>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

1

D 0050 : 1998 (ISO 2416 : 1992)

  解説

解説表 1  JIS と対応する国際規格との比較及び改正点 

旧規格の内容

国際規格の内容

相違点

改正規格の内容

改正理由

(1)

適用範囲

(本体の 1.

乗用車(貨客兼用

のバンを含む)

Passenger cars

JIS

は貨客兼用の

バ ン を 追 記 し て
いる。

乗用車

自動車の種 類に関 する用

語規定 JIS D 0101 では,貨
客兼用のバ ンは乗 用車の
分類(ステーションワゴン

又はトラッ クステ ーショ
ンワゴン)のため,乗用車
という表現だけにした。

(2)

定義

(本体の 3.

自動車総質量 nominal

design pay

mass

表現上の誤り

公 称 設 計 負 荷 質

解説 2.の b)に示す。

貨物質量

nominal mass of

transportable goods

表 現 が 若 干 異 な

可 搬 貨 物 の 公 称
質量

解説 2.の b)に示す。

(3)

質量分布

(本体の 4.

荷 物 室 容 積 が 可
変 の 場 合 の 可 搬
貨 物 質 量 の 負 荷

位 置 は 最 大 有 効
荷 物 室 長 さ の 中

製 造 業 者 の 指 定
位置

負 荷 位 置 が 異 な

製 造 業 者 の 指 定
位置

実質的には 同じと 判断さ
れるため,ISO に合わせる
ことにした。


 

D

 0050 :

 19
98 (ISO

 2

416 :

 199

2)

 解


解説表 2  JIS と対応する国際規格との対比表 

JIS D 0050 : 1998

  乗用車−質量分布

ISO 2416 : 1992

  Passenger cars−Mass distribution

対比項目

規定内容

(I)  JIS

の規定内容 (II)

国 際 規 格 番

(III)

国際規格の規定内容 (IV)

JIS

と国際規格との相違点 (V)

JIS

と国際規格との整合

が困難な理由及び今後の

対策

(1)

適用範囲

○  乗用車

○ passenger cars

(2)

定義・記号

○  公称設計負荷質量

○ nominal design pay mass

○  可搬貨物の公称質量

○ nominal mass of transpor-table

goods

(3)

質量分布

○  荷物室容積可変時の可搬貨

物質量の負荷位置:製造業者

の指定位置

○ 荷物室容積可変時の可搬貨物質

量の負荷位置:製造業者の指定位

備考1.  表中の(I)及び(III)欄にある“○”は,該当する項目を規定していることを示す。

2.

表中の(IV)欄にある“≡”は,国際規格との技術的内容は,一致していることを示す。