>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

C 9335-2-74

:2016

(1)

目  次

ページ

序文  

1

1

  適用範囲  

1

2

  引用規格  

2

3

  用語及び定義  

2

4

  一般要求事項  

2

5

  試験のための一般条件  

2

6

  分類 

3

7

  表示,及び取扱説明又は据付説明  

3

8

  充電部への接近に対する保護  

3

9

  モータ駆動機器の始動  

3

10

  入力及び電流  

3

11

  温度上昇  

3

12

  (規定なし)  

4

13

  動作温度での漏えい電流及び耐電圧  

4

14

  過渡過電圧  

4

15

  耐湿性等  

4

16

  漏えい電流及び耐電圧  

4

17

  変圧器及びその関連回路の過負荷保護  

4

18

  耐久性  

4

19

  異常運転  

4

20

  安定性及び機械的危険  

4

21

  機械的強度  

4

22

  構造  

5

23

  内部配線  

5

24

  部品  

5

25

  電源接続及び外部可とうコード  

5

26

  外部導体用端子  

5

27

  接地接続の手段  

5

28

  ねじ及び接続  

5

29

  空間距離,沿面距離及び固体絶縁  

5

30

  耐熱性及び耐火性  

5

31

  耐腐食性  

6

32

  放射線,毒性その他これに類する危険性  

6

附属書  

7

参考文献  

7


C 9335-2-74

:2016  目次

(2)

ページ

附属書 JAA(参考)JIS と対応国際規格との対比表  

8


C 9335-2-74

:2016

(3)

まえがき

この規格は,工業標準化法に基づき,日本工業標準調査会の審議を経て,経済産業大臣が改正した日本

工業規格である。これによって,JIS C 9335-2-74:2005 は改正され,この規格に置き換えられた。

この規格は,著作権法で保護対象となっている著作物である。

この規格の一部が,特許権,出願公開後の特許出願又は実用新案権に抵触する可能性があることに注意

を喚起する。経済産業大臣及び日本工業標準調査会は,このような特許権,出願公開後の特許出願及び実

用新案権に関わる確認について,責任はもたない。

JIS C 9335

の規格群には,約 100 規格に及ぶ部編成があるが,この規格では省略した。

なお,全ての部編成は,次に示す規格の“まえがき”に記載されている。

JIS C 9335-1

  第 1 部:通則


日本工業規格

JIS

 C

9335-2-74

:2016

家庭用及びこれに類する電気機器の安全性−

第 2-74 部:可搬形浸せきヒータの個別要求事項

Household and similar electrical appliances-Safety-

Part 2-74: Particular requirements for portable immersion heaters

序文 

この規格は,2002 年に第 2 版として発行された IEC 60335-2-74,Amendment 1(2006)及び Amendment

2

(2009)を基とし,我が国の配電事情などを考慮し,技術的内容を変更して作成した日本工業規格である。

ただし,追補(amendment)については,編集し,一体とした。

この規格は,JIS C 9335-1 と併読する規格である。

なお,この規格で点線の下線を施してある箇所は,対応国際規格を変更している事項である。変更の一

覧表にその説明を付けて,

附属書 JAA に示す。

この規格の箇条などの番号は,JIS C 9335-1 と対応している。JIS C 9335-1 に対する変更は,次の表現を

用いた。

−  “

置換”は,JIS C 9335-1 の該当する箇所の要求事項を,この規格の規定に置き換えることを意味す

る。

−  “

追加”は,JIS C 9335-1 の該当する箇所の要求事項に,この規格の規定を追加することを意味する。

変更する箇所に関する情報が必要な場合には,

これらの表現に続く括弧書きで示す。

ただし,

JIS C 9335-1

の引用項目又は引用箇所は,この規格の作成時に最新版として発効されていた JIS C 9335-1:2014 を引用し

ている。このため,この規格の発効以降に発効された JIS C 9335-1 を引用する場合は,その引用項目又は

引用箇所が異なる場合があることに注意する。

JIS C 9335-1

に追加する細分箇条番号は,JIS C 9335-1 の箇条番号の後に“101”からの番号を付け,図

番号及び表番号は,

101”からの連続番号を付ける。追加する細別は,aa)bb)  などとし,追加する附属

書番号は,AABB などと記載する。

適用範囲 

置換(箇条 全て)

この規格は,定格電圧が 250 V 以下の家庭用及びこれに類する可搬形浸せきヒータの安全性について規

定する。

通常,家庭で用いない機器でも,店舗,軽工業及び農場において一般人が用いる機器のような,一般大

衆への危険源となる機器も,この規格の適用範囲である。

この規格では,住宅の中及び周囲で,機器に起因して人が遭遇する共通的な危険性を可能な限り取り扱

う。ただし,この規格では,通常,次のような状態については規定していない。


2

C 9335-2-74

:2016

−  次のような人(子供を含む。

)が監視又は指示のない状態で機器を安全に用いることができない場合。

・  肉体的,知覚的又は知的能力の低下している人

・  経験及び知識の欠如している人

−  子供が機器で遊ぶ場合。

注記 1  この規格の適用に際しては,次のことに注意する。

−  車両,船舶又は航空機搭載用機器には,要求事項の追加が必要になる場合がある。

−  厚生関係機関,労働安全管轄機関,その他の当局によって,追加要求事項を規定する場

合がある。

注記 2  この規格は,次のものには適用しない。

−  工業目的専用機器

−  腐食しやすい場所,又は爆発性の雰囲気(じんあい,蒸発又はガス)が存在する特殊な

状況にある場所で用いる機器

−  液体加熱機器(JIS C 9335-2-15)のような,電熱素子を中にもつ可搬形機器

−  水槽用電気機器(JIS C 9335-2-55

−  固定形浸せきヒータ(JIS C 9335-2-73

注記 3  この規格の対応国際規格及びその対応の程度を表す記号を,次に示す。

IEC 60335-2-74:2002

,Household and similar electrical appliances−Safety−Part 2-74: Particular

requirements for portable immersion heaters

,Amendment 1:2006 及び Amendment 2:2009

(MOD)

なお,対応の程度を表す記号“MOD”は,ISO/IEC Guide 21-1 に基づき,

“修正している”

ことを示す。

引用規格 

引用規格は,次を除き,JIS C 9335-1 の箇条 2(引用規格)による。

追加 

JIS C 9335-1

  家庭用及びこれに類する電気機器の安全性−第 1 部:通則

注記  対応国際規格:IEC 60335-1,Household and similar electrical appliances−Safety−Part 1: General

requirements

(MOD)

用語及び定義 

用語及び定義は,次を除き,JIS C 9335-1 の箇条 3(用語及び定義)による。

3.1.9 

置換(3.1.9 全て)

通常動作(normal operation)

最小浸せき水位の量の水を入れた容器の中で,機器を運転したときの状態。

一般要求事項 

一般要求事項は,JIS C 9335-1 の箇条 4(一般要求事項)による。

試験のための一般条件 

試験のための一般条件は,次を除き,JIS C 9335-1 の箇条 5(試験のための一般条件)による。


3

C 9335-2-74

:2016

5.3 

追加(“試験は箇条順に行う。”で始まる段落の最後に,次を追加する。)

21.1

の追加試験は,箇条 の試験の前に行う。

分類 

分類は,次を除き,JIS C 9335-1 の箇条 6(分類)による。

6.2 

追加(“適否は,”で始まる段落の前に,次を追加する。)

浸せきヒータは,IPX7 以上でなければならない。

表示,及び取扱説明又は据付説明 

表示,及び取扱説明又は据付説明は,次を除き,JIS C 9335-1 の箇条 7(表示,及び取扱説明又は据付説

明)による。

7.1 

追加(“適否は,”で始まる段落の前に,次を追加する。)

機器は,最大浸せき水位及び最小浸せき水位を表示しなければならない。

注記 101  浸せき水位は,線だけで示してもよい。

液面に浮かせることを意図した機器には,表示は要求しない。

注記 102  (対応国際規格の注記の内容は,規定であることから,本文に移した。)

7.12 

追加(“適否は,”で始まる段落の前に,次を追加する。)

取扱説明書には,次の趣旨を記載しなければならない。

−  浸せきヒータと一緒に用いる容器の詳細

−  浸せき水位を線だけで機器に表示する場合には,線の意味

−  浸せきヒータを液体から取り出す前に,必ずプラグを外す。

−  電熱素子はプラグを外した後も熱いので,電熱素子に触れたり,電熱素子を可燃性のものの上に置い

たりしない。

取扱説明書には,機器は外部タイマ又は他の遠隔操作システムを用いて運転することを意図していない

旨を記載しなければならない。

充電部への接近に対する保護 

充電部への接近に対する保護は,JIS C 9335-1 の箇条 8(充電部への接近に対する保護)による。

モータ駆動機器の始動 

モータ駆動機器の始動は,この規格では規定しない。

10 

入力及び電流 

入力及び電流は,JIS C 9335-1 の箇条 10(入力及び電流)による。

11 

温度上昇 

温度上昇は,次を除き,JIS C 9335-1 の箇条 11(温度上昇)による。

11.7 

置換(11.7 全て)

機器は,水温が 95  ℃に達した後,15 分間運転する。この温度に達しない場合には,水温が安定した後

15

分間,又は温度制御器が動作した後 15 分間運転する。


4

C 9335-2-74

:2016

注記 101A

対応国際規格では追加(Addition)としているが,規格利用者の利便性を考慮し,置換と

した。

12 

(規定なし) 

13 

動作温度での漏えい電流及び耐電圧 

動作温度での漏えい電流及び耐電圧は,JIS C 9335-1 の箇条 13(動作温度での漏えい電流及び耐電圧)

による。

14 

過渡過電圧 

過渡過電圧は,JIS C 9335-1 の箇条 14(過渡過電圧)による。

15 

耐湿性等 

耐湿性等は,JIS C 9335-1 の箇条 15(耐湿性等)による。

16 

漏えい電流及び耐電圧 

漏えい電流及び耐電圧は,JIS C 9335-1 の箇条 16(漏えい電流及び耐電圧)による。

17 

変圧器及びその関連回路の過負荷保護 

変圧器及びその関連回路の過負荷保護は,JIS C 9335-1 の箇条 17(変圧器及びその関連回路の過負荷保

護)による。

18 

耐久性 

耐久性は,この規格では規定しない。

19 

異常運転 

異常運転は,次を除き,JIS C 9335-1 の箇条 19(異常運転)による。

19.1 

追加(“モータ駆動機器に対しては,”で始まる段落の前に,次を追加する。)

かいばおけ(桶)などの動物用水おけの凍結防止用の機器に対しては,19.4 及び 19.5 の試験を行う。

19.2 

追加(注記の前に,次を追加する。)

機器は,最も不利となる姿勢で,試験枠の床の上に置く。

19.13 

追加(“試験中に,炎,”で始まる段落の末尾に続けて,次を追加する。)

ただし,試験枠の床及び壁の温度上昇は,最初の 1 分間 200 K まで許容する。

20 

安定性及び機械的危険 

安定性及び機械的危険は,JIS C 9335-1 の箇条 20(安定性及び機械的危険)による。

21 

機械的強度 

機械的強度は,次を除き,JIS C 9335-1 の箇条 21(機械的強度)による。

21.1 

追加(“試験後,機器は,”の段落の前に,次を追加する。)


5

C 9335-2-74

:2016

機器は,厚さ 50 mm の硬質の板の上に,高さ 1 m から 4 回落とす。取っ手及び電熱素子部を下向きにし

て各 1 回落とし,更に水平に 2 回落とす。

22 

構造 

構造は,JIS C 9335-1 の箇条 22(構造)による。

23 

内部配線 

内部配線は,JIS C 9335-1 の箇条 23(内部配線)による。

24 

部品 

部品は,次を除き,JIS C 9335-1 の箇条 24(部品)による。

追加 

24.101

箇条 19 に適合させるために組み込む温度過昇防止装置は,非自己復帰形でなければならない。

適否は,目視検査によって判定する。

25 

電源接続及び外部可とうコード 

電源接続及び外部可とうコードは,次を除き,JIS C 9335-1 の箇条 25(電源接続及び外部可とうコード)

による。

25.5 

置換(“電源コードは,”で始まる段落を,次に置き換える。)

電源コードは,次のいずれかによって機器に取り付けなければならない。

−  Y 形取付け

−  Z 形取付け

注記 101A

対応国際規格では修正(Modification)としているが,規格利用者の利便性を考慮し,置

換とした。

26 

外部導体用端子 

外部導体用端子は,JIS C 9335-1 の箇条 26(外部導体用端子)による。

27 

接地接続の手段 

接地接続の手段は,JIS C 9335-1 の箇条 27(接地接続の手段)による。

28 

ねじ及び接続 

ねじ及び接続は,JIS C 9335-1 の箇条 28(ねじ及び接続)による。

29 

空間距離,沿面距離及び固体絶縁 

空間距離,沿面距離及び固体絶縁は,JIS C 9335-1 の箇条 29(空間距離,沿面距離及び固体絶縁)によ

る。

30 

耐熱性及び耐火性 

耐熱性及び耐火性は,次を除き,JIS C 9335-1 の箇条 30(耐熱性及び耐火性)による。


6

C 9335-2-74

:2016

30.2 

置換(“適否は,”の段落を,次に置き換える。)

適否は,30.2.1 の試験によって判定する。さらに,次の試験を適用する。

−  かいばおけなどの動物用水おけの凍結防止用の機器に対しては,30.2.3

−  その他の機器に対しては,30.2.2

注記 101A

11.7

注記 101A 参照。

31 

耐腐食性 

耐腐食性は,JIS C 9335-1 の箇条 31(耐腐食性)による。

32 

放射線,毒性その他これに類する危険性 

放射線,毒性その他これに類する危険性は,JIS C 9335-1 の箇条 32(放射線,毒性その他これに類する

危険性)による。


7

C 9335-2-74

:2016

附属書

附属書は,JIS C 9335-1 の附属書による。

参考文献

参考文献は,次を除き,JIS C 9335-1 の参考文献による。

追加 

JIS C 9335-2-15

  家庭用及びこれに類する電気機器の安全性−第 2-15 部:液体加熱機器の個別要求事

注記  対応国際規格:IEC 60335-2-15,Household and similar electrical appliances−Safety−Part 2-15:

Particular requirements for appliances for heating liquids

(MOD)

JIS C 9335-2-55

  家庭用及びこれに類する電気機器の安全性−第 2-55 部:水槽及び庭池用電気機器の

個別要求事項

注記  対応国際規格:IEC 60335-2-55,Household and similar electrical appliances−Safety−Part 2-55:

Particular requirements for electrical appliances for use with aquariums and garden ponds

(MOD)

JIS C 9335-2-73

  家庭用及びこれに類する電気機器の安全性−第 2-73 部:固定形浸せきヒータの個別

要求事項

注記  対応国際規格:IEC 60335-2-73,Household and similar electrical appliances−Safety−Part 2-73:

Particular requirements for fixed immersion heaters

(MOD)


附属書 JAA

(参考)

JIS

と対応国際規格との対比表

JIS C 9335-2-74:2016

  家庭用及びこれに類する電気機器の安全性−第 2-74 部:可搬

形浸せきヒータの個別要求事項

IEC 60335-2-74:2002

,Household and similar electrical appliances−Safety−Part

2-74: Particular requirements for portable immersion heaters

,Amendment 1:2006 及び

Amendment 2:2009

(I)JIS の規定

(II)

国際規格

番号

(III)国際規格の規定

(IV)JIS と国際規格との技術的差異の箇条

ごとの評価及びその内容

(V)JIS と国際規格との技術的差

異の理由及び今後の対策

箇 条 番 号

及び題名

内容

箇条番号

内容

箇 条 ご と

の評価

技術的差異の内容

7.1

機器などへの表示

7.1

JIS

にほぼ同じ

変更

対応国際規格の注記は,規定の
内容なので,本文に移した。

要求事項の明確化による。

7.12

取 扱 説 明 書 へ の 記

 7.12

JIS

にほぼ同じ

変更 7.1 の注記 101 の後述の内容

は,取扱説明書への記載要求事

項なので 7.12 のダッシュ文に
移した。

要求事項の明確化による。

JIS

と国際規格との対応の程度の全体評価:

IEC 60335-2-74:2002,Amd.1:2006,Amd.2:2009,MOD)

注記 1  箇条ごとの評価欄の用語の意味は,次による。

    −  変更……………… 国際規格の規定内容を変更している。

注記 2  JIS と国際規格との対応の程度の全体評価欄の記号の意味は,次による。

    −  MOD……………  国際規格を修正している。

8

C

 933

5-2

-74

2

016