>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

C 9502

:2014

(1)

目  次

ページ

序文  

1

1

  適用範囲  

1

2

  引用規格  

1

3

  用語及び定義  

2

4

  種類 

3

5

  部品名称及び構成  

4

6

  灯火装置の光度及び光線の色  

4

6.1

  前照灯の光度及び光線の色  

4

6.2

  尾灯の光度及び光線の色  

8

7

  ダイナモ  

10

7.1

  定格  

10

7.2

  出力特性  

10

7.3

  ダイナモ出力の保持  

11

8

  電池 

11

8.1

  一次電池  

11

8.2

  二次電池  

11

9

  スイッチ性能(電池を使用した前照灯で適用可能な場合)  

11

9.1

  要求事項 1  

11

9.2

  要求事項 2  

11

10

  環境性能  

12

10.1

  灯火装置の耐振動性  

12

10.2

  前照灯の耐衝撃性  

12

10.3

  灯火装置の温度性能  

12

10.4

  灯火装置の耐湿性  

12

10.5

  灯火装置の耐食性  

12

10.6

  前照灯及び尾灯の耐燃油性  

12

10.7

  灯火装置の温度サイクル性能  

12

10.8

  前照灯の高速運転性能  

12

11

  めっき又は塗装  

12

11.1

  一般  

12

11.2

  塗装  

12

11.3

  めっき  

13

12

  構造  

13

13

  外観  

14

14

  試験方法  

14


C 9502

:2014  目次

(2)

ページ

14.1

  前照灯の光度試験  

14

14.2

  尾灯の光度試験  

15

14.3

  ダイナモの運転特性試験  

15

14.4

  一次電池を使用した前照灯及び尾灯の光度の維持試験  

15

14.5

  二次電池を使用した前照灯及び尾灯の光度の維持試験  

15

14.6

  耐環境試験  

16

14.7

  構造及び外観試験  

19

15

  製品の呼び方  

19

16

  表示  

20

16.1

  製品の表示  

20

16.2

  包装への表示  

21

17

  取扱説明書  

21

附属書 JA(参考)JIS と対応国際規格との対比表  

28


C 9502

:2014

(3)

まえがき

この規格は,工業標準化法第 14 条によって準用する第 12 条第 1 項の規定に基づき,一般財団法人自転

車産業振興協会(JBPI)及び一般財団法人日本規格協会(JSA)から,工業標準原案を具して日本工業規

格を改正すべきとの申出があり,日本工業標準調査会の審議を経て,経済産業大臣が改正した日本工業規

格である。これによって,JIS C 9502:2008 は改正され,この規格に置き換えられた。

この規格は,著作権法で保護対象となっている著作物である。

この規格の一部が,特許権,出願公開後の特許出願又は実用新案権に抵触する可能性があることに注意

を喚起する。経済産業大臣及び日本工業標準調査会は,このような特許権,出願公開後の特許出願及び実

用新案権に関わる確認について,責任はもたない。


日本工業規格

JIS

 C

9502

:2014

自転車用灯火装置

Lighting equipment for bicycles

序文 

この規格は,1987 年に第 2 版として発行された ISO 6742-1 を基に,対応する部分[配光特性(試験方

法 1)

,ダイナモ出力の保持,環境性能]については対応国際規格を翻訳し,技術的内容を変更することな

く作成した日本工業規格であるが,対応国際規格には規定されていない規定項目[配光特性(試験方法 2)

運転特性試験,耐衝撃性,温度サイクル性,めっき又は塗装,構造及び外観]を日本工業規格として追加

している。

なお,この規格で側線又は点線の下線を施してある箇所は,対応国際規格を変更している事項である。

変更の一覧表にその説明を付けて,

附属書 JA に示す。

適用範囲 

この規格は,JIS D 9111 に規定する自転車に取り付けて使用する自転車用灯火装置(以下,灯火装置と

いう。

)について規定する。

なお,この規格は,電動アシスト自転車のうち,駆動補助装置の駆動に使用する電池を前照灯及び尾灯

の電源として併用するものには適用しない。ただし,前照灯及び尾灯だけで試験可能な項目だけを適用し

てもよい。

注記  この規格の対応国際規格及びその対応の程度を表す記号を,次に示す。

ISO 6742-1:1987

, Cycles − Lighting and retro-reflective devices − Photometric and physical

requirements

−Part 1: Lighting equipment(MOD)

なお,対応の程度を表す記号“MOD”は,ISO/IEC Guide 21-1 に基づき,

“修正している”

ことを示す。

引用規格 

次に掲げる規格は,この規格に引用されることによって,この規格の規定の一部を構成する。これらの

引用規格は,その最新版(追補を含む。

)を適用する。

JIS C 1102-2

  直動式指示電気計器    第 2 部:電流計及び電圧計に対する要求事項

JIS C 1609-1

  照度計    第 1 部:一般計量器

JIS C 7510

  自転車発電ランプ用電球

JIS C 8513

  リチウム一次電池の安全性

JIS C 8515

  一次電池個別製品仕様

JIS C 8708

  密閉形ニッケル・水素蓄電池


2

C 9502

:2014

JIS C 8711

  ポータブル機器用リチウム二次電池

JIS C 60068-2-6

  環境試験方法−電気・電子−第 2-6 部:正弦波振動試験方法(試験記号:Fc)

JIS D 9101

  自転車用語

JIS D 9111

  自転車−分類及び諸元

JIS D 9419

  自転車−ハブ

JIS H 8502

  めっきの耐食性試験方法

JIS H 8610

  電気亜鉛めっき

JIS H 8617

  ニッケルめっき及びニッケル−クロムめっき

JIS K 5600-5-4

  塗料一般試験方法−第 5 部:塗膜の機械的性質−第 4 節:引っかき硬度(鉛筆法)

JIS Z 8701

  色の表示方法−XYZ 表色系及び X

10

Y

10

Z

10

表色系

JIS Z 8724

  色の測定方法−光源色

用語及び定義 

この規格で用いる主な用語及び定義は,JIS D 9101 によるほか,次による。

3.1 

自転車用灯火装置(lighting equipment for bicycles)

自転車に取り付けて使用する前照灯,尾灯の総称。

3.2 

前照灯(head lamp)

夜間又は視界が悪いとき,道路上でその自転車の存在を示し,同時に前方の道路上の障害物を確認する

ことができる白色光又は淡黄色光の光線を放つ灯火装置。

3.3 

尾灯(rear lamp)

夜間又は視界が悪いとき,後方からその自転車の存在を示す役割を果たす灯火装置。

3.4 

電球(filament lamp)

電流を流すことによってフィラメントが高温となり,白熱光を発する光源。

3.5 

LED

(light emitting diode)

電流を流すと発光する半導体素子の一種。発光ダイオードともいう。

3.6 

自転車用標準光源(standard light source)

製造業者が灯火装置に取り付けて使用するよう明示した電球,LED などの光源の総称。

3.7 

発電ランプ(dynamo lamp)

ダイナモによって発電される電流を電源として用いるランプ。

3.8 

ダイナモ(dynamo)

自転車の回転部(タイヤ,リムなど)から回転を得て,前照灯などを点灯させるための発電装置。ハブ

ダイナモを含む。


3

C 9502

:2014

3.9 

ハブダイナモ(hub dynamo)

3.8

のうち,自転車のハブに内蔵された発電装置。

3.10 

基準軸(axis of reference)

灯火の通常使用状態及び試験測定状態における方向の基準。

製造業者が定めた特性上の水平軸とする

1

参照)

3.11 

基準中心(center of reference)

灯火の光放射面と基準軸との交点(

図 参照)。

3.12 

光線の中心(beam center)

テストスクリーン上で見た場合の明るさのパターンの中心部領域。

3.13 

定格電圧(rated voltage)

電球に表示された電圧。LED では,製造業者が定めた供給側の電圧。

図 1−基準軸及び基準中心 

種類 

灯火装置の種類は,その電源及び構成によって区分し,

表 による。

表 1−灯火装置の種類 

種類

電源

構成

タイプ I

ダイナモ式

ダイナモ,前照灯及び尾灯で構成するタイプ。

タイプ II

ハブダイナモ以外のダイナモ及び前照灯で構成するタイプ。

タイプ III

ハブダイナモ及び前照灯で構成するタイプ。

タイプ IV  電池式

電池(一次電池又は二次電池)を使用した前照灯及び/又は尾灯

で構成するタイプ。


4

C 9502

:2014

部品名称及び構成 

灯火装置の主な部品名称及び構成の例を,

図 11∼図 15 に示す。ただし,発電ランプの構成から尾灯,

コード,どろよけ用カバー及び支持金具は,省略することができる。

灯火装置の光度及び光線の色 

6.1 

前照灯の光度及び光線の色 

6.1.1 

前照灯の光度 

6.1.1.1 

配光特性 

前照灯の光度は,次に示す a)又は b)に適合しなければならない。

なお,LED を光源とする前照灯で光源の発光波形が周期的に変化するものは,自転車の速度 15 km/h の

ときにその周波数は 35 Hz 以上でなければならない。

a)

試験方法 による場合  前照灯の光度は,14.1.1 a)によって測定したとき,図 に示すスクリーン面

の照度の測定点 A,測定点 B 及び領域 C における光線の光度値 A∼光度値 は,次による。

なお,光度値の切替えがあるものは,光度値の大きい方(hi)と小さい方(low)とでそれぞれの値

を満足しなければならない。

1)

測定点 A の光度値は,400 cd 以上であり,かつ,前照灯の最大光度値 I

max

の 80 %以上でなければな

らない。

max

0.8

cd

400

I

A

A

かつ

2)

  V

面上の測定点 B と 3.5°D 面上の測定点 B のそれぞれの点を直線で結んだ領域内のどの位置にお

いても,光度値は 0.5 I

max

以上でなければならない。

max

0.5I

B

3)

 15

°U と 15°D 及び 80°L と 80°R の間の範囲内のどの位置においても,光度値は,0.05 cd 以上

でなければならない。

4)

  H

面から上方のどの位置においても,光度値は 120 cd を超えてはならない。

cd

120

C


5

C 9502

:2014

H

:基準軸を含む水平面を示す。

V

:基準軸を含む垂直面を示す。

U

及び D:それぞれ水平面から上方及び下方への角度を示す。

L

及び R:それぞれ垂直面から左方及び右方への角度を示す。

図 2−試験方法 の照度の測定点 

b)

試験方法 による場合  前照灯の光度は,14.1.1 b)によって測定したとき,図 に示すスクリーン面

の照度の測定点 A∼測定点 E における光線の光度値 A∼光度値 は,次による。

なお,2 灯式で,1 灯ごとに単独でも点灯するものについては,1 灯ごとにそれぞれの値を満足しな

ければならない。また,光度値の切替えがあるものは,光度値の小さい方(low)とする。

1)

測定点 A の光度値は,400 cd 以上であり,かつ,前照灯の最大光度値 I

max

の 80 %以上でなければな

らない。

max

0.8

cd

400

I

A

A

かつ

2)

測定点 B∼測定点 E の平均光度値は,100 cd 以上であり,かつ,各測定点の光度値は,50 cd 以上で

なければならない。

(

)

cd

100

4

1

E

D

C

B

cd

50

,

,

,

E

D

C

B


6

C 9502

:2014

単位  cm

図 3

試験方法 の照度の測定点 

6.1.1.2 

光度区分及び照射範囲区分 

a)

光度区分

  前照灯の光度は,

6.1.1.1

の規定による配光特性をグレード 1(標準)とし,更に

表 2

の規

定に適合するものを各グレードに区分する。

表 2

光度による区分 

光度区分

配光特性

試験方法 1

試験方法 2

測定点

光度

測定点

光度

グレード 1

(標準)

A

点 400

cd

以上

A

点 400

cd

以上

B

点∼E 点の各点 50

cd

以上

B

点∼E 点の平均 100

cd

以上

グレード 2 A 点

標準の 2 倍

A

標準の 2 倍

B

点∼E 点の平均

グレード 3 A 点

標準の 3 倍

A

標準の 3 倍

B

点∼E 点の平均

グレード 4 A 点

標準の 4 倍

A

標準の 4 倍

B

点∼E 点の平均

グレード 5 A 点

標準の 5 倍

A

標準の 5 倍

B

点∼E 点の平均

試験方法 1 では,光度区分のグレードによらず,B 点の光度が 0.5 I

max

以上,領域 C の光度が 120 cd 以下。

b)

照射範囲区分

  前照灯の照射範囲は,

6.1.1.1

及び

6.1.1.2 a)

の規定による配光特性を標準とし,更に

3

の規定に適合するものを広角と称して区分する。

表 3

照射範囲による区分

照射範

囲区分

配光特性

試験方法 1

試験方法 2

測定点及び範囲

光度

測定点

光度

広角

V

面上の B 点と 3.5゜D 面

上の B′点とを直線で結
んだ領域内(

図 参照)

I

≧100 cd×グレードの等

級(

表 の光度区分に対

応するグレード)

C

′点及び E′

点(

図 参照)

I

≧100 cd×グレードの等

級(

表 の光度区分に対応

するグレード)


7

C 9502

:2014

H

:基準軸を含む水平面を示す。

V

:基準軸を含む垂直面を示す。

U

及び D:それぞれ水平面から上方及び下方への角度を示す。

L

及び R:それぞれ垂直面から左方及び右方への角度を示す。

図 4

試験方法 の照度の測定点(広角形)

単位  cm

図 5

試験方法 の照度の測定点(広角形) 

6.1.2 

前照灯から放射される光線の色 

前照灯から放射される光線の色は,白色光又は淡黄色光であって,次に規定する色度座標による。

a)

白色光

  光線の色は,

14.1.2

の試験を行ったとき,

JIS Z 8701

に規定する色度座標において,

表 4

座標に囲まれ,

図 6

に示す色度範囲になければならない。

なお,LED を光源とする前照灯では,

表 5

の座標に囲まれ,

図 6

に示す色度範囲でなければならな

い。

表 4

白色光を限定する色度座標

0.285 0.453 0.500 0.500 0.440 0.285

0.332 0.440 0.440 0.382 0.382 0.264


8

C 9502

:2014

表 5

LED

を光源とする前照灯の白色光を限定する色度座標

0.260

0.440

0.500

0.500

0.440

0.260

0.334

0.450

0.450

0.382

0.382

0.245

b)

淡黄色光

  光線の色は,

14.1.2

の試験を行ったとき,

JIS Z 8701

に規定する色度座標において,

表 6

の座標に囲まれ,

図 6

に示す色度範囲になければならない。

表 6

淡黄色光を限定する色度座標 

0.466 0.477 0.541 0.524

0.500 0.515 0.451 0.442

図 6

各色の色度座標の範囲 

6.2 

尾灯の光度及び光線の色 

6.2.1 

尾灯の光度 

尾灯の光度は,

14.2.1

で試験を行ったとき,次に規定する各項に適合しなければならない。

なお,LED を光源とする尾灯で光源の発光波形が周期的に変化するものは,自転車の速度 15 km/h のと

きにその周波数は 35 Hz 以上でなければならない。

a)

基準軸方向の最低光度

図 7

に示すスクリーン面の測定点 HV[基準軸を含む垂直面(V 面)と基準

軸を含む水平面(H 面)との交点]と尾灯の基準軸とを直角に一致させ,測定したとき,スクリーン

の測定点 HV の光度値は,0.75 cd 以上であり,かつ,測定点 B の光度値は,0.10 cd 以上,測定点 C

の光度値は,0.02 cd 以上でなければならない。


9

C 9502

:2014

H

:基準軸を含む水平面を示す。

V

:基準軸を含む垂直面を示す。

HV

:スクリーン上の H 面と V 面との交点を示す。

U

及び D:それぞれ水平面から上方及び下方への角度を示す。

L

及び R:それぞれ垂直面から左方及び右方への角度を示す。

図 7

尾灯の照度の測定点

b)

上方向の最低光度

  尾灯は,基準軸と上方向に垂直な軸を中心軸とする半角が 45°の円すい形の内部

では,0.02 cd 以上の光度の赤色光を放射しなければならない(

図 8

参照)

図 8

尾灯から垂直円すい形に放射される光線 

6.2.2 

尾灯から放射される光線の色 

尾灯から放射される光線の色は赤色光であって,

14.2.2

の試験を行ったとき,

JIS Z 8701

に規定する色

度座標において,

表 7

の座標に囲まれ,

図 6

に示す色度範囲になければならない。

表 7

赤色光を限定する色度座標 

0.645 0.665 0.735 0.721

0.335 0.335 0.265 0.259


10

C 9502

:2014

ダイナモ 

7.1 

定格 

発電ランプの定格電圧及び定格出力は,自転車の速度が 15 km/h のときのダイナモの電圧及び出力で表

す。

なお,ハブダイナモの定格電圧及び定格出力は,タイヤの呼び径が,標準車輪用では 26,小径車輪用で

は 22 の場合の値とする。

電球を光源とする発電ランプの定格電圧及び定格出力は,

表 8

による。LED を光源とする発電ランプの

定格電圧及び定格出力は,この限りではない。

表 8

定格

区分

定格電圧

V

定格出力

W

1

灯用 6

2.4

6 3

6 6

2

灯用 6 3.2,3.2

7.2 

出力特性 

ダイナモは,

14.3

で試験を行ったとき,ダイナモの種類に応じて,

a)

又は

b)

の出力特性に適合しなけれ

ばならない。また,ハブダイナモは自転車の速度 5 km/h のときに発電周波数が 8 Hz 以上でなければなら

ない。ただし,ダイナモと前照灯及び尾灯の組合せを限定する場合は除く。

a)

タイプ に規定するダイナモに適用

  ダイナモの端子電圧は,

表 9

に規定する最小値と最大値との間

になければならない。

表 9

出力特性 

自転車の

速度

km/h

定格電圧に対する端子電圧の比率

%

最小値

最大値

 5

50

117

15 85  117

30 95  117

b)

タイプ II 又はタイプ III に規定するダイナモに適用 

1)

標準運転特性

  自転車の速度が 15 km/h のときのダイナモの端子電圧

1)

と定格電圧との差は,その

ダイナモの定格電圧の±5 %の範囲内でなければならない。

1)

ダイナモの端子間を瞬間短絡することによって電圧が変化する場合は,瞬間短絡した後の

端子電圧とする。

2)

低速運転特性

  自転車の速度が 5 km/h のときのダイナモの端子電圧は,速度 15 km/h のときの端子

電圧の 41 %以上でなければならない。

3)

高速運転特性

  自転車の速度が 30 km/h のときのダイナモの端子電圧は,速度 15 km/h のときの端

子電圧の 133 %以下でなければならない。

4)

連続運転特性

  自転車の速度が 30 km/h で 8  時間連続運転し,ダイナモが常温に戻るまで放置した

後の運転特性は,

1)

3)

に適合し,かつ,各部に異常が生じてはならない。


11

C 9502

:2014

7.3 

ダイナモ出力の保持 

15 km/h

に相当する速度で,

表 10

の抵抗値又は発電ランプの定格電圧及び定格出力から計算された抵抗

値の抵抗器を付け,連続 1 時間運転したときのダイナモの端子電圧は,そのダイナモの定格電圧の 85 %以

下に低下してはならない。

電池 

8.1 

一次電池 

8.1.1 

仕様 

灯火装置に附属する一次電池は,その種類によって,

JIS C 8513

及び

JIS C 8515

又は同等の性能をもつ

ものとする。

8.1.2 

光度の維持 

8.1.2.1 

一次電池を使用した前照灯 

14.4

の試験を行った後,

図 2

又は

図 3

の測定点 A における光線の光度値は,400 cd 以上でなければなら

ない。

8.1.2.2 

一次電池を使用した尾灯 

14.4

の試験を行った後,

図 7

の測定点 HV における光線の光度値は,0.25 cd 以上でなければならない。

8.2 

二次電池 

8.2.1 

仕様 

灯火装置に附属する二次電池は,その種類によって,

JIS C 8708

JIS C 8711

又は同等の性能をもつも

のとする。

8.2.2 

光度の維持 

8.2.2.1 

二次電池を使用した前照灯 

14.5

の試験を行った後,最後に測定された電圧を自転車用標準光源に与えたときの光度,又は電池を使

用した前照灯がシステムの一部分である場合には,そのシステムに与えたときの光度は,

6.1.1.1

に規定す

る値以上でなければならない。

8.2.2.2 

二次電池を使用した尾灯 

14.5

の試験を行った後,最後に測定された電圧を自転車用標準光源に与えたときの光度,又は電池を使

用した尾灯がシステムの一部分である場合には,そのシステムに与えたときの光度は,

6.2.1 a)

に規定する

値以上でなければならない。

スイッチ性能(電池を使用した前照灯で適用可能な場合) 

9.1 

要求事項 

電池を使用した前照灯のスイッチの動作は確実で,

スイッチを移動させて ON-OFF を切り替えるものは,

ON-OFF

の位置が明確でなければならない。このスイッチ操作によって,電池が移動することがあっては

ならない。スイッチを ON 又は OFF の位置に切り替えたとき,及びねじ式のスイッチの場合には,完全に

ねじ込んだとき又は戻したときに目で見える灯火のちらつきがあってはならない。

9.2 

要求事項 

電池を使用した前照灯のスイッチは,定格電圧条件下で回路を 5 000 回開閉した後,

9.1

に適合しなけれ

ばならない。ただし,電池が不能になったときには,電池を交換して試験を継続する。


12

C 9502

:2014

10 

環境性能 

10.1 

灯火装置の耐振動性 

灯火装置は,

14.6.1

で試験を行ったとき,次に規定する各項に適合しなければならない。

a)

前照灯及び尾灯は,試験中に取付箇所が緩んだり,脱落してはならない。試験後,前照灯及び尾灯は

正常に機能し,材料の弱さなど,部品の変位の証拠を示してはならない。電球が切れた場合には,試

験後の性能確認のため,前照灯内部の電球を交換してもよい。電球の緩み又はその他の故障は,前照

灯の故障とする。

b)

ダイナモは,試験中に取付箇所が緩んだり,脱落してはならない。試験後,ダイナモは正常に機能し,

7.2

に適合しなければならない。

10.2 

前照灯の耐衝撃性 

前照灯の耐衝撃性は,

14.6.2

で試験を行ったとき,構造に異常が生じてはならない。ただし,ヘッドケ

ースにへこみが生じてもよい。

10.3 

灯火装置の温度性能 

灯火装置は,

14.6.3

で試験を行ったとき,次に規定する各項に適合しなければならない。

a)

前照灯は,試験後正常に機能するものとし,かつ,

6.1

に適合しなければならない。

b)

尾灯は,試験後正常に機能するものとし,かつ,

6.2

に適合しなければならない。

c)

ダイナモは,試験後正常に機能するものとし,かつ,

7.2

に適合しなければならない。

10.4 

灯火装置の耐湿性 

灯火装置は,

14.6.4

で試験を行ったとき,次に規定する各項に適合しなければならない。

a)

前照灯は,試験後正常に機能するものとし,かつ,

6.1

に適合しなければならない。

b)

尾灯は,試験後正常に機能するものとし,かつ,

6.2

に適合しなければならない。

c)

ダイナモは,試験後正常に機能するものとし,かつ,

7.2

に適合しなければならない。

10.5 

灯火装置の耐食性 

灯火装置は,

14.6.5

で試験した後,正常に作動し,使用上有害なさびによる腐食があってはならない。

10.6 

前照灯及び尾灯の耐燃油性 

前照灯及び尾灯は,

14.6.6

で試験を行ったとき,レンズの表面には,局部的で微細な表面のひびのほか

に,肉眼で見える劣化の痕跡があってはならない。

10.7 

灯火装置の温度サイクル性能 

ダイナモによって発電される電流を電源とする発電ランプは,

14.6.7

で試験を行ったとき,箇条

12

の各

項に適合しなければならない。

10.8 

前照灯の高速運転性能 

ダイナモを使用する発電ランプで,LED 光源及び電子回路を内蔵した前照灯は,

14.6.8

で試験を行った

とき,正常に機能するものとし,かつ,

6.1

に適合しなければならない。

11 

めっき又は塗装 

11.1 

一般 

めっき又は塗装を施した面には,素地の露出,

がれ,さび,割れ及びその他の著しい欠点があっては

ならない。

11.2 

塗装 

塗装を施した面の外観の状態を目視などによって調べるとともに,

JIS K 5600-5-4

の規定によって,芯


13

C 9502

:2014

の種類 F の鉛筆を用いて鉛筆引っかき抵抗性試験を行ったとき,塗膜に破れがあってはならない。

11.3 

めっき 

a)

ニッケルめっき及びニッケル−クロムめっきを施した部分のめっき厚さは,

JIS H 8617

に規定する

2

の 2 級以上とする。

b)

電気亜鉛めっきを施した部分のめっき厚さは,

JIS H 8610

に規定する

表 1

の 2 級以上とする。

12 

構造 

灯火装置の構造は,

14.7

で試験を行ったとき,次の各項に適合しなければならない。ただし,その製品

に該当しない事項については,適用しない。

a)

灯火装置の各部は,防水及び防じんの措置が施されており,かつ,自転車の走行による振動で,緩み,

破損,電気的接触不良,接続不良などが生じない構造でなければならない。

b)

ダイナモの電機子巻線は,十分な絶縁処理が施されており,各端子部には,フェノール樹脂又はこれ

と同等以上の耐湿性をもつ絶縁材料を用いなければならない。

c)

ダイナモの支持金具は,ダイナモを取り付けたときに使用上十分な強度をもち,また,車体部を配線

の一部として使用するものは,車体部との間の電気的接触が十分な構造でなければならない。

d)

ダイナモは,通常の使用状態でローラとタイヤ又はローラとリムは滑らない構造とする。また,使用

しない場合は,ローラをタイヤ又はリムから確実に離すことができ,走行中の衝撃などで容易に作動

しない構造とする。ただし,ハブダイナモは除く。

e)

自動で点灯及び消灯する機能をもつ前照灯では,夜間及び視界が 50 m 以下であるような場所

2)

におい

て確実に点灯する構造

3)

でなければならない。また,走行中の衝撃などで容易に作動してはならない。

2)

“視界が 50 m 以下であるような場所”の例には,トンネルの中,濃霧のかかっている場所な

どがある。

3)

“確実に点灯する構造”とは,濃霧のかかっている場所でも自動で確実に点灯する構造,又

は自動で点灯しない場合に,手動で強制的に点灯できる構造のことをいう。

f)

自動で点灯及び消灯する機能をもつ前照灯では,乗員が暗いと判断したときに乗員の意思によって,

手動で強制的に点灯できる機能をもたなければならない。

g)

ハブダイナモにおける自転車用ハブに関わる性能及び構造は,

JIS D 9419

の規定に適合しなければな

らない。

h)

前照灯の反射鏡は,光の反射集光に適する構造であって,かつ,良好な表面処理が施されており,容

易にきず,ひずみなどが生じないものとする。

i)

電球を光源とする灯火装置の電球は,

JIS C 7510

に規定するもの又はこれと同等以上の性能をもつも

ので,その灯火装置の定格に適合したものとする。ただし,2 灯用の定格電圧 6 V,定格出力 3.2 W の

前照灯に用いる電球は,

JIS C 7510

1.4

(種類)で規定する,D6V3WE,D6V3WEP 又はこれらと同

等の性能をもつものとする。

j)

電球を光源とする灯火装置は,予備電球が格納できる構造でなければならない。

k)

電池を電源とする灯火装置は,一次電池の取替え時期,又は二次電池の充電時期を示すインジケータ

をもつことが望ましい。

l)

コードの接続部は,各方向に対し,10 N の引張力に耐えなければならない。


14

C 9502

:2014

13 

外観 

灯火装置の外観は,

14.7

によって試験を行ったとき,次の各項に適合しなければならない。

a)

操作,掃除などのときに容易に手が触れる部分は,ばり,かえりなどがなく滑らかであるものとする。

b)

めっき又は塗装を施した面には,著しいきず,素地の露出,

がれ,さび,その他著しい欠点があっ

てはならない。

c)

めっき,塗装などの表面処理を施さないもの又は生地の面には,さび,割れ,著しいきず,その他著

しい欠点があってはならない。

14 

試験方法 

14.1 

前照灯の光度試験 

14.1.1 

光度の測定 

a)

試験方法 1

  前照灯の光線の中心を

図 2

に示す水平面(H 面)から下方へ 3.5°の基準軸を含む垂直面

(V 面)上の測定点 A に一致させ,スクリーン面の測定点 A,測定点 B 及び領域 C における光線の照

度を測定し,光度値 A∼光度値 を求める。

光度の測定は,逆二乗法則が適用できる十分に長い距離で行う。光源は,前照灯の基準中心とみな

す。受光器は,前照灯の基準中心において,10′と 1°との間の角度となるようにする。測定点 A(V

面上の 3.5°D)は,光線の中心内になければならない。光線の中心以外の全ての測定点においては,

15

′の幾何学的公差を許容する。

1)

試験電圧

  試験電圧は,電源の種類によって正弦波に近い交流(周波数 50 Hz 又は周波数 60 Hz)

又は直流の定格電圧とする。

なお,ダイナモを自転車の速度 15 km/h で稼動させてもよい。

2)

照度計

  照度計は,

JIS C 1609-1

に規定する A 級の照度計又はこれと同等以上の性能をもつ照度計

を用いる。

3)

照度測定

  照度測定は,試験電圧で電球は約 10  分間,LED は約 30 分間点灯させ,特性がほぼ一定

になったとき,各測定点において行う。

なお,光源の発光波形が周期的に変化する場合には,光電出力の積分時間は,点灯周期の整数倍

か,又は平均化処理によって再現性を確保する。

4)

光度値の算出

  光度値は,次の式によって算出する。

2

EL

I

=

ここに,

I

:  光度値(cd)

E

:  照度値(lx)

L

:  測定距離(m)

b)

試験方法 2

  光度の測定(光度試験)は,前照灯とスクリーン面との距離を 5 m とし,

図 3

のスクリ

ーン面の水平面と垂直面との交点 A に前照灯の光線の中心を一致させ,スクリーン面の測定点(A∼

E

)における光線の照度を測定し,光度値 A∼光度値 を求める。

なお,試験電圧,照度計,照度測定,及び光度値の算出は,

14.1.1 a) 1)

4)

による。

14.1.2 

前照灯から放射される光線の色 

前照灯から放射される光線の色は,

JIS Z 8724

によって色度座標(xy)を求める。ただし,この測定

の代わりに,放射される光線の色と,

JIS Z 8701

の標準の光 A に近い光源を標準限界フィルタと組み合わ

せて

表 4

表 5

又は

表 6

に示す色度座標を範囲とする光線の色とを肉眼で比較判定してもよい。


15

C 9502

:2014

14.2 

尾灯の光度試験 

14.2.1 

光度の測定 

光度の測定は,逆二乗法則が適用できる十分に長い距離で行う。光源は,尾灯の基準中心とみなす。受

光器は,尾灯の基準中心において 10′と 1°との間の角度となるようにする。測定点 HV は,光線の中心

内になければならない。光線の中心以外の全ての点においては,15′の幾何学的公差を許容する。

なお,試験電圧,照度計,照度測定,及び光度値の算出は,

14.1.1 a) 1)

4)

による。

14.2.2 

尾灯から放射される光線の色 

尾灯から放射される光線の色は,

JIS Z 8724

によって色度座標(xy)を求める。ただし,この測定の

代わりに,放射される光線の色と,

JIS Z 8701

の標準の光 A に近い光源を標準限界フィルタと組み合わせ

表 7

に示す色度座標を範囲とする光線の色とを肉眼で比較判定してもよい。

14.3 

ダイナモの運転特性試験 

運転特性試験は,次の試験条件によって行う。

a)

運転方法

  ダイナモは,自転車に取り付けて稼働させるか又はこれに相当する方法で稼働させる。

b)

試験用負荷

  試験用負荷は,

表 10

の抵抗値又は発電ランプの定格電圧及び定格出力から計算された抵

抗値の抵抗器を負荷として用いる。また,抵抗値の許容差は,±0.5 %とする。

表 10

試験用負荷 

区分

定格電圧,定格出力

抵抗値

Ω

1

灯用

6 V 2.4 W

15

6 V 3 W

12

6 V 6 W

 6

2

灯用

6 V 3.2 W

,3.2 W

11.25

,11.25

c)

電圧計

  電圧計は,

JIS C 1102-2

に規定する 1.0 級整流形電圧計又はこれと同等以上の性能をもつ正確

な実効値を示す低消費形の電圧計を用いる。

なお,電圧計の内部抵抗は,固定抵抗負荷に含める。

d)

周囲温度

  周囲温度は,20  ℃±2  ℃とする。

14.4 

一次電池を使用した前照灯及び尾灯の光度の維持試験 

試験する灯火装置に未使用の一次電池(使用推奨期限内のもの)を取り付ける。製造業者の推奨する一

次電池があれば,その電池を使用する。試験は,周囲温度 20  ℃±2  ℃,相対湿度(60±15)%で行う。

自転車用標準光源を全負荷(すなわち,ほかの灯火装置がある場合には,それらの照明装置を含める。

で,連続作動させる。LED を光源とする前照灯は 5 時間後の電圧,電球を光源とする前照灯は 2 時間後の

電圧,尾灯は 10 時間後の電圧を測定し,その電圧を使用して光度を試験する。

なお,光度値の切替えがあるものは,光度値の小さい方(low)で試験する。

14.5 

二次電池を使用した前照灯及び尾灯の光度の維持試験 

灯火装置

4)

に添付された取扱説明書に従って,電池を充電する。

全負荷状態での電圧を測定する。その電圧が最初の電圧の 75 %に低下するまで,灯火装置を作動させる。

取扱説明書に従って,電池を再充電する。灯火装置を,温度 20  ℃±2  ℃の中に 24 時間∼30 時間放置す

る。

灯火装置を,製造業者が灯火装置に表示している最大使用時間まで,周囲温度 20  ℃±2  ℃の中で作動


16

C 9502

:2014

させる。

この試験期間終了時の全負荷状態での電圧を測定し,その電圧を使用して光度を試験する。

4)

灯火装置がシステムの一部分である場合には,灯火装置をシステムに読み替える。

14.6 

耐環境試験 

各試験において灯火装置は,適切な支持金具などを用いて固定し,自転車に取り付けた状態と同様な状

態で試験しなければならない。電池を電源とする灯火装置は,電池を取り付けた状態で試験を行う。また,

特に指定のない限り試験状態は,周囲温度 23  ℃±5  ℃,相対湿度(65±20)%で行う。

14.6.1 

灯火装置の耐振動試験 

14.6.1.1 

原理 

自転車へ取り付けた状態とほぼ同様な姿勢に取り付け,路上での自転車の使用状態を想定した加振時間

によって繰り返し振動を加えるものとする。

14.6.1.2 

試験装置及び試験方法 

試験装置及び試験方法は,次に規定する 2 種類の試験方法[

a)

及び

b)

]のうち,適切な試験方法を選ん

で行う。

a)

試験方法 

1)

試験装置

  試験装置は,

図 9

に示す振動試験機で,次の特性をもつものを用いる。

振動試験機のテーブルは,一端がばねで支持されており,他端がその下側を鋼製の底金で合わさ

れている。これらの底金は,サイクルごとに一度,テーブルの落下完了のときに,鋼製の受けに接

触する。

カム及びばねを備えたテーブルの一端との間に位置しているばねの張力を調整し,接触点での力

が 265 N 以上 310 N 以下となるようにする。また,テーブルの下側の鋼製の底金が鋼製の受けから

3 mm

持ち上がるように調整する。

2)

試験方法

  設計された取付方法で,通常の作動位置と同様な位置に振動試験機に取り付け,

表 11

の条件で振動させる。

なお,ハブダイナモでは,単体又は車輪に組んだ状態でハブ軸部を振動試験機に取り付けて試験

を行う。

表 11

振動試験 

条件

内容

試験時間

60

振動数 Hz

12.5

±0.8


17

C 9502

:2014

単位  mm

カム輪郭の半径

a)

位置

半径

mm

位置

半径

mm

位置

半径

mm

1 14.000 8 15.461 15 17.594

2 14.000 9 15.765 16 17.899

3  14.064 10 16.070 17 18.204

4  14.241 11 16.375 18 18.509

5  14.546 12 16.680 19 18.686

6  14.851 13 16.985 20 18.763

7 15.156 14 17.289

a)

カム幅は,12 mm∼25 mm に調整する。

図 9

振動試験機 


18

C 9502

:2014

b)

試験方法 2

  試験装置及び試験方法は,灯火装置を自転車に取り付けた状態とほぼ同様に振動試験機

に取り付けて,

JIS C 60068-2-6

に規定する方法によって

表 12

の条件で試験を行い,異常の有無を調

べる。振動数は,11.7 Hz∼20 Hz の範囲内で共振を避けて任意に選択した固定振動数とする。

なお,ハブダイナモでは,単体又は車輪に組んだ状態でハブ軸部を振動試験機に取り付けて試験を

行う。

表 12

振動試験 

条件

内容

  試験時間

分 60

  加速度 m/s

2

30

  振動数 Hz  11.7∼20

  全振幅 mm

11

∼4

  振動方向

上下

14.6.2 

前照灯の耐衝撃試験 

前照灯の衝撃試験は,前照灯を

図 10

に示す厚さが 10 mm 以上の表面が平らな木台の上に置き,前照灯

上 1 m の高さから直径約 20 mm で,質量約 36 g の鋼球を前照灯の上面及び両側面上に各 1 回ずつ,垂直

に落下させ異常の有無を調べる。

単位  m

 
 

 
 

図 10

前照灯の耐衝撃試験 

14.6.3 

灯火装置の温度試験 

前照灯,尾灯及び/又はダイナモを 50

5

0

℃の雰囲気中に 2 時間放置する。次に,安定状態になるまで

周囲温度中に放置する。

さらに,前照灯及び/又は尾灯を定格電圧の 117 %で 1 時間点灯させる。その後,異常の有無を調べる。


19

C 9502

:2014

14.6.4 

灯火装置の耐湿試験 

14.6.4.1 

耐湿試験装置 

前照灯,尾灯及び/又はダイナモを取り付けて回転させることのできる取付台を備え,かつ,次の必要

条件を満たしている水噴霧キャビネットを用いて行う。

試験中の前照灯,尾灯及び/又はダイナモは,1 分間に 4 回転の速度で垂直軸の周りを回転し,水温は,

20

℃±10  ℃で 45°の角度で下方に向かって毎分 2.5 mm の降水量で,取り付けた前照灯,尾灯及び/又

はダイナモに噴霧する。

14.6.4.2 

耐湿試験 

前照灯,尾灯及び/又はダイナモを通常の作動姿勢で取り付け,全ての排水口を確実に開けておく。前

照灯,尾灯及び/又はダイナモに水を連続 6 時間噴霧する。この後,前照灯,尾灯及び/又はダイナモか

ら水抜きを 1 時間行う。その後,正常に機能するかを調べる。

14.6.5 

灯火装置の耐食試験 

耐食試験は,

JIS H 8502

に規定する中性塩水噴霧試験方法によって 50 時間の試験を行う。その方法は,

24

時間の暴露時間を 2 回行い,その間に 2 時間の休止時間(前照灯,尾灯及び/又はダイナモを乾燥させ

るため。

)をおく。その後,正常に作動し,使用上有害なさびによる腐食がないかを調べる。

14.6.6 

前照灯及び尾灯の耐燃油試験 

耐燃油試験は,容積混合比 n−ヘプタン 70 %とトルエン 30 %とからなる混合液を準備する。この混合液

の中に綿布を浸せきする。レンズの外側表面をこの綿布で軽くこすり,レンズを 5 分間そのままにして自

然に乾燥させ,肉眼による目視検査を行う。

14.6.7 

灯火装置の温度サイクル試験 

温度サイクル試験として,

表 13

の条件を 1 サイクルとして 2 サイクル行い,異常の有無を調べる。

表 13

灯火装置の温度サイクル試験 

温度

時間

+50 60

常温 30

−20 60

常温 30

14.6.8 

前照灯の高速運転試験 

前照灯をダイナモに接続し,自転車の速度 30 km/h で点灯時 30 分間の連続運転を行い,異常の有無を調

べる。ハブダイナモでは,更に消灯時 30 分間の連続運転を行い,異常の有無を調べる。

14.7 

構造及び外観試験 

構造及び外観試験は,目視などによって行う。また,コードの接続部の引張力の確認は,プシュプルゲ

ージなどによって行う。

15 

製品の呼び方 

製品の呼び方は,名称,前照灯の光源,光度区分,照射範囲区分,尾灯の光源,電源,定格電圧及び定

格出力とし,

表 14

のとおりとする。ただし,電球式の場合の光源の区分,標準形(グレード 1)の場合の

光度区分,及び標準形の場合の照射範囲区分については,省略してもよい。


20

C 9502

:2014

表 14

製品の呼び方 

名称

前照灯

尾灯

電源

定格電圧
及び定格

出力

c)

光源

a)

光度区分

b)

照射範囲

区分

光源

自転車用灯火
装置又は自転

車用ランプ

[電球]

ハロゲン球

キセノン球

LED

[グレード 1]

グレード 4

[標準]

広角

[電球]

ハロゲン球

キセノン球

LED

ダイナモ式

一次電池

d)

二次電池

6 V 3 W

a)

  2

灯用は灯数を記載する。

b)

光度区分は,

表 による。

c)

発電ランプの定格電圧及び定格出力は,

表 による。

d)

電池式のものは乾電池式,充電池式としてもよい。

例 1

自転車用灯火装置−前照灯−一次電池式(6 V 3 W)

例 2

自転車用ランプ−2 灯用 LED グレード 4 広角形前照灯−ダイナモ式(6 V 2.4 W)

例 3

自転車用灯火装置−LED 尾灯−乾電池式(3 V 1.25 W)

16 

表示 

16.1 

製品の表示 

16.1.1 

前照灯及び尾灯 

前照灯及び尾灯には,前照灯及び尾灯の表面などの見やすいところに,容易に消えない方法で,次の事

項を表示しなければならない。

a)

定格電圧(V)

5)

b)

定格出力(W)

5)

5)

電球を使用するものは,

JIS C 7510

に規定する電球の形式を表示してもよい。ダイナモ式で

LED

を使用するものは,使用するダイナモの前照灯及び尾灯に該当する定格電圧及び定格出

力,又は使用するダイナモとの互換性を表示してもよい。電池式で LED を使用するものは,

16.1.3

の表示があれば省略してもよい。

c)

製造業者名又はその略号

6)

d)

製造年月又はその略号

6)

6)

前照灯とダイナモとが一体式の発電ランプでは,省略してもよい。

16.1.2 

ダイナモ 

ダイナモには,ダイナモ又はどろよけ用カバーの表面などの見やすいところに,刻印,浮き出し,シー

ルを付けるなどの容易に消えない方法で,次の事項を表示しなければならない。

a)

定格電圧(V)

b)

定格出力(W)

c)

製造業者名又はその略号

d)

製造年月又はその略号

16.1.3 

電池ケース 

交換可能な電池を使用したものは,ケース表面の見やすいところに,容易に消えない方法で,次の事項

を表示しなければならない。

a)

電池の種類

b)

電池の個数


21

C 9502

:2014

16.1.4 

二次電池システム 

電池パック又は一体形の灯火装置の場合には,その灯火装置に次の事項を,高さ 3 mm 以上の文字によ

って,刻印,浮き出し,シールを付けるなど,耐久性のある見やすい方法で表示しなければならない。

再充電までの最大使用時間:○○時間

なお,二次電池による最大使用時間とは,電池が未使用で,かつ,完全充電されている場合,

8.2.2

で規

定する光度を生じるために必要な電圧を供給することができる連続点灯時間であり,製造業者の基準によ

って表示する。

16.2 

包装への表示 

灯火装置の包装,外箱,又はヘッダーには,次の事項を印刷,押印,証紙又は荷札を付ける方法で表示

しなければならない。ただし,製造業者間の取引では,受渡当事者間の協定によって,包装への表示を省

略してもよい。

a)

製品の呼び方,定格電圧(V)及び定格出力(W)

b)

製造業者名又はその略号

c)

一次電池を用いるものは,その最大使用時間

7)

[使用電池及び測定条件を明示する(

  アルカリ電

池使用  連続点灯  ○○時間)

,二次電池を用いるものは,再充電までの最大使用時間。

d)

規格番号(

JIS C 9502

7)

一次電池による最大使用時間は,未使用の一次電池によって,

8.1.2

で規定する光度を生じる

ために必要な電圧を供給することができる連続点灯時間であり,製造業者の基準によって表

示する。

灯火装置の包装,外箱,又はヘッダーには,5 m の距離のスクリーン面での 4 lx の照射範囲(升目の 1

目盛り 30 cm 角の XY 方眼上に図示する。

)及び一次電池を用いるものは光度値と連続点灯時間のグラフを

表示するのが望ましい。

17 

取扱説明書 

個々の灯火又はシステムとともに,次に示す主旨の取扱上の注意事項を明示した取扱説明書を添付しな

ければならない。ただし,製造業者の判断によって情報を追加する,又は該当しない事項は,省略しても

よい。

a)

取扱説明書をよく読み,読んだ後,保管する。

子供が使用する場合は,保護者は取扱説明書を読み,使用上の注意事項を子供に指導する。

b)

自転車への灯火装置の取付方法

c)

操作方法

d)

二次電池を電源として用いるものは,使用する充電器の形式,推奨される充電方法,過充電又はその

他の予想される電池を損なうおそれのある誤使用に対する警告,電池の予想寿命及び推奨される年 1

度の劣化検査

e)

長期間使用しない場合の注意(電池の保管方法など)

f)

電球,LED 及び電池の適合形式を含む,交換部品及び交換方法の説明

なお,電球及び電池の適合形式は,灯火装置にも表記する。

g)

一次電池を用いるものは,その最大使用時間(使用電池及び測定条件を明示する。

,二次電池を用い

るものは,再充電までの最大使用時間

h)

夜間及び視界の悪いときの無灯火走行は,大きな事故につながることから,必ず前照灯を点灯する旨


22

C 9502

:2014

の警告

i)

前照灯の灯火が対向者にまぶしくならないよう配慮する旨の注意

j)

乗車直前の確認

1)

前照灯及び尾灯の点灯の確認

2)

前照灯の取付状態及び角度の確認

3)

バスケット及び荷物が前照灯の光を遮っていないことの確認

k)

使用者のための相談窓口の所在地,電話番号及びファクシミリ番号


23

C 9502

:2014

図 11

タイプ 

(構成及び部品名称の一例)

番号

部品名称

1

どろよけ用カバー

2

ダイナモ

2-1

ダイナモケース

2-2

ローラ

2-3

端子

2-4

起倒レバー

3

支持金具

4

前照灯

4-1

レンズ

4-2

ヘッドケース

4-3

反射鏡

4-4

電球

4-5

端子

4-6

ランプホルダ

4-7

取付金具

5

コード

6

尾灯

6-1

レンズ

6-2

ケース

6-3

取付金具


24

C 9502

:2014

番号

部品名称

1

どろよけ用カバー

2

ダイナモ

2-1

ダイナモケース

2-2

ローラ

2-3

端子

2-4

起倒レバー

3

支持金具

4

前照灯

4-1

レンズ

4-2

ヘッドケース

4-3

反射鏡

4-4

電球

4-5

端子

4-6

ランプホルダ

4-7

取付金具

5

コード

図 12

タイプ II(その 1 

(構成及び部品名称の一例)


25

C 9502

:2014

番号

部品名称

1

どろよけ用カバー

2

ダイナモ

2-1

2-2

2-3

2-4

ダイナモケース 
ローラ

端子 
起倒レバー

3

前照灯

3-1

3-2

3-3

3-4

3-5

レンズ 
ヘッドケース

反射鏡

電球 
ランプホルダ

図 13

タイプ II(その 2

(構成及び部品名称の一例)


26

C 9502

:2014

番号

部品名称

1

ハブダイナモ

1-1

ハブつば

1-2

ハブ体

1-3

ハブナット

1-4

座金

1-5

歯付き座金

1-6

端子

1-7

ロックナット

1-8

ハブ軸

2

前照灯

2-1

レンズ

2-2

ヘッドケース

2-3

ランプホルダ

2-4

コード

2-5

ジョイント金具

図 14

タイプ III

(構成及び部品名称の一例)


27

C 9502

:2014

番号

部品名称

1

レンズ

2 LED

3

反射鏡

4

ケース上

5

ケース下

6

ブラケット

7

電池

8

レンズ

9

ケース

10

ブラケット

図 15

タイプ IV 

(構成及び部品名称の一例)


28

C 9502

:2014

附属書 JA

(参考)

JIS

と対応国際規格との対比表

JIS C 9502:2014

  自転車用灯火装置

ISO 6742-1:1987

  Cycles−Lighting and retro-reflective devices−Photometric

and physical requirements

−Part 1: Lighting equipment

(I)JIS の規定

(II) 
国 際

規 格

番号

(III)国際規格の規定

(IV)JIS と国際規格との技術的差異の箇
条ごとの評価及びその内容

(V)JIS と国際規格との技術的
差異の理由及び今後の対策

箇 条 番 号

及び題名

内容

箇条番号

内容

箇条ごと

の評価

技術的差異の内容

1

適 用 範

自転車に取り付けて使用す

る自転車用灯火装置の測光,
物理要件,試験方法及び表示

要件について規定。

電動アシスト自転車の駆動
補助装置の駆動に使用する

電池を前照灯及び尾灯の電

源として併用するものには
適用しない。

 1

自 転 車 に 取 り 付 け て 使

用 す る 自 転 車 用 灯 火 装
置の測光,物理要件,試

験 方 法 及 び 表 示 要 件 に

ついて規定。

追加

JIS

では電動アシスト自転車

の前照灯及び尾灯の規定を追
加している。

実質的な差異はない。

2

引 用 規

3

用 語 及

び定義

自転車用灯火装置ほか,計

13

の用語を定義。

4

サイクル,自転車,前照

灯ほか計 12 の用語を定
義。

追加

JIS

では LED,自転車用標準

光源,発電ランプ,ダイナモ,
ハブダイナモの用語を追加し

ている。サイクル,自転車の

2

用語は,JIS D 9111 で定義し

ている。

JIS

では ISO 規格にない用語を

定義している。

4

種類

自転車用灯火装置の種類は,

その電源及び構成によって 4

種類に区分。

追加

JIS

では自転車用灯火装置の

構成によって区分している。

JIS

では自転車用灯火装置の構

成 に よ っ て 区 分 す る 必 要 が あ

る。

5

部 品 名

称 及 び 構

図 11∼図 15 によって規定。

追加

JIS

では部品名称及び構成例

を追加している。

JIS

では部品名称及び形状,並

びに構成の例を規定している。

28

C

 950

2


2

014


29

C 9502

:2014

(I)JIS の規定

(II) 
国 際

規 格

番号

(III)国際規格の規定

(IV)JIS と国際規格との技術的差異の箇
条ごとの評価及びその内容

(V)JIS と国際規格との技術的
差異の理由及び今後の対策

箇 条 番 号

及び題名

内容

箇条番号

内容

箇条ごと

の評価

技術的差異の内容

6.1.1.1

光特性

配光特性として 2 種類(試験

方法 1,試験方法 2)を規定。

LED

を光源とする前照灯の

周波数を規定。

5.1

試験方法 1 を規定。

追加

JIS

では試験方法 2 及び LED

を光源とする前照灯の点滅を
周波数で規定している。

我が国の道路環境,ユーザの考

え方の違いから,試験方法 2 が
基本配光特性として定着してい

る。

6.1.1.2

度 区 分 及
び 照 射 範

囲区分

a)

  光度区分で,グレード 1

∼5 に区分。

b)

  照射範囲区分で,広角を

区分。

追加

JIS

では光度区分及び照射範

囲区分を追加している。

JIS

では性能によって区分して

いる。

6.1.2 a)

色光

白色光の色度座標を規定。

LED

を光源とする前照灯の

色度座標を規定。

5.2.1

白 色 光 の 色 度 座 標 を 規

定。

追加

JIS

では LED を光源とする前

照灯の色度座標を追加してい
る。

ISO

規格改正時に提案する。

6.2.1

尾 灯

の光度

最低光度を規定。

LED

を光源とする尾灯の周

波数を規定。

6.1

最低光度を規定。

追加

JIS

では LED を光源とする尾

灯の点滅を周波数で規定して

いる。

ISO

規格改正時に提案する。

7.1

定格

発電ランプの定格電圧及び
定格出力を規定。

附属書

電球を規定。

追加

JIS

では定格電圧及び定格出

力を追加している。

JIS

では種類を追加している。

7.2

出 力

特性

2

種類の出力特性を規定。

a)

  タイプ I に規定するダイ

ナモに適用。

b)

  タイプ II 又はタイプ III

に 規 定 す る ダ イ ナ モ に

適用。

7.2

タイプ I に規定するダイ

ナモに適用。

追加

JIS

ではタイプ II 又はタイプ

III

に規定するダイナモを追加

している。

種類の違いから特性の単一固定

化は困難。

8.1.1

仕様

一次電池の JIS を引用。

8.1.1 IEC

Publication

を引用。

変更

具体的な一次電池の 2 規格を
引用した。

実質的な差異はない。

8.1.2.1

次 電 池 を

使 用 し た
前照灯

測定点 A の光度値が,400 cd

以上。

8.1.2.1

測定点 A の光度値が,

100 cd

以上。

変更

JIS

では光度値を 400 cd 以上

に変更している。

JIS

では光度値を配光特性に整

合して変更している。

8.2.1

仕様

二次電池の JIS を引用。

8.2.1 IEC

Publication

を引用。

変更

具体的な二次電池の 2 規格を

引用した。

実質的な差異はない。

29

C

 950

2


2

014


30

C 9502

:2014

(I)JIS の規定

(II) 
国 際

規 格

番号

(III)国際規格の規定

(IV)JIS と国際規格との技術的差異の箇
条ごとの評価及びその内容

(V)JIS と国際規格との技術的
差異の理由及び今後の対策

箇 条 番 号
及び題名

内容

箇条番号

内容

箇条ごと
の評価

技術的差異の内容

10.1

灯 火

装 置 の 耐

振動性

前照灯,尾灯及びダイナモ

は,14.6.1 の試験を行い,取

付箇所の緩み,脱落が生じて
はならない。

 10.2.1

前照灯及び尾灯を規定。 追加

JIS

ではダイナモの規定を追

加している。

JIS

では品質を確保するため追

加している。

10.2

前 照

灯 の 耐 衝

撃性

14.6.2

で試験を行い,異常が

生じてはならない。

追加

JIS

では耐衝撃試験を追加し

ている。

自転車の転倒,跳ね石などを想

定し追加している。

10.7

灯 火

装 置 の 温

度 サ イ ク

ル性能

14.6.7

で試験を行い,箇条 12

の規定に適合すること。

追加

JIS

では温度サイクル試験を

追加している。

合成樹脂製部品の評価試験とし
て追加している。

10.8

前 照

灯 の 高 速

運転性能

14.6.8

で試験を行い,6.1 の

規定に適合すること。

追加

JIS

では前照灯の高速運転試

験を追加している。

JIS

では品質を確保するため追

加している。

11

め っ き

又は塗装

めっき又は塗装を施した面

には,剝がれ,さびなどがあ
ってはならない。

塗装の試験方法・めっきの厚

さを規定。

追加

JIS

ではめっき又は塗装を追

加している。

JIS

では品質を確保するため追

加している。

12

構造

自転車用灯火装置の構造を

12

項目規定。

追加

JIS

では構造を追加している。 JIS では品質を確保するため追

加している。

13

外観

自転車用灯火装置の外観を 3

項目規定。

追加

JIS

では外観を追加している。 JIS では品質を確保するため追

加している。

14.1.1

度の測定

試験方法 1 で光度の測定方

法,測定距離,試験電圧,照
度計,測定時間,光度値の算

出を規定している。

試験方法 2 を規定。

 5.1

試験方法 1 で光度の測定

方法,測定距離を規定。

追加

JIS

では試験方法 2 を追加し

ている。

JIS

では試験の再現性を考え,

規定を追加している。

30

C

 950

2


2

014


31

C 9502

:2014

(I)JIS の規定

(II) 
国 際

規 格

番号

(III)国際規格の規定

(IV)JIS と国際規格との技術的差異の箇
条ごとの評価及びその内容

(V)JIS と国際規格との技術的
差異の理由及び今後の対策

箇 条 番 号

及び題名

内容

箇条番号

内容

箇条ごと

の評価

技術的差異の内容

14.1.2

照 灯 か ら
放 射 さ れ

る 光 線 の

2

種類の試験方法から選択。

JIS Z 8724

によって色度座

標(xy)を求める方法,及

び視覚によって比較する方

法を規定。

 5.2.3

視 覚 に よ っ て 比 較 す る

方法を規定。

追加

JIS

では試験方法を追加して

いる。

JIS

では試験の再現性を考え,

規定を追加している。

14.2.2

灯 か ら 放

射 さ れ る

光線の色

2

種類の試験方法から選択。

JIS Z 8724

によって色度座

標(xy)を求める方法,及

び視覚によって比較する方
法を規定。

 6.2.2

視 覚 に よ っ て 比 較 す る
方法を規定。

追加

JIS

では試験方法を追加して

いる。

JIS

では試験の再現性を考え,

規定を追加している。

14.3

ダ イ

ナ モ の 運

転 特 性 試

試験条件として運転方法,試

験用負荷,電圧計,周囲温度

を規定。

 7.1

追加

JIS

では試験方法を追加して

いる。

JIS

では試験の再現性を考え,

規定を追加している。

14.4

一 次

電 池 を 使

用 し た 前
照 灯 及 び

尾 灯 の 光

度 の 維 持
試験

LED

を光源とする前照灯は

5

時間,電球を光源とする前

照灯は 2 時間,尾灯は 10 時
間連続作動させる。

 8.1.3 1

日 30 分間,4 週間作動

(合計 10 時間)させる。

変更

JIS

では光源によって点灯時

間を変更している。

JIS

では LED を光源とする前照

灯に対応し点灯時間を変更して

いる。

14.6.1

火 装 置 の

耐 振 動 試

2

種類の試験方法から選択。

試験方法 1(試験条件及び特

殊専用試験機),試験方法 2
(試験条件だけ)を規定。

 10.2.2

試験方法 1(試験条件及

び特殊専用試験機)

選択

JIS

では試験方法を追加して

いる。

JIS

で は 我 が 国 の 実 情 を 考 慮

し,試験方法を追加している。

14.6.2

照 灯 の 耐

衝撃試験

1 m

の高さから鋼球を垂直に

落下させる。

追加

JIS

では試験方法を追加して

いる。

JIS

では品質を確保するため追

加している。

31

C

 950

2


2

014


32

C 9502

:2014

(I)JIS の規定

(II) 
国 際

規 格

番号

(III)国際規格の規定

(IV)JIS と国際規格との技術的差異の箇
条ごとの評価及びその内容

(V)JIS と国際規格との技術的
差異の理由及び今後の対策

箇 条 番 号

及び題名

内容

箇条番号

内容

箇条ごと

の評価

技術的差異の内容

14.6.7

火 装 置 の
温 度 サ イ

クル試験

+50  ℃及び−20  ℃の温度

サイクル試験を規定。

追加

JIS

では試験方法を追加して

いる。

JIS

では品質を確保するため追

加している。

14.6.8

照 灯 の 高
速 運 転 試

自転車の速度 30 km/h で点灯

時 30 分間,消灯時 30 分間の
連続運転試験を規定。

追加

JIS

では試験方法を追加して

いる。

JIS

では品質を確保するため追

加している。

14.7

構 造

及 び 外 観
試験

目視などの確認方法を規定。

追加

JIS

では試験方法を追加して

いる。

JIS

では品質を確保するため追

加している。

15

製品 の

呼び方

自転車用灯火装置の呼び方

を規定。

追加

JIS

では製品の呼び方を追加

している。

JIS

では市場での呼び方の混乱

を避けるため規定を追加してい

る。

16.1

製 品

の表示

前照灯及び尾灯,ダイナモ,
電池ケース,二次電池システ

ムに表示すべき事項につい

て規定。

 11

前照灯及び尾灯,ダイナ
モ,二次電池システムに

表 示 す べ き 事 項 に つ い

て規定。

追加

JIS

では項目を追加している。 JIS では安全性を確保するため

規定を追加している。

16.2

包 装

への表示

包装に表示すべき事項につ
いて規定。

追加

JIS

では項目を追加している。 JIS では安全性を確保するため

規定を追加している。

17

取扱 説

明書

取扱説明書に記載すべき事

項について規定。

 12

取 扱 説 明 書 に 記 載 す べ

き事項について規定。

追加

JIS

では項目を追加している。 JIS では安全性を考慮し,記載

すべき項目を追加している。

JIS

と国際規格との対応の程度の全体評価:ISO 6742-1:1987,MOD

注記 1  箇条ごとの評価欄の用語の意味は,次による。

    −  追加……………… 国際規格にない規定項目又は規定内容を追加している。

    −  変更……………… 国際規格の規定内容を変更している。 
    −  選択……………… 国際規格の規定内容とは異なる規定内容を追加し,それらのいずれかを選択するとしている。

注記 2  JIS と国際規格との対応の程度の全体評価欄の記号の意味は,次による。

    −  MOD……………  国際規格を修正している。

32

C

 950

2


2

014