

車輪速センサ分解能

車輪 1 回転当たりにセンサが供給するインパル
スの数。

resolution of  

impulse wheel 

speed sensor

4118

制御サイクル 

ある車輪ロックから次の車輪ロックまでに,

ABS

がブレーキ液圧を調節するサイクル。

control cycle

4119

制御周波数 

1

秒間当たりに発生する制御サイクルの数。

control frequency


12

D 0106

:2011

4.3)

車両の安定性を向上させる装置・機能

参考

番号

用語

定義

慣用語

対応英語

4201

横 滑 り 防 止 装 置 ,
ESC 

操だ(舵)角及び操だ方向に応じて,自動車又
は連結車の操縦性を自動的に補助する装置・機

能。 
注記  自動車の動的状態を加速度センサ及び/

又はヨーレートセンサによって検出し制

御する。詳細は UN-ECE R13H 参照。

stability control  

system,

dynamic drive  

control system,

electronic stability

control

4202 EVSC 

大型車における車両の安定性を向上させる装

置・機能であり,次のいずれか一方又は両方を
含むもの。

a)

方向制御

b)

転覆制御

なお,

“方向制御”とは,動力駆動車両の場合

には,アンダステア及びオーバステアの状態の

ときに,車両の物理的限界内で,運転者が意図
する方向を保持するために運転者を支援し,ま
た,トレーラの場合には,トレーラの方向をト

ラクタのそれに合わせて保持するのを支援す
る,車両安定性機能に含まれる機能を指す。 
“転覆制御”とは,車両の物理的限界内で,動

的操縦における動力駆動車両又はトラクタとト
レーラとの組合せ若しくはトレーラの安定化を
図るために,差し迫った転覆に対して反応する,

車両安定性機能に含まれる機能を指す。 
注記  自動車の動的状態を加速度センサ及び/

又はヨーレートセンサによって検出し制

御する。詳細は UN-ECE R13 参照。

 electronic

vehicle

stability control

4203 

トレーラスウェイコ

ントロール 

連結車において,トレーラが連結点を中心に横

揺れする事象を検出し,必要に応じてエンジン
トルク低減及び/又はブレーキを介入すること
で,トレーラの横揺れを抑制し,車両安定性を

高める装置・機能。

 trailer

sway

control

4.4)  BAS

参考

番号

用語

定義

慣用語

対応英語

4300 

ブレーキアシストシ

ステム,

BAS 

ブレーキ操作の速さ及び/又は強さによって制

動力を自動的に助勢する装置・機能。助勢しな
い場合に比べ同じブレーキ操作での制動力は増
加する。 
注記  メカ式と電子制御式とがある。

詳細は UN-ECE R13 及び R13H 参照。

brake assist system


13

D 0106

:2011

4.5)

その他の自動制御装置・機能

参考

番号

用語

定義

慣用語

対応英語

4401 

トラクションコント

ロール 

駆動輪の過度の車輪スリップを抑制することに
よって,トラクション及び/又は安定性を向上

する装置・機能。 
例  エンジントルク制御,ブレーキ介入,ディ

ファレンシャルギヤ制御,又はそれらの組

合せ

ASR

traction control  

system

4402 

坂道発進補助, 
ヒルホールダ 

ブレーキ系の作用が自動的に継続され,運転者

が自動車を動かそうとする信号が示されたとき
にブレーキを解除する装置・機能。

brake hold and  

release aid,

hill holder

4403 

電 子 制 御 制 動 力 配

分,

EBD 

電子制御によって自動的に制動力配分を調節す
る装置・機能。 
例 ABS の液圧保持動作を利用した制動力配分

制御

 electronic

braking

force

distribution

4404 

アダプティブクルー

ズコントロール 

エンジン及び/又は駆動系及び/又は可能なら

ブレーキを制御することによって,適切な距離
で前車に追従することを可能とした装置・機能。

autonomous 

intelligent 

cruise control 

system,

adaptive cruise

control system

4405 

衝突緩和ブレーキ 

障害物への衝突予測に基づき,制動力の作用及

び/又は制動力の付加を自動的に行うことで衝
突によるダメージを緩和する装置・機能。

 collision

mitigation brake

system,

advanced

emergency

braking system

4406 

回生協調ブレーキ 

摩擦ブレーキと回生ブレーキとの協調によっ
て,常用ブレーキの機能を達成する装置・機能。
注記  詳細は UN-ECE R13 及び R13H 参照。

 regenerative

cooperative

braking system

4.6)

センサ

参考

番号

用語

定義

慣用語

対応英語

4501

車輪速センサ 

車輪の回転速度を検出するセンサ。 
注記  電磁式,磁気式などがある。

wheel speed sensor

4502

加速度センサ 

自動車に加わる前後・左右・上下方向の加速度
を検出するセンサ。 
注記  半導体式,ひずみゲージ式,振り子式など

がある。

G

センサ accelerometer

4503

ヨーレートセンサ 

自動車に加わる水平方向の角速度を検出するセ
ンサ。 
注記  各種のジャイロを用いて検出している。

yaw rate sensor

4504

ステアリング角セン

 

ステアリングホイールの操作角度を検出するセ
ンサ。 
注記  光学式,ポテンショメータ式,磁気式など

がある。

ハ ン ド ル 角

センサ

steering wheel

angle sensor

4505

ブレーキ液圧センサ

ブレーキ液圧を検出するセンサ。

油圧センサ brake

fluid

pressure sensor


14

D 0106

:2011

参考

番号

用語

定義

慣用語

対応英語

4506

ブレーキ空気圧セン

 

ブレーキの空気圧を検出するセンサ。

brake air pressure

sensor

4507

ブレーキストローク

センサ 

ブレーキペダルの踏込み量を検出するセンサ。

 brake

stroke

sensor,

pedal travel sensor

4508

負圧センサ 

エネルギー源である負圧を検出するセンサ。

vacuum

sensor

4.7)

連結車のブレーキシステムに関するもの

参考

番号

用語

定義

慣用語

対応英語

4601 

カップリングフォー

スコントロール 

連結車で,トラクタ及びトレーラの制動割合を
自動的に調整する装置。

coupling force 

control system

4602 

単列配管ブレーキ 

トレーラのブレーキ装置の作動と,エアタンク
への圧縮空気の充塡とを,1 本のホースで行うブ

レーキ装置。

single-line 

braking system

4603 

複列配管ブレーキ 

トレーラのブレーキ装置の作動と,エアタンク
への圧縮空気の充塡とを,同時に 2 本以上のホ

ースで行うブレーキ装置。

multi-line 

braking system,

two-line braking 

system

4604 

コンティニュアスブ

レーキ 

連結車を構成する自動車のブレーキ装置の組合
せで,次の特徴をもつもの。

a)

運転者が運転席から,トラクタに直接作動

する制御装置と,トレーラに間接作動する
制御装置とを,単一操作で可調的に作動さ
せることができる。

b)

連結車を構成する各車両のブレーキに使用
するエネルギーを,同一エネルギー源が供
給する(運転者の人力であってもよい。

c)

連結車を構成する各車両を,同時又はほぼ
同時に制動できる。

continuous 

braking system

4605 

セミコンティニュア

スブレーキ 

連結車を構成する自動車のブレーキ装置の組合
せで,次の特徴をもつもの。

a)

運転者が運転席から,トラクタに直接作動

する制御装置と,トレーラに間接作動する
制御装置とを,単一操作で可調的に作動さ
せることができる。

b)

連結車を構成する各車両のブレーキに使用
するエネルギーを,二つ以上の異なったエ
ネルギー源が供給する(そのうち一つは,

運転者の人力であってもよい。

c)

連結車を構成する各車両を,同時又はほぼ
同時に制動できる。

semi-continuous 

braking system

4606 

ノンコンティニュア

スブレーキ 

連結車を構成する自動車のブレーキ装置の組合
せで,コンティニュアスブレーキでも,セミコ

ンティニュアスブレーキでもないもの。

 non-continuous

braking system


15

D 0106

:2011

参考

番号

用語

定義

慣用語

対応英語

4607 

フィードライン 

エネルギー源又はエネルギーの流れを制御する
装置(例えば,ブレーキバルブ)を連結してい

る配管。ただし,連結車の二つの車両を連結し
ている配管は除く。

internal supply 

line

4608 

アクチュエーティン

グライン 

エネルギーの流れを制御する装置(例えば,ブ
レーキバルブ)と,エネルギーを機械的エネル
ギーに変換する装置(例えば,ブレーキシリン

ダ)とを連結している配管。

actuating line

4609 

パイロットライン 

制御装置(例えば,ブレーキバルブ)と,他の

制御装置(例えば,リレーバルブ)とを連結し
ている配管。エネルギーの流れは,第二制御装
置を制御するためだけに用いる。ただし,連結

車の二つの車両を連結している配管は除く。

pilot line

4610 

供給ライン 

トラクタからトレーラのエネルギーリザーバ

へ,エネルギーを伝達しているフィードライン。

supply line

4611 

制御ライン 

制御に必要な信号をトラクタからトレーラへ伝
達するパイロットライン。

control line

4612 

共用ライン 

単列配管ブレーキで,供給ライン及び制御ライ
ンとして共用する配管。

common supply  

and control line

4613 

セカンダリライン 

トレーラの非常ブレーキに必要なエネルギー
を,トラクタからトレーラへ伝達するアクチュ

エーティングライン。

 secondary

line

4614 

トレーラの)自動
ブレーキシステム

必要によって,又は事故で連結車両が分離した

トレーラに,自動的にブレーキがかかる装置。

 automatic

braking

system

4615 

追加装置 

連結車のブレーキ系の一部で,トラクタからト
レーラのブレーキ系へのエネルギー供給及び制

御をするための装置。トラクタのエネルギー供
給装置と供給ライン(連結器を含む。

)及び伝達

装置と制御ライン(連結器を含む。

)とから構成

される。

supplementary 

device

4.8)

リターダに関するもの

参考

番号

用語

定義

慣用語

対応英語

4700 

リターダ 

ブレーキ装置の補助として,自動車の速度を減

少又は制限するために,連続的に使用する装置。

retarder,

retarding device

4701 

内燃機関式リターダ

駆動輪に連結した内燃機関の内部抵抗(例えば,

燃料供給の減少,空気の絞り,排気ガスの排出
の絞り,バルブタイミングの変更など)によっ
て,自動車を減速する装置。

 retarder

by

combustion

engine

4702 

エンジンブレーキ 

内燃機関の燃料供給の減少及び空気の絞りによ
って,自動車を減速する作用。

engine braking

4703 

エンジンリターダ 

バルブタイミングを変えることによって機関の
内部抵抗を増して,自動車を減速する装置。

圧 縮 開 放 ブ

レーキ

engine retarder

4704 

エキゾーストリター

 

排気ガスの流れを阻止することによって機関の
内部抵抗を増して,自動車を減速する装置。

排 気 ブ レ ー

exhaust retarder

4705 

発電機式リターダ 

発電機の回転抵抗によって,自動車を減速する
装置。

electric traction  

motor retarder


16

D 0106

:2011

参考

番号

用語

定義

慣用語

対応英語

4706 

流体式リターダ 

駆動軸に連結された装置で,制限された回路中
に液体をくみ上げることによって,自動車を減

速する装置。 
注記  例として,流体中で羽根が回転するときに

発生する抵抗によって自動車を減速する

装置がある。

ハ イ ド ロ リ

ターダ

hydraulic 

retarder,

hydrodynamic 

retarder

4707 

摩擦リターダ 

自動車の動力伝達部品に連結された部品間の摩

擦によって,自動車を減速する装置。

 friction

retarder

4708 

電磁式リターダ 

駆動輪に連結した装置で,電磁コイルによって

生じた磁場を利用し,回転するリターダドラム
に発生する渦電流抵抗によって,自動車を減速
する装置。

エ デ ィ ー カ

レ ン ト リ
ターダ

electromagnetic 

retarder

4709 

永久磁石式リターダ

駆動輪に連結した装置で,永久磁石によって生
じた磁場を利用し,回転する金属円板に発生す

る渦電流抵抗によって,自動車を減速する装置。

permanent-

magnetic 

retarder

4710 

電気式)回生ブレ
ーキ 

制動トルクの発生を通して,自動車の運動エネ
ルギーを電気エネルギーに変換し,バッテリに

蓄積することによって,自動車を減速する装置。

regenerative 

braking 

retarder

4711 

機械式回生ブレーキ

制動トルクの発生を通して,自動車の運動エネ

ルギーを機械的にエネルギー蓄積装置に蓄積す
ることによって,自動車を減速する装置。

mechanical 

regenerative 

braking 

retarder

4712 

空気式リターダ 

走行中の自動車の車体及び/又は車体に連結さ
せた装置の空気抵抗を増して,自動車を減速す

る装置。

エ ア ロ リ タ

ーダ

aerodynamic 

retarder

4.9)

警報装置に関するもの

参考

番号

用語

定義

慣用語

対応英語

4801

保護圧力 

ブレーキ装置の一部又はその付属装置が失陥し

た後に,失陥した系統以外の系統に持続してい
る圧力。

protection 

pressure

4802

ブレーキ警報圧力 

警報装置が作動するエネルギー貯蔵圧力。

warning pressure

4803

ブレーキ警報装置 

ブレーキ系の,ある作動状態が危険又は整備が
必要となったときに,運転者に警報する光学的

又は聴覚的装置。

warning device

4804

摩耗警報装置 

摩擦ブレーキ(ドラムブレーキ又はディスクブ

レーキ)の場合に,摩擦材の使用限界を運転者
に光学的,聴覚的,機械的な方法などで警報す
る装置。

wear alarm device

b)

力学及び現象に関する用語

1)

動作及び車両性能に関するもの

参考

番号

用語

定義

慣用語

対応英語

6000

ブレーキ力学 

制御装置の作動開始から制動作用の終わりまで
の間に起こる力学現象。

braking 

mechanics


17

D 0106

:2011

参考

番号

用語

定義

慣用語

対応英語

6001

ブレーキ作用 

運転者によってブレーキ系が操作され,作動し
ている働き。

brake application

6002

ブレーキ作動 

伝達手段の出力によってブレーキが作動してい
る働き。

brake actuation

6003

ブレーキ解除 

ブレーキ系が非作動状態に戻っている働き。

brake release

6004

作用しきい(閾)値  制動トルクが発生し始めるブレーキ作動点。

actuation 

threshold  

(of the brake)  

6005

クランピング 

作用しきい値より上で,ブレーキ動作の増加に
よって制動トルクが発生又は増加する働き。

clamping (of the 

brake)

6006

ブレーキ解除位置 

ブレーキ非作動状態となる制御装置の終端位
置。

brake release  

position

6007

ブレーキ性能 

自動車の制動初速度に対する制動距離及び/又
は制動中の平均飽和減速度及び/又は坂路勾配
での停車保持能力として測定されるブレーキ系

の性能。 
注記  耐久性能は,長い坂道を下る状態で一定

速度を保つ能力によって計測される。

braking 

performance

6008

規定ブレーキ性能 

法規要件としての最低限のブレーキ性能。

prescribed 

braking 

performance

6009

残余ブレーキ性能 

伝達回路の一つが故障した後の常用ブレーキ性
能。最低限のブレーキ性能値が規定されている。

residual braking 

performance

6010

トレーラの)自動
ブレーキシステム
性能 

供給ライン内を通り,トレーラに供給されてい
る空気が完全に失われたときの,トレーラのブ

レーキ系の最低性能(トレーラが分離した場合
の保護)

automatic 

braking system 

performance

2)

力学及び圧力に関するもの

参考

番号

用語

定義

慣用語

対応英語

6101

制動力 

制動システムの効果によって生じる自動車の動
作又は動作方向と反対方向に,車輪と地面との
間の接触面に働く力。

ブレーキ力

braking force

6102

総制動力 

自動車の全車輪に働く制動力の総和。

total braking  

force

6103

制動力変動 

一定のブレーキ入力における車輪一回転中のブ
レーキ出力の瞬間的な変動幅で,ブレーキの平

均出力に対する百分率で表した値。

トルク変動

braking force    

variation

6104

車軸内制動力不均衡  車軸上のブレーキ間の制動力の差異のうち,最

も高い制動力差を百分率で表した値。

braking force  

imbalance 

across an axle

6105

制動トルク 

ブレーキの作動力によって生じる摩擦力と,そ

の摩擦力の作用点から回転軸までの距離との
積。

ブ レ ー キ ト

ルク

braking torque

6106

制動力配分 

全車軸の制動力に対する各車軸の制動力の比を
各車軸ごとの割合で表した値。 
例  前軸:60 %,後軸:40 %

ブ レ ー キ 力

配分

braking force  

distribution


18

D 0106

:2011

参考

番号

用語

定義

慣用語

対応英語

6107 

操作力 

制御装置にかけられる力。 
注記  量記号 F

C

で表す。

control force

6108

作動力 

摩擦ブレーキで摩擦効果によって制動力を発生
させるため 1 個の摩擦材に加えられる総力。 
注記  量記号 F

S

で表す。

actuation force

6109

ブレーキシステムヒ

ステリシス 

同一制動トルクに対する作動時と解除時との操

作力の差。 
注記  図に示す

Δ

F

C

である。

braking system  

hysteresis

6110

ブレーキヒステリシ

 

同一制動トルクに対する作動時と解除時との作

動力の差。 
注記  図に示す

Δ

F

S

である。

brake hysteresis

6111

ライン圧力 

制動トルクを発生させるために必要な圧力。

line

pressure

6112

制動開始圧力 

制動トルクの発生を開始させるために必要な圧

力。

brake threshold  

 pressure

6113

制動解除圧力 

制動トルクの減少を開始させるために必要な圧

力。 
注記 1  圧力の増加によって制動トルクを増加

させるブレーキ系(

例  常用ブレーキ)

において,この点から圧力の減少によっ
て制動トルクが減少する位置が分かる。

注記 2  圧力の減少によって制動トルクを増加

させるブレーキ系(

例  スプリングブレ

ーキ)において,この点から圧力の増加
によって制動トルクが減少する位置が

分かる。

brake release  

pressure

6114

安定圧力 

制御装置が完全に作用した後の安定した圧力。
注記  5 秒間圧力がほとんど変化しなければ,安

定圧力に到達したとみなす。

asymptotic 

pressure of  

braking


19

D 0106

:2011

参考

番号

用語

定義

慣用語

対応英語

6115

ホールド解除圧力 

スプリングブレーキアクチュエータの場合,制
動トルクを発生させるために必要なアクチュエ

ータの圧力。

hold-off pressure

6116

解放開始圧力 

スプリングブレーキアクチュエータの場合,制

動トルクの減少を開始するために必要なアクチ
ュエータの圧力。

 commencement

of

release pressure

6117

完全解放圧力 

スプリングブレーキアクチュエータの場合,制
動トルクがゼロに達するときのスプリング圧縮
室の圧力。

full brake release 

pressure

6118

フルスプリング圧縮

圧力 

スプリングブレーキアクチュエータの場合,ば
ねを終点まで押すのに必要なスプリング圧縮室

の圧力。

full spring  

compression 

pressure

6119

プレドミナンス 

車両のアクスル間又はトラクタ及びトレーラに
おいて,ブレーキのかけ始めに影響する圧力差。

predominance

3)

時間に関するもの

参考

番号

用語

定義

慣用語

対応英語

6201 

反応時間 

運転者が,制動の必要を認めてから,アクセル
ペダル又は床面から足を離すまでの時間。

 reaction

time

6202 

踏替時間 

運転者が,アクセルペダル又は床面から足を離
してから,ブレーキペダルに触れるまでの時間。

foot transfer time

6203 

踏込時間 

ブレーキペダルに足を乗せ,ペダルストローク
が出始めてから,指定された位置に到達するま

での時間。 
注記  図に示す  (t

3

t

0

)

である。

control device  

application 

time


20

D 0106

:2011

参考

番号

用語

定義

慣用語

対応英語

6204 

効き遅れ時間 

ブレーキペダルに足を乗せ,ペダルストローク
が出始めてから,ライン圧力が発生し始めるま

での時間。 
注記  図に示す  (t

1

t

0

)

である。

initial response  

time

6205 

立上がり時間 

ライン圧力が発生し始めてから,安定値に達す

るまでの時間。 
注記  図に示す  (t

5

t

1

)

である。

build-up time

6206 

主制動時間 

減速度が安定値を保っている時間。

main braking time

6207 

解除時間 

制御装置に作用する操作力の解除の始まりか
ら,制動力が失われるまでの時間。

 release

time

6208 

空走時間 

運転者が制動の必要を認めてから,減速度が発

生するまでの時間。

free running time

6209 

実制動時間 

減速度が発生し始めてから,自動車が停止する

までの時間。 
注記  図に示す  (t

7

t

2

)

である。

active braking  

time


21

D 0106

:2011

参考

番号

用語

定義

慣用語

対応英語

6210 

制動時間 

運転者がブレーキペダルに足を乗せ,ペダルス
トロークが出始めてから,自動車が停止するま

での時間。 
注記  図に示す  (t

7

t

0

)

である。

total braking time

6211 

停止時間 

運転者が制動の必要を認めてから,自動車が停

止するまでの時間。

 stopping

time

4)

距離に関するもの

参考

番号

用語

定義

慣用語

対応英語

6301

空走距離 

空走時間に自動車が走行した距離。   free

running

distance

6302

制動距離 

実制動時間に自動車が走行した距離。 
注記  量記号 S

1

で表す。

braking distance

6303

停止距離 

制動時間に自動車が走行した距離。 
注記  量記号 S

0

で表す。

stopping distance


22

D 0106

:2011

5)

速度及び加速度に関するもの

参考

番号

用語

定義

慣用語

対応英語

6401 

制動初速度 

ブレーキ系の作動によって,自動車が減速を開
始するときの走行速度。

initial speed of

braking

6402 

制動終速度 

ブレーキ系の作動によって,自動車が減速を終
了するときの走行速度。

final speed of

braking

6403 

制動減速度 

ブレーキ系の作動による自動車の速度の時間的
変化の割合。

braking  

deceleration

6404 

瞬間減速度 

自動車の瞬間速度を微少時間で除した減速度。
注記  計算式は,次のとおりである。

dt

dv

a

=

ここに, a  :瞬間減速度(m/s

2

 dv

:瞬間速度(m/s)

 dt

:微少時間(s)

instantaneous 

deceleration

6405 

移 動 距 離 内 の 平 均

減速度 

制動中のある 2 地点,S

B

と S

E

との間の平均減速

度。 
注記  計算式は,次のとおりである。

×

=

E

B

)

(

1

B

E

ms

S

S

ds

s

a

S

S

a

結果として,次のとおりになる。

)

(

2

B

E

2

B

2

E

ms

S

S

V

V

a

×

=

ここに,V

B

:距離点 S

B

における自動車

の速度(m/s)

 

V

E

:距離点 S

E

における自動車

の速度(m/s)

mean 

deceleration 

over distance

6406

時間平均減速度 

制動中のある期間,t

B

と t

E

との間の平均減速度。

注記  計算式は,次のとおりである。

×

=

E

B

)

(

1

B

E

mt

t

t

dt

t

a

t

t

a

結果として,次のとおりになる。

B

E

B

E

mt

t

t

V

V

a

=

ここに,V

B

:時刻 t

B

における自動車の

瞬間速度(m/s)

 

V

E

:時刻 t

E

における自動車の

瞬間速度(m/s)

mean 

deceleration 

over time

6407

停 止 距 離 内 の 平 均

減速度 

ある停止距離で減速したときの平均減速度。 
注記  計算式は,次のとおりである。

0

2

0

0

ms

S

V

a

×

=

これは,V

B

V

0

における停止時の特別な

ケースである。

ここに, V

0

:時刻 t

0

における瞬間速度

(m/s)

 

V

E

=0(km/h)

 

S

B

=0(m)

 

S

E

S

0

mean 

deceleration 

over stopping 

distance


23

D 0106

:2011

参考

番号

用語

定義

慣用語

対応英語

6408 

平均飽和減速度 

減速度の大きさがほぼ一定になり,安定してい
るときの平均減速度。 
注記  計算式は,次のとおりである。

)

(

2

B

E

2

E

2

B

m

S

S

V

V

d

×

=

ここに, V

B

=0.8×V

0

(m/s)

 

V

E

=0.1×V

0

(m/s)

平均飽和減速度はブレーキ性能測定手

段として UN-ECE R13 で利用されている。

mean fully 

developed 

deceleration

6)

仕事に関するもの

参考

番号

用語

定義

慣用語

対応英語

6501

制動仕事 

ブレーキ機構又はリターダが制動中に果たす仕

事量。 
注記  計算式は,次のとおりである。

=

S

ds

F

W

0

f

ここに,  :制動仕事(N・m)

 

F

f

:総制動力(N)

 S 

:制動した距離(m)

吸収エネル

ギー

braking work

6502

瞬 間 ブ レ ー キ パ ワ

 

総制動力と自動車の速度との積。 
注記  計算式は,次のとおりである。

  PF

f

×V

ここに,  :瞬間ブレーキパワー(W)

 

F

f

:総制動力(N)

 V 

:自動車の速度(m/s)

instantaneous 

braking power

6503

ブ レ ー キ ラ イ ニ ン

グ の エ ナ ジ ー ロ
ーディング 

単位面積の摩擦材に負荷される単位時間当たり
の平均制動仕事量。

 kinetic

energy

loading of brake

lining

7)

性能に関するもの

参考

番号

用語

定義

慣用語

対応英語

6601

制動)効力 

ブレーキ装置又は機構の,入力と出力とを関連付
けた効きの程度。

ブレーキ効

(brake)

effectiveness

6602

制動(内部)効力係

 

ブレーキが作用している半径での接線力と,作動
力との比。 
注記  ブレーキ機構による力の増幅率を示す。

ブレーキ係

数,

B.E.F.

効 力

係数

(internal) brake  

factor

6603

制動(外部)効力係

 

ブレーキ出力トルク/出力と入力トルク/入力
との比。

(external) brake 

factor

6604

シュー係数 

ドラムブレーキのシューアッセンブリの円周力
と作動力との比。 
注記  シューの効きを示す。

shoe factor

6605 

平均シュー係数 

1

個のブレーキのシュー係数の和とシューの数

との比。

mean shoe factor


24

D 0106

:2011

参考

番号

用語

定義

慣用語

対応英語

6606 

制動比 

(セミトレーラを除く場合) 
瞬間減速度 a(m/s

2

)と重力加速度 g(m/s

2

)と

の比。 
(セミトレーラの場合) 
総制動力 F

f

(N)と自動車の車軸にかかる静的総

質量に相当する力 G

S

(N)との比。

注記  計算式は,次のとおりである。

g

a

z

= (セミトレーラを除く場合)

S

f

G

F

z

=

(セミトレーラの場合)

braking rate

6607 

ス ピ ー ド ス プ レ ッ

 

制動初速度の違いによる効力の差。  speed

spread

6608 

ペダルストローク 

ブレーキペダルが踏み込まれて移動する距離。

pedal

travel

6609 

ペダル余裕 

ブレーキペダルを踏み込んだときのペダル位置
から,ブレーキペダルの可動最大位置までの距

離。 
注記  ペダルの踏込み余裕量を示す。

踏みしろ, 
踏み残りし

ろ,

余裕ストロ

ーク

pedal reserve

6610 

ペダル踏力 

足による操作力で,ブレーキペダルを踏み込むの
に要する力。 
注記  例えば,制動減速度 5.9 m/s

2

を得るのに必

要なペダル踏力を 0.6 G 踏力という。

 pedal

pressure

pedal effort

6611 

ペ ダ ル ス ト ロ ー ク

速度 

ブレーキペダルが踏み込まれて移動する速度。

pedal travel speed

6612 

ブ レ ー キ ス リ ッ プ

 

車輪面方向への車輪中心速度 V

C

と,車輪周速度

V

W

との差を V

C

で除したもの。

注記  計算式は,次のとおりである。

C

W

C

V

V

V

=

λ

ここに,V

W

ω

W

×r

 

ω

W

:車輪の角速度

 r 

:運転中の車両に取り付け

られた負荷がかかった状
態のタイヤの,軸から地

面への理論的半径。

braking slip

6613 

摩擦力係数 

二つの物体の接触面で発生している接線力 F

T

と,そこに作用している垂直抗力 F

N

との比。

注記  摩擦ブレーキの場合,摩擦力は摩擦係数

μ

で特性付けられる。一方,タイヤと路面間
では,粘着係数

κ

によって特性付けられ

る。

friction force 

coefficient

6614 

摩擦係数 

(摩擦ブレーキにおいて)摩擦材とドラム又はデ

ィスクとの間に作用している接線力 F

TB

と垂直

抗力 F

N

との比。

注記  計算式は,次のとおりである。

N

TB

F

F

=

μ

coefficient of 

friction


25

D 0106

:2011

参考

番号

用語

定義

慣用語

対応英語

6615 

ピーク摩擦係数 

制動トルクを増加していく過程で,標準試験タイ
ヤに車輪ロックが発生するときの最大制動力と

垂直抗力との比。 
注記  試験手順は,ASTM E1337-90 参照。

peak friction 

coefficient

6616 

粘着係数 

タイヤによって路面に伝達される接線力 F

TR

と,

垂直抗力 F

N

との比。

注記  計算式は,次のとおりである。

N

TR

F

F

=

κ

主要なパラメータであるブレーキスリ

ップ,スリップ角及びキャンバー角のう
ち,ブレーキスリップだけ最大粘着係数と
ホイールロック粘着係数とが考慮される。

coefficient of 

adhesion

6617 

最大粘着係数 

制動中の回転する車輪が路面に伝達できる最大
接線力 F

TmaxR

と,垂直抗力 F

N

との比。

注記  計算式は,次のとおりである。

N

R

max

T

max

F

F

=

κ

κ

max

は,UN-ECE R13 において使用され

ている

κ

peak

と同じ。

maximum 

coefficient of 

adhesion

6618 

ホ イ ー ル ロ ッ ク 粘

着係数 

ロックした車輪が路面に伝達する接線力 F

LWR

と,垂直抗力 F

N

との比。

注記  計算式は,次のとおりである。

N

LWR

lock

F

F

=

κ

coefficient of 

locked wheel 

adhesion

6619 

粘着利用率 

制動比 と最大粘着係数

κ

max

との比。

注記  計算式は,次のとおりである。

max

κ

ε

z

=

adhesion 

utilization

6620 

粘着利用曲線 

指定の負荷条件で,各アクスル が利用する車両

の粘着力 f

i

を車両の制動比 に対してグラフ化し

た曲線。 
注記  計算式は,次のとおりである。

g

+

=

=

P

E

h

z

P

T

N

T

f

1

1

1

1

1

g

=

=

P

E

h

z

P

T

N

T

f

2

2

2

2

2

ここに,  T

i

:路面での通常の制動条件

下のブレーキによってア
クスル i にかかる力

N

i

:制動時のアクスル i の路

面からの垂直反力

P

i

:静止状態におけるアクス

ル i の路面からの垂直反

P

:車両重量

h

:重心高

:重力加速度

 adhesion

utilization

curves


26

D 0106

:2011

参考

番号

用語

定義

慣用語

対応英語

6621 

コンパチビリティ 

トラクタ及びトレーラにおいて,各々が同じ粘着
利用率となるようにブレーキの効きが調整され

る状態。 
注記  通常の誤差によって,一般的に完全なコン

パチビリティは達成されない。許容可能な

不均衡の限度によって規則で定められて
いる範囲で,ほぼコンパチビリティが達成
されていればよい。

compatibility

6622 

空転クリアランス 

非制動時のドラムブレーキのドラムとライニン
グとの隙間,及びディスクブレーキのディスクと

パッドとの隙間。

パ ッ ド ク リ

アランス,

シ ュ ー ク リ

アランス

running clearance

8)

一般的な現象に関するもの

参考

番号

用語

定義

慣用語

対応英語

6701 

ブレーキフェード 

一定の制動作動において,温度及び/又は速度に
よって制動トルクが減少する現象。

brake fade

6702 

フェード 

摩擦熱によって効力が一時的に低下する現象。

fade

6703 

メ カ ニ カ ル フ ェ ー

 

制動による発熱がドラムの径拡大方向の熱変形

を招き,ストロークが長くなる現象。

 mechanical

fade

6704 

ウォータフェード 

摩擦面に浸水して効力が一時的に低下する現象。  water

fade

6705 

リカバリ 

熱又は水の影響で低下した効力が回復する現象。 回復 recovery

6706 

オーバーリカバリ 

熱又は水の影響で低下した効力が回復する過程

で大きくなり過ぎる現象。

 over

recovery

6707 

ビルドアップ 

効力が立ち上がる現象。

build up

6708 

モ ー ニ ン グ シ ッ ク

ネス 

早朝又は長時間休止していて,冷えたブレーキ
が,異常な効力を示す現象。

朝効き morning

sickness

6709 

引きずり 

ブレーキ機構の解放が不完全なため,普通走行時
に制動力を発生する現象。

 brake

drag

6710 

ベーパロック 

ハイドロリックブレーキの過熱した部分の液中
に気泡が発生し,ペダルストロークが急激に増加
する現象。

 vapor

lock

6711 

ノックバック 

走行中にディスクの振れ,変位によって,パッド
が戻される現象。

 knock

back

6712 

シェイクバック 

走行中にキャリパが車軸方向に振れることによ
って,ピストンが戻される現象。

 shake

back

6713 

ブレーキジャダ 

制動時にブレーキ機構又はその付近から発生す
る振動。

judder

6714 

ブレーキ鳴き 

ブレーキ機構又はその付近から発生する不快な
制動時の異音。

 brake

noise

6715 

グラッビング 

必ずしも聞こえない不規則な制動力変動。

grabbing

6716 

スキール 

一定の高周波で澄んだ制動時の異音。

squeal

6717 

チャープ 

振幅変調した中周波数及び/又は高周波数の制
動時の異音。

chirp

6718 

グレーティング 

中及び/又は高い複雑な周波数の入り交じった
制動時の異音。

grating


27

D 0106

:2011

参考

番号

用語

定義

慣用語

対応英語

6719 

グローン 

比較的低い複雑な周波数の入り交じった制動時
の異音。

growl/groan

9)

摩擦材,ドラム及びディスクの表面の現象に関するもの

参考

番号

用語

定義

慣用語

対応英語

6721 

グレイジング 

軽負荷制動の繰り返しによって摩擦材の表面が
摩擦係数の低い堅い光沢がある状態になる現象。

glazing

6722 

クラック 

摩擦材を破損又は 2 個以上に破砕させるには不
十分な,表面の深くて狭い割れ。

crack

6723 

表面クラック 

摩擦材の表面の浅い割れ。

surface cracking

6724 

フレーキング 

摩擦材表面の薄い破片が分離する現象。

flaking

6725 

対面損傷 

摩擦によってドラム又はディスクの,摩擦面に付
いたきず。

damage of brake

drum or disc

rotor

6726 

スコーリング 

対面損傷のうち,しゅう(摺)動方向に平行に付

いたきず。

scoring

6727 

ヒートクラック 

対面損傷のうち,摩擦熱によって発生する亀裂。  heat

crack

6728 

 

比較的大きな摩擦材部分の脱落。

detachment

6729 DTV 

ディスクロータの摩擦面における厚さの偏差。

disc

thickness

variation

10)

摩擦材の試験に関するもの

参考

番号

用語

定義

慣用語

対応英語

6731 

すり合わせ 

摩擦材とドラム又はディスクとの間に,物理的及

び化学的に十分な接触面を得るための予備制動
操作。

lining bedding

,

lining burnishing

6732 

常温効力試験 

設計温度より比較的低温での摩擦材の効力を,一
定の手順で調べる試験。

cold lining test

6733

高温効力試験 

設計温度を超えて設定最高温度までの間の摩擦
材の効力を,一定の手順で調べる試験。

hot lining test

6734

フェード試験 

数回の連続した制動,又は連続した引きずり制動
によって変化する摩擦材の効力を,一定の手順で
調べる試験。 
注記  温度上昇に伴う効力変化,又は低温効力と

高温効力とを比較することによって性能
を調べる。

fade test

6735

回復試験 

フェード試験後に試験の熱によって変化した摩
擦材の効力の回復程度を,一定の手順で調べる試
験。

recovery test

6736

フ ェ ー ド 回 復 試 験

後の効力試験 

高温効力試験,フェード試験,及び回復試験の後
に常温での摩擦材の効力を,一定の手順で調べる

試験。

after fade-and-

recovery lining 

effectiveness 

test

6737

摩耗試験 

摩擦材の耐摩耗性の評価をするために,一定の手
順で調べる試験。

lining wear test


28

D 0106

:2011

11)

自動車の運動に関するもの

参考

番号

用語

定義

慣用語

対応英語

6801

ホイールロック 

走行中に,自動車の車輪が,制動トルクによって
回転運動を停止する現象。

 wheel

lock

6802

スキッド 

制動時に,タイヤが路面を滑る現象。

スリップ skid

6803

片効き 

制動時に,自動車の進路を変えようとする力がブ
レーキ装置に働く現象。

pulling right or 

left

6804

しり振り 

制動時に,後輪がロックして横滑りを起こし,自
動車の後部が進路を外れる現象。

 swerve

6805

ジャックナイフ 

連結車の制動時に,慣性力によってトレーラがト

ラクタと,くの字形になる現象。

 jack-knifing

6806

ノーズダイブ 

制動時に,自動車の前部が一時的に沈む現象。

nose

dive

6807

ブレーキホップ 

制動時に,車輪がはね上がる振動現象。

brake

hop

6808

不均一制動 

ドライバーが感じたり,又は車両姿勢の安定性に
影響するような不規則な制動。 
注記  数回の連続した制動によって,直進してい

た自動車が右又は左に方向が外れる傾向,
若しくは 1 回の制動中に同様の傾向を示す
現象。

uneven braking

6809

ブ レ ー キ ペ ダ ル フ

ィーリング 

制動時に,反力又はストロークをブレーキペダル
から感じる現象。

操作フィー

リング

brake pedal feeling

参考文献  JIS D 0107  自動車−ブレーキ用語−部品

SAE J 656g

,Automotive Brake Definitions and Nomenclature

UN-ECE Regulation No.13

,Uniform provisions concerning the approval of vehicles of categories M,

N and O with regard to braking

UN-ECE Regulation No.13H

,Uniform provisions concerning the approval of passenger cars with

regard to braking

ASTM E1337-90

,Standard Test Method for Determining Longitudinal Peak Braking Coefficient of

Paved Surfaces Using a STD Reference Test Tire


附属書 JA

参考)

JIS

と対応国際規格との対比表

JIS D 0106

:2011

  自動車−ブレーキ用語−種類,力学及び現象

ISO 611

:2003

  Road vehicles−Braking of automotive vehicles and their trailers−

Vocabulary

(I)JIS の規定

(III)国際規格の規定

(IV)JIS と国際規格との技術的差異の箇条

ごとの評価及びその内容

箇条番号
及び題名

内容

(II)

国際規格
番号

箇条番号

内容

箇 条 ご と
の評価

技術的差異の内容

(V)JIS と国際規格との技術的差異

の理由及び今後の対策

1

適用範

自 動 車 に 用 い る ブ
レーキの種類,力学

及 び 現 象 に 関 す る
用語。

1

自動車,トレーラ及びそ
の組合せにおけるブレー

キ及びブレーキ装置に関
する用語で,制動動作及
び動作を特徴付ける値を

含む。

変更

ISO

規格では自動車,トレーラ

とその組合せと表現。

JIS

では力学及び現象と表現。

JIS

の自動車はトレーラ及びその

組合せを含む意で用いている。ISO

規格の“制動動作及び動作を特徴
付ける値を含む用語”とは,力学
及び現象を表す用語と意味の上で

はほぼ同等である。 
技術的差異はない。

2

ISO 3833

:1977

ISO/TR 13487

:1997

ASTM E1337-90

削除

JIS

では ISO 規格の引用規格を

削除した。

JIS

では ISO 規格を基に対応する

よう,用語を規定しているので,

ISO

規格の引用規格を直接 JIS 

引用規格とはせず,参考文献とし

た。

2

分類

追加

JIS

では,用語の分類を追加し

た。

JIS

では,規格利用者の利便を図る

ため,分類の項目を追加した。

ISO

に提案を検討する。

3

用語及

び定義

3

変更

JIS

では,

四つの用語を変更し,

94

の用語を追加。

JIS

として必要な定義の変更を行

い,かつ,用語を追加した。 
全ての変更及び追加は,ISO に提
案を検討する。

29

D

 010

6


20
1

1


(I)JIS の規定

(III)国際規格の規定

(IV)JIS と国際規格との技術的差

異の箇条ごとの評価及びその内

箇条番号

及び題名

内容

(II)

国 際 規
格番号

箇条番号

内容

箇 条 ご と

の評価

技術的差異の内容

(V)JIS と国際規格との技術的差異

の理由及び今後の対策

a)

種類に関する用語

1)

ブレーキ系

1000

自動車に装備するブレーキ装置

及びリターダの総称。

3 3.2

車両速度を制御(通
常は減速),停止又
は そ れ を 保 持 す る

機 能 を も つ 部 品 の
組合せ。

変更

2)

ブレーキ装置

2000

自動車の車速を制御(通常は減
速),停止又はある位置に保持す

るために使用する一連の機構。

3 3.1

車 両 に 搭 載 さ れ る
全てのブレーキ系。

変更

JIS

ではブレーキ装

置の定義を,ISO 
格のブレーキ系の定
義を用いた(ブレー

キ系とブレーキ装置
の定義とを入れ替え
た。

ブレーキ系が,ブレーキ装置も含む

最も広義の用語として定着している
こと,また,装置という語から部品
又は機構が連想されることから,ブ

レーキ装置はそれらの語を用いて定
義するべきであるとの理由で,

旧 JIS

同様の定義とした。

2203

フルエアブレーキ

追加

2204

フルパワーハイドロリック

ブレーキ

追加

2206

バキュームアシステッドブ

レーキ

追加

2207

エアアシステッドブレーキ

追加

2208

ハイドロリックアシステッ

ドブレーキ

追加

2210

電気ブレーキ

追加

2)

ブレーキ装置 2.3)  エネルギー源

による分類として追加。

2302

フットブレーキ

追加

2303

ハンドブレーキ

追加

2)

ブレーキ装置 2.4)  制御方式によ

る分類として追加。

2601

フロントブレーキ

追加

2602

リヤブレーキ

追加

2603

センタブレーキ

追加

2604

インボードブレーキ

追加

3

用語及

び定義 
(続き)

2605

ホイールブレーキ

追加

2)

ブレーキ装置 2.7)  取付位置によ

る分類として追加。

30

D

 010

6


20
1

1


(I)JIS の規定

(III)国際規格の規定

(IV)JIS と国際規格との技術的差

異の箇条ごとの評価及びその内

箇条番号

及び題名

内容

(II)

国 際 規
格番号

箇条番号

内容

箇 条 ご と

の評価

技術的差異の内容

(V)JIS と国際規格との技術的差異

の理由及び今後の対策

3201

内拡式ドラムブレーキ

追加

3202

ツーリーディングシューブ

レーキ

追加

3203

デュオツーリーディングシ

ューブレーキ

追加

3204

ツートレーリングシューブ

レーキ

追加

3205

デュオツートレーリングシ

ューブレーキ

追加

3206

リーディングトレーリング

シューブレーキ

追加

3207

ユニサーボブレーキ

追加

3208

デュオサーボブレーキ

追加

3209

外部収縮式ドラムブレーキ

追加

3210

バンドブレーキ

追加

3)

ブレーキ機構及び要素 3.3)  ドラ

ムブレーキとして追加。

3301

フィクストキャリパディス

クブレーキ

追加

3302

フローティングキャリパデ

ィスクブレーキ

追加

3303

フローティングディスクブ

レーキ

追加

3)

ブレーキ機構及び要素 3.4)  ディ

スクブレーキとして追加。

3401

ウェッジブレーキ

追加

3402

カムブレーキ

追加

3)

ブレーキ機構及び要素 3.5)  その

他のブレーキ機構として追加。

3611

レジンモールド

追加

3612 NAO

追加

3613

ロースチール材

追加

3614

メタル材

追加

3

用語及

び定義 
(続き)

3615

セミメタル材

追加

3)

ブレーキ機構及び要素 3.7)  摩擦

ブレ ー キコ ン ポー ネ ント と して 追
加。

31

D

 010

6


20
1

1


(I)JIS の規定

(III)国際規格の規定

(IV)JIS と国際規格との技術的差

異の箇条ごとの評価及びその内

箇条番号

及び題名

内容

(II)

国 際 規
格番号

箇条番号

内容

箇 条 ご と

の評価

技術的差異の内容

(V)JIS と国際規格との技術的差異

の理由及び今後の対策

4201

横滑り防止装置,ESC 6

6.3

stability control

system,

dynamic drive control

system

変更

技術的差異はなし

UN-ECE R13H

において定義され,

国内でも乗用車の制動装置の技術基
準になっている用語とした。

4202 EVSC

追加

UN-ECE R13

において大型車の車両

姿勢制御装置として用語規定された

ため,4)  ブレーキ系の構成要素 4.3) 
車両の安定性を向上させる装置・機
能として追加。

4203

トレーラスウェイコントロ

ール

追加

4)

ブレーキ系の構成要素 4.3)  車両

の安定性を向上させる装置・機能と

して追加。

4300

ブ レ ー キ ア シ ス ト シ ス テ

ム,BAS

追加

UN-ECE R13

及び R13H に規定され

たため,4)  ブレーキ系の構成要素

4.4) BAS

として追加。

4403

電子制御制動力配分,EBD

追加

4)

ブレーキ系の構成要素 4.5)  その

他の自動制御装置・機能として追加。

4404

アダプティブクルーズコン

トロール

6 6.5

autonomous

intelligent cruise

control system

変更

技術的差異はなし

日本 で 広く 使 われ て いる 用 語と し
た。

4405

衝突緩和ブレーキ

追加

4406

回生協調ブレーキ

追加

4)

ブレーキ系の構成要素 4.5)  その

他の自動制御装置・機能として追加。

4501

車輪速センサ

追加

4502

加速度センサ

追加

4503

ヨーレートセンサ

追加

4504

ステアリング角センサ

追加

3

用語及

び定義 
(続き)

4505

ブレーキ液圧センサ

追加

4)

ブレーキ系の構成要素 4.6)  セン

サとして追加。

32

D

 010

6


20
1

1


(I)JIS の規定

(III)国際規格の規定

(IV)JIS と国際規格との技術的差

異の箇条ごとの評価及びその内

箇条番号

及び題名

内容

(II)

国 際 規
格番号

箇条番号

内容

箇 条 ご と

の評価

技術的差異の内容

(V)JIS と国際規格との技術的差異

の理由及び今後の対策

4506

ブレーキ空気圧センサ

追加

4507

ブレーキストロークセンサ

追加

4508

負圧センサ

追加

4606

ノンコンティニュアスブレ

ーキ

追加

4613

セカンダリライン

追加

4614

(トレーラの)自動ブレー

キシステム

追加

4)

ブレーキ系の構成要素 4.7)  連結

車のブレーキシステムに関するもの
として追加。

4701

内燃機関式リターダ

追加

4707

摩擦リターダ

追加

4)

ブレーキ系の構成要素 4.8)  リタ

ーダに関するものとして追加。

4804

摩耗警報装置

追加

4)

ブレーキ系の構成要素 4.9) 警報

装置に関するものとして追加。

6111

ライン圧力

追加

6116

解放開始圧力

追加

b)

力学及び現象に関する用語 2)  力

学及 び 圧力 に 関す る もの と して 追
加。

6201

反応時間

追加

6202

踏替時間

追加

6206

主制動時間

追加

6207

解除時間

追加

6208

空走時間

追加

6211

停止時間

追加

b)

力学及び現象に関する用語 3)  時

間に関するものとして追加。

6301

空走距離

追加

b)

力学及び現象に関する用語 4)  距

離に関するものとして追加。

6401

制動初速度

追加

6402

制動終速度

追加

b)

力学及び現象に関する用語 5)  速

度及び加速度に関するものとして追
加。

3

用語及

び定義 
(続き)

6503

ブレーキライニングのエナ

ジーローディング

追加

b)

力学及び現象に関する用語 6)  仕

事に関するものとして追加。

33

D

 010

6


20
1

1


(I)JIS の規定

(III)国際規格の規定

(IV)JIS と国際規格との技術的差

異の箇条ごとの評価及びその内

箇条番号

及び題名

内容

(II)

国 際 規
格番号

箇条番号

内容

箇 条 ご と

の評価

技術的差異の内容

(V)JIS と国際規格との技術的差異

の理由及び今後の対策

6601

(制動)効力

追加

6607

スピードスプレッド

追加

6608

ペダルストローク

追加

6609

ペダル余裕

追加

6610

ペダル踏力

追加

6611

ペダルストローク速度

追加

6620

粘着利用曲線

追加

b)

力学及び現象に関する用語 7)  性

能に関するものとして追加。

6702

フェード

追加

6703

メカニカルフェード

追加

6704

ウォータフェード

追加

6705

リカバリ

追加

6706

オーバーリカバリ

追加

6707

ビルドアップ

追加

6708

モーニングシックネス

追加

6709

引きずり

追加

6710

ベーパロック

追加

6711

ノックバック

追加

6712

シェイクバック

追加

6714

ブレーキ鳴き

追加

b)

力学及び現象に関する用語 8)  一

般的 な 現象 に 関す る もの と して 追
加。

6725

対面損傷

追加

6727

ヒートクラック

追加

6729 DTV

追加

b)

力学及び現象に関する用語 9)  摩

擦材,ドラム及びディスクの表面の
現象に関するものとして追加。

6801

ホイールロック

追加

6802

スキッド

追加

6804

しり振り

追加

6805

ジャックナイフ

追加

6806

ノーズダイブ

追加

3

用語及

び定義 
(続き)

6807

ブレーキホップ

追加

b)

力 学及び 現象に 関する 用 語 11)

自動車の運動に関するものとして追
加。

34

D

 010

6


20
1

1


(I)JIS の規定

(III)国際規格の規定

(IV)JIS と国際規格との技術的差

異の箇条ごとの評価及びその内

箇条番号

及び題名

内容

(II)

国 際 規
格番号

箇条番号

内容

箇 条 ご と

の評価

技術的差異の内容

(V)JIS と国際規格との技術的差異

の理由及び今後の対策

6809

ブレーキペダルフィーリン

追加

 3.2.4.1.3

cut-ou device

削除

 4.1.5

gravity braking

system

削除

用語の使用頻度が少ないと判断し,
規定せず。

 4.2.5

electric braking

system

削除

ISO

規格では伝達媒体による分類で

記載されているが,内容から a) 2)

2.3)

エネルギー源による分類 2210

電気ブレーキに含まれると判断し,

規定せず。

 5.5.1.3.5.1

manual brake

adjustment device

削除

 5.5.1.3.5.2

automatic brake

adjustment device

削除

3405

ブレーキアジャスタにまとめ

て規定。

 5.5.3.1.1

primary retarder

削除

 5.5.3.1.2

secondary retarder

削除

 5.5.3.2.5.2

hydrostatic retarder

削除

用語の使用頻度が少ないと判断し,
規定せず。

 5.6.1

pipe, tube

削除

 5.6.1.1

ri

pipe

削除

 5.6.1.2

semi-ri

pipe

削除

 5.6.1.3

flexible pipe

削除

JIS D 0107

にブレーキチューブとし

て規定。

 5.14

auxiliary device

consuming energy

削除

 10.9

cut-ou pressure

削除

3

用語及

び定義 
(続き)

10.10 cut-in

pressure

削除

用語の使用頻度が少ないと判断し,

規定せず。

35

D

 010

6


20
1

1


(I)JIS の規定

(III)国際規格の規定

(IV)JIS と国際規格との技術的差

異の箇条ごとの評価及びその内

箇条番号

及び題名

内容

(II)

国 際 規
格番号

箇条番号

内容

箇 条 ご と

の評価

技術的差異の内容

(V)JIS と国際規格との技術的差異

の理由及び今後の対策

Annex A

brake

amplificatio

factors

削除

Annex

A

は ,“ 用 語 ” で は な く ,

“Symbols”であり ISO 規格のあり
方が好ましくないため,JIS では削
除した。

Annex B

evaluation of mean

fully developed

deceleration

削除

Annex

B

は,評価の計算法であり,

“用語”ではない。単なる計算式で
あり,用語規格としては不要のため

JIS

では削除した。

JIS

と国際規格との対応の程度の全体評価:ISO 611:2003,MOD

注記 1  箇条ごとの評価欄の用語の意味は,次による。

    −  削除……………… 国際規格の規定項目又は規定内容を削除している。

    −  追加……………… 国際規格にない規定項目又は規定内容を追加している。 
    −  変更……………… 国際規格の規定内容を変更している。

注記 2  JIS と国際規格との対応の程度の全体評価欄の記号の意味は,次による。

    −  MOD……………  国際規格を修正している。

36

D

 010

6


20
1

1