>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

日本工業規格

JIS

 D

0104

-1986

自動車の主要装置用語

Glossary of Terms Relating to Main Systems of Automobiles

1.

適用範囲  この規格は,自動車の主要装置に関する用語について規定する。ただし,二輪自動車につ

いては,適用しない。

引用規格: 

JIS B 0108

  往復動内燃機関用語(一般)

JIS B 0110

  往復動内燃機関用語(附属装置)

JIS D 0106

  自動車ブレーキ用語(種類,力学及び現象)

JIS D 0108

  自動車排出物質の公害防止関連用語

2.

分類  用語は,次のとおり分類する。

(1)

基本装置

(1.1)

シャシ

(a)

原動機

(b)

動力伝達装置

(c)

ブレーキ系[装置]

(d)

走行装置

(e)

懸架装置

(f)

かじ取り装置

(g)

電気装置

(h)

フレーム

(i)

その他

(1.2)

ボデー

(a)

車体

(b)

ぎ(艤)装品

(2)

安全−公害関係装置

(2.1) 

安全装置

(2.2) 

公害防止装置

(3)

連結車用装置

(3.1) 

連結装置

(3.2) 

その他

3.

用語及び意味  用語及び意味は,次のとおりとする。

なお,対応英語,慣用語及び引用規格を参考として示す。

備考1.  番号欄に“参考”と記載した用語は,引用規格の用語及び意味をそのまま転記したものであ

る。

2.

一つの用語欄に二つの用語が併記してある場合は,先に記載してある用語を優先的に使用す

る。

3.

用語の一部に[  ]を付けてあるものは,普通[  ]内は省略する。

4.

慣用語は,今後使用しない。


2

D 0104-1986

(1)

基本装置

(1.1)

シャシ

参考

番号

用語

意味

対応英語

慣用語

引用規格

1100 

シャシ

フレームに,原動機,動力伝達装置,ブレーキ

装置,走行装置,懸架装置,かじ取り装置,電
気装置などを組み付けて自走できる状態の半
完成車。

chassis

備考  シャシとボデーとの一体構造の自動

車(フレームレス自動車)など自動

車によっては,シャシの形態をなさ
ないものもある。

(a)

原動機

参考

番号

用語

意味

対応英語

慣用語

引用規格

1110 

原動機 

自動車の駆動に使うことを主目的とした動力発

生装置。駆動以外に利用するための装置の動力源
としても使用する。

prime mover

参考 
(1.1-1)

エンジン, 
[内燃]機関 

燃焼室内で燃料を燃焼させ,その生成物を作動ガ
スとして熱エネルギーを機械的仕事に変換する
原動機。

engine,

internal-

combustion

engine

JIS B 0108

1111 

エンジン本体  エンジンの基盤となる部分。

シリンダ,シリンダヘッド,ピストン,連接棒,

クランク軸,弁機構などによって構成される。

engine

1112 

吸気装置 

新気をエンジン本体に供給する装置。

空気清浄器,吸気マニホルドを含む。

intake system,

inlet system

1113 

過給機 

吸入効率を高めるため,新気を周囲の大気圧力以
上の圧力に高める吸気装置。

supercharger

1114 

排気装置 

シリンダ内の燃焼ガスを外部に排出する装置。排
気マニホルドを含む。

exhaust

system

1115 

燃料装置 

燃料をエンジンに供給する装置及び貯蔵装置。気
化器,燃料噴射装置を含む。

fuel system

1116 

潤滑装置 

潤滑油をエンジン各部に供給する装置及び貯蔵
装置。

lubricating

system,

lubricating

device

1117 

冷却装置 

水又は空気によってエンジンを適度な温度に冷
却する装置。

cooling

system

参考 
(1.1-2)

始動装置 

エンジンを始動させる装置。 starting

system

JIS B 0110

1118 

点火装置 

エンジンの燃焼室内の混合気に点火する装置。

ignition

system

1119 

[電気自動車
用]電動機 

電気エネルギーを機械的仕事に変換する原動機。

例:直流電動機,誘導電動機など

traction motor


3

D 0104-1986

(b)

動力伝達装置

参考

番号

用語

意味

対応英語

慣用語

引用規格

1120 

動力伝達装置  原動機の動力を走行装置又は駆動以外に利用す

るための装置に伝達する装置の総称。

transmission

system,

drive line

伝導装置, 
駆動装置

1121 

クラッチ 

原動機の動力の伝達を断続させる装置。通常,原
動機と変速装置との間に設けられる。

clutch

1122 

変速装置 

原動機の動力を負荷に応じたトルク又は回転速
度に変換する装置。

備考  原動機との組合せによっては終減速装

置,差動装置を内臓するものもある。

transmission,

trans-axle

ミ ッ シ ョ

1123 

副変速機 

主となる変速装置に連結し,変速段数を増す補助

変速装置。

sub

transmission,

auxiliary

transmission

1124 

動力分配装置  主となる変速装置の動力を前後の車軸に分配す

る装置。副変速機や中央差動装置を含むものもあ

る。

transfer

1125 

推進軸,  
プロペラシャ
フト 

原動機の動力を終減速装置に伝達する回転軸。通
常,変速装置と終減速装置との間に設けられる。

回転軸の中間支持装置を含む。

propeller shaft

1126 

ドライブシャ
フト 

独立懸架との組合せで原動機の動力を左右の車

輪に伝達するための等速形継手をもった回転軸。

drive shaft

ハ ー フ シ

ャフト

1127 

終減速装置 

変速装置からの回転速度を減速して,原動機の動
力を車軸又はドライブシャフトに伝達する装置。

通常,差動装置を内蔵する。

final reduction

gear

減速機

1128 

差動装置 

円滑な転がり走行となるように左右の駆動車輪

又は前後の駆動車軸の回転数を配分する装置。

differential

gear

デフ,

デ フ ギ ヤ

差動機

1129 

動力取出し装
 

原動機の動力を自動車の駆動以外に利用するた

めに変速装置などからその動力を取り出す装置。

Power take off

(C)

ブレーキ系[装置]

参考

番号

用語

意味

対応英語

慣用語

引用規格

参考 
(1.1-3)

ブレーキ系 

自動車に装備するブレーキ装置及びリターダ

の総称。

braking

equipment,

brake system

ブレーキ

システ

JIS D 0106

参考 
(1.1-4)

ブレーキ装置  自動車を減速,停止又はある位置に保持するた

めに使用する一連の機構。

braking

device

ブレーキ

制動装

JIS D 0106

参考 
(1.1-5)

アンチロック
装置 

制動中の自動車の 1 個以上の車輪のスリップを
自動的に制御する装置。

anti-lock

device,

wheel slip

control

JIS D 0106

参考 
(1.1-6)

リターダ 

ブレーキ装置の補助として自動車の速度を減

少又は制限するために連続的に使用する装置。

例:排気リターダ,電磁式リターダなど。

retarder,

retarding

device

JIS D 0106


4

D 0104-1986

(d)

走行装置

参考

番号

用語

意味

対応英語

慣用語

引用規格

1140 

走行装置 

自動車の走行に必要な車軸,車輪の総称。

1141 

車軸 

車体及び車輪を支えるハウジング,棒体など。

終減速装置から車輪に動力を伝達する軸(ドラ
イブシャフトは除く。

)を含む。

axle

1142 

車輪 

車軸を通じて車体を支え,回転運動により自動
車を走行させるために必要な機能をもった輪
体。

1143 

[空気入り]
タイヤ 

リムに取り付け,リムと本体との間の中空部に
空気を充てん(塡)した車輪。

pneumatic

tire,   

tire,

tyre

(e)

懸架装置

参考

番号

用語

意味

対応英語

慣用語

引用規格

1150 

懸架装置 

車体又はフレームと走行装置との中間にあり,

路面からの衝撃を緩和する装置。

suspension

system

1151 

懸架ばね装置  車体を支え,路面からの振動を緩衝するばね及

びリンク機構。

1152 

減衰装置 

懸架ばね装置の振動を減衰する装置。

1153 

懸架補助装置  懸架ばね装置の機能を補助する装置。平衡懸

架,車高調整などに用いる。

(f)

かじ取り装置

参考

番号

用語

意味

対応英語

慣用語

引用規格

1160 

かじ取り装置  自動車の進行方向を左右任意に転換するため,

力や変位を走行装置に伝達する装置。

steering

system

1161 

かじ取り軸周
 

かじ取り操作による力や変位をかじ取り歯車
装置に伝達する装置。ステアリングロックなど
を含む。

steering

wheel and

steering

column

1162 

かじ取り歯車
装置 

かじ取り軸からの力や変位を揺動変位や直線

変位に変換してかじ取りリンク機構に伝達す
る装置。

steering gear

1163 

かじ取りリン
ク機構 

かじ取り歯車装置によって変換された揺動変

位や直線変位をかじ取り車輪に伝達する装置。

steering

linkage

1164 

かじ取り倍力
装置 

操だ力の一部を動力で補い,軽快にかじ取りで

きるようにする装置。


5

D 0104-1986

(g)

電気装置

参考

番号

用語

意味

対応英語

慣用語

引用規格

1170 

電気装置 

電気によって作動し又は電気を供給する装置
の総称。

electric

system

1171 

充電−発電装
 

原動機の動力で発電,蓄電又は給電する電気装
置。

charging and

generatin

g system

1172 

照明装置 

運転者の視界を確保する灯火及び車室内外の
一般照明のための装置。

lighting

system

1173 

信号装置 

自動車の存在及び挙動を光又は音響によって
車外者に知らせる装置。

signalling

device

1174 

計器 

運転者に装置の作動状態を表示,警告又は記録
する装置。

meter,

instrument

and gauge

1175 

窓ふき−曇り
止め装置 

窓ガラスの汚れ,曇りなどを除去して,運転者
の視界を確保する装置。

1176 

音響装置 

音響によって,乗員に情報及び娯楽を提供する
装置。

1177 

電子装置 

自動車の安全性,快適性,経済性などを高める

ため,マイクロコンピュータを用いるなど電子
技術を応用した装置。

electronic

system,

electronic

equipment

(h)

フレーム

参考

番号

用語

意味

対応英語

慣用語

引用規格

1180 

フレーム 

車体の下部にあり,主に車体を支持する枠組状
の構造体。

frame

車枠

(i)

その他

参考

番号

用語

意味

対応英語

慣用語

引用規格

1191 

パワープラン
ト支持装置 

原動機,動力伝達装置を支持する防振ゴム,ブ

ラケット,サブフレーム類。

power plant

mounting

エ ン ジ

ンマウ
ント

1195 

集中給油装置  懸架装置,かじ取り装置などにグリースを自動

的に給油する装置。通常,トラック,バスなど
に装備する。

centralized

lubricatio

n system

(1.2)

ボデー

参考

番号

用語

意味

対応英語

慣用語

引用規格

1200 

ボデー 

車体及びぎ(艤)装品によって構成される形態。 body

(a)

車体

参考

番号

用語

意味

対応英語

慣用語

引用規格

1210 

車体 

ボデーシェル,運転台,車体機能部品及び荷台の
総称。

body


6

D 0104-1986

参考

番号

用語

意味

対応英語

慣用語

引用規格

1211 

ボデーシェル  乗員室,荷物室,エンジン室などを構成する箱状

の構造体。ドア,フード,トランクリッドなどを

含む。

body shell

メ タ ル ボ

デー,

ホ ワ イ ト

ボデー

1212 

[トラックの]
メインボデー 

ボデーシェルから小ねじなどで取り付ける部品
を取り除いた構造体。

body

structure,

body

construction

1213 

[トラックの]
運転台 

乗員室,エンジン室などを構成し,ぎ(艤)装品

も取り付けた装置として完成状態の構造体。

cab

1214 

車体機能部品  ドア,窓の開閉などを目的とする機構構成部品。

窓ガラス,ウエザーストリップなどを含む。

mechanical

hardware of

body

1215 

荷台 

積荷を収容する構造体。

(b)

ぎ(艤)装品

参考

番号

用語

意味

対応英語

慣用語

引用規格

1220 

ぎ(艤)装品  居住性,装飾性を高め又は運行を補助する装

置,部品。空力付加装置を含む。

equipment

1221 

シート 

乗車する者が着座する装置。附属装置を含む。

seat

1222 

換気・空調装
 

車室内の換気,暖房,冷房などを行う装置。 ventilator

and

air

conditioner

1223 

附属ぎ(艤)
装品 

シート,換気・空調装置以外のぎ(艤)装品。

auxiliary

equipment

(2)

安全−公害関係装置

(2.1)

安全装置

参考

番号

用語

意味

対応英語

慣用語

引用規格

2100 

安全装置 

自動車の走行及び停止時における乗員及び歩

行者などの安全を確保するために,自動車に備
えられる装置の総称。消火器を含む。

safety

device

2101 

事故防止装置  正常な走行又は駐停車している自動車の事故

を未然に防ぐ安全装置。

例:二重安全ブレーキ装置

accident

avoidance,

active safety

device

2102 

乗員保護装置  自動車の事故発生時にその乗員の傷害を防止

する安全装置。

occupant

crash

protection,

passive

safety

device

2103 

乗員拘束装置  自動車の衝突時,乗員を拘束することにより傷

害を防止又は軽減する乗員保護装置。

例:シートベルト

occupant

restraint

system

2104 

歩行者保護装
 

自動車の使用時に,その周辺の歩行者などに傷

害を与えることを防止する安全装置。

例:サイドガード

pedestrian

protection


7

D 0104-1986

(2.2)

公害防止装置

参考

番号

用語

意味

対応英語

慣用語

引用規格

2200 

公害防止装置  自動車から発生する有害物質,騒音,臭気などに

よる公害を防止する装置の総称。

public

nuisance

control

system

参考 
(2.2-1)

排出物質浄化
装置 

排出物質中の有害成分を低減する装置。

例:排気浄化装置,燃料蒸発ガス排出抑止装

置,ブローバイガス還元装置など

emission

contro1

system

JIS D 0108

2201 

騒音防止装置  自動車から発生する騒音を低減する装置。 noise

control

system

2202 

電波障害防止
装置 

自動車から放射する電波雑音を低減する装置。

electro

magnetic

radiation

suppressor,

radio

frequency

noise

suppressor,

radio

interference

noise

suppressor

(3)

連結車用装置

(3.1)

連結装置

参考

番号

用語

意味

対応英語

慣用語

引用規格

3100 

連結装置 

トラクタなどとトレーラとを連結する装置。 coupling

device

3101 

[第五輪]カ
プラ 

セミトレーラにけん引力,制動力を伝達するた

めトラクタに装着される連結装置。通常,ジョ
ー機構を介してセミトレーラのキングピンと
結合する。

fifth whee1

coupler

3102 

ピントルフッ
 

フルトレーラにけん引力,制動力を伝達するた
めトラクタに装着される連結装置。通常,フル

トレーラのルネットアイと結合する。また,一
般に緩衝装置を内蔵する。

pintle hook

(3.2)

その他

参考

番号

用語

意味

対応英語

慣用語

引用規格

3201 

ランディング
ギヤー 

セミトレーラを単体で放置する場合に使用す
るため,セミトレーラに備える補助脚。

landing gear


8

D 0104-1986

自動車  航空部会  自動車専門委員会  構成表

氏名

所属

(委員会長)

中  込  常  雄

社団法人自動車技術会

横  溝  眞一郎

工業技術院標準部

柴  藤  良  知

運輸省交通安全公害研究所

黒  田  直  樹

通商産業省機械情報産業局

清  水  達  夫

運輸省地域交通陸上技術安全部

瀬  倉  久  男

防衛庁装備局

梅  澤  清  彦

東京工業大学

石  渡  正  治

財団法人日本自動車研究所

大  沼  広  洲

全日本トラック協会

佐  藤      武

慶応義塾大学

杉  浦  秀  昭

日本自動車整備振興会連合会

田  中  兼  吉

社団法人日本バス協会

轟          秀

社団法人日本自動車連盟

安  部      宏

株式会社本田技術研究所

改  田      護

トヨタ自動車株式会社

紅  谷  恒  雄

日産自動車株式会社

須  永  惇  一

いすゞ自動車株式会社

鈴  本  作  良

社団法人日本自動車部品工業会

高  原  昭  二

三菱自動車工業株式会社

西  原  孝  雄

マツダ株式会社

大  槻  耕  一

日野自動車工業株式会社

金  子  達  明

日本自動車輸入組合

(専門委員)

斎  藤      巌

財団法人日本規格協会

佐  藤      好

日本道路公団

有  賀      久

日産ディーゼル株式会社

宇  藤      官

鈴木自動車工業株式会社

(事務局)

田  代  和  也

工業技術院標準部機械規格課

宗  像  保  男

工業技術院標準部機械規格課