>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

 

1

C

 9803 :

 19
99
 解

JIS

と対応する国際規格との対比表 

JIS C 9803 : 1999

  家庭用直接暖房器(蓄熱以外)

の性能測定方法

IEC 60675

  直熱式ルームヒータの性能測定方法

対比項目

規定項目

(I)  JIS

の規定内容 (II)

国 際 規 格 番

(III)

国際規格の規定内容 (IV)

相違点 (V)

JIS

と国際規格との一致

が困難な理由及び今後の
対策

1.

適用範囲

○  可搬形,据置形,固定形,組

込形の直接暖房器

IEC 60675 

○ JIS と一致

2.

引用規格

○  1 規格(IEC 規格)を引用。

IEC 60675 

○ JIS と一致

3.

定義

○  直接暖房器,パネルヒータ,

自然対流ヒータ,温風機など

を規定。

IEC 60675 

○ JIS と一致

4.

種類

○  タイプによる分類,温度調節

方式による分類を規定。

IEC 60675 

○ JIS と一致

5.

測 定 項 目 リ
スト

○  7.から 15.の測定項目を記載。IEC 60675 

○ JIS と一致

6.

測 定 の 標 準
条件

○  7.から 15.の標準測定条件を

記載。

IEC 60675 

○ JIS と一致

7.

外形寸法,質
量 及 び 電 源
の接続方法

○  外形寸法の測定方法を規定。 IEC 60675 

○ JIS と一致

8.

温 風 温 度 上
昇 及 び 外 郭
温度

○  自然対流ヒータと温風機の

排気口の温度などの測定方
法を規定。

IEC 60675 

○ JIS と一致

9.

暖 房 器 の 周
囲温度上昇

○  暖房器の周囲温度上昇の測

定方法を規定。

なお,JIS では,熱電対を利
用した測定方法を

図 で示

し,測定方法を明確化した。

IEC 60675 

○ JIS と同等

= JIS は,熱電対を利用した測

定方法を図で示した。

IEC

で一般的に行われてい

る,測定用の木板への熱電対

の取付け方を JIS で図示す
るため,

図 として追加し

た。

10.

暖 房 器 の 温
度上昇時間

○  暖房器の温度上昇時間の測

定方法を規定。

IEC 60675 

○ JIS と一致

11.

室 温 の 安 定

○  周囲温度サーモスタットを

内蔵した暖房器の室温の安
定性の測定方法を規定。

IEC 60675 

○ JIS と一致


 

2

C

 9803 :

 19
99
 解


JIS

と対応する国際規格との対比表(続き) 

対比項目

規定項目

(I)  JIS

の規定内容 (II)

国 際 規 格 番

(III)

国際規格の規定内容 (IV)

JIS

と国際規格との相違点 (V)

JIS

と国際規格との一致

が困難な理由及び今後の
対策

12.

セ ッ ト バ ッ

○  セットバックを内蔵した暖

房器の測定方法を規定。

IEC 60675 

○ JIS と一致

13.

氷 結 防 止 温

○  氷結防止装置を内蔵した暖

房器の測定方法を規定。

IEC 60675 

○ JIS と一致

14.

突入電流

○  突入電流の測定方法を規定。 IEC 60675 

○ JIS と一致

15.

放射熱効果

○  パネルヒータ,放射ヒータの

放射熱による温度上昇を規

定。

IEC 60675 

○ JIS と一致

附属書 A(規定) 
環境試験室

○  環境試験室を規定。

IEC 60675 

○ JIS と一致

附属書 B(参考) 
販売時の情報提

○  定格入力,コードの長さなど

について記載。

IEC 60675 

○ JIS と一致

附属書 C(参考) 
試験結果報告書

の様式

○  試験結果報告書の様式を記

載。

IEC 60675 

○ JIS と一致

附属書 D(参考)

参考規格

○  3 規格(IEC 規格)を記載。 IEC 60675 

○ JIS と一致

備考1.  対比項目(I)及び(III)の小欄で,“○”は該当する項目を規定している場合を示す。

2.

対比項目(IV)の小欄の記号の意味は,次による。

“≡”

JIS と国際規格との技術的内容は同等である。

“=”

JIS と国際規格との技術的内容は同等である。ただし,軽微な技術上の差異がある。