>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

C 9335-2-85

:2005 (IEC 60335-2-85:2002)

(1)

まえがき

この規格は,工業標準化法に基づいて,日本工業標準調査会の審議を経て,経済産業大臣が改正した日

本工業規格である。これによって,JIS C 9335-2-85:2000 は改正され,この規格に置き換えられる。

改正に当たっては,日本工業規格と国際規格との対比,国際規格に一致した日本工業規格の作成及び日

本工業規格を基礎にした国際規格原案の提案を容易にするために,IEC 60335-2-85:2002,Household and

similar electrical appliances

−Safety−Part 2-85 : Particular requirements for fabric steamers を基礎として用いた。

この規格の一部が,技術的性質をもつ特許権,出願公開後の特許出願,実用新案権,又は出願公開後の

実用新案登録出願に抵触する可能性があることに注意を喚起する。経済産業大臣及び日本工業標準調査会

は,このような技術的性質をもつ特許権,出願公開後の特許出願,実用新案権,又は出願公開後の実用新

案登録出願にかかわる確認について,責任をもたない。


C 9335-2-85

:2005 (IEC 60335-2-85:2002)

目  次

ページ

序文

1

1.

  適用範囲

1

2.

  引用規格

2

3.

  定義

2

4.

  一般要求事項

2

5.

  試験のための一般条件

2

6.

  分類

2

7.

  表示及び取扱説明

2

8.

  充電部への接近に対する保護

2

9.

  モータ駆動機器の始動

3

10.

  入力及び電流

3

11.

  温度上昇

3

12.

  (規定なし)

3

13.

  運転時の漏えい電流及び耐電圧

3

14.

  過渡過電圧

3

15.

  耐湿性

3

16.

  漏えい電流及び耐電圧

3

17.

  変圧器及びその関連回路の過負荷保護

3

18.

  耐久性

3

19.

  異常運転

3

20.

  安定性及び機械的危険

4

21.

  機械的強度

4

22.

  構造

4

23.

  内部配線

4

24.

  部品

4

25.

  電源接続及び外部可とうコード

4

26.

  外部導体用端子

5

27.

  接地接続の手段

5

28.

  ねじ及び接続

5

29.

  空間距離,沿面距離及び固体絶縁

5

30.

  耐熱性及び耐火性

5

31.

  耐腐食性

5

32.

  放射線,毒性その他これに類する危険性

5

附属書

6


日本工業規格

JIS

 C

9335-2-85

:2005

(IEC 60335-2-85

:2002

)

家庭用及びこれに類する電気機器の安全性−

第 2-85 部:ファブリックスチーマの個別要求事項

Household and similar electrical appliances

−Safety−

Part 2-85 : Particular requirements for fabric steamers

序文  この規格は,2002 年に第 2 版として発行された IEC 60335-2-85, Household and similar electrical

appliances

−Safety−Part 2-85: Particular requirements for fabric steamers  を元に,技術的内容を変更すること

なく作成した日本工業規格であり,JIS C 9335-1:2003(家庭用及びこれに類する電気機器の安全性−第 1

部:一般要求事項)と併読する規格である。

1.

適用範囲  この規格は,定格電圧が 250 V 以下の,家庭用及び類似の目的のファブリックスチーマの

安全性について規定する。

通常,家庭で使用しない機器であっても,店舗において素人が使用する機器のような,一般大衆への危

険源となる機器も,この規格の適用範囲である。

備考 101.  このような機器の例としては,クリーニング店で使用されるものがある。

この規格では可能な限り,住居の中及び周囲で,すべての人が遭遇する機器に起因する共通的な危険性

を取り扱う。ただし,この規格では,通常,次の状態については規定していない。

−  監督のない状態で幼児又は非健常者が機器を使用する場合

−  幼児が器具で遊ぶ場合

備考 102.  この規格の適用に際しては,次の事実に注意する。

−  車両,船舶又は航空機搭載用機器には,要求事項の追加が必要になる場合がある。

−  厚生関係機関,労働安全所管機関その他の当局によって,要求事項が追加されている

場合がある。

103.

この規格は,次のものには適用しない。

−  腐食しやすい,又は爆発性の雰囲気(じんあい,蒸気又はガス)が存在する特殊な状

態の場所で使用する機器

−  電気アイロン  (JIS C 9335-2-3)

−  電気プレス器  (JIS C 9335-2-44)

−  水道接続機器

備考  この規格の対応国際規格を,次に示す。

なお,対応の程度を表す記号は,ISO/IEC Guide 21 に基づき,IDT(一致している)

,MOD

(修正している)

,NEQ(同等でない)とする。

IEC 60335-2-85:2002

,Household and similar electrical appliances−Safety−Part 2-85 : Particular

requirements for fabric steamers (IDT)


2

C 9335-2-85

:2005 (IEC 60335-2-85:2002)

2.

引用規格  この規格で用いる引用規格は,JIS C 9335-1 の 2.  による。

3.

定義  この規格で用いる主な用語の定義は,JIS C 9335-1 の 3.  によるほか,次による。ただし,3.1.9

は,この規格による。

3.1.6

JIS C 9335-1

の 3.1.6 によるほか,次による。

備考 101.    電極式の場合で,機器に電流が表示されていない場合の定格電流は,機器に定格電圧を加

えて通常動作で動作させたとき,最初の 2 分間の入力の平均値と定格電圧を用いて算出す

る。

3.1.9

通常動作 (normal operation)  機器は,通常使用する位置で,かつ,あらゆる面から離れた状態にお

いて,容器に水を満たし,すべてのふたは閉じた状態で運転する。

電極式機器に関しては,20  ℃の温度で,抵抗率が約 500

Ωcm の水を使用する。

備考 101.    適切な抵抗率は,水にりん酸アンモニウムを加えることによって得られる。

3.101

ファブリックスチーマ (fabric steamer)  織物表面に蒸気を当てることによって,衣服及び布のしわ

を伸ばすための機器。

3.102

電極式機器 (electrode-type appliance)  導体性の液体に電流が流れることによって加熱される機器。

4.

一般要求事項  一般要求事項は,JIS C 9335-1 の 4.  による。

5.

試験のための一般条件  試験のための一般条件は,JIS C 9335-1 の 5.  による。

6.

分類  分類は,JIS C 9335-1 の 6.  によるほか,次による。

6.1

JIS C 9335-1

の 6.1 によるほか,次による。

電極式機器及び裸の電熱素子をもった機器は,クラス I,クラス II 又はクラス III でなければならない。

7.

表示及び取扱説明  表示及び取扱説明は,JIS C 9335-1 の 7.  によるほか,次による。

7.1

JIS C 9335-1

の 7.1 によるほか,次による。

電極式機器には,定格入力を表示しなければならない。

7.12  JIS C 9335-1

の 7.12 によるほか,次による。

取扱説明書には,水入れ,清掃及び水あか(垢)取りに関する詳細を含めなければならない。

取扱説明書には,次の事項を明示しなければならない。

−  蒸気が放出されるため,機器を使用しているときは注意することが望ましい。

−  充てん(填)及び清掃中は,機器の電源コードを抜く。

電極式機器の取扱説明書には,次の事項を含めなければならない。

−  使用する溶液の組成及び量,並びに過度の量の塩の使用に対する警告。

−  機器は,直流電源で動作させない。

掃除のために部分的又は全体を水に浸けるものは,掃除の前に接続器を外し,再び使用する前に機器用

インレットを乾かす旨を説明書に記載しなければならない。

8.

充電部への接近に対する保護  充電部への接近に対する保護は,JIS C 9335-1 の 8.  による。


3

C 9335-2-85

:2005 (IEC 60335-2-85:2002)

9.

モータ駆動機器の始動  モータ駆動機器の始動は,この規格では規定しない。

10.

入力及び電流  入力及び電流は,JIS C 9335-1 の 10.  によるほか,次による。

10.1  JIS C 9335-1

の 10.1 によるほか,次による。

備考 101.  電極式機器に対しては,負側の偏差に限度を付けない。

11.

温度上昇  温度上昇は,JIS C 9335-1 の 11.  によるほか,次による。ただし,11.7 は,この規格によ

る。

11.4  JIS C 9335-1

の 11.4 によるほか,電極式機器は,次による。

電極式機器は,定格電圧の 0.94∼1.06 倍の最も不利となる電圧で運転する。

11.7

機器は,定常状態に達するまで運転する。

備考 101.  水は,蒸気の発生を維持するために加えられる。

電極式機器の容器は,できるだけ早く,かつ,必要な回数だけ再注水する。

備考 102.  機器は,再注水の期間は掃除しない。

12.

規定なし)

13.

運転時の漏えい電流及び耐電圧  運転時の漏えい電流及び耐電圧は,JIS C 9335-1 の 13.  によるほか,

次による。

13.1  JIS C 9335-1

の 13.1 によるほか,次による。

電極式機器は,定格電圧の 1.06 倍の電圧で運転する。

13.2  JIS C 9335-1

の 13.2 によるほか,次による。

電極式機器及び裸の電熱素子をもった機器の漏えい電流は,出口から 10 mm 離れた蒸気中に置いた金網

と可触金属部との間での測定も行う。

漏えい電流は,0.25 mA を超えてはならない。

備考 101.  可触金属部には,金属はくを含む。

14.

過渡過電圧  過渡過電圧は,JIS C 9335-1 の 14.  による。

15.

耐湿性  耐湿性は,JIS C 9335-1 の 15.  による。

16.

漏えい電流及び耐電圧  漏えい電流及び耐電圧は,JIS C 9335-1 の 16.  による。

17.

変圧器及びその関連回路の過負荷保護  変圧器及びその関連回路の過負荷保護は,JIS C 9335-1 の 17.

による。

18.

耐久性  耐久性は,この規格では規定しない。

19.

異常運転  異常運転は,JIS C 9335-1 の 19.  によるほか,次による。

19.2  JIS C 9335-1

の 19.2 によるほか,次による。


4

C 9335-2-85

:2005 (IEC 60335-2-85:2002)

機器を,黒く塗られた合板上に安定した状態で置く。機器は,容器に液体を満たすか,又は空にするか,

いずれか条件の厳しい方で運転する。ただし,電極式機器に対しては,容器に 20  ℃±5  ℃の NaCl 飽和溶

液を満たし,機器を定格電圧で運転する。

備考 101.  液体は,塩が溶けなくなったとき,飽和したとみなす。

19.3  JIS C 9335-1

の 19.3 によるほか,次による。

電極式機器には,この項を適用しない。

20.

安定性及び機械的危険  安定性及び機械的危険は,JIS C 9335-1 の 20.  による。

21.

機械的強度  機械的強度は,JIS C 9335-1 の 21.  による。

22.

構造  構造は,JIS C 9335-1 の 22.  によるほか,次による。

22.33  JIS C 9335-1

の 22.33 によるほか,次による。

液体は電極を使用して加熱してもよく,また,電極の充電部及び裸の電熱素子の充電部と直接接触させ

てもよい。

22.101

機器は,通常使用で使用されているとき,使用者を危険にさらすような,蒸気と熱湯の突然の噴

出がないような構造でなければならない。

適否は,11.  の試験中に,目視検査によって判定する。

22.102

水の容器は,大気圧のもとに置かなければならない。その注ぎ口は,直径 5 mm 以上であるか,又

は 3 mm 以上の寸法からなる 20 mm

2

以上の大きさでなければならない。

適否は,目視検査及び測定によって判定する。

22.103

電極式機器は,容器の注ぎ口を開放しているとき,両電極が過電圧カテゴリ III 状態のもとで全曲

遮断となるように遮断されなければならない。

備考  注水のために,接続器の取外しを要求している機器は,この要求事項を満たすと考えられる。

適否は,目視検査及び測定によって判定する。

22.104

可搬形電極式機器及び裸の電熱素子をもった可搬形機器は,機器が転倒したとき,危険が生じな

いような構造でなければならない。

適否は,次の試験によって判定する。

機器は水を満たし,通常使用で運転される。そのとき,最も不利な位置で転倒させる。全極遮断の保護

装置が動作する前に,水がこぼれてはならない。

23.

内部配線  内部配線は,JIS C 9335-1 の 23.  による。

24.

部品  部品は,JIS C 9335-1 の 24.  による。

25.

電源接続及び外部可とうコード  電源接続及び外部可とうコードは,JIS C 9335-1 の 25.  によるほか,

次による。

25.1  JIS C 9335-1

の 25.1 によるほか,次による。

手持形機器及びその他の機器の手持ち部分は,容器の中のシールを通して水がピンの上に漏れる可能性

がある場合には,機器インレットを備えてはならない。


5

C 9335-2-85

:2005 (IEC 60335-2-85:2002)

備考  この要求事項は,クラス III 構造の手持ち部分には,適用しない。

25.5  JIS C 9335-1

の 25.5 によるほか,次による。

手持形機器は,Z 形取付けが許容される。

25.14

  JIS C 9335-1 の 25.14 に規定された可とう性試験回数の代わりに,次による。

Z

形取付けに対しては 50 000 回,その他に対しては 20 000 回とする。

26.

外部導体用端子  外部導体用端子は,JIS C 9335-1 の 26.  による。

27.

接地接続の手段  接地接続の手段は,JIS C 9335-1 の 27.  による。

28.

ねじ及び接続  ねじ及び接続は,JIS C 9335-1 の 28.  による。

29.

空間距離,沿面距離及び固体絶縁  空間距離,沿面距離及び固体絶縁は,JIS C 9335-1 の 29.  による

ほか,次による。

29.2

JIS C 9335-1

の 29.2 によるほか,次による。

電極式機器の場合には,電極を支持する絶縁物のミクロ環境は,汚損度 3 とする。

30.

耐熱性及び耐火性  耐熱性及び耐火性は,JIS C 9335-1 の 30.  による。ただし,30.2.3 は,この規格で

は適用しない。

31.

耐腐食性  耐腐食性は,JIS C 9335-1 の 31.  による。

32.

放射線,毒性その他これに類する危険性  放射線,毒性その他これに類する危険性は,JIS C 9335-1

の 32.  による。


6

C 9335-2-85

:2005 (IEC 60335-2-85:2002)

附属書

附属書は,JIS C 9335-1 

附属書による。

参考規格

参考規格は,JIS C 9335-1 

参考規格によるほか,次による。

JIS C 9335-2-3 

  家庭用及びこれに類する電気機器の安全性−第 2-3 部:電気アイロンの個別要求事項

JIS C 9335-2-44

  家庭用及びこれに類する電気機器の安全性−第 2-44 部:電気アイロナの個別要求事項