>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

 

1

C

 9808 :

 19
99
 解

JIS

と対応する国際規格との対比表 

JIS C 9808 : 1999

  家庭用電子レンジの性能測定方

IEC 60705 : 1988

  電子レンジの性能測定方法

対比項目

規定項目

(I)  JIS

の規定内容 (II)

国 際 規 格 番

(III)

国際規格の規定内容 (IV)

JIS

と国際規格との相違点 (V)

JIS

と国際規格との一致

が困難な理由及び今後の
対策

1.

適用範囲

○ 2450MHz の高周波を用いた

家庭用電子レンジに適用。
備考として,3 項目規定

IEC 60705 

○ JIS と同等

= 騒音に関する文書は含めな

い。

IEC/TC59

の事務局処理が

未定のため。

2.

引用規格

○  規格として,2 規格を引用

IEC 60705 

○ JIS と一致

3.

定義

○  複合式電子レンジ,高周波に

対する透過性,定格高周波周
波数,定格電圧,短時間高出
力機能について規定

IEC 60705 

○ JIS と同等

= “短時間高出力機能”を追

加。

日本市場に普及しており,定

義付けを必要とする。また,
今後日本としては“短時間高
出力機能”の消費者への表示

方法を検討し,

IEC

に提案す

る。

種類

4.

分類

仕様 
総庫内容量

ターンテーブルの有無

IEC 60705 

○ JIS と同等

≠ 仕様

“有効庫内容量”を“総庫内

容量”に変更。

実際の世界市場において使
用されている“総庫内容量”

を用いた。

“有効庫内容量”

は,ほとんど使用されていな
い。

これは,IEC へ提案してお
り,実務的な分類方法であ
る。

外形寸法

総庫内容量

≠ “有効庫内容量”を“総庫内

容量”に変更。

4.

分類に示した理由による。

5.

測定項目

高周波出力,他 12 項目規定

IEC 60705 

○ JIS と同等

= “丸タンク”を追加。

日本からの提案であり,ター
ンテーブル付きの電子レン

ジの均一性のための試験と
して必要である。


 

2

C

 9808 :

 19
99
 解


JIS

と対応する国際規格との対比表(続き) 

対比項目

規定項目

(I)  JIS

の規定内容 (II)

国 際 規 格 番

(III)

国際規格の規定内容 (IV)

JIS

と国際規格との相違点 (V)

JIS

と国際規格との一致

が困難な理由及び今後の
対策

6.

測 定 に 関 す
る 共 通 の 条

○  供給電源,他 4 項目規定

IEC 60705 

○ JIS と同等

= 供給電源を,性能試験結果報

告書に記載することを明記
した。

日本では,性能結果が要求さ
れるため,報告書に記載する
ことにした。

外形寸法

≡ 表現方法を変えている。

表現方法を家庭用品品質表
示法に合わせた。

7.

寸法と体積

総庫内容量

IEC 60705 

○ “有効庫内容量”,“庫内の有効

寸法”以外 JIS と同等である。

≠ “有効庫内容量”を“総庫内

容量”に変更。“庫内の有効
寸法”の規定を削除。

家庭用品品質表示法施行規
則の庫内寸法と異なり,混乱
を避けるため,規定を削除し

た。施行規則の変更時に再度
検討する。

8.

高 周 波 出 力
の測定

○  測定方法を規定

IEC 60705 

○ JIS と一致

9.

効率

○  電子レンジ効率の算定につ

いて規定

IEC 60705 

○ JIS と一致

10.

性能試験

○  正方形タンク試験,丸タンク

試験,複数個のカップによる
試験

IEC 60705 

○ “丸タンク試験”はない。

= “丸タンク試験”を追加。

日本からの提案であり,ター

ンテーブル付きの電子レン
ジの均一性のための試験と
して必要である。

11.

温 度 上 昇 性

○  疑似食品加熱の規定

IEC 60705 

○ 飲み物の加熱,疑似食品加熱の規

定。

12.

調理性能

○  カスタードプリンほか 6 項目

について具体的試験方法を
規定。

IEC 60705 

○ JIS と一致

13.

解凍性能

○  概要,評価,肉の解凍試験に

ついて規定。

IEC 60705 

○ JIS と一致

附属書 A(参考)  ○  生地試験について規定。

IEC 60705 

○ JIS と一致

附属書 B(参考)  ○  限定使用の解凍試験につい

て規定。

IEC 60705 

○ JIS と一致


 

3

C

 9808 :

 19
99
 解

備考1.  対比項目(I)及び(III)の小欄で,“○”は該当する項目を規定している場合を示す。

2.

対比項目(IV)の小欄の記号の意味は,次による。

“≡”

JIS と国際規格との技術的内容は同等である。

“=”

JIS と国際規格との技術的内容は同等である。ただし,軽微な技術上の差異がある。

“≠”

JIS は,国際規格と技術的内容が同等でない。ただし“ADP”に該当する場合を除く。