>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

 

1

C

 9802 :

 19
99
 解

JIS

と対応する国際規格との対比表 

JIS C 9802 : 1999

  家庭用電気掃除機の性能測定方

IEC 60312 : 1998

  電気掃除機の性能測定方法

対比項目

規定項目

(I)  JIS

の規定内容 (II)

国 際 規 格 番

(III)

国際規格の規定内容 (IV)

JIS

と国際規格との相違点 (V)

JIS

と国際規格との一致

が困難な理由及び今後の
対策

1.1

適用範囲

○  家庭用可搬形掃除機に適用

IEC 60312 

1.2

引用規格

IEC 60312 

1.3

定義

IEC 60312 

1.4

測 定 の 一 般

条件

IEC 60312 

○ 23±2℃,

(50

±5) %

= 20±5℃,

(60

±20) %

気候の違いによる差異があ
り,23±2℃, (50±5) %に

調整するには相当な設備を
要する。IEC へ提案する。

2.

乾 い た 床 面

における試験

IEC 60312 

2.1

硬 い 床 か ら

のじんあい除去

IEC 60312 

2.2

溝 が あ る 硬

い床からのじん
あい除去

IEC 60312 

2.3

じ ゅ う た ん

からのじんあい
除去

IEC 60312 

2.4

壁 沿 い の じ

んあい除去

IEC 60312 

2.5

カ ー ペ ッ ト

からの繊維除去

IEC 60312 

2.6

カ ー ペ ッ ト

からの糸くず除

IEC 60312 

2.7

集 じ ん 容 器

の最大有効容積

IEC 60312 

2.8

空気データ

IEC 60312 


 

2

C

 9802 :

 19
99
 解


JIS

と対応する国際規格との対比表(続き) 

対比項目

規定項目

(I)  JIS

の規定内容 (II)

国 際 規 格 番

(III)

国際規格の規定内容 (IV)

JIS

と国際規格との相違点 (V)

JIS

と国際規格との一致

が困難な理由及び今後の
対策

2.9

部 分 的 に 詰

まった集じん容
器による最大風

量の減少

IEC 60312 

2.10

電 気 掃 除 機

のじんあい放出

IEC 60312 

3.

水 ぬ れ 掃 除

試験

IEC 60312 

4.

種々の試験

IEC 60312 

4.1

操作抵抗

IEC 60312 

4.2

家 具 の 下 の

クリーニング

IEC 60312 

4.3

操作半径

IEC 60312 

4.4

耐衝撃性

IEC 60312 

4.5

ホ ー ス 及 び

接続チューブ(パ
イプ)の変形

IEC 60312 

4.6

衝突試験

IEC 60312 

4.7

ホ ー ス の 可

とう性

IEC 60312 

4.8

ホ ー ス の 繰

返し屈曲

IEC 60312 

4.9

部 分 的 に 詰

まった集じん容

器による運転

IEC 60312 

4.10

質量

IEC 60312 

4.11

単 位 ( 比 ) ク

リーニング時間

IEC 60312 

4.12

寸法

IEC 60312 


 

3

C

 9802 :

 19
99
 解

JIS

と対応する国際規格との対比表(続き) 

対比項目

規定項目

(I)  JIS

の規定内容 (II)

国 際 規 格 番

(III)

国際規格の規定内容 (IV)

JIS

と国際規格との相違点 (V)

JIS

と国際規格との一致

が困難な理由及び今後の
対策

4.13

騒音レベル

○  JIS C 9108 の内容を追加

(騒音レベル)

IEC 60312 

IEC 60704

シリーズの JIS 

の動向に合わせる。

5.

試 験 材 料 及

び装置

IEC 60312 

備考1.  対比項目(I)及び(III)の小欄で,“○”は該当する項目を規定している場合を示す。

2.

対比項目(IV)の小欄の記号の意味は,次による。

“≡”

JIS と国際規格との技術的内容は同等である。

“=”

JIS と国際規格との技術的内容は同等である。ただし,軽微な技術上の差異がある。